1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

Share

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第二回目は疲れる原因「親や周囲からのプレッシャー」についてお話を伺いました。

悪意のない周りからのプレッシャーに疲れていませんか? 【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

20代のころは仕事や趣味、友だちとの時間が楽しくて、恋愛の優先度はそれほど高くなかった。だけど、30代を迎えて「さぁ、そろそろ恋愛を」と出会いに目を向けてみたけど、いざとなるとどうしたら良いかわからない。異性との出会いの場へと足を運んでみるけど、気疲れしてしまったり、相手のことをどうしても好きになれなかったり……。

こうした出会いの中で、「疲れる出会い」を経験された方は少なくない。
DRESS読者を対象に行ったアンケート(※1)では、これまで異性との出会いに疲れた経験のある読者は約45%。

※1:アンケート結果はこちら


「どのコメントも『たしかにこれは疲れるよなあ……』と思わされるものばかりですよね。
こんなことで疲れてはいけない、と自分を奮い立たせようとされている方は多いと思うんですが、恋愛における出会いに疲れてしまうことって本人が悪いわけじゃないと思うんですよ」

DRESS読者から送られた「出会いに疲れたと感じた経験」に関するエピソードに目を通しながらそう話してくれたのは、恋バナ収集ユニット「桃山商事」の代表・清田隆之さん。彼はこれまで1000人以上の女性の悩みに寄り添ってきた、いわば恋バナのプロフェッショナルだ。

先日おこなった「恋愛における出会い」に関するアンケートには、「いつもの自分よりも、良く見せようとして疲れてしまう」や「子どもを産める年齢について真面目に考えると出会いに焦ってしまい疲れる」など、さまざまな体験が寄せられた。

清田さんは、200以上あるすべてのエピソードを読み終わってから、穏やかな表情で「みなさん、自分が疲れていることも、その原因や打開策もわかっているんですね。だからこそ、ここでは『自分を責めすぎないで!』『疲れの原因は自分以外のところにあるから!』ということを伝えていきたいです」と話す。

「疲れる出会い」の原因はあなたのせいじゃない

清田さんの話によれば、DRESS読者世代(30~40代)の女性たちが、異性との出会いに疲れてしまう要因は

「社会規範」

「親や周囲からのプレッシャー」

「ピンと来ない男性との出会い」


の3つに大別できるという。

「疲れる出会いへ処方箋」では、三回に渡ってこれらの実態を明かしながら、疲れの出会いを少しでも緩和できる方法を探っていく。第二回目の今回は「親や周囲からのプレッシャー」。あなたの身近な人が、あなた自身を追い込んでしまうことがあるようで――。

■「疲れる出会い」は「親や周囲からのプレッシャー」のせいです

――「出会い」に疲れてしまう原因には「社会規範」「両親や周囲からのプレッシャー」、そして「ピンとこない男性との出会い」だとお伺いしました。今回は「両親や周囲からのプレッシャー」が疲れの原因となる理由についてお話をお伺いさせてください。

「疲れた出会い」に関するアンケートには、「両親」について多数コメントも寄せられています。

「母親からの強いプレッシャー」
30代女性(会社員)

「親から責められるとき」
40代女性(会社員)

そのままズバリなコメントですよね。

これ、とてもきついですよ。このせいで「実家に帰るのが憂鬱になった」「親から電話がかかってくるたび嫌な気分になる」なんて話もよく聞きます。

もちろん「親」としては子どもの幸せを願っての言葉だろうし、自分が結婚した経験をもとに、いろいろと「アドバイス」という名のプレッシャーをかけてくると思うのですが、冷静に考えてみると、それって何十年前の話ですよね。

当時の両親にとっては「常識」だったことでも、今のこのご時世では決してそうとは限らないものがたくさんあるわけです。子どもとの間にある感覚や環境のズレを認識できておらず、ピント外れのプレッシャーになってしまったりするんだと思われます。

――第一回目でも伺った「社会規範」の刷り込みも、「両親」が深く関わっているという話もありますよね。

そうだと思います。

なまじ相手は自分の両親であり、なおかつ「結婚」経験者だったりするので真正面から受け止めてしまいがちですが、冷静に考えてみると、それは何十年も前のことなので。

親の期待に応えたいとか、親を安心させたいとか、そういう気持ちがプレッシャーの原因になることもあるとは思いますが……それで自分が疲弊してしまっては元も子もないので、ときには“親孝行のためのスルー”だと思って無視しちゃうことも大切です。

■「友人」もあなたを苦しめる?

――アンケートにはこんなコメントもありました。

「頼んでないのに紹介される→ふたりであったけどぜんぜん楽しくない→断るのに苦労する、のループにはまったとき。心配して紹介してくれるのはすごくありがたいけど、とりあえず、お互い独身だからという理由で紹介されるのはキツイ」
40代女性(会社員)

桃山商事代表・清田さん

これも本当に疲れますよね……。

「心配して紹介してくれるのはすごくありがたい」とこの方はコメントされてますけど、出会えるなら誰でもいいってわけじゃない。「お互い独身だから」というだけで紹介されても困ってしまうのも当然です。

――私もとある飲み会に行ったら、友人から「この人も独身だから」と、無理やり隣に座らされて、すごく気まずかったことがあります。

そういう「ありがた迷惑な外圧」って、相手に悪意がないだけに“義理疲れ”してしまうんですよね。たとえ合わない相手でも邪険に扱えないし、ある種の感情労働を強いられる。

不毛なデートをセッティングされたり、不本意な人を紹介されてしまうと、それだけでストレス。なのに、そればかりか紹介者に「借り」を作ってしまったかのようになるのも、ものすごく疲れる原因のひとつでしょう。

善意ゆえかもしれないけれど、これは完全に周囲の無神経が原因で、自分自身は何も悪くないと考えていいと思います。

■両親や周囲の的外れな言動や行動は、無視してください!

――友人が次々結婚したり出産している中で焦ってしまった、というエピソードもあります。アンケートでもこんなコメントがありました。

「学生時代の友人たちがいきなり結婚ラッシュで連絡がきたときには、仕事のことばかり考えていた自分に焦りを感じました。そこから彼氏をつくろうと思っても不安ばかりが頭をよぎり、結局具体的に行動する前に気疲れをしてしまって恋愛にかんしてはダラダラと過ごしています」
40代女性(会社員)

「友人が結婚していく中、出会いもなく好きな人もできない」
40代女性(会社員)

「年齢とともに結婚ラッシュがあると、自分には彼氏もいないのに、と焦りを感じる」
30代女性(会社員)

これは前回の「社会規範」と「周囲からのプレッシャー」が掛け合わさって生じている焦りではないでしょうか。友人たちにその意思はないかもしれませんが、彼女たちの言動の端々からプレッシャーを感じてしまうことはよくあると思います。

「結婚はいいよ~」

「子どもっていいよ~」

と積極的に自慢してくるような人には若干の悪意もあるような気がしますが、そうでなくても、例えばパートナーの愚痴とか、子育ての悩みとか、義理の親に対する不満とか、そういうネガティブな内容の話であっても、「そのステージにすら立ててない私って……」とプレッシャーに感じてしまう人だって少なくない。

直接的なコミュニケーションでなくたって、SNSや年賀状のようなものから既婚者たちの情報が入ってきて、自分だけ取り残されたような気分になってしまうことがある。それはもう、日常生活のあらゆるところに“ワナ”のように仕掛けられているため、一つひとつを真に受けていたらメンタルが持ちません。

なので、ここはいったん「親や周囲からのプレッシャーはレッツ無視!」を標語に、積極的スルーをオススメします。

負担に感じるような言動や行動を見かけたら、心の中で「うっせー!」と毒づき、気にせず耳をふさぐなり逃げるなりしちゃってください。まずは“自分ファースト”でよろしくお願いします!

取材協力/桃山商事代表・清田隆之

Text/佐藤牧子

編集・写真・イラスト/小林航平

第一回「社会規範」によって疲れる女性の解説記事はこちら!

”当たり前のルール”に疲れる女性たちへ【疲れる出会いを生み出す3つの原因#1】

https://p-dress.jp/articles/6084

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。なぜ疲れてしまうのか? それは、あなたのせいではなく、〇〇が原因でした。恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表が教えてくれるその理由とは……。

1月大特集「疲れない出会い」はこちらからご覧いただけます。

1月大特集「疲れない出会い」

https://p-dress.jp/articles/5968

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!

清田隆之(桃山商事)プロフィール

1980年生まれ。東京都出身。恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表。これまで1000人以上の悩み相談に耳を傾け、恋愛とジェンダーをテーマに執筆活動を行う。ウェブメディア「wezzy」や「cakes」などで連載。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)、『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)がある。ニコ生番組「桃山商事の恋愛よももやまばなし」も更新中。

『生き抜くための恋愛相談』(イースト・プレス)

「好きな人からセフレの誘い…」「いい人だけどつまらない…」「すぐ不機嫌になる男って何なの?」そんなアラサー女子の悩みを徹底解明!『逃げ恥』作者の海野つなみ先生も絶賛した桃山商事の最新刊。

生き抜くための恋愛相談

Share

DRESS編集部

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article