妊娠・出産を経ても、自分らしく暮らすためにーーできるのは「人事を尽くして天命を待つ」こと

妊娠・出産を経ても、自分らしく暮らすためにーーできるのは「人事を尽くして天命を待つ」こと

産前産後を快適に暮らすには、とにかく入念な準備が効いてくると思っています。私は仕事を休みたくなかったから、余計にそうでした。もちろん、運によるところがとても大きい。だからこそ、私たちにできるのは丁寧な準備しかないのです。どんなふうに働きながら出産を迎え、どんなふうに子どものいる暮らしを始めたか、書きました。


■仕事を休まずに産むための工夫

「産前はぎりぎりまで、産後はできることから、ブランクを作らず仕事を続けるつもりです」と、妊娠中からずっと言っていた。本当に、お腹が大きくなりはじめる前からずっと。

一緒に働く人たちはその気持ちを理解してくれていたけれど「とはいえ、いつまでできる?」「産後はいつから取材行ける?」って話になる。

そして、誠に遺憾ながら、その質問にはっきりと答えられない。気持ち的には産む日の朝まで原稿書いてたっていいし、退院した翌日から取材に行ったっていいんだけど、いかんせんその“産む日”がわからない。出産に何日かかるかも、母子ともに健康であれるかどうかもわからない。

急に穴を開けて取引先に迷惑をかけることだけはしたくないから、そのへんの調整には本当に気を遣った。


まず、何よりも心がけたのは“正直に相談をすること”

3月17日が出産予定日だったので、年明けくらいからは依頼を受けるたびに状況を話した。それでも私に、と言っていただける場合には、とにかく前倒しで作業。当たり前だけど、余裕を持って進めていれば、うっかり途中で産まれても巻き返せる可能性が高い。

3~4月にまたがるレギュラーの仕事には、万が一に備えて代理のライターさんを手配しておいた。もちろん「私がどうしても対応できない場合のみ、こんな実績のあるライターさんに代理をお願いしてもいいでしょうか?」というご相談つき。でも、おかげでピンチヒッターを頼む場面はなかった。

仕事納めは出産前日、子宮口が2.5cm開いたままで

最後の打ち合わせは、出産2日前。子宮口が3cm開くとだいたい1週間以内に産まれるらしいのだけど、私は3月頭の検診ですでに2.5cm開いていた。そこから2週間、子宮口ひらきっぱなしで働いてたわけです(10cm開くと、赤ちゃんの頭が出てきはじめる)。

毎日作業するレギュラー案件が終わったのは、3月14日。ラストの原稿締切が3月15日。いったんすべての仕事が手から離れ、毎日「予定日までちゃんと待っててくれ~!」と言い続けていたお腹に「よし、もういいよ!」と合図を出した翌16日、我が子が生まれてきた。

仕事始めは出産当日、産院のベッドの上で

無事に子どもを産み終わってiPhoneを見たら、数日前に納品した原稿についてフィードバックが来ていた。それに対応したのが、その夜、産院のベッドの上。横では、産まれて数時間しか経っていない赤子がすやすや寝ていた。

なので、出産による仕事のブランクはなかったとも言えるし、厳密に言えば27時間くらいはあったかもしれない。ちなみに産後初の締切は、出産5日後だった。

取材復帰は、出産からちょうど1カ月後。
たまたま土曜日だったので、子どもは夫に見てもらえた。本格的な復帰に備えてベビーシッターを試したのが産後から3週間くらい経ってからだったので、もっと早く依頼があれば、さらに早く復帰した気もする。

でも、さすがにみなさん気を遣っていただいたのか、大きな依頼はなかった。

■「里帰りをしない」という選択

私の実家は滋賀県で、住まいは東京都。でも、仕事もあったし、産前産後の大変なときこそ夫と一緒にいたかったから、里帰りをしなかった。

いろんなひとに「産後は手伝ってくれるひとがいないと無理だよ」と言われまくったけれど、実際問題ひとりで育てている人だっているわけだし、無理ってことはないはず。本当にどうしようもなくなったら、徒歩20分のところに住んでいる義母に相談すればいいし、実家から母を呼んだっていい。

とりあえず、夫とふたりでやってみたいし、きっとできる、と思っていた。もちろん例によって、そのための準備も万全に整えた。

子どもが産まれてからの働き方を、夫婦で話し合う

夫の職場は理解があり、男性が数カ月の育休を取ることもさほどめずらしくない。だけど夫の育休は、私が退院してからの1週間だけにした。

だって、子どもは産まれたら、ずっといる。最初だけみっちり一緒に過ごして前後にしわ寄せがいくよりも、持続的にふたりで子育てできるほうがいい。だから私たちが選んだのは、毎日定時のワークスタイルに切り替えること。

夫はその働き方を、産後1年半以上が経ったいまでも、地道に続けてくれている。

……という話をすると、だいたい「旦那さんが早く帰れる仕事でいいね」みたいなリアクションをされるんだけど、全然違う。夫は子どもが産まれるまで、毎日のように深夜2時とか3時まで働いていた。「早く帰れる仕事」なんじゃなくて「早く帰れる働き方」に、頑張って変えてくれたのだ。抱えている仕事量が減っているようには、見えない。

ただ、私も似たような働き方をしていたわけで、仕事のやり方を変えたのはお互い様。子どもが産まれて生活スタイルが180度変わるなら、それぞれ90度ずつ変えて、うまくやっていこうと思ったのです。

便利なサービスや道具を導入しておく

基本の買い物はAmazonと西友のネットスーパー。産院のベッドから手配して、退院してから1週間の夕食は宅配弁当にした。

我が家の新生児は意外と手がかからず、家事ができないほどではなかったけれど、産後の体は休めたほうがいいらしいから、まずは食事の支度をアウトソーシングした。お金で解決することをある程度思い切るのは、精神的にプラスだったと思う。

それから、産後に始まったことではないけれど、掃除はルンバ、洗い物は食洗機。洗濯は洗濯乾燥機&浴室乾燥で、干す手間もほとんどない。ついでに言えば、ハンガーのままクローゼットにかけているから、たたむのはタオルくらい。

家電をフル活用するために、すべての家具の脚はルンバが入れる高さにしてあるし、なるべく食洗機にかけられる食器を選ぶ。がんがん乾燥して、少しくらい縮んでもへっちゃらなお洋服を着る。家事に時間をとられるなら、産まれたばかりの子どもを眺めていたかったし、原稿を書きたかった。

夫婦ふたりとも全部できるようにする

なぜかママ業界では「完全母乳で育てるのが一番!」みたいな空気が根強いけれど、私はミルクを飲ませることにまったく抵抗がなかった。幸い、子どもはミルクも母乳も同じように、ごくごく飲む。乳頭混乱(乳首と哺乳瓶の形状や飲み方が違うことで、赤ちゃんがどちらかを嫌がる)などもなかった。ミルクなら夫とも分担できる。

とはいえ、飲んでもらわないと私の胸がぱんぱんに張ってつらいから、基本は授乳。その代わり(?)夫が家にいるときは、ほとんどすべてのおむつを替えてくれた。

■ふたりで初めてのことにチャレンジする楽しみ

里帰りをしなかったおかげで、子育てスキルを身につけていく過程が、夫婦でほとんど同じだった。一斉スタートなら、手先が器用な夫のほうがちょっと有利な気さえする。

単純に、ふたりで初めてのことにチャレンジするのが久しぶりだったから、わくわくもあった。片方しかできないタスクが増えれば、それだけ負担が偏るから、なるべくそれを避けたいという思いも強かった。実際、授乳以外で夫にできないことなんて、いまだにひとつもない。


「夫婦ふたりじゃ無理だよ」

「新生児の子育て甘く見てるよ」

とか散々言われたけれど、里帰りをしなくて困ったことはひとつもなかったし、よかったことは山ほどあった。もちろん人それぞれだけど、私にとって最初の1カ月は、3人で暮らす生活に一歩ずつ浸かっていくような、試運転の時間。だからこそ夫と苦労したかったし、できてよかったと思っている。

たぶん、そのおかげで。

息子が生まれた2016年3月のことを振り返ると、リビングに差し込む日射しがとても温かい。やわらかくて甘やかなものに3人きりで包まれて、ずっとまどろんでいるような、穏やかな空気がよみがえる。

■本当に、人事を尽くして天命を待つしかない

里帰りしないことも、仕事を続けることも、すべて予定どおりに進められたのは、完全に運が良かったからだと思っている。強い希望はあったけれど、そんなもんじゃどうすることもできない、天に任せるしかないのが妊娠・出産。

私は、お受けした仕事を滞りなく納品できるまで、たまたま元気に妊娠していられた。出産日と締切が、たまたま一本もかぶらなかった。たまたま母子ともに健康だった。たまたま産後の経過も順調で、子どももよく眠って、母乳も問題なく飲んで、作業時間が取れた。本当に、数え切れない幸運を積み重ねてきただけだ。

でも、ひとつだけ胸を張れるとしたら、人事を尽くした自信がある。
取引先とは誠実にコミュニケーションを取ってきたし、前倒しもスケジュール調整も、迷惑をかけないように細心の注意を払った。産後すぐに復帰できるよう、妊娠中からベビーシッターの登録作業を済ませていた。「ブランクをつくらずに仕事をしたい」という気持ちを、丁寧に周りへ伝え続けた。もちろん夫とも、育児や仕事について完全にすりあわせができていた。

「人事を尽くして天命を待つ」って、いい言葉ですよね。もし、同じように悩んでいる方がいるなら、その人にも良き天命があることを、心の底から祈っています。

この記事のライター

1987年の早生まれ。ライター/編集者/雑誌「走るひと」副編集長。 パーソナルなインタビューや対談が得意です。ライフスタイル誌や女性誌、Webメディアいろいろ、 タイアップ記事、企業PR支援、キャッチコピーなど、さまざま...

関連するキーワード


出産 妊娠

関連する投稿


排卵誘発剤は卵子の保有数に影響を与える?【知っておきたい、体外受精の基礎知識#5】

排卵誘発剤は卵子の保有数に影響を与える?【知っておきたい、体外受精の基礎知識#5】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、5回目では「採卵」のしくみを解説しつつ、一部の方が持っている不安を解消します。


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第10話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマは「出生前診断」。それぞれの迷いと決意が描かれました。


妊娠という、何ひとつ思い通りにいかないプロジェクトで学んだこと【海外で、産む】

妊娠という、何ひとつ思い通りにいかないプロジェクトで学んだこと【海外で、産む】

2018年1月に出産を控えています。1年を振り返る代わりに、妊婦として生活してきた数カ月間を振り返ってみました。「妊娠=出産まで約10カ月のプロジェクト。私がプロマネ、私と夫がプロジェクトメンバー。そう難しくはないはず」と考えていましたが、実際は思い通りにいかないことの連続。でも、そこで得たものはたくさんありました。


『コウノドリ』9話。つらいとき、大変なとき、妻の一番の味方になるのは誰?

『コウノドリ』9話。つらいとき、大変なとき、妻の一番の味方になるのは誰?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第9話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマはとても辛い「不育症」。涙なくしては見られませんでした……。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。