1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 美容/健康
  3. 女っぷりが上がる。ヘアアイロンの基本の使い方

女っぷりが上がる。ヘアアイロンの基本の使い方

Share

大人世代のスタイリングに欠かせないのが、ヘアアイロンやホットカーラーを使ったスタイリング。意外と苦手な方も多いのでは? そんな方のために、基本的なスタイリングの仕方をレクチャーします。

女っぷりが上がる。ヘアアイロンの基本の使い方

■女っぷりを上げる。大人世代向けヘアスタイリングの方法

30代から40代にかけて髪質に変化が見られ、柔らかな女性らしいヘアスタイルをキープしていくためにヘアアイロンやホットカーラーなどを使う方も多いかと思います。

しかし、このスタイリングがなかなか難しく、ハードルが高いという声も。

そこで今回は、基本的なカールのスタイリングやスタイリング剤などの使い方をレクチャーします。

■ヘアアイロン、どのくらいの太さのものを使えばいいの?

アイロンの太さは、ヘアスタイルの長さやつけたいカールの大きさや強さ、髪質などによって選ぶと良いでしょう。

ショートヘア〜肩上のボブ……26mm〜32mmほどのカール用ヘアアイロン
肩下ボブ〜胸上ミディアム……26mm〜32mm〜38mmほど
胸上ミディアム〜胸下ロング……32mm〜38mm以上

ヘアスタイルによってこの限りではありませんが、大体の目安になるかと思います。

■何℃で巻けばいいの?

次に温度です。

一般的に100℃〜210℃くらいの間で温度設定ができるアイロンが多いと思いますが、180℃以上の設定になってくると、髪内部のたんぱく質に熱変性という形状の変化が見られる(もちろんダメージを伴います)ようになるため、高温域の設定には注意が必要です。

100〜120℃くらいの低温域で巻いた場合、柔らかめで弱く、やや取れやすいカールになります。
120〜160℃くらいの中温域では、程よく束感が出て持続するカールになります。
160〜200℃くらいの高温域では、強めのカールでしっかりした束感の取れにくいカールになります。

細く柔らかい髪質はカールがつきやすいので160℃までが適しています。
太く硬い髪質はカールがつきにくいため、160℃以上のしっかりした温度で巻くと良いでしょう。

■スタイリング剤の選び方は?

アイロンやホットカーラーで巻けたら、仕上げはスタイリング剤です!

巻く前に熱から保護するために、オイルや巻き髪用のミストを使う方も多いと思いますが、仕上げのスタイリング剤のチョイスも大切です。

自身の髪が硬かったり、巻きが取れやすかったりするなら、あえて軽めのスタイリング剤を選んでみると良いでしょう。スタイリング剤の重みでカールがダレてしまうのを防ぎます。

逆に柔らかく、リッジ(束感)が出にくい方は、ややしっかりとしたホールド力のワックスを軽く握るようにスタイリングするとキープしやすいです。

さらにはツヤ感をプラスしてくれるスプレーや根元だけを立ち上げるハードスプレーなども併用すると、せっかく巻いたスタイリングを美しく保ってくれますよ!

ぜひお試しください。

Share

荒木 隆広

美容師。神奈川県生まれ。表参道NORAのマネージャーとしてサロンワークを行う傍、各種雑誌のヘアメイクやセミナー講師も行っている。

ゲスト一人一人の個性とライフスタイルに合わせたヘアスタイル提案、豊富な薬剤知識と経験、確かなカット技術で幅広い年齢層から支持を持つ似合わせ術の達人。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article