1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ワークスタイル
  3. フリーランスで働いていたら、保育園へ子どもを不正に預けていると投書があった

フリーランスで働いていたら、保育園へ子どもを不正に預けていると投書があった

Share

フリーランスの大泉りかさんは、息子を運良く認可保育園に入所させることができた。しかし、それから3カ月後、「大泉りかという人が、不正に保育園に子どもを預けている」という内容の投書が区に届く。なぜこのようなことが起きてしまうのか――彼女自身が感じたこと、改めて大切にしたいことを綴っていただきました。

フリーランスで働いていたら、保育園へ子どもを不正に預けていると投書があった

今年の4月、保育園に入所した時点で、早生まれの息子は生後わずか2カ月半だった。

「もっとも入りやすい」と言われている0歳4月のタイミングに合わせて入所を考えると、どうしても早い時期に手放さざるを得ない。これは、早生まれの宿命だ。

仕方がないことだと頭で理解はしていても、気持ちの上には葛藤があった。生まれてきてまだ3カ月も経っていない、幼くかわいい我が子を手放すことは、想像するだけで自分の身を切られるようだった。

その上、おそらく一生にたった一度しかできないであろう「子育て」という経験をみすみす捨てるのも、もったいないことのように思えて仕方がなかった。

■“仕事への復帰”や“待機児童問題”……悩み抜いた末の覚悟

だけど一方で、一刻も早く仕事に復帰したい思いもあった。

わたしの仕事はフリーランスの物書きで、1本いくらの原稿料で糊口をしのいでいる。書く原稿の数が減れば、その分収入は低くなる。

子どもを産んだことでこれから先、さらにお金がかかることを考えると、少しでも稼ぎたいと思った。それにわたしにとって仕事は、ただお金を稼ぐためだけのものではない。生きがいでもある。

仕事を手放すことは、生きる目的をひとつなくすのと同じことだ。育児という新しい生きがいが手に入ったからって、そう簡単に捨てられるものではなかった。

もうひとつには、保育園の待機児童問題もあった。わたしが住んでいる区は、0歳児入所でも結構な激戦だが、1歳ともなるとさらにその熾烈さは加速する。「保育園に入れたければ、0歳からのほうが圧倒的に入れやすい」と先輩ママの誰に聞いてもそう言っていた。

すべての事案を総合して、悩んで、悩んで、悩んで出した結論としては、「ダメ元で認可保育園の入所を希望して、もしも受かったら腹をくくる。落ちたら、非認可の保育園に週に3~4日くらい預ける感じで、ゆるく仕事に復帰する」ことだった。

■保育園のありがたさを実感する日々

運良く、奇跡的に認可保育園に入所できることになり、ホッとしたのもつかの間、息子を家族だけの閉じられた世界から、外の社会に出すことを思うと毎日が憂鬱だった。

それと同時に、寝ても暮れても逃れることのできない育児から解放される嬉しさもあって、心中は複雑だった。

揺れる思いを抱えながらも、やがて4月が訪れて、保育園通いが始まった。

息子はあっさりと保育園に馴染み、そしてわたしも日中、息子がいない生活に慣れていった。そして次第に、今度は保育園のありがたみを痛感するようにもなった。

毎日、決まった時間に保育園に送り迎えすることで生活のペースができ、保育士の先生たちが見ていてくれることで育児の不安も減った。

■保育園に子どもを預けて、母親は1日遊んでいるという報告が

「保育園に入れてよかった」とすっかり気持ちを落ち着かせることのできた、7月頭のことだった。

息子を保育園に送っていった際に、保育士の先生に「ちょっとお話があるんですけれど」と呼び止められた。そのまま別室に連れていかれて告げられたのは、「保育園に子どもを預けて日中、遊んでいるって、区にメールで投書が来ているそうなんです」ということだった。

びっくりして詳細を尋ねてみると、わたしの個人ブログのURLとともに、「ブログに書いてあるように、働いていないのに、保育園に入所させている」というような内容の投書があったという。それが一度だけではなく、複数回あったということで、一応わたしのほうに知らせておこうとなったらしい。

慌てて先生には、「わたしの仕事はフリーランスの物書きで、自宅作業がメインなのが誤解されやすいのかもしれません」と説明をした。そこのところは、区の審査をきちんと通って入所しているからとくに問題はないという返事をもらって安心したものの、次に気になったのは、いったい誰が何のために、ということだ。

■自分よりも恵まれた環境に、ネガティブな感情を持ってしまう

Share

大泉 りか

ライトノベルや官能を執筆するほか、セックスと女の生き方や、男性向けの「モテ」をレクチャーするコラムを多く手掛ける。新刊は『女子会で教わる人生を変える恋愛講座』(大和書房)。著書多数。趣味は映画、アルコール、海外旅行。愛犬と暮...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article