離婚後も親子関係は続くから - 知ってほしい「面会交流」の話

離婚後も親子関係は続くから - 知ってほしい「面会交流」の話

離れて暮らす親と子供が会う「面会交流」は、別居・離婚直後から始まります。「夫婦関係が破綻しても親子関係は続くことを、別居・離婚前に知ってほしい」と訴える面会交流普及活動に取り組むしばはし聡子さんに話を聞きました。調停離婚成立後、一年は面会交流に消極的だったしばはしさんでしたが……。


親の別居や離婚を理由に離れて暮らす親(別居親)と子供が会い、交流することを「面会交流」といいます。「現状、別居や離婚後、面会交流がスムーズに行われていないケースも多い」と話すのは、面会交流普及活動に取り組む離婚・面会交流コンサルタント・しばはし聡子さん。

子供に会えずに苦悩する男性たちの声を集めた書籍『わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち』(著:西牟田靖)が話題を集めたり、離別した親と未成年の子供との関係が絶たれるのを防ぐ「親子断絶防止法案」が今国会で検討されたりと、面会交流そのものが注目される今、面会交流の重要性について、しばはしさんに話を伺いました。

■調停離婚直後、面会交流に消極的だった

しばはしさん自身、10代の子供を持つシングルマザー。離婚の危機が訪れたのは結婚14年目となる2014年のことでした。弁護士をつけ、半年で調停離婚が成立。元夫と離婚後に直接連絡をとるのをストレスに感じ、面会交流に積極的になれなかった、と当時を振り返ります。

離婚から一年ほどは、子供を元夫に会わせるのを億劫に感じ、面会日程を急に延期して、元夫から憤りのメールが来ることもありました。そんなしばはしさんにターニングポイントがやってきます。

「ある面会交流支援団体でボランティアをしていたとき、1組の家族が面会交流するシーンを目にしたんです。ただ純粋な気持ちで子供と会いたいと願うお父さん、会わせるのが嫌々ながらも仕方なく子供を連れてきたお母さん、屈託ない笑顔でお父さんとの再会を喜んでいる子供――3人を見て気づいたんです。私が元夫と関わりたくないからといって、子供と父親との関係を断ってしまうのは良くないんじゃないか、と」

無意識のうちに、同居親に気に入られるふるまいをし、自分が生き延びる道を模索するのが子供。彼らは大人よりもはるかに空気を読み、状況や人の気持ちを敏感に察知する能力を持っています。

「同居親が面会交流に否定的だと、子供に悪影響が及びます。子供は常に同居親の顔色や機嫌を伺っていますから、別居親と会いたくても『会いたい』と口に出せなくなるんです。本音も言えなくなるどころか、いつのまにか自分でも本心がわからなくなってしまうことも。もし同居親の気持ちが変わって、いざ面会交流をさせようとしても、子供の気持ちがついてこないこともあります」

本当は別居親と会いたいと思っていても、同居親に気を使って「別に会いたくないし……」と、本心とは逆の発言をする可能性もあるということです。

■別居親に子供を会わせるのは同居親のミッション

面会交流をさせよう! と思い立ってからの行動は迅速でした。元夫へ「いつでも子供とごはんに行ってね」とすぐに連絡すると、彼の第一声は「ありがとう!」。それを聞いて、しばはしさんは涙がこぼれたと言います。

もし元夫が「なんで急に?」と訝しがったり、今までのことを怒ったりしていたら、その後の面会交流は途絶えていたかもしれませんが、そこから徐々に三者が心温まる面会交流がスタートしたのでした。

「以前は元夫がうちまで子供を迎えにきても、気配を感じることすら怖くて、玄関口で送り出すこともしませんでした。帰宅した子供に対しても『どうだった?』と聞きもせず。でも、前向きに面会交流できるようになってからは、子供に『楽しかった?』『今日は何食べてきたの?』と明るく聞けるようになりました。子供も嬉しそうに答えてくれます。これまでのことを振り返ると、元夫も、そしてとくに子供も苦しかっただろうな……と思いますね」

離婚を経て相手と関わりたくなかったり、憎しみの気持ちが生まれたりしても、夫婦関係と親子関係とは切り分けて考える必要がある、としばはしさん。離婚後も子供と別居親との親子関係、そして元夫婦も親同士としての関係は続きます。子供にとって親はふたり。

別居親が子供の心身に悪影響を与えない限り、同居親はすすんで面会交流の場を設けること、そして別居親はやりとりが円滑にできるように心がけることが子供の幸せにつながるといえます。

「子供と暮らす同居親は、問題意識を持つ機会が少ないのが現状です。以前の私もそうでした。でも、親権を得ることは特権ではなく責務。どうすれば子供が幸せでいられるのかを考え、行動する必要があります。子供と別居親の架け橋というミッションを背負っているという認識を持たなくてはならないと思います」

(つづく)

しばはし聡子さん プロフィール

1974年生まれ。慶應義塾大学法学部卒。自身の離婚経験を生かし当事者支援として「せたがや離婚・面会交流相談室りむすび」を設立。離婚相談や面会交流普及に向け講演など発信活動に従事。
http://www.rimusubi.com/

この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連するキーワード


離婚 シングルマザー

関連する投稿


そして再婚へ、離婚のあとに続く道とは【離婚のあとに続く道#8】

そして再婚へ、離婚のあとに続く道とは【離婚のあとに続く道#8】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。今回は連載最終回。離婚後に初めて彼氏ができた筆者がたどり着いたひとつの答えとは?


「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。「○○することが普通」という空気に自分の欲求を抑えつけられていた状況から抜け出して、人付き合いに対して自由な意思を持つことができるはず。


女を磨く離婚道#9 結婚も離婚も人生の通過点

女を磨く離婚道#9 結婚も離婚も人生の通過点

結婚生活に悩んでいる友人、また離婚を考えている友人に、何か伝えられることがあるとするならば、人が成長できる最高のチャンスが結婚生活であり、離婚は自分の膝をすりむいて、初めて自分の至らなさや未熟さを知ることのできる、ともに素晴らしいライフイベント――女を磨く離婚道、藤森もも子さんの例を見てみましょう。


恋愛に溺れそうなときこそ、彼氏いらない宣言【離婚のあとに続く道#6】

恋愛に溺れそうなときこそ、彼氏いらない宣言【離婚のあとに続く道#6】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。3組に1組の夫婦が離婚する時代。「離婚なんて当たり前」だと言われたとしても、離婚を決意するまで、そして実際に離婚したあとは身を切られるような茨の道が待っています。


出会い系に潜むワナ~身分を偽る男性の存在【離婚のあとに続く道#5】

出会い系に潜むワナ~身分を偽る男性の存在【離婚のあとに続く道#5】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。3組に1組の夫婦が離婚する時代。「離婚なんて当たり前」だと言われたとしても、離婚を決意するまで、そして実際に離婚したあとは身を切られるような茨の道が待っています。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?