池田 園子 さんが 2017/01/07 に更新
「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

人生をより良く変える力を持つのは「行動」。ただし、続けなくては意味がありません。新たに始めた行動を「習慣」として、自分のものにできる人を目指しましょう。

安藤美冬 習慣 人生を好転させる

新年を迎え、今年1年充実した素敵な年にしたい、と願っている人も多いのでは? 昨年よりもいい年にするには、やろうと思い立ったことを、ひとつでも多く行動に移すことが欠かせません。

行動しなければ人生は変わらない――とはわかっちゃいるけれど、どうも体が動かない……。そんな方の背中を押してくれそうな本が『「行動力」の育て方』(安藤美冬 著)です。安藤さんは「はじめに」でこう言い切ります。

■願っても叶わない。行動を続けることでしか、人生は好転しない

「今流行りの『願えば叶う』なんていうものは起こり得ません。しかしながら、最初の一歩は勢いよく踏み出せても、行動が続かないという人もまた多いのです。行動は続けてこそ、『行動力』になります。そして、行動力のある人とない人の差は『習慣』にあります」

三日坊主という言葉がありますが、それでは「行動した」とは言い難いし、もし道具などを準備していたならもったいない。一度「これだ!」と決めてスタートしたことは、強い意思を持って継続する。そんな自分になりたいものです。

かの有名な自己啓発本『7つの習慣』実践ガイドとして書かれた本書から、今すぐできる習慣や考え方をご紹介します。

■すべては「自分」から始まる

何かのせいにするのは簡単。誰でもできることです。うまくいかないのは「会社のせい」「上司のせい」「環境のせい」――そんなふうに言っているうちは、人生が自分事ではない状態。

それはつまり、自分の人生なのに「自分のもの」ではなく、自分から動き出そうとしていない、といっても過言ではありません。自分から動く、といった主体的な生き方に変えていきたいものです。

主体的な行動を習慣化する心得として、安藤さんがしている提案をいくつか見ていきましょう。

■1.曖昧な言葉は一切使用禁止

「とりあえず」「一応」「まあ」などの曖昧な言葉が口をついて出てくるうちは、人は本気になどなれない、と安藤さん。では、それらの言葉を自分の生活からどうやって“排除”するか。

「信頼できる家族やパートナー、友人など親しい人に、あらかじめ『もし私がこういう言葉を使ったら注意してほしい』と頼んでおくのです。もちろん、お互いにお互いの口ぐせをチェックし合うこともできます。口ぐせを変えることで、いつの間にか、意識も行動も変わってくるのです」(P.50)

自分が発する言葉は、ある意味で自分そのもの。だからこそ、使う言葉次第で人は良い方向にも、悪い方向にも変わっていくといえます。

■2.手足を動かすと、自信が生まれる

悩んだり、行き詰まったりすると、行動に到らず、ひたすらぐずぐずしてしまう――こんな経験はありませんか? そうなると、どんなに時間が経っても動けず、時間や機会をロスしてしまうばかり。

安藤さんにもそんな時期があったといいます。しかし、メンターのひとりから「悩んでばかりいないで、まずは動いてみなきゃ。そうしなければ状況は何も変わらないよ」とアドバイスされ、このままではいけない、と気づいて動けるようになったのだそう。

「不安や悩みが大きいほど、それは新しい自分に出会えるチャンスだと前向きにとらえて、『まずは動いてみよう』を合言葉に一歩一歩進んでいます」(P.56)

最初から「失敗するかも」「もしうまくいかなかったら……」とは考えなくていいのです。かといって「絶対にうまくいく!」と変な自信に満ちあふれなくても◯。フラットな気持ちで粛々と挑戦して。

■3.オフラインの環境に身を置いて、自分のペースを取り戻す

インターネットが普及した現代はあまりにも情報過多な時代。さらにスマホやSNSが広まったことで、良くも悪くも、いつでも誰とでもすぐにつながれる状況もあります。

そのおかげで、自分本来のペースが崩れて焦りが生まれ、ストレスと化してしまうことも。常に素早く連絡を返さなくてはいけないとプレッシャーを感じたり、他人と自分を比較して落ち込んだり……便利な環境の裏にはデメリットもあるのです。

安藤さん自身は、一度「ピースボート」でオフラインの環境を体験したのを機に、今でも自分のバランスが崩れそうになると、積極的にオフラインの環境を作るようにしているそう。

「たとえば、ある時は午前中だけ、またある時は仕事に集中したい1時間だけ、スマホの電源を切ったり、データ通信をオフにして電話機能だけ残すなどの工夫をしています」(P.67)

“常時接続”の環境に身を置くのは義務ではありません。ときどき離れてみる、距離をおいてみる、といった時間を設けるのは、自分が自分らしさを保ちながら、いきいきと行動するために必要です。

一度やろうと決めた習慣を継続するには、すべてを自分ごととして捉え、まず動き出すこと。そして、自分のペースを大事にしながら、少しずつでも前進すること。満足していない現状から抜け出す方法を教えてくれる一冊です。

関連する投稿


きれいに生きる6つの習慣【岡本静香 連載 #5】

きれいに生きる6つの習慣【岡本静香 連載 #5】

美容家・岡本静香さんが実践する、運気を上げる習慣を5つご紹介します。今回はビューティから掃除まで「きれいに生きる」を実践する習慣です。


人生が好転する、女性が持ちたいバランス感覚

人生が好転する、女性が持ちたいバランス感覚

人生が好転する人は、生きていくなかで、何をどれくらい大事にするか、バランス感覚を大切にしています。人生を好転させたい女性が持つべきバランス感覚について、着付け師・ウエデイングプランナーの杉山幸恵さんが提案します。


「いつだってご機嫌な人」の人生は好転する【人生が好転する気づきの美習慣#7】

「いつだってご機嫌な人」の人生は好転する【人生が好転する気づきの美習慣#7】

ちょっとイヤなことに遭遇したとき、さっと気持ちを切り替えること、あなたは得意でしょうか? 切り替え法を幾つか常備しておき、不機嫌な状態を長く引きずらないようにする。いつも機嫌のよい人として生きる。それだけで人生は自然に好転していきます──。 


自分の言葉で伝えられる人になる【自分の手で人生を面白くつくるサバイバル塾 #10】

自分の言葉で伝えられる人になる【自分の手で人生を面白くつくるサバイバル塾 #10】

書き言葉とは違って、すぐに消えていく話し言葉。ですが、意識して言葉を選んでいますか? 豊富な語彙を持っていれば、思いを的確な言葉で伝えられます。そのレッスンをするのに役立つのは小説。読書の秋、じっくり読みたい小説を鞄に忍ばせて出かけませんか。


人にも物にも。やさしく触れた瞬間、人生は好転し始める【人生が好転する気づきの美習慣#6】

人にも物にも。やさしく触れた瞬間、人生は好転し始める【人生が好転する気づきの美習慣#6】

たったひとつのなにげない仕草が、その人の生き方を物語る──。そんなふうに考えたことはあるでしょうか。連載「人生が好転する気づきの美習慣 #6」では、休日の午後、あるレストランのテラス席で出会った女性の話をお届けします。すべてのものにやさしく触れるその女性の周囲には、癒しに満ちた、穏やかな時間が流れているようでした。


最新の投稿


おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分を素敵に見せる服を知っている

おしゃれな人は自分に似合う服をわかっている。だから、若く見えたり素敵に見られたりする。若く見られたいから、といって若作りをするのはやめよう。まずは、クローゼットに着ると気分が上がる服を揃えよう。


「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

「私はこんな人」と明確に言えなくてもいい。曖昧なのが私たち【小島慶子 連載】

昨日と今日で考えていることが変わるのが人間。でも、SNSに縛られて「自分のキャラがブレていないか」「設定から逸脱していないか」と、疲れている人も少なくない。でも、とっ散らかって気まぐれなのが私たち。それでいいんじゃないか。


ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

ビルボードライブ東京/大阪ジョディ・ワトリー公演にご招待します!

シャラマーのメイン・ヴォーカルであり進化を続けるダンス・クイーン、ジョディ・ワトリーが冬のビルボードライブに登場!


さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

さっぽろ雪まつりに、モエ・エ・シャンドン “MOËT ICE LOUNGE”がオープン!

こちらのラウンジを体験、Project DRESS WEBサイトでレポートしていただけるDRESS部員の方を大募集!


日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定って?過去の問題や難易度をご紹介

日本酒検定をご存知ですか?日本酒検定とは日本酒についての知識を広め、もっと日本酒に親しみ楽しむ機会を増やすことを目的に実施される検定。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催していて、20歳以上であれば誰でも受験できる検定です。 今回はその過去の問題の事例や合格率・難易度についてみていきます。