「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

人生をより良く変える力を持つのは「行動」。ただし、続けなくては意味がありません。新たに始めた行動を「習慣」として、自分のものにできる人を目指しましょう。


新年を迎え、今年1年充実した素敵な年にしたい、と願っている人も多いのでは? 昨年よりもいい年にするには、やろうと思い立ったことを、ひとつでも多く行動に移すことが欠かせません。

行動しなければ人生は変わらない――とはわかっちゃいるけれど、どうも体が動かない……。そんな方の背中を押してくれそうな本が『「行動力」の育て方』(安藤美冬 著)です。安藤さんは「はじめに」でこう言い切ります。

■願っても叶わない。行動を続けることでしか、人生は好転しない

「今流行りの『願えば叶う』なんていうものは起こり得ません。しかしながら、最初の一歩は勢いよく踏み出せても、行動が続かないという人もまた多いのです。行動は続けてこそ、『行動力』になります。そして、行動力のある人とない人の差は『習慣』にあります」

三日坊主という言葉がありますが、それでは「行動した」とは言い難いし、もし道具などを準備していたならもったいない。一度「これだ!」と決めてスタートしたことは、強い意思を持って継続する。そんな自分になりたいものです。

かの有名な自己啓発本『7つの習慣』実践ガイドとして書かれた本書から、今すぐできる習慣や考え方をご紹介します。

■すべては「自分」から始まる

何かのせいにするのは簡単。誰でもできることです。うまくいかないのは「会社のせい」「上司のせい」「環境のせい」――そんなふうに言っているうちは、人生が自分事ではない状態。

それはつまり、自分の人生なのに「自分のもの」ではなく、自分から動き出そうとしていない、といっても過言ではありません。自分から動く、といった主体的な生き方に変えていきたいものです。

主体的な行動を習慣化する心得として、安藤さんがしている提案をいくつか見ていきましょう。

■1.曖昧な言葉は一切使用禁止

「とりあえず」「一応」「まあ」などの曖昧な言葉が口をついて出てくるうちは、人は本気になどなれない、と安藤さん。では、それらの言葉を自分の生活からどうやって“排除”するか。

「信頼できる家族やパートナー、友人など親しい人に、あらかじめ『もし私がこういう言葉を使ったら注意してほしい』と頼んでおくのです。もちろん、お互いにお互いの口ぐせをチェックし合うこともできます。口ぐせを変えることで、いつの間にか、意識も行動も変わってくるのです」(P.50)

自分が発する言葉は、ある意味で自分そのもの。だからこそ、使う言葉次第で人は良い方向にも、悪い方向にも変わっていくといえます。

■2.手足を動かすと、自信が生まれる

悩んだり、行き詰まったりすると、行動に到らず、ひたすらぐずぐずしてしまう――こんな経験はありませんか? そうなると、どんなに時間が経っても動けず、時間や機会をロスしてしまうばかり。

安藤さんにもそんな時期があったといいます。しかし、メンターのひとりから「悩んでばかりいないで、まずは動いてみなきゃ。そうしなければ状況は何も変わらないよ」とアドバイスされ、このままではいけない、と気づいて動けるようになったのだそう。

「不安や悩みが大きいほど、それは新しい自分に出会えるチャンスだと前向きにとらえて、『まずは動いてみよう』を合言葉に一歩一歩進んでいます」(P.56)

最初から「失敗するかも」「もしうまくいかなかったら……」とは考えなくていいのです。かといって「絶対にうまくいく!」と変な自信に満ちあふれなくても◯。フラットな気持ちで粛々と挑戦して。

■3.オフラインの環境に身を置いて、自分のペースを取り戻す

インターネットが普及した現代はあまりにも情報過多な時代。さらにスマホやSNSが広まったことで、良くも悪くも、いつでも誰とでもすぐにつながれる状況もあります。

そのおかげで、自分本来のペースが崩れて焦りが生まれ、ストレスと化してしまうことも。常に素早く連絡を返さなくてはいけないとプレッシャーを感じたり、他人と自分を比較して落ち込んだり……便利な環境の裏にはデメリットもあるのです。

安藤さん自身は、一度「ピースボート」でオフラインの環境を体験したのを機に、今でも自分のバランスが崩れそうになると、積極的にオフラインの環境を作るようにしているそう。

「たとえば、ある時は午前中だけ、またある時は仕事に集中したい1時間だけ、スマホの電源を切ったり、データ通信をオフにして電話機能だけ残すなどの工夫をしています」(P.67)

“常時接続”の環境に身を置くのは義務ではありません。ときどき離れてみる、距離をおいてみる、といった時間を設けるのは、自分が自分らしさを保ちながら、いきいきと行動するために必要です。

一度やろうと決めた習慣を継続するには、すべてを自分ごととして捉え、まず動き出すこと。そして、自分のペースを大事にしながら、少しずつでも前進すること。満足していない現状から抜け出す方法を教えてくれる一冊です。


この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


「自己肯定力の高さ」こそ魅力の正体

「自己肯定力の高さ」こそ魅力の正体

魅力的な人に共通するのは、「自己肯定力」の高さ。一緒にいるだけで楽しかったり、自分も成長させてもらえるように感じる、とても素敵な人たちは、自分自身をありのままで受け入れる、自己肯定力が人より高いのが特徴です。自己肯定力と魅力の関係を考えてみましょう。


本当の幸せを呼ぶ習慣づくり。自分だけの小さな幸せを見つける

本当の幸せを呼ぶ習慣づくり。自分だけの小さな幸せを見つける

淡々と過ぎていく日々の中に隠れてしまう「小さな幸せ」。今回は、そんな小さな幸せを見つけるための習慣づくりについてお話します。日常の中にちょっとした花を咲かせるだけで、いつもとは違った景色が見えるかもしれません。


美しい人に聞く、植村絵里さんの6のきれい習慣 #6 起業家

美しい人に聞く、植村絵里さんの6のきれい習慣 #6 起業家

植村絵里さんはクイックエステ「BeautiQ(ビュティック)」の創業者。美容業に従事している植村さんが実践するきれい習慣は、体と心を常にきれいで心地よい状態に保つものばかり。むくみを明日に持ち越さないために毎日行っているボディから、すべての健康と美につながる最も大事なことについて、余すことなく綴っていただきました。


最初の一言を「ごめんね」から「ありがとう」に! 夫や子どもとの会話を楽しくするために

最初の一言を「ごめんね」から「ありがとう」に! 夫や子どもとの会話を楽しくするために

「ありがとう」という言葉は、人を幸せにしてくれるという話はよく聞きますよね。最初の一言を「ごめんね」から始めてしまう人も多いのですが、ほんの少し意識するだけで変えられます。夫婦の会話・子どもとの会話など「ありがとう」を使える場面って、意外とたくさん転がっているのです。


「おばさんくさい」と思わせない人になる

「おばさんくさい」と思わせない人になる

できることなら「おばさんくさい」と思われたくないですよね。若作りをしたいわけではないけれど、若々しくきれいな自分でありたいもの。「おばさんくさい」とは無縁になるための心がけを5つご紹介します。


最新の投稿


「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私はあなたと結婚したい」こんなセリフを使用したゼクシィのCMが大反響を得ている。女は早く結婚すべきものという鎖から解かれ、「救われた」と言う独身女性もいるほどだ。


動物愛護活動を通じて、子供たちの笑顔あふれる未来をつくる――「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」発売

動物愛護活動を通じて、子供たちの笑顔あふれる未来をつくる――「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」発売

スキンケアブランド「キールズ」が、未来を担う子供たちに、動物愛護活動を通じ、命の大切さを伝えるためのチャリティー活動を開始。これを機に、アーティストの坂本美雨さんとコラボレーションした「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」が2017年6月2日から数量限定で販売されます。


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・後編をお届けします。ホテル「ル メリディアン イルデパン」や「Sheraton Deva」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅の後半は――。


化粧品ブランドは「なりたい顔のイメージ」で選ぶ

化粧品ブランドは「なりたい顔のイメージ」で選ぶ

百貨店を訪れたものの、どこの化粧品ブランドで買い揃えようか、迷ってしまった経験がある人もいるのでは。おすすめはなりたい顔のイメージ(雰囲気)で、化粧品ブランドを選ぶこと。なりたい顔別におすすめな化粧品ブランドを分類してみました。お買い物の参考にしてみてください。


神田神社(神田) - 恋愛運・勝負運にご利益があるパワースポット

神田神社(神田) - 恋愛運・勝負運にご利益があるパワースポット

恋愛運、勝負運がない……。そんな風に感じている人は、ご利益を得るために神田明神に参拝することをおすすめします。初詣参拝者数30万人ともいわれる神田明神。明治神宮、浅草寺に次いで3番目の参拝者数です。今回は江戸の守り神、神田神社をご紹介いたします。