「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

人生をより良く変える力を持つのは「行動」。ただし、続けなくては意味がありません。新たに始めた行動を「習慣」として、自分のものにできる人を目指しましょう。


新年を迎え、今年1年充実した素敵な年にしたい、と願っている人も多いのでは? 昨年よりもいい年にするには、やろうと思い立ったことを、ひとつでも多く行動に移すことが欠かせません。

行動しなければ人生は変わらない――とはわかっちゃいるけれど、どうも体が動かない……。そんな方の背中を押してくれそうな本が『「行動力」の育て方』(安藤美冬 著)です。安藤さんは「はじめに」でこう言い切ります。

■願っても叶わない。行動を続けることでしか、人生は好転しない

「今流行りの『願えば叶う』なんていうものは起こり得ません。しかしながら、最初の一歩は勢いよく踏み出せても、行動が続かないという人もまた多いのです。行動は続けてこそ、『行動力』になります。そして、行動力のある人とない人の差は『習慣』にあります」

三日坊主という言葉がありますが、それでは「行動した」とは言い難いし、もし道具などを準備していたならもったいない。一度「これだ!」と決めてスタートしたことは、強い意思を持って継続する。そんな自分になりたいものです。

かの有名な自己啓発本『7つの習慣』実践ガイドとして書かれた本書から、今すぐできる習慣や考え方をご紹介します。

■すべては「自分」から始まる

何かのせいにするのは簡単。誰でもできることです。うまくいかないのは「会社のせい」「上司のせい」「環境のせい」――そんなふうに言っているうちは、人生が自分事ではない状態。

それはつまり、自分の人生なのに「自分のもの」ではなく、自分から動き出そうとしていない、といっても過言ではありません。自分から動く、といった主体的な生き方に変えていきたいものです。

主体的な行動を習慣化する心得として、安藤さんがしている提案をいくつか見ていきましょう。

■1.曖昧な言葉は一切使用禁止

「とりあえず」「一応」「まあ」などの曖昧な言葉が口をついて出てくるうちは、人は本気になどなれない、と安藤さん。では、それらの言葉を自分の生活からどうやって“排除”するか。

「信頼できる家族やパートナー、友人など親しい人に、あらかじめ『もし私がこういう言葉を使ったら注意してほしい』と頼んでおくのです。もちろん、お互いにお互いの口ぐせをチェックし合うこともできます。口ぐせを変えることで、いつの間にか、意識も行動も変わってくるのです」(P.50)

自分が発する言葉は、ある意味で自分そのもの。だからこそ、使う言葉次第で人は良い方向にも、悪い方向にも変わっていくといえます。

■2.手足を動かすと、自信が生まれる

悩んだり、行き詰まったりすると、行動に到らず、ひたすらぐずぐずしてしまう――こんな経験はありませんか? そうなると、どんなに時間が経っても動けず、時間や機会をロスしてしまうばかり。

安藤さんにもそんな時期があったといいます。しかし、メンターのひとりから「悩んでばかりいないで、まずは動いてみなきゃ。そうしなければ状況は何も変わらないよ」とアドバイスされ、このままではいけない、と気づいて動けるようになったのだそう。

「不安や悩みが大きいほど、それは新しい自分に出会えるチャンスだと前向きにとらえて、『まずは動いてみよう』を合言葉に一歩一歩進んでいます」(P.56)

最初から「失敗するかも」「もしうまくいかなかったら……」とは考えなくていいのです。かといって「絶対にうまくいく!」と変な自信に満ちあふれなくても◯。フラットな気持ちで粛々と挑戦して。

■3.オフラインの環境に身を置いて、自分のペースを取り戻す

インターネットが普及した現代はあまりにも情報過多な時代。さらにスマホやSNSが広まったことで、良くも悪くも、いつでも誰とでもすぐにつながれる状況もあります。

そのおかげで、自分本来のペースが崩れて焦りが生まれ、ストレスと化してしまうことも。常に素早く連絡を返さなくてはいけないとプレッシャーを感じたり、他人と自分を比較して落ち込んだり……便利な環境の裏にはデメリットもあるのです。

安藤さん自身は、一度「ピースボート」でオフラインの環境を体験したのを機に、今でも自分のバランスが崩れそうになると、積極的にオフラインの環境を作るようにしているそう。

「たとえば、ある時は午前中だけ、またある時は仕事に集中したい1時間だけ、スマホの電源を切ったり、データ通信をオフにして電話機能だけ残すなどの工夫をしています」(P.67)

“常時接続”の環境に身を置くのは義務ではありません。ときどき離れてみる、距離をおいてみる、といった時間を設けるのは、自分が自分らしさを保ちながら、いきいきと行動するために必要です。

一度やろうと決めた習慣を継続するには、すべてを自分ごととして捉え、まず動き出すこと。そして、自分のペースを大事にしながら、少しずつでも前進すること。満足していない現状から抜け出す方法を教えてくれる一冊です。


この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連する投稿


いつも運がいい人のシンプルな習慣5つ

いつも運がいい人のシンプルな習慣5つ

運がいい人に共通するシンプルな習慣を5つご紹介します。運がいい人は特別に変わった習慣を持っているわけではありません。今日から、今すぐにでも、私たちができること。そんな習慣ばかりです。


良いコミュニケーションをたくさんとるのが美の秘訣?篠田弁護士流10の美習慣【篠田恵里香 連載 #4】

良いコミュニケーションをたくさんとるのが美の秘訣?篠田弁護士流10の美習慣【篠田恵里香 連載 #4】

篠田恵里香 弁護士の連載、第4回目では篠田先生流、生き生き過ごす習慣を全10項目に渡ってご紹介。「美に悪いことをたくさんしている(笑)」と言う篠田先生ですが、常に心地よく過ごそうとする日々が、先生を素敵に見せているのかもしれません。


おばさんくさい靴に逃げたくないが終日ヒールはつらい。そんな女性に試してほしい3つのこと

おばさんくさい靴に逃げたくないが終日ヒールはつらい。そんな女性に試してほしい3つのこと

おばさんくさい靴の世話にはなりたくないけれど、ヒールがしんどく感じるときもある……そんなアラフォー女性もいるのでは? おしゃれは我慢が基本、女たるものいくつになってもヒールを颯爽と履きこなそう、なんて意見も聞くけれど、やっぱり健康が第一。ヒールも楽しみながら、ときどきラクするアイデアをご紹介します。


お金が貯まる人は銀行口座を何個持っている?

お金が貯まる人は銀行口座を何個持っている?

銀行口座は何個くらいあるといいの? 疑問に思う人もいるのでは。『お金が貯まる「体質」のつくり方』著者の西山美紀さんは「お金が貯まる人は銀行口座を3つ持っている」と話します。その理由や使い分け方を解説します。


人生好転の秘訣は「受け入れ力」

人生好転の秘訣は「受け入れ力」

人生を好転させる秘訣は受け入れ力を高めること。あなたはいま、どれくらい現状を受け入れることができていますか? あれこれなんとかしたいと思うなら、まずは一息ついて落ち着いて、現状を受け入れるところからスタートしてみましょう。心にゆとりが生まれれば、そこから道は開けていきます。


最新の投稿


パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris」のポップストアが銀座に

パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris」のポップストアが銀座に

パリ発のシューズブランド「Faux Pas Paris (フォーパパリ)」の2017年ポップアップストア展開がスタート。4月12日まで東急プラザ銀座にて出店中です。


人気ホットクレンジングゲルから「ボタニカルネロリ」が数量限定で登場

人気ホットクレンジングゲルから「ボタニカルネロリ」が数量限定で登場

マナラ化粧品から「マナラ ホットクレンジングゲル 限定ボタニカルネロリ」が4月28日より数量限定発売に。


人はなぜ、最悪の相手を選んでしまうのか

人はなぜ、最悪の相手を選んでしまうのか

「アタッチメント・タイプ」を知っていれば、自分にとって相性のいいパートナーを選ぶことができます。3つのアタッチメント・タイプを理解して、恋愛やパートナー選びに活かす方法をご紹介します。


オーロラネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

オーロラネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

輝きが美しいオーロラネイル、意外とマニキュアでもできます! ただし、マニキュアでオーロラネイルをやるには、オーロラネイルグッズをうまく利用することが大事。オーロラネイルグッズの使用法も交えて、オーロラネイルのやり方・コツを豊富な画像で解説します。


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。