「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

「習慣を自分のものにできる人」が人生を好転させる

人生をより良く変える力を持つのは「行動」。ただし、続けなくては意味がありません。新たに始めた行動を「習慣」として、自分のものにできる人を目指しましょう。


新年を迎え、今年1年充実した素敵な年にしたい、と願っている人も多いのでは? 昨年よりもいい年にするには、やろうと思い立ったことを、ひとつでも多く行動に移すことが欠かせません。

行動しなければ人生は変わらない――とはわかっちゃいるけれど、どうも体が動かない……。そんな方の背中を押してくれそうな本が『「行動力」の育て方』(安藤美冬 著)です。安藤さんは「はじめに」でこう言い切ります。

■願っても叶わない。行動を続けることでしか、人生は好転しない

「今流行りの『願えば叶う』なんていうものは起こり得ません。しかしながら、最初の一歩は勢いよく踏み出せても、行動が続かないという人もまた多いのです。行動は続けてこそ、『行動力』になります。そして、行動力のある人とない人の差は『習慣』にあります」

三日坊主という言葉がありますが、それでは「行動した」とは言い難いし、もし道具などを準備していたならもったいない。一度「これだ!」と決めてスタートしたことは、強い意思を持って継続する。そんな自分になりたいものです。

かの有名な自己啓発本『7つの習慣』実践ガイドとして書かれた本書から、今すぐできる習慣や考え方をご紹介します。

■すべては「自分」から始まる

何かのせいにするのは簡単。誰でもできることです。うまくいかないのは「会社のせい」「上司のせい」「環境のせい」――そんなふうに言っているうちは、人生が自分事ではない状態。

それはつまり、自分の人生なのに「自分のもの」ではなく、自分から動き出そうとしていない、といっても過言ではありません。自分から動く、といった主体的な生き方に変えていきたいものです。

主体的な行動を習慣化する心得として、安藤さんがしている提案をいくつか見ていきましょう。

■1.曖昧な言葉は一切使用禁止

「とりあえず」「一応」「まあ」などの曖昧な言葉が口をついて出てくるうちは、人は本気になどなれない、と安藤さん。では、それらの言葉を自分の生活からどうやって“排除”するか。

「信頼できる家族やパートナー、友人など親しい人に、あらかじめ『もし私がこういう言葉を使ったら注意してほしい』と頼んでおくのです。もちろん、お互いにお互いの口ぐせをチェックし合うこともできます。口ぐせを変えることで、いつの間にか、意識も行動も変わってくるのです」(P.50)

自分が発する言葉は、ある意味で自分そのもの。だからこそ、使う言葉次第で人は良い方向にも、悪い方向にも変わっていくといえます。

■2.手足を動かすと、自信が生まれる

悩んだり、行き詰まったりすると、行動に到らず、ひたすらぐずぐずしてしまう――こんな経験はありませんか? そうなると、どんなに時間が経っても動けず、時間や機会をロスしてしまうばかり。

安藤さんにもそんな時期があったといいます。しかし、メンターのひとりから「悩んでばかりいないで、まずは動いてみなきゃ。そうしなければ状況は何も変わらないよ」とアドバイスされ、このままではいけない、と気づいて動けるようになったのだそう。

「不安や悩みが大きいほど、それは新しい自分に出会えるチャンスだと前向きにとらえて、『まずは動いてみよう』を合言葉に一歩一歩進んでいます」(P.56)

最初から「失敗するかも」「もしうまくいかなかったら……」とは考えなくていいのです。かといって「絶対にうまくいく!」と変な自信に満ちあふれなくても◯。フラットな気持ちで粛々と挑戦して。

■3.オフラインの環境に身を置いて、自分のペースを取り戻す

インターネットが普及した現代はあまりにも情報過多な時代。さらにスマホやSNSが広まったことで、良くも悪くも、いつでも誰とでもすぐにつながれる状況もあります。

そのおかげで、自分本来のペースが崩れて焦りが生まれ、ストレスと化してしまうことも。常に素早く連絡を返さなくてはいけないとプレッシャーを感じたり、他人と自分を比較して落ち込んだり……便利な環境の裏にはデメリットもあるのです。

安藤さん自身は、一度「ピースボート」でオフラインの環境を体験したのを機に、今でも自分のバランスが崩れそうになると、積極的にオフラインの環境を作るようにしているそう。

「たとえば、ある時は午前中だけ、またある時は仕事に集中したい1時間だけ、スマホの電源を切ったり、データ通信をオフにして電話機能だけ残すなどの工夫をしています」(P.67)

“常時接続”の環境に身を置くのは義務ではありません。ときどき離れてみる、距離をおいてみる、といった時間を設けるのは、自分が自分らしさを保ちながら、いきいきと行動するために必要です。

一度やろうと決めた習慣を継続するには、すべてを自分ごととして捉え、まず動き出すこと。そして、自分のペースを大事にしながら、少しずつでも前進すること。満足していない現状から抜け出す方法を教えてくれる一冊です。


この記事のライター

DRESS編集長。楽天、リアルワールドを経てフリー編集者/ライターに。関心のあるテーマは人間の生き方や働き方、性、日本の家族制度など。趣味のひとつはプロレス観戦。DRESSプロレス部 部長補佐を務める。著書に『はたらく人の結...

関連するキーワード


習慣 人生を好転させる

関連する投稿


「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「怒りっぽくて困っている」、反対に「うまく怒れないのが悩み」……怒りについての悩みは人それぞれ。ですが、よく考えたら怒りって何? 何で怒りの感情ってわくのだろう? 連載3回目は、「怒りのもとになる“べき”」について、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

昨年から手帳のプロデュースを始めた長谷川朋美さん。人生の優先順位を順に叶え、自分らしい人生を手に入れるための手帳術をご紹介します。どれも長谷川さんご自身が実践していることばかり。具体的なので今日からでも取り入れて、進みたい未来に近づいて。


あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

怒りに任せて、つい嫌なことを言ってしまい、後で「あれは本心じゃないのに」「あんなこと言わなきゃ良かった」と思っても後の祭り……。そんな事態を防ぐために取り組みたいのが「アンガーマネジメント」です。連載2回目は、「カッとなったときに有効な対処術」を日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいます。


素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

「夜活」という言葉をご存知でしょうか。「朝活」はよく話題になりますが、この「夜活」は耳慣れないという方も多いかもしれません。「終わりよければすべてよし」という言葉と同じように、1日をどう終わるかということが、毎日の充実度に大きく影響してきます。今回は夜活の心得とおすすめの夜活をご紹介します。


怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

「今日もカッとなってキレちゃった……」「また言いたいことをガマンしちゃった……」そんなふうに後悔することはありませんか? そんな「怒りっぽい人」や、反対に「うまく怒れない人」が“怒り”の感情とうまくつき合うための方法を、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


最新の投稿


浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

軽い気持ちで浮気すると、大きな後悔をしてしまうかもしれません。今回は、浮気で後悔しないために知っておくべきリスクについて解説します。


【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

六本木開館10周年を迎えるサントリー美術館が、2017年11月22日(水)から2018年1月28日(日)まで、「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展を開催。


結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚するために貯金はいくらあればいい? リアルなお金事情を紹介します

結婚の現実的な問題として貯金、つまり「お金」があります。結婚式の資金やこれから生活していく上でのお金、新婚旅行。さまざまなところで費用がかかります。では、結婚前の資金としてどのくらい貯めておけばよいのでしょうか? 男女別に分けて詳しくご紹介していきます。


あなたと彼、ふたりの恋のゆくえがわかる心理テスト

あなたと彼、ふたりの恋のゆくえがわかる心理テスト

あなたと彼、ふたりの恋のゆくえがわかる心理テストをご紹介いたします。気になる彼との関係は、女性なら誰もが気になることだと思います。将来のことがわかっていれば、今どう動くべきか、何に注意したらいいかがわかりますよね。


見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

見た目もりんご、中身もりんご。ぎゅうぎゅうりんごパン【天然酵母のパンレシピ#5】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第5回目は旬のりんごをたっぷり使ったちぎりパンのご紹介です。


おっぱい

MENU

DRESS部活