子宮頸がんワクチン、大人女性への子宮頸がん予防効果は?【赤池智子連載 #5】

子宮頸がんワクチン、大人女性への子宮頸がん予防効果は?【赤池智子連載 #5】

子宮頸がんワクチンの安全性に関する報道が近年目立ちます。しかし、そもそも子宮頸がんワクチンとは何なのか、誰が接種すると子宮頸がん予防効果が期待できるのか。きちんと知っておきたい子宮頸がんワクチンの基礎知識を、赤池智子医師が解説します。


これまで「子宮ってどんなもの?」では子宮の構造・働きについて、その上で「子宮頸がんのこと、誤解していませんか?」では、子宮頸がんがヒトパピローマウイルス(HPV)感染が関わって起きるがんだということを説明してきました。

■子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんを予防するためのもの

今回は「子宮頸がんワクチンの種類」について説明します。日本では、現在2価ワクチン、及び4価ワクチンという2種類のワクチンがあります。

子宮頸がんワクチンとは、子宮頸がんを予防するためのワクチンです。前回お話したHPVの中でもがんを起こしやすいと言われているハイリスク型のHPVに対して免疫をつけ、その型のHPVに感染を起こさなくさせる役割があります。
今現在日本では、サーバリックス®とガーダシル®という2種類の製品名でワクチンがあります。

サーバリックス®はHPVの中でも前回お話しした子宮頸がんの高リスク型と言われるHPV16型および18型に対するワクチンであり(2種類のウイルスの型に対するワクチンであり2価ワクチンという言い方をします)、ガーダシル®はHPV16型、18型に加え、尖圭コンジローマなどその他病気の発症に関わると言われるHPV6型、及び11型も含めたワクチン(4価ワクチン)であることがサーバリックス®とガーダシル®の違いです。

※そのほかの違いとしてはサーバリックス®は10歳以上が対象であり、ガーダシル®は9歳以上が対象となるなど、対象年齢が異なります。また、どちらも計3回筋肉内に接種するのですが、投与間隔に差があります。

どちらを選ぶこともできますが、計3回接種する途中でもう一方のワクチンへ切り替えることはできないので、最初にどちらかを決める必要があります。

■子宮頸がんワクチン、2種類で違いはある?

では「子宮頸がんの予防」という点での効果は2つのワクチンで違いがあるのでしょうか?
結果としてこれまで世界中で行われた試験では、2価ワクチンと、4価ワクチンの間での「子宮頸がん予防について、差は認めなかった」という結果が得られています。

ただし、尖圭コンジローマなどに対しては4価ワクチンであるガーダシル®が有効です。後ほど、引用の論文も一緒にご紹介いたします。

■子宮頸がんワクチンを接種するのに適した年齢はある?

では、次に「このワクチンを接種するといいのはどんな方か?」を説明します。

基本的に、このワクチンは性交渉をおこなう前の女性が接種することにより、HPV高リスク型の持続感染による子宮頸がん発症を予防します。

私たちDRESS世代の女性に最も多いのが子宮頸がんとありますが、では、私たち世代の女性が接種できないのか? と思われる方もいらっしゃると思います。

そのことについて、先ほどの2種類のワクチン間で子宮頸がん予防の差があるかどうかとともに、記載した論文があるのでここで一緒に紹介します。

以下は医学界雑誌の中でも権威のある、『Lancet』という雑誌に掲載された論文を抜粋したものです。

よく、何かのデータを示すときにネットなどで「アメリカでは〜、ヨーロッパでは〜という報告がある」という書かれ方を見ますが、大事なことの一つは、「その情報の出典元」はしっかりとしているのか、ということです。

そもそも信用性が低い情報を、『「海外では〜」なのに日本では未だに流通しているだとか、問題である』という紹介のされ方がいかに多いことか。

しっかりと出典元も示す、さらには、そもそもの出典元も信用に値する雑誌なのかどうかということも踏まえて、紹介していきたいと思います。

Bivalent HPV vaccine
— One large randomized clinical trial in more than 18,000 young females
aged 15 to 25 years demonstrated the efficacy of bivalent HPV vaccine.
•Among HPV-naïve patients, the efficacy of the bivalent vaccine for
preventing CIN2 or more severe disease due to HPV types included in the vaccine was 93 percent, comparable with the efficacy of the HPV quadrivalent vaccine.

•In the overall population of study participants (with and without prior HPV
infection), vaccine efficacy for preventing CIN2 or more severe disease
due to HPV types included in the vaccine was significantly lower at 53
percent after a mean follow-up period of approximately three years. These
data are consistent with those seen with HPV quadrivalent vaccine and
emphasize the need to vaccinate individuals before the onset of sexual
activity to gain the greatest benefit and maximize cost effectiveness.
(参考文献: Paavonen J et al. Efficacy of human papillomavirus (HPV)-16/18 AS04-adjuvanted vaccine against cervical infection and precancer caused by oncogenic HPV types (PATRICIA): final analysis of a double-blind, randomised study in young women. Lancet 2009; 374:301.)

■子宮頸がんワクチンの予防効果は?

これを日本語に簡単に訳してみます。

・15〜25歳までの思春期〜若年女性18000人を対象に、2価HPVワクチンの効果を検証した試験(大規模無作為化、二重盲検、プラセボ対照試験)では、HPVへの未感染者のうちで、子宮頸部病変異形成(CIN)2以上の病変の予防効果は93%と報告されており、4価ワクチンとほぼ同等の効果があると思われる。
(※2価ワクチンも4価ワクチンも同様に子宮頸がん予防の効果があるということです)

・HPV既感染者を含む全体の予防効果は53%までに下がってしまう。
接種時点すでにある一定期間感染していることによることにより頸がんにリスクが上がってしまうためであると思われる。
つまり性交渉前に接種を受ける必要があると考えられる。

ですので、DRESS世代の女性が接種したとしても、予防効果は下がってしまいます。
やはり性交渉前の10代の女性が接種することによる効果が最も高いと考えられます。

ただ、近年日本では子宮頸がんワクチンの安全性について大きく騒がれているため、そこに不安を感じている方も多いとおもいます。

次回では、「子宮頸がんワクチン騒動とはなんだったのか」「ワクチンの安全性」についてお話していこうと思います。

その他参考文献
・Garland SM, Hernandez-Avila M, Wheeler CM, et al. Quadrivalent vaccine against human papillomavirus to prevent anogenital diseases. N Engl J Med 2007; 356:1928.

Text/赤池智子
医師、内科/皮膚科医。内科認定医。2006年準ミス日本。
患者の視点に立った医療を行うことを何よりも大切にし、日常診療を第一に論文執筆、学会発表、セミナーも行っている。
2006年準ミス日本の経歴も生かし、女性ならではの視点から正しい医療知識に基づいた女性の病気、健康、美容に関する情報も発信し定評がある。


子宮ってどんなもの?【赤池智子 連載 #3】

https://p-dress.jp/articles/2411

昨今、ニュースで度々取り上げられる子宮頸がんワクチン問題。それを知る前の、基本となる知識を学んでいきましょう。今回は私たち女性にとって大切な臓器、「子宮」の基礎をおさらいします。

子宮頸がんのこと、誤解していませんか?【赤池智子連載 #4】

https://p-dress.jp/articles/2533

子宮頸部にできるがん「子宮頸がん」はDRESS世代で多く見られるがん。だからこそ、正しい知識や情報を手に入れておきましょう。

子宮頸がんワクチンの副作用って?【赤池智子連載 #6】

https://p-dress.jp/articles/2990

子宮頸がんワクチンを接種すると、痛みなどの症状が起きる、後遺症が残るなどの、恐怖を感じる報道がなされていました。でも、実際それらは子宮頸がんワクチン接種と関係しているの? 赤池智子医師が解説します。

この記事のライター

医師、内科/皮膚科医。内科認定医。2006年準ミス日本。 患者の視点に立った医療を行うことを何よりも大切にし、論文執筆、学会発表と共に日常診療を第一に行っている。 2006年準ミス日本の経歴も生かし、女性ならではの視点か...

関連するキーワード


子宮頸がん がん 子宮

関連する投稿


女性に知ってほしい、骨盤底筋と経血コントロールの話【長谷川朋美】

女性に知ってほしい、骨盤底筋と経血コントロールの話【長谷川朋美】

5年以上経血コントロールを続けている長谷川朋美さん。難しそう……と思われる方も多いかもしれませんが、骨盤底筋を鍛えることで経血コントロールは徐々にできるようになる、と話します。その方法や得られる実感などを綴っていただきました。


子宮頸がんワクチンの副作用って?【赤池智子連載 #6】

子宮頸がんワクチンの副作用って?【赤池智子連載 #6】

子宮頸がんワクチンを接種すると、痛みなどの症状が起きる、後遺症が残るなどの、恐怖を感じる報道がなされていました。でも、実際それらは子宮頸がんワクチン接種と関係しているの? 赤池智子医師が解説します。


布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

布ナプキンで「子宮が温まる」「生理痛が減る」は眉唾

月経時に布ナプキンを使うと「生理が軽くなる」「子宮が温まる」「出血量が減る」などの効果が期待できる、と信じている女性たちがいます。Web上には布ナプキンの作り方や洗い方などの情報がズラリ。でも、その効果って本当? それとも眉唾? 宋美玄先生が解説します。


子宮頸がんのこと、誤解していませんか?【赤池智子連載 #4】

子宮頸がんのこと、誤解していませんか?【赤池智子連載 #4】

子宮頸部にできるがん「子宮頸がん」はDRESS世代で多く見られるがん。だからこそ、正しい知識や情報を手に入れておきましょう。


昔の人はできていた……のか?「月経血コントロール」を検証する

昔の人はできていた……のか?「月経血コントロール」を検証する

「昔の女性は月経血を膣に溜めておき、トイレでまとめて出していた」といった言い伝えを聞いたことがある方もいるのでは。でも、それって本当? 実現可能なの? できていたとしても、果たして体に良いの? 宋美玄先生が検証します。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。