女を磨く離婚道 #8 離婚後の未来を切り拓くのは「懲りない女」

女を磨く離婚道 #8 離婚後の未来を切り拓くのは「懲りない女」

事実婚を含め、二度の離婚を経験した作家の島田佳奈さん。「幸せな人生を歩むために離婚を選んだのだし、離婚したからこそ再婚だってできる」。その前向きさが次にもっと、幸せな未来を引き寄せているのかもしれません。


日本の法律でいうところの結婚とは、戸籍を同一のものとする夫婦生活のことを指す。その定義に乗っ取れば、私の結婚歴は1回である。しかし離婚は2回経験している。それは、戸籍が動かなかった「事実婚」という形態の暮らしを長らくしたことがあるからだ。

別れはいつだって悲しい。特に(事実婚も含め)結婚という「公に祝福されて夫婦として暮らした」相手との決別は、その後の生活が一変するほどの影響力があるせいか、長年におよび引きずってしまう。

「何がいけなかったのか」「どこで歯車がずれてしまったのか」わかったところで、終わってしまった関係を修復することは不可能だ。
ただの恋人同士ならば、復縁する未来を描くこともできるかもしれない。だけど結婚ほど深く関わった相手とは、さすがに難しいと私は思う。

■28歳で離婚、36歳で事実婚へ

最初の結婚(24~28歳)のとき、幼稚すぎた私は、妻の自覚なく奔放過ぎる振る舞い(浮気)をして、当時の夫をひどく傷つけた。
今思えば、元夫ほど私を愛してくれた男はいない。私が何をしても絶対に許してくれた彼を、その当時の私は罵倒した。彼の愛情表現さえも「気持ち悪い」と拒絶した。自分は間違っていない、おかしいのは彼だと決めつけ、打ちのめすほど傷つけてしまった。

大人として成熟した今の私ならば、元夫と結婚生活を続けていけただろう。だが、今さらその深い愛情に感謝しても、彼の個性を愛することができても「彼を傷つけた」という過去は変わらない。こぼれたミルクは元には戻らないのだ。

その後長いこと、私は「結婚に向かない自分」というレッテルを自身に貼りつけた。結婚したら簡単に離婚できない(してはならない)という経験も、再婚に対する抵抗を生み出した。幸い相手も離婚歴があり理解してくれたので、次の結婚は事実婚というスタイルを選んだ。最初の離婚から8年が経っていた。

■二度目の離婚、湧き上がってきたのは安堵感

それから7年後、私は二度目の離婚をした。

私は前回の離婚から学んだことに執着し、今度は「夫婦関係がうまくいかなくなっても別れない」選択をした。気持ちが離れてしまっても、家族として穏便にやっていけるのであれば、一緒に暮らしていけると信じていた。そうやって乗り越えた先にある「まだ見たことのない景色」に到達したい気持ちもあった。

たった3年半、しかも途中で別居している最初の結婚生活と比べたら、事実婚とはいえ7年半の年輪で新たに見えたことはたくさんあった。両家の両親や仕事関係者にも公認であれば、入籍婚とさほど違いを感じることはなかった。だが「離婚」だけは違っていた。

相手から離婚を切り出されたとき、私は憑き物が落ちたような気分になった。すでにお互い離れていた気持ちから目を背けていたことに気づき、悲しみより「これで終われる」という安堵感に、自分自身が驚いた。

■それでも、愛する男と暮らす幸せは格別のもの

荷物をまとめ部屋を出る──それだけで次の離婚は終わった。双方とも相手の親から話し合いや挨拶すら求められもしなかった。
籍を入れない関係の希薄さは、こんなところに露呈した。簡単すぎる手続きが、逆に虚しく感じた。
(入籍婚のときは、両家に出向いて話し合ったり離婚時に挨拶に行ったり大変だった)

最初の結婚における反省と学習は、次の結婚に少なからず生かされたとは思う。
だけど相手が違えば展開も異なる。ふたりの目指す未来が異なってしまったら、離婚するほうがお互い幸せだ。

離婚後の喪失感は、何度やっても慣れない。だけどやっぱり、愛する男と暮らす幸せはかけがえのないものだ。
幸せな人生を歩むために離婚を選んだのだし、離婚したからこそ再婚もできる。

二度離婚しても「次こそは」と前向きになれる自分は、懲りない女なのかもしれない。

Text=島田佳奈

作家、女豹ライター、AllAbout恋愛ガイド。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SEなど多彩な経歴の後、作家に転身。豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。「AllAbout恋愛」「ハウコレ」「GLAM」他連載多数。著作『人のオトコを奪る方法』『女豹本!』『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』他。

この記事のライター

作家/女豹ライター/All About恋愛ガイド。 豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。 『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』他著作多数。

関連する投稿


そして再婚へ、離婚のあとに続く道とは【離婚のあとに続く道#8】

そして再婚へ、離婚のあとに続く道とは【離婚のあとに続く道#8】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。今回は連載最終回。離婚後に初めて彼氏ができた筆者がたどり着いたひとつの答えとは?


「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。「○○することが普通」という空気に自分の欲求を抑えつけられていた状況から抜け出して、人付き合いに対して自由な意思を持つことができるはず。


女を磨く離婚道#9 結婚も離婚も人生の通過点

女を磨く離婚道#9 結婚も離婚も人生の通過点

結婚生活に悩んでいる友人、また離婚を考えている友人に、何か伝えられることがあるとするならば、人が成長できる最高のチャンスが結婚生活であり、離婚は自分の膝をすりむいて、初めて自分の至らなさや未熟さを知ることのできる、ともに素晴らしいライフイベント――女を磨く離婚道、藤森もも子さんの例を見てみましょう。


恋愛に溺れそうなときこそ、彼氏いらない宣言【離婚のあとに続く道#6】

恋愛に溺れそうなときこそ、彼氏いらない宣言【離婚のあとに続く道#6】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。3組に1組の夫婦が離婚する時代。「離婚なんて当たり前」だと言われたとしても、離婚を決意するまで、そして実際に離婚したあとは身を切られるような茨の道が待っています。


出会い系に潜むワナ~身分を偽る男性の存在【離婚のあとに続く道#5】

出会い系に潜むワナ~身分を偽る男性の存在【離婚のあとに続く道#5】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。3組に1組の夫婦が離婚する時代。「離婚なんて当たり前」だと言われたとしても、離婚を決意するまで、そして実際に離婚したあとは身を切られるような茨の道が待っています。


最新の投稿


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 「DRESS」では1月、「友達」特集(仮)をお届けします。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


1月特集「トモダチってナニ?」

1月特集「トモダチってナニ?」

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。今の友だちに満足している人も、友だちを増やしたいと思っている人も、今あらためて、友だちについて考えてみませんか。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポット、ひとりの時間など、友だちを再考するきっかけを提供します。自分が理想とする友だち関係をつくっていこう!


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用ドレスシューズの常識

ビジネスシーンに最もふさわしいドレスシューズ(革靴)。一般的には、「黒の内羽根式のストレートチップ」のドレスシューズが最もクラシカルでフォーマル度が高いといわれます。ドレスシューズの正しい知識を押さえて、ビジネスシーンにふさわしい革靴選び、ケアをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ネットショッピングで失敗したくないなら「手持ち服と合わせたコーデ」を3つ以上考える

ZARAのオンラインショッピングをしてみました。自宅で試着でき、さらに、あらかじめ考えておいたコーデを自宅で実際に着られるという、買い物の新しいスタイル。手持ち服×新しいアイテムでコーディネートを3パターン以上考えられたら即決OK、と決めています。皆さんも新しい買い物の形を試してみては。


【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

【DRESS占い】1/17-1/30 女神のための星占い by ホロスコ

占い師・ホロスコ先生による「女神のための星占い」で1/17-1/30にかけての運勢を知ろう。


おっぱい