1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 性癖、ありますか? 性癖あるある、びっくり性癖、隠し性癖まで一挙紹介!

性癖、ありますか? 性癖あるある、びっくり性癖、隠し性癖まで一挙紹介!

人にはなかなか打ち明けづらい性癖。誰もがひとつやふたつは持っているのではないでしょうか。あるある性癖から過去に出会った驚きの性癖、隠し持っている秘密の性癖まで、アンケートを元に紹介します。

性癖、ありますか? 性癖あるある、びっくり性癖、隠し性癖まで一挙紹介!

突然ですが、あなたには性癖がありますか? 誰にでもひとつやふたつの性癖はあると思いますが、パートナーに打ち明けやすい性癖から、誰にも言えない変わった性癖を持っている人もいます。

今回は、性癖とは一体なんなのか、どんな性癖を持っている人がいるのかを紹介します。

■「性癖」とは?

「性癖」とは、持って生まれた性質の偏りや、癖のことを指します。収集癖や虚言癖、露出癖など、その人の心理に深く根ざし、生活や習慣に大きな影響を与えるものが性癖です。

あれ? と思った人もいるかもしれません。そうなんです。「性癖」とは本来セクシャルな意味ではありません。

性癖の「性」は、「本性」や「性格」の「性」と同じように性質を指しています。誤って性的な言葉として使われるようになり、最近では性的嗜好やセックス時の癖を指すことの方が多いようです。

■「性癖」と「フェチ」の違いは?

「性癖」と混同して使われがちな言葉に「フェチ」があります。「フェチ」とは「フェティシズム」を略した俗称で、匂いフェチや脚フェチというように、人の体の一部や特定の物に対する異常に強い執着を指します。

一般的にはもっとライトな意味で使われており、「〇〇好き」と同じような感覚でお尻フェチ、筋肉フェチなどと言われていることも多いですよね。

■男性にありがちな性癖5選

性的嗜好としての性癖は多種多様で、そこに向けるエネルギーにも個人差がありますが、誰にでもひとつくらいは性癖があるのではないでしょうか。

男性にありがちな性癖を挙げてみましょう。

1.コスプレ

性癖という自覚がないまま、単純にかわいい格好をした女性とセックスしたくて挑戦してみる人が多いようです。

学生服、ナース、ミニスカポリス、レースクイーン、チアリーダー、メイド服など、種類豊富で手頃な価格のコスチュームが量販店や通信販売で購入できるようになったことから、コスプレ好き男性がいかに多いかわかりますよね。自宅でコスプレを楽しむことができない人のために、コスチュームをレンタルできるラブホテルもあるそうですよ。

中にはクローゼットに眠っていた学生時代の制服やバイト先の制服など、本物の制服にこだわる人、靴や小物にまでこだわる人もいます。

コスプレにハマる理由として、イメージした役柄になりきってセックスすることで非日常を味わえることがあります。例えば、ナースのコスプレを相手に着てもらうことで、自分はセクハラドクターや入院中のムラムラした患者になりきることができます。

コスチュームを変えるだけでまったく違うシチュエーションでのセックスを楽しむことができるので、マンネリ化防止にもなりそうですね

2.ソフトSM

SMと聞くと、ムチ・ロウソク・猿ぐつわ・浣腸器・拘束具などの特殊な道具を使った、苦痛を伴うプレイを想像する人も多いと思います。そして、実際にSMで性的快楽を得ることができるのは少数派です。

しかし、SMの要素を少しだけ取り入れたソフトSMは、本格的な道具もいらない上に誰にでも安全に行うことができるので大人気です。目隠しプレイ、やや強引な態度でのリード、言葉責め、手足を軽く拘束した上でのおもちゃ責めなどから取り入れる人が多いようです。

実は責められる側になってみたいと秘めた願望を持っている男性も多く、本当は「エッチな言葉責めをされたい」「乳首を思い切りつねってもらいたい」と思っていても、相手にどう思われるか怖くて誰にも明かせない人もいます。

3.野外セックス

人に見られるかもしれないスリル、少しだけ見られたい願望、してはいけないことをしている背徳感から野外セックスにのめり込む人がいます。

学生時代に家族のいる自宅でセックスすることができず、ホテルに行くお金もないことから仕方なく野外でセックスしていたのが、いつの間にかそのスリルに病みつきになっていくケースが多いようですね。

野外セックスで人気のあるのは、夜の公園、山の中、砂浜、ビルとビルの間、神社など。たまたま人のいない場所を見つけて突発的にセックスする人もいれば、ビニールシートやウェットティッシュ、虫よけスプレーまで準備して野外セックスを楽しむカップルもいます。

また「誰かに見られてしまうかも……」がエスカレートして「見られたい!」となり、ハプニングバーや乱交パーティーに発展していくケースもあるそうです。

4.複数プレイ

複数プレイを好む男性の中で多いのは、男性は自分ひとり、女性がふたり以上のパターンです。「複数の女性から同時に責められてみたい」「より多くの女性相手にセックスして自信をつけたい」など、複数プレイを好む理由はさまざまです。

パートナーに複数プレイを受け入れてもらえず、願望はあっても実現できなかったり、実現できたとしてもいざとなると下半身が萎えてしまったりすることもよくあるそうで、実は難易度が高いプレイなのかもしれません。

5.NTR

NTRとは「寝取り」または「寝取られ」の略。AV業界ではここ数年NTRブームが続いており、さまざまなシチュエーションでのNTRモノが作られています。

人妻が職場などの男性とセックスするもの、彼氏が目の前にいるのに他の男性とセックスしてしまうものなどが特に人気があり、寝取った側目線で楽しむ人、寝取られた側目線で楽しむ人のどちらからも高い評価を得ています。

実際に自分の彼女や妻が他の男性とセックスしているところを見たいあまり、SNSなどから男性を募集し、目の前でセックスさせたり録画したりする人もいるそうです。

このジャンルは海外では‟CUCKOLD(カクルド)”と呼ばれており、世界的にもメジャーな性癖といえます。

■今までに出会ったびっくり性癖

必ずしもパートナーに理解してもらえるとは限らないのが性癖。相手の突然の性癖告白に驚いてしまう人もいますよね。これまでに出会ったびっくり性癖についてアンケートをとってみたところ、こんな解答がありました。

ガチの拘束でおもちゃ責め、ロウソク、ムチ。ソフトSMかと思ったら本気のSMだったので怖くて逃げました。


乳首を噛んでくれと頼まれたときには驚きました。すごく痛そうな気がして。2回目以降は断りました。

(性器を噛んでほしいと言われたケースも!)

チャイナ服でのセックスを頻繁に要求されました。驚きはしなかったけど暑いです。


40歳すぎの私にセーラームーンのコスプレをさせたまま致した。

(某コンビニの制服を着させられたという報告も!)

付き合っている彼に「他の男とセックスしてるところが見たい」と言われてさすがにドン引きしました。

■実は私こんな性癖もってます! 女性の隠し性癖

性癖があるのは男性だけではなく女性も同じです。彼氏や夫に言うことができず性癖を隠している人も多そうですよね。

女性は一体どんな性癖を隠しているのでしょうか。

1.ソフトSM

以前ワンナイトのお相手にバックでお尻を叩かれ、正常位では首を締められ、苦しみながらも感じている私の顔を見て『あぁ、いい顔……』と言って自分も感じていた姿がめちゃくちゃ性癖に刺さりました。


前戯中に体の至る所を噛まれ、挿入中には強めに叩かれるのが好きで、歯形や手形が残るとうれしくなります。でも痕が残るほどしてほしいと誰にでも頼めるわけではなく、してくれる人が少ないので困ってます。


男女共に人気のあるソフトSMですが、女性の場合は強めに責められたい願望のある人がとても多かったです。目隠し、言葉責め、軽い拘束だけではなく、イラマチオ、首絞め、髪を引っ張られること、痕がつくほど噛まれることなど、苦痛が少々伴うプレイを好む傾向にあるようです。

責められる側を好む人が多い中で、責める側が好きな人もいました。

男性の両手をおさえてフェラや騎乗位をすると興奮します。


自称Sの男性と楽しんでいたけど、いつの間にか私が彼のお尻を弄っていました。自然な流れだったので経緯は覚えていませんが、声がとても可愛くて、責めているときとのギャップにやられました。


受け身が嫌いなので全部リードします。足を出したら自分から足首を掴んで指先から舐めてくれる人が好きです。

2.複数プレイ

AVに数回出演したのですが、連続で責め続けられる3Pや4Pが人生で一番興奮しました。


複数プレイは男性が多いほど疲れますが、その分気持ちよさも2倍、3倍になるので、セフレの友達を呼んでもらっています。年に一度の祭のような感じです。


男性が複数の女性相手にセックスしたいと思う一方で、女性は複数の男性から責められたいようです。より多くの男性から性的に求められて承認欲求が満たされ、弱い立場になって責められるソフトSMの要素もあるからでしょうか。

3.体液を飲む・飲ませる

男性の尿や精液を飲むと興奮する女性もいます。好きな男性の中で作られたものを自分の口で受け止めたという喜びや達成感があるそうです。逆に、自分の尿や潮を男性に飲ませることで興奮する女性もいます。

クンニしながら潮を飲んでもらうのが好きです。初めて口で潮を受け止めてびっくりしている顔に興奮します。


歴代彼氏にはおしっこを飲ませてます。始めは飲めなくて吐き出すのですが、だんだん飲めるようになるのも見ていて楽しいです。

4.アナルセックス

元彼がアナルセックス好きでした。今の彼氏には言えないけど本当はまたアナルセックスがしたいです!


「汚れてしまうかもしれない」「匂いがするかも」と恥ずかしさから触れられることも拒んでしまうけど、本当は弄られたいと思っている女性も多いのではないでしょうか。アナルで強い快感を感じる人もいて、アナルだけの刺激でオーガズムに達することもあるそうです。

アナルは筋肉が硬く挿入前の準備が必要になることと、粘膜が切れやすいことから簡単には手を出しにくいですが、ハマると病みつきになるそうですよ。

5.露出

見られたい願望の強い女性です。自分がマスターベーションしている動画をインターネットに載せて、見られることで興奮する人や、下着をつけずに薄着で外出して「乳首が浮き出ているのが見られてしまうかも」「パンツを穿いていないことがバレるかも」というスリルを楽しむ人がいます。

中には、ひとりでハプニングバーに行って、いやらしい姿を複数の男性に見られることを楽しみにしている人もいるそうですよ。

■気になる性癖、ありましたか?

男性にありがちな性癖や女性の隠し性癖をご紹介しましたが、気になる性癖はありましたか? 中にはびっくりするものもあったかと思いますが、なぜか心に残ったものがあったとしたら、それはあなたの性癖の始まりかもしれません。

パートナーとじゅうぶんに話し合って理解を得ることができたら、ライトなことからぜひ真似してみてください。ふたりでハマれるものが見つかるといいですね!

Betsy

セックスコラムニスト。経験と独自の研究を元に、楽しく性生活を送るための悩み相談やハウツー記事を複数のウェブサイトで連載中。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article