「産後セックスレス」はおかしくない

「産後セックスレス」はおかしくない

「出産後はどうしてもその気にならなくて、気がついたらセックスレスになっていた……」そんな悩みを持つ方は少なくありません。今回は出産後のセックスレスについてお話しします。


「出産後はどうしてもその気にならなくて、気がついたらセックスレスになっていた……」。そんな悩みを持つ方は少なくありません。また、これから出産を控えている方たちならば、いつからセックスを再開すればいいのか、心配している方もいることと思います。今日は出産後のセックスレスについてのお話をしていきたいと思います。

女性のホルモンバランスは妊娠中から大きく変化

妊娠、出産は、女性の身体にとって一大イベントです。普段、女性の身体はプロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンが入れ替わるように増減して、身体のバランスを保っています。妊娠すると、この2つのホルモンは赤ちゃんが成長しやすいよう分泌量が一気に増えます。プロゲステロンは黄体ホルモンともいい、赤ちゃんが成長しやすいよう、子宮内の状態を整えて胎盤を完成させて、流産を防ぎます。エストロゲンは卵胞ホルモンともいい、子宮を大きくしたり、母乳を作る準備をしたりします。2つのホルモンの分泌量は、赤ちゃんが生まれる直前まで増えていきますが、出産後は分泌量が一気に減ります。

産後に「セックスしたくない」はあたりまえ

この2つのホルモンがなぜセックスレスと関係あるの? と思った方もいるかもしれません。実はこの2つのホルモンが一気に減少し、ホルモンバランスが大きく崩れることで、さまざまなトラブルが起こります。白髪が増えた、肌にトラブルが見られる、イライラする、性欲が湧かなくなるなどは、こうしたホルモンバランスの変化が原因です。また、産後はプロラクチンやオキシトシンといったホルモンが分泌されるようになります。これらは母性ホルモンといわれるもので、赤ちゃんの育児というストレスの多い生活にも耐えられるのは、これらのホルモンのおかげ。
ですが、赤ちゃんを守ろうという気持ちが大きく働くホルモンのため、性欲がなくなってしまうことも少なくありません。このように産後の女性の身体は、女性ホルモンが大きく減少し、母性ホルモンがどんどん出ているというように、ホルモンのバランスが大きく切り替わっている時期です。肉体的、精神的にもセックスをする気になれないのは当然のことなのです。

身体の変化をパートナーにも理解してもらうことが大切

気持ち的にも、身体的にもなかなかセックスをする気にはなれないと思いますが、医学的には膣の状態が戻ってくる産後1ヶ月からはセックスが可能になります。私たちは「1ヶ月検診を終えればセックスは可能ですよ」とお伝えしています。
ですが「なかなかその気にならなくて」とずるずるセックスレスを続けてしまうと、夫婦の仲にも溝ができてしまいますし、何十年もセックスレスのままだと膣が萎縮してセックス自体に痛みを感じてしまうようになります。まずはパートナーに生理現象であることを理解してもらいましょう。そしてセックス以外での愛情表現は欠かさずに行ってパートナーとの関係をキープしていきましょうね。

編集協力=大場真代

この記事のライター

京都府立医科大学卒業後、産婦人科医として多数の分娩・手術を経験。その後、形成外科医としての技術を幅広く習得した後、美容外科・美容皮膚科全般を行う。特に婦人科系の美容手術は日本有数の症例数を誇る。2011年、銀座で 「なおえビ...

関連するキーワード


出産 セックスレス

関連する投稿


【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

【海外で、産む】緊急帝王切開で産み、4泊で退院した私の経験談

マレーシアで第一子を出産しました。無痛分娩で出産するつもりでしたが、諸事情で緊急帝王切開となりました。入院期間はたったの4泊。薬を飲む際は水ではなくてミロ(Milo)。そんな海外出産体験をご紹介します。


出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

外資系企業勤務の私が出産後も仕事を継続する上で一番のハードルになるのが、出張について。今回は先輩ママに「いったいどうしているの?」をテーマにお話を聞きました。


排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

排卵誘発剤の種類と使うときの注意点【知っておきたい、体外受精の基礎知識#6】

体外受精という不妊治療が一般的に知られるようになった昨今。不妊症に悩むカップルは6〜10組に1組と言われる今、体外受精を受けている方は珍しくありません。この体外受精という治療について、山中智哉医師が詳しく解説する連載、6回目では「排卵誘発剤」の「注射薬」のしくみを説明します。


「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私#6】

「2人目を産もう」と心底思えるタイミングなんて来ない【母でも妻でも、私#6】

息子はそろそろ2歳。ほどよい年齢差の兄弟姉妹を持つには、ちょっと遅いくらいの妊娠タイミングがやってきています。でも、頭で考えたら、ふたり目なんて全然ぴんとこない。はじめて子どもを妊娠する前と、似たようなことを考えています。


セックスレスの出口は、日常生活にも転がっている

セックスレスの出口は、日常生活にも転がっている

セクシーな下着を身に着けたり、恋愛映画を見たり、寝室を一緒にしてみたり……そんなセックスレスの解消法もあるけれど、まずは、パートナーとの思い出を振り返って、日常生活の中から自然と触れ合う機会を増やしてみませんか?


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。