フランスに関する記事

フランス共和国(通称:フランス)は、ヨーロッパ大陸に位置する国家である。EU(ヨーロッパ連合)の歴史的創立メンバーの一国であり、経済や農業などでも世界トップクラスである。「自由、平等、博愛」の精神のもと社会保障制度等も充実しているが、2015年11月13日に起きたパリ同時多発テロ事件は記憶に新しい。

フランスに関連するキーワード

パリ パリジェンヌ
>>フランスに関連するキーワード一覧

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


フランスに行ったら試したいパリの朝食「パリジェンヌ流おうち朝ごはん」

フランスに行ったら試したいパリの朝食「パリジェンヌ流おうち朝ごはん」

フランスの旅行を予定している方におすすめしたいのが、パリジェンヌと同じような「おうち朝ごはん」。そこにはフランスらしさがぎゅっと凝縮されています。マネしてみると、「この空気感、お土産に持って帰りたい」と思うくらいの体験価値がありそうです。パリジャン、パリジェンヌ3人とルームシェアして発見した朝食シーンをご紹介します。


パリジェンヌはアクセサリーとジュエリーを賢く使い分ける

パリジェンヌはアクセサリーとジュエリーを賢く使い分ける

パリジェンヌはどんなアクセサリーやジュエリーが好きなの? 参考にしたいけれど、ファッションのようにはフォーカスされないことも。トレンドによる影響も多少ありますが、彼女たちが好きなものは基本的に変わりません。大人のパリジェンヌならではのジュエリーに対する考え、アクセサリー選びをご紹介します。


いつまでも魅力的なフランス女性に共通する4つの特徴

いつまでも魅力的なフランス女性に共通する4つの特徴

「フランス女性の生き方を学ぶ本」は今も昔も人気。フランス女性の特徴には、歳を重ねても魅力的で、エレガンスを保ち、いつまでも美しい……などがあり、これらは私たちが幸せな人生を送るのに、おおいに参考になるはずです。輝き続けるフランス女性の特徴を知り、私たちも取り入れてみませんか。


華やかなパリは魔法がかかった街【高田賢三】

華やかなパリは魔法がかかった街【高田賢三】

高田賢三さんがパリの地を初めて訪れてから50年以上のときが経った。でも、不思議なことに、パリの街並みは時代が移り変わっても、ずっと美しさを保ち続けている。そんなパリという街に高田さんが感じることは。


フランス女性の恋愛観から学ぶ、女であり続けるためにしたい4つのこと

フランス女性の恋愛観から学ぶ、女であり続けるためにしたい4つのこと

フランス女性ブーム到来か――!? 昨今「フランス女性の生き方を学ぶ本」がいま人気を集めています。下着選びのテーマはセクシーかどうか、恋愛が人生の根幹にあるなど、フランス女性特有の恋愛観や性格は日本人とは少し異なった特徴を持ちます。今回は、そんなフランス女性の生き方についてみていきます。


フランス女性の働き方、生き方に学ぼう。“好き”を大事にすれば、自分らしい人生が手に入る

フランス女性の働き方、生き方に学ぼう。“好き”を大事にすれば、自分らしい人生が手に入る

フランス女性の働き方や生き方は、世界の女性たちから注目を集めています。フランス女性のベースにある「知的エゴイズム」を知り、実践することで、仕事も人間関係も恋愛も、うまくまわる人生を手に入れてみませんか。


ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル#13】

ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル#13】

ボルドーで出会ったワイン醸造家のご夫婦と姉妹。素敵な4人にワイン造りに対する情熱や生きがいを伺いました。


ボルドーを知ればワインはもっとおいしく、楽しくなる。【オトナの美旅スタイル #12】

ボルドーを知ればワインはもっとおいしく、楽しくなる。【オトナの美旅スタイル #12】

フランスを代表するワインの産地といえばボルドー。今あらためて、ボルドーワインのこと、深く知ってみませんか?


アラフォー女子向け!フランス旅行の楽しみ方・3つのツボ

アラフォー女子向け!フランス旅行の楽しみ方・3つのツボ

年間8000万人が訪れる、世界一の観光大国フランス。なかでも芸術の都パリといえば多くの女性たちが一度は訪れたいオシャレな街。歴史溢れる美しい都でもあり、世界のカルチャーを先ゆく先進的な都市でもあります。


フランス美熟女たちに学ぶ、歳を重ねても美しくあり続ける秘訣

フランス美熟女たちに学ぶ、歳を重ねても美しくあり続ける秘訣

若作りするのではなく、年齢相応の美しさを醸し出すフランス女性たち。彼女たちの美の秘訣は何なのか? 『生涯恋愛現役 女のセンシュアル・エイジング入門』から3つの心得をご紹介します。


フランス伝統色で探る。あなたのイメージカラーは?

フランス伝統色で探る。あなたのイメージカラーは?

私たちの周りには赤・青・黄色などのシンプルな色だけではなく、多種多様な色が存在します。人が視覚的に最初にインプットするのは色や形です。「インテリアスイッチ」に関するコラム、今回はその色の持ち味を生かして、自分なりの感覚を呼び起こすイメージカラーについてお話します。


美ドレスにうっとり!フランスのファッション&メイクの世界に浸れる展覧会はMUST GO

美ドレスにうっとり!フランスのファッション&メイクの世界に浸れる展覧会はMUST GO

GWの予定は決まりましたか? まだ悩んでいる……そんな方には、ポーラ美術館の企画展「Modern Beauty-フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」はどうでしょう? 女性のファッションの歴史や革命にふれるひとときを。


フランス人に好かれるための大事な一言 【井筒麻三子のパリジェンヌ修行中】

フランス人に好かれるための大事な一言 【井筒麻三子のパリジェンヌ修行中】

フランスといえば挨拶の基本は「ボンジュール」であることぐらい、ドレス読者の方々なら当然ご存知のことでしょう。バカにしてるの!?とお怒りにならず、今回はもう少しこの一言についてのお話にお付き合いいたけたら。


【井筒麻三子のパリジェンヌ修行中】マルシェのある生活。

【井筒麻三子のパリジェンヌ修行中】マルシェのある生活。

パリ2年生ライター井筒麻三子がパリの文化、情報を発信!! パリに暮らし始めてからよく聞かれるのが「パリのどこがいいの?」「何が違うの?」という質問。


誘いの言葉は、“アペロしない?” 【井筒麻三子のパリジェンヌ修行中】

誘いの言葉は、“アペロしない?” 【井筒麻三子のパリジェンヌ修行中】

アペロって、皆さんはご存知でしょうか? 何といってもパリに来ることを決めるまで大してフランスに興味がなかった私は、全く知りませんでした。アペロ? アポロ? ああ、あの懐かしいイチゴ味の……って違う、そうじゃない。


パリに「住んで暮らす」アパルトモン滞在体験記

パリに「住んで暮らす」アパルトモン滞在体験記

パリを旅するのは今回が3回めです。観光名所めぐりはひととおり経験済みでしたので、今回は普通のホテルではなく、憧れだったアパルトモン滞在を体験してみることにしました。予約はトラブルなくできる?部屋の充実度は?治安面は大丈夫?など、色々気になる点にお答えしつつ、「住んで暮らす」パリ生活をレポートします。


グラスをくゆらしながらワインの旅へ。ワイナリーホテル5選【DRESS×Tablet】

グラスをくゆらしながらワインの旅へ。ワイナリーホテル5選【DRESS×Tablet】

ワイン旅行の醍醐味は、グラスを軽く回して、表情異なる香りと味を確かめるだけではありません。ワクワクと逸る心を抑えながらパッキングを済ませ、これから数日間あなただけのものとなる深い緑のブドウ園へ。完成したワインを豊かな田園風景とグルメなご馳走と共に味わえれば、これぞまさに理想の生活。


ブランジェリーナが愛するオーガニックな村。

ブランジェリーナが愛するオーガニックな村。

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが別荘として購入し、結婚式を挙げたことで知られるフランスのお城、シャトー・ミラヴァル。南仏プロヴァンス=アルプ地方ヴァール県の小さな村、Correns(コランス)にある、このお城にはワイナリーもあり、ここで栽培されているぶどうは100%オーガニック。