ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #13】

ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #13】

ボルドーで出会ったワイン醸造家のご夫婦と姉妹。素敵な4人にワイン造りに対する情熱や生きがいを伺いました。


旅するジャーナリスト、小野アムスデン道子です。ワインは、ほぼ毎日という私。“おいしいワインを自らの手で造る”のにはちょっと憧れます。ボルドー取材で出会ったDRESS世代のワイン醸造家のご夫婦と姉妹に、そのワイン造りに対する情熱や生きがいについてお聞きしました。

「シャトー・カストゥネChateau Castenet」を運営するのは、サンテミリオンの醸造学校で出会ったというミレーヌ&ギョーム・ゲネック夫妻。2010年にこのワイナリーを前オーナーから購入、2012年に収穫を開始。

80%が輸出でアメリカとドイツは2013年から、日本にも今年から輸出をしているそうです。40歳前の若い農家にはEUの資金援助の制度があります。使用済みの水の処理などを環境に配慮して行うことで、施設費の40%までの補助金を得て、地下に貯蔵タンクを設置。先週、完成したところだそう。

ふたりとも親も兄弟もワイン農家というものの、親世代とは考えが違うと言います。「親は、量販店向けにスタンダードのワインを多量に造るけれど、私たちは輸出中心で個性のある自分たちがよいと思うワインを造りたい。あと、亜硫酸を使わないというポリシーも両親の時代とは違うわね」とミレーヌさん。

なんと2歳と8歳のふたりの息子さんがいるとは思えない若々しい感じですが、ワイン造りに親とは異なるポリシーをきちんと持っている点、年齢で有利な制度はきちんと利用して設備投資する点、そして夢いっぱいな点がとても印象的。

子育てもあるので、収穫はギョームさんが朝5時からひとりでがんばったそう。「本当は、テイスティングルームとセラーがもう完成しているはずだったんだけど、ちょっと工事が遅れて……今日の試飲は醸造タンクの横だけど。でも完成はとっても楽しみ」と、ワイン造りはふたりの夢をますます広げています。

■にこやかな笑顔の中に8代目当主姉妹としての自覚

もう一組は、ディアヌ(左)&ユジェニ(右)・ジュラウキー姉妹。彼女らは「ビニョーブル・ドガVignobles Degas」の8代目。ブドウやワインを買い付けて、他のワイナリーに売るネゴシアンと呼ばれる仕事の他に、自社もいろいろなオリジナルブランドのワインを造っていて畑もそれぞれ違うという大規模なワイン農家です。

ワイン造りは妹のユジェニ、販売などのビジネスは姉のディアヌと役割をきちんと分けています。たとえば、温度調整など設備や醸造過程についてはユジェュニが答えてくれますが、価格の話になると「それはディアヌに聞いてね」というふうに。

「家の庭の方もご案内するわね」と言って連れて行かれたのは、いきなり大きな池や温室のある8ヘクタールの大庭園で、庭というよりまるで公園。紹介のある人しか入れておらず、さらに10ユーロの入場料を取っているとか!

そんな庭園をカートで回って管理しているのは81歳の祖母。「おばあさまのマリジョゼという名前の付いた薔薇もあるのよ。レオンという名前のクジャクを飼っていて、おばあさまが名前を呼ぶと来るの」と無邪気に笑う、そのお嬢さまぶりに驚き。

ランチのおもてなしは、姉のディアヌの手料理で「日本にも5万本を輸出しているからどうぞよろしくね!」と宣伝は忘れません。「女性姉妹が継いだワイナリーということで、目立って得をしているという面はあるわね。引き継いだワイナリーをさらに引き継いで発展させていくのは私達の役目」と語るふたり。とても気さくな雰囲気の中に、家業を継ぐこと、仕事に対する自覚の強さが伺えます。

ゲネック夫妻は理想のワイン造り、ジュラウキー姉妹は事業を引き継ぐことという目標がすごく明確に見えているのが、彼らの造るワインの味のようにとても爽やかに思えたのでした。

取材協力/ボルドー&ボルドー・シュペリユール醸造家組合、ボルドー・スウィートワイン連盟、在日フランス大使館貿易投資庁−ビジネスフランス

文/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。


この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

今回ご紹介するのは赤ワインに合うおいしいおつまみ。まだまだ日本の家庭には馴染みきっていないワイン。簡単にすぐ用意できるものでもおつまみになるし、簡単なのにおしゃれなものもたくさんあります。前回の白ワイン編に続きこちらもおしゃれ晩酌に活用してみてくださいね。


おしゃれでかわいい! ワインカクテルのレシピ

おしゃれでかわいい! ワインカクテルのレシピ

今回ご紹介するのは、ワインカクテルのレシピです。そのままワインを飲むのもいいけれど少しおしゃれに飲みたいとき、お酒が弱い友人が遊びに来たとき、あまり手が込んでないのにおしゃれなワインカクテルが役立ちます!


銀座のおすすめワインショップ。GINZA SIXの登場で今ワインが面白い!

銀座のおすすめワインショップ。GINZA SIXの登場で今ワインが面白い!

2017年4月20日に開業した「GINZA SIX」。食品フロアが充実しているのに加え、ワインショップがふたつも入っているのは、ワイン好きには嬉しいですよね。今回はそんなGINZA SIXのワインショップと銀座でおすすめのワインショップの特徴を比べてみます。


和紅茶ビールに抹茶ビール……お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」が開業

和紅茶ビールに抹茶ビール……お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」が開業

ホテル・レストラン運営の龍名館は、御茶ノ水の日本茶レストランで、「抹茶ビアガーデン」を6月より期間限定で開業。「和紅茶ビール」「抹茶ビール」など10種のビールの飲み放題や、「抹茶ワイン」、13品の「お茶料理」を楽しめます。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活