ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #13】

ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル #13】

ボルドーで出会ったワイン醸造家のご夫婦と姉妹。素敵な4人にワイン造りに対する情熱や生きがいを伺いました。


旅するジャーナリスト、小野アムスデン道子です。ワインは、ほぼ毎日という私。“おいしいワインを自らの手で造る”のにはちょっと憧れます。ボルドー取材で出会ったDRESS世代のワイン醸造家のご夫婦と姉妹に、そのワイン造りに対する情熱や生きがいについてお聞きしました。

「シャトー・カストゥネChateau Castenet」を運営するのは、サンテミリオンの醸造学校で出会ったというミレーヌ&ギョーム・ゲネック夫妻。2010年にこのワイナリーを前オーナーから購入、2012年に収穫を開始。

80%が輸出でアメリカとドイツは2013年から、日本にも今年から輸出をしているそうです。40歳前の若い農家にはEUの資金援助の制度があります。使用済みの水の処理などを環境に配慮して行うことで、施設費の40%までの補助金を得て、地下に貯蔵タンクを設置。先週、完成したところだそう。

ふたりとも親も兄弟もワイン農家というものの、親世代とは考えが違うと言います。「親は、量販店向けにスタンダードのワインを多量に造るけれど、私たちは輸出中心で個性のある自分たちがよいと思うワインを造りたい。あと、亜硫酸を使わないというポリシーも両親の時代とは違うわね」とミレーヌさん。

なんと2歳と8歳のふたりの息子さんがいるとは思えない若々しい感じですが、ワイン造りに親とは異なるポリシーをきちんと持っている点、年齢で有利な制度はきちんと利用して設備投資する点、そして夢いっぱいな点がとても印象的。

子育てもあるので、収穫はギョームさんが朝5時からひとりでがんばったそう。「本当は、テイスティングルームとセラーがもう完成しているはずだったんだけど、ちょっと工事が遅れて……今日の試飲は醸造タンクの横だけど。でも完成はとっても楽しみ」と、ワイン造りはふたりの夢をますます広げています。

■にこやかな笑顔の中に8代目当主姉妹としての自覚

もう一組は、ディアヌ(左)&ユジェニ(右)・ジュラウキー姉妹。彼女らは「ビニョーブル・ドガVignobles Degas」の8代目。ブドウやワインを買い付けて、他のワイナリーに売るネゴシアンと呼ばれる仕事の他に、自社もいろいろなオリジナルブランドのワインを造っていて畑もそれぞれ違うという大規模なワイン農家です。

ワイン造りは妹のユジェニ、販売などのビジネスは姉のディアヌと役割をきちんと分けています。たとえば、温度調整など設備や醸造過程についてはユジェュニが答えてくれますが、価格の話になると「それはディアヌに聞いてね」というふうに。

「家の庭の方もご案内するわね」と言って連れて行かれたのは、いきなり大きな池や温室のある8ヘクタールの大庭園で、庭というよりまるで公園。紹介のある人しか入れておらず、さらに10ユーロの入場料を取っているとか!

そんな庭園をカートで回って管理しているのは81歳の祖母。「おばあさまのマリジョゼという名前の付いた薔薇もあるのよ。レオンという名前のクジャクを飼っていて、おばあさまが名前を呼ぶと来るの」と無邪気に笑う、そのお嬢さまぶりに驚き。

ランチのおもてなしは、姉のディアヌの手料理で「日本にも5万本を輸出しているからどうぞよろしくね!」と宣伝は忘れません。「女性姉妹が継いだワイナリーということで、目立って得をしているという面はあるわね。引き継いだワイナリーをさらに引き継いで発展させていくのは私達の役目」と語るふたり。とても気さくな雰囲気の中に、家業を継ぐこと、仕事に対する自覚の強さが伺えます。

ゲネック夫妻は理想のワイン造り、ジュラウキー姉妹は事業を引き継ぐことという目標がすごく明確に見えているのが、彼らの造るワインの味のようにとても爽やかに思えたのでした。

取材協力/ボルドー&ボルドー・シュペリユール醸造家組合、ボルドー・スウィートワイン連盟、在日フランス大使館貿易投資庁−ビジネスフランス

文/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。


この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


和紅茶ビールに抹茶ビール……お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」が開業

和紅茶ビールに抹茶ビール……お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」が開業

ホテル・レストラン運営の龍名館は、御茶ノ水の日本茶レストランで、「抹茶ビアガーデン」を6月より期間限定で開業。「和紅茶ビール」「抹茶ビール」など10種のビールの飲み放題や、「抹茶ワイン」、13品の「お茶料理」を楽しめます。


フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスでワインの名門ドメーヌ5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さんの挑戦

フランスで歴史あるブルゴーニュワインのドメーヌ「シモン・ビーズ」の5代目当主となった日本人女性・ビーズ千砂さん。彼女がその重責を担うまでに至った経緯と現在をパリ在住でブルゴーニュワイン専門店を夫婦で営む近藤さんがレポートします。


激ウマ簡単! 白ワインに合う美味しいおつまみ4選

激ウマ簡単! 白ワインに合う美味しいおつまみ4選

今回紹介するのは白ワインに合う美味しいおつまみです。自宅での晩酌、ひとりで飲んでも、誰かと飲んでも、ワインがあると肩肘張ってしまう人が多いようです。難しいものを作らなくてもワインに合う料理は意外にたくさんあります。今回はその中でも私もよく作る料理4つをピックアップしました。


カリフォルニアの注目エリア「パソロブレス」でワイナリー巡り

カリフォルニアの注目エリア「パソロブレス」でワイナリー巡り

カリフォルニアで最近人気のスポット、パソロブレスとサンタバーバラの旬情報をお届けします。LAと東京を拠点とし、毎月飛び回っているジェットセッターでもありトラベルが好きなビューティプロデューサー平野宏枝さんの連載「HIROELIFE」#1です。


ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ダイエットの味方に? 太りにくい「ワインの飲み方」

ワインを飲んでも太らないパリジェンヌのようになりたい! そう憧れている人も多いはず。美食家の女性の中には毎日のように外食していてお酒も飲んで、運動なんてしていなさそうなのに痩せている人もいますよね。運動も大切ですが、太らないように食事をするコツを彼女たちから学んでみます。


最新の投稿


「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

「いつまでも堂々と独身でいられる時代」が来たッ!

「結婚しなくても幸せになれるこの時代に、私はあなたと結婚したい」こんなセリフを使用したゼクシィのCMが大反響を得ている。女は早く結婚すべきものという鎖から解かれ、「救われた」と言う独身女性もいるほどだ。


動物愛護活動を通じて、子供たちの笑顔あふれる未来をつくる――「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」発売

動物愛護活動を通じて、子供たちの笑顔あふれる未来をつくる――「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」発売

スキンケアブランド「キールズ」が、未来を担う子供たちに、動物愛護活動を通じ、命の大切さを伝えるためのチャリティー活動を開始。これを機に、アーティストの坂本美雨さんとコラボレーションした「キールズ レアアース マスク(限定パッケージ)」が2017年6月2日から数量限定で販売されます。


「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

「天国にいちばん近い島」へ。ニューカレドニア旅行記・後編

安藤美冬さんによるニューカレドニア旅行記・後編をお届けします。ホテル「ル メリディアン イルデパン」や「Sheraton Deva」に宿泊し、ニューカレドニアの観光や食、リゾートアクティビティを味わい尽くす旅の後半は――。


化粧品ブランドは「なりたい顔のイメージ」で選ぶ

化粧品ブランドは「なりたい顔のイメージ」で選ぶ

百貨店を訪れたものの、どこの化粧品ブランドで買い揃えようか、迷ってしまった経験がある人もいるのでは。おすすめはなりたい顔のイメージ(雰囲気)で、化粧品ブランドを選ぶこと。なりたい顔別におすすめな化粧品ブランドを分類してみました。お買い物の参考にしてみてください。


神田神社(神田) - 恋愛運・勝負運にご利益があるパワースポット

神田神社(神田) - 恋愛運・勝負運にご利益があるパワースポット

恋愛運、勝負運がない……。そんな風に感じている人は、ご利益を得るために神田明神に参拝することをおすすめします。初詣参拝者数30万人ともいわれる神田明神。明治神宮、浅草寺に次いで3番目の参拝者数です。今回は江戸の守り神、神田神社をご紹介いたします。