ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル#13】

ボルドーで出会った醸造家に聞く、ワイン造りへの覚悟と情熱【オトナの美旅スタイル#13】

ボルドーで出会ったワイン醸造家のご夫婦と姉妹。素敵な4人にワイン造りに対する情熱や生きがいを伺いました。


旅するジャーナリスト、小野アムスデン道子です。ワインは、ほぼ毎日という私。“おいしいワインを自らの手で造る”のにはちょっと憧れます。ボルドー取材で出会ったDRESS世代のワイン醸造家のご夫婦と姉妹に、そのワイン造りに対する情熱や生きがいについてお聞きしました。

「シャトー・カストゥネChateau Castenet」を運営するのは、サンテミリオンの醸造学校で出会ったというミレーヌ&ギョーム・ゲネック夫妻。2010年にこのワイナリーを前オーナーから購入、2012年に収穫を開始。

80%が輸出でアメリカとドイツは2013年から、日本にも今年から輸出をしているそうです。40歳前の若い農家にはEUの資金援助の制度があります。使用済みの水の処理などを環境に配慮して行うことで、施設費の40%までの補助金を得て、地下に貯蔵タンクを設置。先週、完成したところだそう。

ふたりとも親も兄弟もワイン農家というものの、親世代とは考えが違うと言います。「親は、量販店向けにスタンダードのワインを多量に造るけれど、私たちは輸出中心で個性のある自分たちがよいと思うワインを造りたい。あと、亜硫酸を使わないというポリシーも両親の時代とは違うわね」とミレーヌさん。

なんと2歳と8歳のふたりの息子さんがいるとは思えない若々しい感じですが、ワイン造りに親とは異なるポリシーをきちんと持っている点、年齢で有利な制度はきちんと利用して設備投資する点、そして夢いっぱいな点がとても印象的。

子育てもあるので、収穫はギョームさんが朝5時からひとりでがんばったそう。「本当は、テイスティングルームとセラーがもう完成しているはずだったんだけど、ちょっと工事が遅れて……今日の試飲は醸造タンクの横だけど。でも完成はとっても楽しみ」と、ワイン造りはふたりの夢をますます広げています。

■にこやかな笑顔の中に8代目当主姉妹としての自覚

もう一組は、ディアヌ(左)&ユジェニ(右)・ジュラウキー姉妹。彼女らは「ビニョーブル・ドガVignobles Degas」の8代目。ブドウやワインを買い付けて、他のワイナリーに売るネゴシアンと呼ばれる仕事の他に、自社もいろいろなオリジナルブランドのワインを造っていて畑もそれぞれ違うという大規模なワイン農家です。

ワイン造りは妹のユジェニ、販売などのビジネスは姉のディアヌと役割をきちんと分けています。たとえば、温度調整など設備や醸造過程についてはユジェュニが答えてくれますが、価格の話になると「それはディアヌに聞いてね」というふうに。

「家の庭の方もご案内するわね」と言って連れて行かれたのは、いきなり大きな池や温室のある8ヘクタールの大庭園で、庭というよりまるで公園。紹介のある人しか入れておらず、さらに10ユーロの入場料を取っているとか!

そんな庭園をカートで回って管理しているのは81歳の祖母。「おばあさまのマリジョゼという名前の付いた薔薇もあるのよ。レオンという名前のクジャクを飼っていて、おばあさまが名前を呼ぶと来るの」と無邪気に笑う、そのお嬢さまぶりに驚き。

ランチのおもてなしは、姉のディアヌの手料理で「日本にも5万本を輸出しているからどうぞよろしくね!」と宣伝は忘れません。「女性姉妹が継いだワイナリーということで、目立って得をしているという面はあるわね。引き継いだワイナリーをさらに引き継いで発展させていくのは私達の役目」と語るふたり。とても気さくな雰囲気の中に、家業を継ぐこと、仕事に対する自覚の強さが伺えます。

ゲネック夫妻は理想のワイン造り、ジュラウキー姉妹は事業を引き継ぐことという目標がすごく明確に見えているのが、彼らの造るワインの味のようにとても爽やかに思えたのでした。

取材協力/ボルドー&ボルドー・シュペリユール醸造家組合、ボルドー・スウィートワイン連盟、在日フランス大使館貿易投資庁−ビジネスフランス

文/小野アムスデン道子
世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。日本旅行作家協会会員。


この記事のライター

世界有数のトラベルガイドブック『ロンリープラネット日本語版』の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ、旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、プロデュース多数。...

関連する投稿


夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

夏は海へ。イタリア人の過ごし方〜ミラノ通信#16

日焼けが大好きなイタリア人は、夏はビーチへバカンスに出かけます。パラソルと透き通った海、新鮮な魚介類など、のんびり日焼けしながら過ごすバカンスは優雅ながらとても人間らしい時間ではないでしょうか。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


フランス産の正統派スパークリングワイン「ポール・ルイ」が新登場

フランス産の正統派スパークリングワイン「ポール・ルイ」が新登場

サッポロビールからスパークリングワイン「ポール・ルイ」が新発売に。ポップなイメージが海外で人気の1本です。本格的な味わいでパーティーシーズンを盛り上げます。


絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

絶品カニ料理を発見! カニ味噌とスパイシーソースの組み合わせがたまらない【オトナの美旅スタイル #23】

カニ好き&スパイシーな料理好きな方にとって、チリクラブはたまらないお料理ではないでしょうか。私も大ファンのひとり。カニが名産で、チリやペッパーなどのスパイスを使ったお料理が名物のスリランカ。今回は首都コロンボにあるチリクラブの名店を訪ねました。


季節差狙いで旅するシドニー! 知られていない未開のエリアを探検【オトナの美旅スタイル #22】

季節差狙いで旅するシドニー! 知られていない未開のエリアを探検【オトナの美旅スタイル #22】

日本が溶けそうに暑い夏、南半球オーストラリアは冬。今回ご紹介したい旅先は、直行便が数多く飛ぶおしゃれ都市・シドニー。夏の暑さにうんざりしている方には、季節差を生かしたお得旅をおすすめします。


大人の女子旅は「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」で上質なひとときを

大人の女子旅は「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」で上質なひとときを

今回、DRESS読者の方々に提案したい旅行先は、2017年4月22日にリニューアルオープンした「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」です。総工費15億円をかけて行われた改装のコンセプトは「ワインリゾートの更なる進化」。今回は、日常から離れて、ゆったりと過ごす女子旅1泊2日の内容をお届け。


最新の投稿


世界最先端のガストロノミーレストランのエスプリを味わえる「ENEKO Tokyo」

世界最先端のガストロノミーレストランのエスプリを味わえる「ENEKO Tokyo」

スペインの3ツ星レストラン「アスルメンディ」がバスクから六本木へ。スペインで現在もっとも注目されている若手シェフが、ロンドン店に続く海外2店目として、六本木に「ENEKO Tokyo(エネコ東京)」をオープンしました。


牛すじ肉を使った簡単・煮込みレシピ3品。ローカロリーなのに旨味たっぷり

牛すじ肉を使った簡単・煮込みレシピ3品。ローカロリーなのに旨味たっぷり

牛すじ肉を使う簡単なレシピを3つご紹介します。牛すじ肉は脂質が少なく、たんぱく質が多い、とてもヘルシーな食材です。しかもうまみが濃縮されています。煮込んで食べると美味しいので、今回は煮込んだメニューばかり集めてみました。


手相の線が薄いのは悪相ではない! サポート役であれば女子力高めの良相

手相の線が薄いのは悪相ではない! サポート役であれば女子力高めの良相

手相の線は形や長さと共に、「濃さ」も線を判断するうえで、とても重要なポイントになります。今回は手相の線が薄い人の特徴について。線が薄いことは一見良くなさそうですが、決して悪いことばかりではありません。線が薄いからこその良い面があるのです。線の薄さを個性と思えたら、また違う人生が待っています!


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がられているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

ヘアカラー後の気になる黄味をおさえる、自宅髪色ケアアイテム「髪色サプリ」

花王は「リーゼプリティア 髪色サプリ」を9月30日より、全国のドラッグストアなどの店頭で発売。ヘアカラー後しばらくすると、色が抜けて黄味がかって明るくなったり、金髪っぽくなったり……そんな悩みを自宅ケアで解決。「週1~2回塗って流すだけ」の新しい髪色ケア習慣の提案です。


おっぱい