アラフォー女子向け!フランス旅行の楽しみ方・3つのツボ

アラフォー女子向け!フランス旅行の楽しみ方・3つのツボ

年間8000万人が訪れる、世界一の観光大国フランス。なかでも芸術の都パリといえば多くの女性たちが一度は訪れたいオシャレな街。歴史溢れる美しい都でもあり、世界のカルチャーを先ゆく先進的な都市でもあります。


■一流キャバレーのナイトショーを満喫!

女性も楽しめる!!芸術性溢れるナイトショーは必見!!




パリでの夜遊びは、一度は訪れておきたいところ。中でも芸術の都パリを代表する一流キャバレーのナイトショーは、芸術性が極めて高く、女性のみの鑑賞でも十分に楽しめるものとなっています。二の足を踏んでしまっていたアナタ!そんな必要はありません。一流クラスになると事前予約(インターネット、もしくは電話)が必要になりますが、一度訪れたらもう最後、中毒になってしまうこと間違いナシ!

■パリジェンヌの如く!暮らすようにプチホテルで宿泊。

美術館巡りに、ショッピングに、観光と大忙しのパリ旅行ですが、心の余裕をどんな時も忘れないパリジェンヌの如く、暮らすようにゆったり旅行を楽しめるプチホテル滞在が大変オススメ!交通便の良い市街地中心部にあり観光にも最適。またパリらしい上品でセンス溢れるデザインの客室は、乙女のハートを掴んで放しません。MONTREAL、LA TOUR DAUVERGNEなどが女性に大変人気があります。

■水上からパリを一望しながらのディナークルーズ。

パリといえばセーヌ川が大変有名ですが、大人女子ならば必ず試して頂きたいのが"セーヌ川ディナークルーズ"。夕焼けに照らされる夕刻のセーヌ川はもちろん、その後、水上から眺めるパリの夜景は息を飲む美しさがあります。美味しいシャンパンと3つのコースディナーが楽しめるオススメの会社は「バトームッシュー」で、一面の大きな窓ガラスからセーヌ川の絶景を心ゆくまで堪能できます。せっかくなのでドレスアップして、パリジェンヌ顔負けの贅沢な時間を味わってみましょう!

如何でしたか?魅力いっぱいのパリ。今回は一味違う大人女子ならではの楽しみ方3選をご紹介させて頂きました。

この記事のライター

関連するキーワード


フランス パリ 海外旅行

関連する投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

タイ旅行中こんな病気にかかると大変。医師が教える予防法

人気の旅行先、タイ。気軽に行きやすいけれど、気をつけるべき病気についてご存じですか? 4月は人気のお祭り「ソンクラーン」(水かけ祭り)が開催され。日本から行きやすいこともあって、お祭りに参加される方も年々増えているそう。出かける前に、タイ旅行中に警戒したい病気のこと、少し知識をつけておきませんか?


絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

絶品朝食をサンフランシスコのウォーターフロントで【オトナの美旅スタイル #18】

旅先での朝食は楽しみのひとつ。サンフランシスコに到着後、ウォーターフロントにある1928年創業の「イーグルカフェ」へ行きました。いただいたのはブラウンシュガーとペカンをのせたバナナパンケーキとクラブケーキ・ベネディクト。


観光でも楽しいイタリアの市場「メルカート」の楽しみかた〜ミラノ通信#6

観光でも楽しいイタリアの市場「メルカート」の楽しみかた〜ミラノ通信#6

おしゃれなミラネーゼも愛する市場「メルカート」でのお買い物。お花や食料品をはじめ、どんなものが買えるのか、活気あふれるメルカートの様子をミラノ在住の河見恵子さんにレポートしてもらいました。


洒落の分かる大人の女性におすすめ。ハム専門のダイニングバー「ハムレット」

洒落の分かる大人の女性におすすめ。ハム専門のダイニングバー「ハムレット」

私が住むオレゴン州ポートランドは、「ワシントンポスト」紙が、NYやLAを差し置いて全米ナンバー1に選んだこともあるグルメタウン。野心的な若いシェフたちが集まり、その腕を競っています。 今回は、ポートランドに来たら、ぜひ立ち寄っていただきたいダイニングバー「ハムレット」をご紹介します。


最新の投稿


女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

女性のお尻を叩く風習? チェコのイースターは独特

チェコのイースターは日本から見ると独特かもしれません。男性が鞭で女性のお尻を叩く風習があります。1年の健康や美を願い、また子宝に恵まれる、との言い伝えもありますが、正直痛い(笑)。そんなチェコのイースターの過ごし方と独特の風習を詳しくご紹介します。


「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」が優秀。眉もノーズシャドウも自然に仕上がる

「デザイニングアイブロウN」はケイトのアイブロウパレット。眉ってなかなか思い通りに描けず、苦手意識がある人も多いと思いますが、デザイニングアイブロウNのような3色のパウダータイプなら色を調整でき、仕上がりもふんわりソフトなので失敗が少なくおすすめです。眉メイクのコツやノーズシャドウとして使う方法をご紹介します。


鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島女性は男社会で生き抜き、トクする術を知っている

鹿児島県は未だに「男尊女卑がある」と言われる地域。そこで生活する女性たちは「被害者」扱いされることもあるが、鹿児島出身の私に言わせると、まったく逆だ。実は日本で一番、男社会での処世術を知っている女性は、鹿児島女性なんじゃないかと思うこともある。


海外から見た「日本人」の長所と短所

海外から見た「日本人」の長所と短所

「約束を守る」「長期的なビジョンや関係を重視する性格」などは、海外から見て日本人が評価されているポイント。一方で「英語が話せない」など、ちょっと残念と思われている要素も……。外国人が見る、リアルな日本人のイメージを知っておきませんか。


最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

最後の切り札!?結婚式プロデュース会社に相談した理由【NEO花嫁の結婚式奮闘記#6】

思い切って結婚式プロデュース会社に相談したのは、ウエディングプランナーに相談しても、なかなか「これだ!」と思えなかったから。夢のような結婚式を実現するため、複数のウエディングプランナーに面会したものの、ピンとこなかったから。理想とする結婚式の叶え方を模索する連載「NEO花嫁の結婚式奮闘記」#6をお届けします。