フランスに行ったら試したいパリの朝食「パリジェンヌ流おうち朝ごはん」

フランスに行ったら試したいパリの朝食「パリジェンヌ流おうち朝ごはん」

フランスの旅行を予定している方におすすめしたいのが、パリジェンヌと同じような「おうち朝ごはん」。そこにはフランスらしさがぎゅっと凝縮されています。マネしてみると、「この空気感、お土産に持って帰りたい」と思うくらいの体験価値がありそうです。パリジャン、パリジェンヌ3人とルームシェアして発見した朝食シーンをご紹介します。


■パリジェンヌはクロワッサンよりバゲットやカンパーニュがお好き!?

パリジェンヌの朝食といえば「カフェでクロワッサンとコーヒー」のイメージ。
確かに彼らはカフェにもいますが、家にもいます。

食べているパンはバゲット、カンパーニュ(田舎パン)やセーグル(ライ麦パン)など、大ぶりの素朴なパン。
なのに、カフェでの佇まいの粋さに負けず劣らず、とっても無造作で抜け感があります。

パリの朝食はバゲットと田舎パン

並べるだけのお気に入り。やっぱりぜんぶフランス産。
準備はテーブルにパンを乗せたカッティングボード、バター、コンフィチュールや蜂蜜のポットをポンポンっと置いて、淹れたてのコーヒーとともに。
まるで小さなピクニック。

パリの朝食はパンとコンフィチュール

調理いらず。食器いらず。とってもざっくり。
なのに「華やかさ」と「きちんと感」があるのは、こだわりが盛り込まれているから。

・パンは近所のお気に入りブーランジェリーで買って
・バターは愛着のあるいつものメーカーのもの
・コンフィチュールやハチミツは好みの花
・植物のものを数種
(時におばあちゃんの手作りだったり、旅先で見つけたものだったり)

冷蔵庫を開けて「今日のコンフィチュールはどれにしようかな」と選ぶ姿は、まるでクローゼットから洋服をチョイスしているようで、とってもキュート。天然フルーツカラーのコンフィチュールもカラフルでキュート。

パリの朝食はコンフィチュール選び

はたと気づく、日本でもよくある風景。なのになぜか憧れてしまうのは「フランス産」がとってもおいしい食材でマリアージュできているから。農業・酪農王国のなせる業です。

■パンのお皿はテーブル。のびのびとエレガントに

パンくずは、その軽さゆえから舞い散ります。フランスでは大人も子どものように広いテーブルを受け皿にしてのびのびとパンを味わっています。

やや気をつけなければいけないのはパンにのせるもの。

大胆にカットしたバター、ぽってりとろ〜りのコンフィチュールやハチミツは、「塗る」というより「のせる」がふさわしいたっぷり感。

パリの朝食はパンとはちみつ

これらは落ちないように、かつ手際よく口に運びます。
すっかり身についたその流れる動作は、無造作なのにエレガントだなぁ、と感じるひとコマ。
そっと口に運ぶだけでも色気があるので、わたしも時々真似していますが、胸元のシミが絶えません(涙)。

■パンは淹れたてのコーヒーとともに

日本では、朝はもっぱら手抜きで「インスタントコーヒー」派だったわたし。
フランスでも同じ派でいいのですが、同居人たちの「挽いた豆(レギュラーコーヒー)から抽出」派に押されて改派しました。

パリの朝食はパンとコーヒー

彼らは時間と手間はかかるけれど、コーヒー豆の味と香りをナチュラルに楽しむことを愛しています。
淹れた後に器具を洗う手間やゴミが出るデメリットなんかは考えたことがないようです。
料理が(ものすごく)苦手な我が家のパリジェンヌですら、朝一番にキッチンに立ってコーヒーを淹れます。

家庭用エスプレッソマシーンや直火式エスプレッソ器具を置いている家庭も多く、わが家は後者。
確かにこちらのコーヒーは目が覚める濃さですが、淹れたてはすっきりしていておいしい。
パンによく合う。
豆の苦味が小麦の甘みを引き出すというか、引き締めるというか。
背筋もピンと伸びる洗練されたマッチング(ちなみにわたしの場合は、2杯目はカフェ・オ・レにして背筋をゆるめるわけですが……)。
なにはともあれ、朝のパンにはコーヒーが欠かせないのです。

パリの朝食はコーヒー

わが家でも友達の家でも、のんびりできる朝はだいたいこんな風景。

バターやコンフィチュールなどパンのお供は街の専門店やどのスーパーでも、「さあ、迷いなさい」と言わんばかりの種類で売られていますので、気分次第ですぐに実行可能です。

パリ滞在の午前は、これら食材を現地調達して、窓際でフランスの空(※)を見上げながらパリっ子流に朝食をとってみるのはいかがでしょうか。
記憶に残る旅のワンシーンになるはずです。

次回は、パリの朝ごはんのブーランジェリー選びのポイントや、おすすめのパンのお供食材をご紹介します。

(※)フランスの空
晴れた空 > 美術館の絵画のままに、それはそれは美しいです。
曇りの空 > 微かなブルーやピンクがそっと差し込むグレー。お肌も心も潤います。
雨の空 > パノラマの空を覆う雨のカーテンは舞台装置のようにダイナミック。

この記事のライター

毎朝目覚めるのが楽しみになる「パンのお供食材」を探すため、2014年、老若男女が毎日パンを食べる国フランスに単身渡る。

オリーブ農園でのファームステイをきっかけにフランス産オリーブオイルとパンの相性の良さを実感。現在、パンに合うオリーブオイルとハチミツを日本に届けるための準備中。 ひとりぼっちの南仏放浪から、時と風に流されて今はパリ在住。人...

関連する投稿


押すスーツケース「バガブーボクサー」ポップアップストアが伊勢丹新宿店にオープン

押すスーツケース「バガブーボクサー」ポップアップストアが伊勢丹新宿店にオープン

オランダ生まれの「押す」スーツケース「バガブー ボクサー」の世界初となるポップアップストアが伊勢丹新宿店にて11月15日よりオープンしました。


風は秋色。ブレラを散歩〜ミラノ通信#19

風は秋色。ブレラを散歩〜ミラノ通信#19

歩いているだけでも楽しい、ミラノの秋。主に味覚を中心にご紹介した前回に続き、今回はカフェやブティックなど、ブレラ地区の街角をご紹介します。ミラノ在住の河見恵子さんに教えていただきました。


風は秋色。ミラノの市場は秋の味覚でいっぱい〜ミラノ通信#18

風は秋色。ミラノの市場は秋の味覚でいっぱい〜ミラノ通信#18

ミラノの市場であるメルカートへ秋色を発見しに向かいます。ポルチーニ茸をはじめ、プンタレッレ、カルチョーフィなど、秋の味覚がずらり。ミラノ在住の河見恵子さんにレポートしていただきました。


六本木ヒルズで楽しむ、野菜メインの朝食「朝ベジ」

六本木ヒルズで楽しむ、野菜メインの朝食「朝ベジ」

エッグセレント 六本木ヒルズ店限定で、NY発の朝食トレンド”朝ベジ”メニューをスタート。11月1日から朝ベジトースト2品の発売を開始します。


カンボジア・プノンペン女ひとり旅、7のTips。安心・安全に旅しよう

カンボジア・プノンペン女ひとり旅、7のTips。安心・安全に旅しよう

カンボジアの首都、プノンペンを旅してきました。定番の観光地やグルメ情報は他サイトに譲るとして、ここでは女性ひとりでプノンペンを旅する際に気をつけたいこと、事前に備えておきたいことなどをご紹介します。


最新の投稿


贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものをする意味を改めて考える。「喜ばれる贈りものリスト」も付けました

贈りものは大切な人へ感謝を伝える機会のひとつ。贈りものをする意味を改めて考えてみると共に、贈りものの選び方やおすすめの贈りものをご紹介。贈り上手・贈られ上手になるためのヒントをお伝えします。


『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

『Black Box』彼女の元に問題が集約された【小川たまか】

すでに多くのレビューが出ている『Black Box』。著者であるジャーナリストの伊藤詩織さんは、自分の身に起こった事件を調べ、付随する司法・捜査の問題点を、国際比較なども加えながら一つひとつ明らかにしていく。この圧倒的な一冊を前にして、私たちは何を考えるべきなのだろう。


『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

『コウノドリ』6話~医者は大きな失敗を乗り越えるものじゃない

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第6話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回も悲しいエピソードでしたね……。ある登場人物が迎えた重大な転機に焦点をあててみます。


あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

あなたはいくつ当てはまる? 浪費家の特徴6パターン

20代のころは30歳になれば貯金ができていると思っていたし、30歳のころには35歳になれば貯金ができると思ってた……。働いた分だけお金が貯まるはずなんだけど、貯金ができる気配がない。あなたは貯金、貯まっていますか? 浪費してしまう人には特徴があります。


クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

クリスマスまでに攻略したい! 算命学で知る彼の好みと効果的なプレゼント

そろそろ街がクリスマスの雰囲気に包まれてきました。今年のクリスマスはどんな風に過ごすか、狙った彼と甘い時間を過ごせるか――ここからが勝負ですね。でも彼の好みってどんな人? どうやったら彼の心に響くの? もうあまりゆっくりしている時間はありません。算命学で効果的な戦略を立てて、きっちり仕留めていきましょう。


おっぱい