フランス女性の働き方、生き方に学ぼう。“好き”を大事にすれば、自分らしい人生が手に入る

フランス女性の働き方、生き方に学ぼう。“好き”を大事にすれば、自分らしい人生が手に入る

フランス女性の働き方や生き方は、世界の女性たちから注目を集めています。フランス女性のベースにある「知的エゴイズム」を知り、実践することで、仕事も人間関係も恋愛も、うまくまわる人生を手に入れてみませんか。


DRESS世代の大人女性に役立つ新刊やロングセラー本をご紹介します。今回ピックアップするのは『フランス人はバカンスを我慢しない』。

■書籍情報

ファッションに子育て、そして年齢の重ね方まで。フランス女性に学ぶべき点はたくさん。

30代でフランス留学を果たし、以来、日本とフランスを行き来する著者が、多くのフランス女性たちとの交流から得たのは、「知的エゴイズム」という考え方・生き方・働き方です。

では、その「知的エゴイズム」とは?

耳にすることも多い「個人主義」という考え方がベースになりますが、単なる利己主義、いわゆる自己中とは異なります。

大きな違いは、他者に対して「寛容」であること。そのうえで、これまでの日本女性に求められてきた、「和・協調」を最優先する考え方から脱し、自分の「好き」を大切にした「知的エゴイズム」を実践すれば、今までよりずっと、仕事も人間関係もうまくいくようになるはずです。

本書では、「知的エゴイズム」という新しい考え方をどんなふうに、人間関係や仕事に生かしていったらいいのか、というヒントが書かれています。

■こんな女性に読んでほしい

仕事でキャリアを築きたい。あるいは、仕事とプライベートともに充実させたい、仕事も子育ても自分らしく実現したい……。

女性たちは、一人ひとり違う人生観を持っています。自分らしさを生かして、より充実した日々を送りたいと願うすべての女性たちに。

■読んで得られること

・より合理的な働き方へと見直すことができます。
・仕事上、分岐点を迎えたとき、どんな選択をすべきかのヒントが得られます。
・仕事に縛られない、人生の楽しみ方を発見できます。
・仕事と子育て――これを両立させるアイデアがあります。
・人間関係のストレスを軽減できる方法が見つかります。

■編集担当者からのメッセージ

日本の女性たちはとかく、「こうあらなければならない」ことに縛られがちで、「こうしたい、これが好き」ということに素直でいられない場面が多いです。

けれど、勇気を持って、自分に対して正直になれば、仕事や人間関係がもっとスムーズに運ぶようになる……、そのお手本となるのが、フランス女性であり、著者の生島さんが提案する「知的エゴイズム」なのです。

「寛容であること」「空気は読まない」「アリよりキリギリス的な生き方」「ダンシャリはしない」……いまだからこそ、実践したい考え方、そしてこれまで「そうあるべき」とされてきたことを覆す提案もあります。

仕事や家庭、さまざまな場面でストレスや閉塞感を抱えている女性たちへのエールとなる1冊です。

■目次

フランス人はバカンスを我慢しない 仕事も人間関係もうまくいく、知的エゴイズムのすすめ


Chapitre1:「知的エゴイズム」のベースは個人主義
Chapitre2:気持ちの余裕が100倍になる「知的エゴイズム」仕事の流儀
Chapitre3:空気を読まないほうが、人間関係はうまくいく
Chapitre4:「生活の美」―自分を楽しませる人生哲学

■生島あゆみさんのプロフィール

大阪府出身、甲南大学経営学部卒業後、カナダ・フランス・ドイツに語学と花を学ぶために留学。現在、旅行会社「日本の窓」に勤務し、英、仏の通訳及び通訳案内士(主に個人のVIP 向)の仕事を。日本の文化・歴史(特に食と庭園)を紹介するため、嵯峨御流師範、日本庭園デザイナー、フードコーディネーターの資格を持つ。有名シェフのアテンドや、クラシック音楽関連のテレビインタビューも担当。ライフワークとして、フランス風花束レッスンを京都で開催。カンヌ映画祭の会場の花装飾にも協力、参加した経験がある。ヨーロッパ(特にフランス)と日本の文化の架け橋となるべく、独自の“おもてなし文化論”を体系化し、講習会やオリジナルツアーを企画・開催中。


この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

金融業界の大物たちの素顔に迫った『世界最強人脈の知られざる裏側 スーパーハブ』

弁護士であり、金融業界のコンサルタントでもあるサンドラ・ナビティが知りえた世界の金融業界のトップたち。女性ならではの細やかな視線で、世界経済を動かす彼ら=スーパーハブの実像に迫った書籍を紹介します。


個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

個性を輝かせるおしゃれ。美しく生きる人は自分の色を知っている。

佇まいがおしゃれな人は、特別なアイテムを使いこなしているというより、自分のカラーをうまく着こなしているような気がします。自分に似合う色をどうやって見つければよいのでしょう? ファッションの秋。自分を素敵に見せるカラーを知って、ワンランク上のおしゃれを楽しみたいものです。


フランス女性のネイルにエレガンスを感じる理由

フランス女性のネイルにエレガンスを感じる理由

フランス女性のネイルは、とてもシンプルで自由。彼女たちの手元・足元を見ていると「塗らない美しさと塗る楽しさ」が伝わってくるかのよう。特に手元は視線を集める場所だけど、ネイルカラーを施していないからといってエレガントに見えないわけではないのです。その理由を彼女たちから学びましょう。


人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

人気スタイリスト小山田早織さんが教える美人な着こなし【積読を崩す夜 #9】

連載【積読を崩す夜】9回目は、『身の丈に合った服で美人になる』(著:小山田早織)をご紹介します。テレビ「ヒルナンデス!」や各ファッション誌で、日本中のおしゃれに悩む女性をスタイリングで救ってきたスタイリスト・小山田早織さん初のスタイルブックです。


セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

セックスレス離婚の慰謝料に「セックスレスの権利守れ」の声

フランス南部のニース。あるカップルの離婚訴訟がフランスだけでなく欧米を巻き込んで議論を呼びました。21年間の結婚生活中、妻(47歳)からのたび重なるセックスの願いを退けてきた夫(51歳)が、離婚慰謝料としておよそ1万ユーロ(約105万円)を払うよう判決を受けたのです。気になるのはその後の話……。


最新の投稿


『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

『コウノドリ』第1話――新シリーズのテーマは「お母さんの生き辛さ」

綾野剛主演の人気ドラマ『コウノドリ』第1話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。産科医療の現場をリアルに描くドラマです。号泣必至なので、見るときはハンカチを用意しましょう。


誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

誠実な男性を見抜く5つの視点~不倫や浮気をしにくい人の特徴

これから結婚を考えている女性の皆さま、不倫をするかもしれない男性とは結婚したくないですよね。今回は私の体験をもとに不倫をしない男性を見抜く方法をお伝えしたいと思います。


職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

職場の人間関係の悩みを風水で解決(40代女性)

人間の悩みの大半は「人間関係」から生まれます。中でも、職場の人間関係に悩む人は多いもの。今回は、節電で照明を暗くしたことで、オフィスの人間関係が悪化した会社に風水を取り入れたお話です。


なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

なんとなくインスタを使っている大人に読んでほしい本

SNSを使いこなしている若い人と違って、よくわからないまま、なんとなくSNSを使っている大人の方もいるのでは。とくにTwitter、Facebookの次に広まったインスタにその傾向があるように思います。もし使い方がわからない、と感じているなら読んでほしいおすすめの本をご紹介します。


手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

手に汗握る超展開! 銃規制法案を巡るロビー活動を描く『女神の見えざる手』 - 古川ケイの「映画は、微笑む。」#25

ラスベガスで起きた銃乱射事件から数週間。奇しくも今月、全米の銃規制法案を巡る攻防を描いた『女神の見えざる手』が公開されます。『ゼロ・ダーク・サーティ』でアカデミー主演女優賞にノミネートされた実力派女優ジェシカ・チャステインが、銃規制法案に賛成の立場をとる陣営を支援するロビイストを熱演。思わぬ展開にぐっと引き込まれます。


おっぱい