ケチな人の特徴は「他者からの評価」を減らし続けていること

ケチな人の特徴は「他者からの評価」を減らし続けていること

お金や時間にケチな人の特徴は、「他人の時間とお金は奪うけど、自分の時間とお金は取られたくない」と、口で言わずとも態度で示していること。彼らが知らず知らずのうちに差し出しているのは、信用や信頼などの「他者からの評価」。「私ばかりが悪い扱いを受けている」といつも思っている人は、自分が差し出す量が少ないのかもしれません。


■お金や時間にケチな人には特徴がある

「他人の時間とお金は奪うけど、自分の時間とお金は取られたくない」と、口で言わずとも態度で示している人って、周りにいませんか?

・お金には1円単位までシビアなのに、仕事でもプライべートでも、約束の時間に早すぎ・遅すぎ・来ないなど、時間にはルーズ

・イベントに平気で何時間も遅刻をしてくるのに、「飲んでいない・食べていない」という理由で、そのイベントの会費を払うのを渋る・減額交渉する

・無料やおごりのような「タダで○○してもらえる」が大好きだけど、それをもらうときでさえ、自分の都合を優先させる

こういう人、私の周りだけに生息している、なんてことはないと思うのですが、いかがでしょう?

この手の「考え方が美しくない人」とは、あるときはそっとフェードアウトしたり、またあるときはズバッと指摘して縁を切ったりと、極力距離を置くようにしてきたため、私もだいぶ生きやすくなってきたのですが、それでもどこからともなく現れますね。

■何かを得るなら、何かを差し出さなければならない

この世には、「等価交換」という考え方がありまして、

等価交換(とうかこうかん)とは等しい価値を有するものを相互に交換すること。

何かを得るときには、同じ価値の何かを差し出さなければならないのが世の常。

たとえ、自分の得たものが金銭的に無料のものだったとしても、

「無料にするかわりにSNSで拡散してね」=宣伝する労力
「無料であげるから、使ってみてよかったらこの商品を買ってね」=恩を売られ、期待される精神的負担
「無料で髪を切ってあげるけど、失敗したらごめんね」=失敗というリスクを背負う

というように、一見もらっているだけに見える側も、労力や時間、精神的な負荷など、なにかしらを負担しています。

ところが、自分の時間とお金を取られたくないという人は、驚くほど何も出す気がなく、どこまでも自分の都合だけ。

「もらった代わりに、○○してあげよう」という発想はなく、もらったらもらいっぱなし。

■ケチな人の特徴は、知らずに「他者からの評価」を差し出していること

しかし、この等価交換の法則が、どんなものにでも概ね適用されるとすると、果たしてこの人たちが交換しているものはいったい何なのでしょうか?

きっとそれは、「他者からの評価」なんだと思います。お金や時間にケチな人の特徴といえるでしょう。

信用とか、信頼とか、誠実さとか、真面目さとか、そういう、この世で生きていくにあたり、なくなってしまうと人として非常に生きづらくなるものが、何も出さない代償としてどんどん減っているのです。

しかも、本人だけが知らないうちに目減りしているので、なくなっていることにすら気づいていない。

今まで他のものを差し出さなかったことによって、とっくの昔にマイナスになっているのに、自分だけが減っていないと思っているので、

「どうしていつも私ばかりが悪い扱いをされなきゃならないの?」

なんて、被害者意識すら持っているのです。

だからこの手の人たちは、いつも誰かに・何かに対して不満ばかりを言っているんでしょうね。自分が今まで何を差し出し続けてきたのか、知らないから。

■日常の不満を減らして、美しく生きるには?

自分の置かれた環境や周りの人に対して、「どうしていつも私ばかりが……」という不満がある方は、普段、自分が何かを得たときに、かわりに何を差し出しているか、一度じっくり考えてみるといいかもしれません。

差し出しているものの価値が、得たものの価値と比べて少なすぎる場合、等価交換ができていないということになります。

つまり、足りない分は、「他者からの評価」を差し出しているため、周囲の人たちに対するあなたの愚痴や不満が多ければ多いほど、差し出す量が足りないせいで、あなた自身の評価が下がっているということ。

でも、それは反対に、差し出すものを増やせばその分挽回できるということなので、そこにはまだ救いがあります。最終的には、本人がその事実と向き合えるかどうかということだけ。

さらに、愚痴や不満というのは、それを発する人の顔をびっくりするほど醜く、その存在を近寄りがたくするので、評価は下がっていく一方です。

さしずめ、ネガティブを相手に与えて、悪い評価をもらうという、マイナスの等価交換をしているといったところでしょうか。

足りない分はきちんと差し出し、出さなくていいものは出さないようにする。日常の不満を減らして美しく生きるためには、実はこんな方法もあるのかもしれません。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・...

最新の投稿


きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

きれいな背中とお腹になる、椅子のポーズ【#3分MASAYOGA 第4回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第4回目では背中やお腹周り、腿などを引き締めるヨガポーズ「椅子のポーズ」を取り上げます。体全体の筋肉をバランスよく使うポーズです。


不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

不倫が周囲にバレる瞬間。実際にあった3つのエピソード

自分たちはバレていないと思っても、思わぬきっかけで不倫中であることを周囲に気づかれる場合があります。相手に意識が向いていると、どうしても言動に不自然さが出てしまうものですが、実際に周りの人たちはどんな瞬間に不倫を確信したのでしょうか。実際のエピソードをご紹介します。


結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなっても、マンネリを感じる暇なんかない

結婚生活が長くなるとマンネリ化する、と考える人は少なくないようです。確かに、恋人でも夫婦でも、長い付き合いになるとお互いのことがわかってきて楽な反面、それが退屈に感じられることも。でも、相手との向き合い方をちょっと変えるだけで、「マンネリだ」なんて思わずに済むかも。結婚7年目直前に起きたある出来事で気づきました。


『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

『美しくなる判断がどんな時もできる』から美人になる術を学ぶ【積読を崩す夜 #13】

【積読を崩す夜】13回目は、『美しくなる判断がどんな時もできる』をご紹介します。知っていて、実践すれば美が底上げされて、「どんなに大変な日」でも安心なテクニックの数々。「このメイクは、何でするのか」という、メイクの理由を具体的に教えてくれる、手元に置いておきたい1冊です。


食べて健康に、きれいになるレシピ集

食べて健康に、きれいになるレシピ集

スリムな人を見ると羨ましく思えますが、単に「痩せ=美」というわけでもありません。過度な痩せはかえって美から遠ざかってしまいます。健康的にダイエットしたいあなたにオススメのレシピをご紹介。


おっぱい