1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 私も、あなたも、わがままでいい。伊藤野枝が求めた自由

私も、あなたも、わがままでいい。伊藤野枝が求めた自由

Share

作家、編集者、女性解放運動家として、明治〜大正の世を生きた伊藤野枝。28年という短い生涯を駆け抜けた野枝の発言や行動は多くの女性を勇気づけた。「女の人生を勝手に決めるな。誰かに人生を裁かれてたまるか。私は私のために生きるのだ」。自らの言動からそんなメッセージを発信し続けた人の冷静と情熱。

私も、あなたも、わがままでいい。伊藤野枝が求めた自由

「100年前の話とは思えない……。大丈夫なのだろうか……」という不安と「かっこいい!」という熱狂が交互に押し寄せる。伊藤野枝を知れば知るほど、何度でも。人を不安と熱狂に惑わせる人は、すなわち魅力的だと思う。

伊藤野枝は1895(明治28)年から1923(大正13)年まで生きた、作家であり編集者、女性解放運動家である。まだ戦前の当時は、男女平等を謳った日本国憲法もなく、女性には参政権も与えられず、子を産み、家を守るという役割があるのみだった。

東京の女学校に通っていた野枝は、卒業後に九州の地元で結婚が決まっていた。親に言われるままに農家の嫁になるのはイヤだったが、聞き入れてもらえない。結局、入籍後すぐに家を飛び出してしまう。再び東京に出てきて頼ったのは、女学校時代に恋をした英語教師(辻潤)だった。

今でも不倫は悪いものとして憎まれることが多いが、当時の既婚女性の不倫は相手の男性もろとも姦通罪という罪に問われるものだった。辻は、野枝との姦通の責任で学校をクビになってしまう(彼女の親戚が夫の家族に頭を下げてくれたため後に離婚が成立し、実際に姦通罪で訴えられることはなかった)。

野枝はそんなことで悪びれるような女ではない。辻とセックスをしまくって過ごし、お金がなくなると、当時女性の文芸誌『青鞜(せいとう)』を立ち上げたばかりの平塚らいてうに手紙を出して支援をお願いした。その縁から『青鞜』編集部で働き始める。チャンスを掴む人は、得てして厚かましい人だったりする。

20歳にして『青鞜』の編集権を引き継ぐと、「今までの青鞜社のすべての規則を取り去ります」という大胆な編集方針を掲げる。それまで本音を語ることをタブー視されてきた貞操問題、堕胎問題、廃娼(政府公認の遊郭を廃止するかどうか)問題などについて議論を巻き起こす。いわゆるエリートと呼ばれるような女性だけでなく、一般女性にも誌面を解放し、女性の問題をみんなのものとしていった。

辻と結婚してふたりの子を産んだ野枝は、そのころ辻の浮気騒動もあり、また別の男にも惹かれていた。当時アナキズム(無政府主義)を唱え、政府から目をつけられていた男、大杉栄である。

■女の人生を決めるな

一度恋をしてしまえば、抑えられない。やがて辻に別れを告げ、大杉の家に転がり込む。彼は、結婚やカップルの枠組みを設けずに自由に人を好きになり、セックスをして、それを尊重し合う「自由恋愛」を提唱していて、既にふたりの恋人がいた。野枝に対しても「同居せずにそれぞれが自立しましょう」という約束事を伝えていが、彼女があっさりそれを無視して同居を始めたため、別の愛人が嫉妬のあまり大杉の喉元を刺す事件に発展してしまった(幸い、これで死ぬことはなかった)。

大杉と暮らすようになってからは、彼の影響もあり、女性の労働問題についてたくさんの発言をしていった。労働組合の指導者がどう言うとか、組織がどうこうとかは関係ない。家庭でも職場でも抑圧されている女性たち自身が立ち上がり、声をあげていこう。行動していこう。誰もあなたの生きる権利を奪うことはできない。そうした呼びかけは多くの女性を勇気づけた。

ここまで簡単に伊藤野枝の人生の一部を振り返ってみたが、あまりにも自由で驚いてしまう。人を好きになれば好きと伝え、セックスしたければセックスして、お金がなければ金や食べ物を乞い、思ったことは書いて発表する。筆者もかなり自由に生きている方ではあるが、人生が何回あっても、彼女が28年の生涯で経験したのと同等の経験などできそうにない。

女の人生を勝手に決めるな。誰かに人生を裁かれてたまるか。私は私のために生きるのだ。

彼女の言い分を筆者なりにまとめると、こうなる。誰もが伊藤野枝になれないし、なる必要もない。でも、自分の欲求が何者かに脅かされそうになったとき、あるいは人生の選択が何者かにねじ曲げられそうになったとき、彼女の生き方から、周りを振り切る勇気を少しでももらえるかもしれない。

ここから、私の好きな伊藤野枝の考え方をいくつか紹介していく。

■生きづらい道徳なんていらない

「在来の道徳の中でも一番婦人を苦しめたものは貞操であるらしい」

『「青鞜」女性解放論集』「貞操についての雑感」伊藤野枝著,岩波文庫,1991年,250頁

20歳の伊藤野枝が平塚らいてうから『青鞜』の編集を引き継いだ頃に掲載した、『貞操についての雑感』の冒頭である。女性の貞操はこうあるべきだと抑圧されていた当時の社会に衝撃を与えたことは想像に容易いが、今読んでも考えさせられる。

男性だけが浮気をしてよくて女性がしてはいけないのは不平等だ、女性の人格を無視しているではないか――姦通罪への抗議がメインだと思うが、この論考の中で私がいいなと思うのは、単に「女性も浮気しろ」「自由が正義だ」と言っているわけではない点である。

どうしても貧乏でパンを引き換えに貞操を失うとしたら、悲しいだろうけれど仕方がない。苦しいくらいなら貞操という概念なんて考えなくていい。私たちの生活から、呪いを解いていこう。そういう、正しさでは語りきれない優しさに満ちているのだ。

「道徳は必ずしも真理ばかりではないと思います、神様は決してあんな道徳などという窮屈なものは造りはなさらなかったのだと思います。都合次第にできたものなら都合次第に破壊してもさしつかえのないものだと思います。人間の本性を殺すようなもしくは無視するような道徳はどしどし壊してもいいと思います」

『定本 伊藤野枝全集』第二巻「S先生に」伊藤野枝著,79頁

家庭や結婚制度、貞操など、誰かの都合で作られた道徳で、生きづらくなるのなら。好きな人を好きと言えず、セックスできず、思ったことを自由に言えないのなら。そんな道徳は無視したって、壊したっていい。生きづらい決まりなんていらない。そんな彼女の言い分に、私は共感する。いつの時代だって道徳は、私たちの生きやすさのためにあってほしいと思う。

■私も、あなたも、わがままでいい

伊藤野枝のわがままっぷりは、すごい。結婚騒動で親族といろいろとトラブルがあったにもかかわらず、出産のときは実家に帰って世話をしてもらっている。お金や食べ物も必要であれば、「ください」と言う。えっ、こんなにわがままでいいのだろうか……と思うのだけれど、いいのかもしれない。ひとまずお願いしてみる。断られたら断られたで、それでいい。

大杉との間に初めての子どもが産まれると、その報告と合わせて、妹に「少しでいいのでマツタケを送ってください」という旨の手紙を出している。がめついと眉をひそめる人もいるだろうけれど、私はこれを読んで、ああ、こういう人が幸せになるんだろうなあ、と思ってしまった。

でも、彼女はただわがままなだけではない。他人のわがままも気にしないし、お願いされたら協力できることは協力している。大杉の仲間でお金に困った人がいたらお金を渡したり、活動仲間と一緒に暮らしたり、料理を作ってあげたり。そもそも大杉と親密になるきっかけになったのは、彼らの書物が官憲(役人)の目につかないように家に置いてあげたことだった。政府の言論弾圧が厳しい時代、既存国家への批判が書かれた書物は、国に発見されるとすぐに発禁処分になっていた。

「皆は私のことをわがままだとか手前勝手だとかいってますけれども本当に考えてみると私よりも、周囲の人たちの方がよほどわがままです。私は自分がわがままだといわれるくらいに自分の思うことをずんずんやる代りに人のわがままの邪魔はしません。私のわがままと他人のわがままが衝突した時は別として、でなければ他の人のわがままを軽蔑したり邪魔したりはしません。

自分のわがままを尊敬するように他人のわがままも認めます。けれども世間にはそういうことを考えている人はそんなにありません。皆誰も彼も自分はしたい放題なことをして他人にはなるべく思うとおりなことはさせまいとします」

『定本 伊藤野枝全集』第二巻「従妹に」伊藤野枝著,61頁

私も、あなたも、わがままでいい。自分の欲求に優しく、他人の欲求にも優しく。私は、自由というのは、そういうことじゃないかと思っている。正義を振りかざして他人の自由を制限するのではなく、「あなたはそうしたいのね、ご自由に」と認めていく彼女の考え方が好きだ。

■どうしたって、人はひとつになれないのだから

恋愛については以下のように述べている。

「もちろん、ある男と女とが、愛し合うまでには、双方ともある程度まで理解しあうのが普通でしょうが、愛しあい信じあうと同時に、二人の人間が、どこまでも同化して、一つの生活を営もうと努力するのが、現在の普通の状態のように思います。

私は、こんなものが真の恋愛だと信ずることはできません。こんな恋愛に破滅がくるのは少しも不思議なことではないと思います」

『定本 伊藤野枝全集』第三巻「自由母権の方へ」伊藤野枝著,171頁

好きな人と親密になったり、体を重ね合わせたりすれば、まるで心身が同化していくような、甘い感覚を覚えることもある。結婚すれば、男性が女性を所有するような感覚を覚えることもあるだろう。でも、本来、人は一人ひとり違うのだ。交際の約束をしても、結婚したとしても、好きな人は自分のものにはならないし、思い通りにはならない。

私は彼女のこの考え方が好きだ。約100年の月日が経ち、男女の権利差は小さくなってはいるけれど、私は「俺の女」と言われるのは好きではないし、恋人を「私の男」と言う気もない。どんなに好きな人でも、恋人でも、配偶者でも、子どもでも、それぞれに人格があり、自由に変わりゆく意思がある。これが個人の自由を保障する考え方であり、多様性の礎なのだと思う。

■子育ては迷惑をかけるものだ

伊藤野枝は大杉と暮らすようになった1916年から1923年までの7年間に、子どもを5人出産する。その前に辻との子をふたり産んでいるので、合計7人の子どもがいた。18歳から28歳までの10年間、ずっと妊娠・出産・育児をしていたと言っていいだろう。その間に恋愛をしたり、小説やエッセイを書いたり、『青鞜』の編集長を務めたり、社会運動をしたり……。信じられないくらい情熱的でパワフルだ。

彼女がわがままだったから可能だったとも言えるし、この状況ではわがままにならざるをえなかったとも言えるだろう。育児もけっこう適当だったようだ。赤ちゃんを職場に連れて行き、みんなに子守をしてもらい、ウンチをしたら青鞜社の庭に投げる(臭いので他の人が掃除をしていた)。布おむつも面倒なのであまり洗わない(子が可哀想なので大杉や同居人が洗っていたようだ)。

ずぼらな私は、おお、こういう感じでも何とかなるのか、とこっそり勇気をもらってしまう。「子どもを産んだら自己責任で、他人に迷惑をかけずに育てなくてはいけない。それができないなら産んではいけない」という声も散見されるが、私はもっと適当でいいし、多少の迷惑は仕方がないように思う(もちろんウンチはゴミとして捨てた方がいいし、今なら紙おむつを選べばいいだろうが)。もっと縛りの少ない、助け合える世の中になるといいのにな。

■いつ死んでも幸福だったと思ってくれ

1923年9月1日、関東大震災が起きる。この混乱の中で朝鮮半島にルーツを持つ人々が大量に虐殺された話は有名だが、もうひとつ事件があった。9月16日、甘粕正彦大尉の率いる憲兵隊に、無政府主義者として運動を展開していた大杉栄(38歳)、伊藤野枝(28歳)、大杉の甥・宗一(6歳)が虐殺された事件(甘粕事件)である。野枝は男の子を出産して約1カ月後だった。

こうして彼女は28年間の生涯を、国家権力に首を締められて終えることになる。野枝の妹は、号外で報道される前にこの事実を知ったが、

「ああ、やっぱりかと思っただけで、それほどびっくりしもせず、急には悲しくもならなかったものです。家の両親たちもそうだったといっていました」

『美は乱調にあり』瀬戸内寂聴著,岩波現代文庫,2017年,46頁

と語っている。それは彼女がよくこのように語っていたからだという。

「どうせ、あたしたちは畳の上でまともな死に方なんてしやしない。きっと思いがけない殺され方をするだろう。その時になっても、決してあわてたり悲しんだりしてくれないように。あたしたちはいつだって好きなことを信じてやって死んでいったんだから、本人は幸福だったと思ってくれ」

『美は乱調にあり』瀬戸内寂聴著,岩波現代文庫,2017年,46頁

どんな主義主張があったにせよ、若者にこんな覚悟をさせなくてはいけない社会がおかしかったと思うので、単に美談にする気はない。ただ、これを読んでからというもの、彼女のこの言葉、「いつだって好きなことを信じてやって死んでいったんだから、本人は幸福だったと思ってくれ」を言えるかどうか、ということは私の人生の道しるべとなっている。

人生は選択の積み重ねだ。迷ったとき、誰かの決めたルールや道徳、倫理、モデルコース、そういうものに従えば、ひとまずは褒めてもらえるかもしれない。それが楽ならそれでもいいだろう。でも、自分の欲望以外のものに選択を委ねると、後悔が発生しかねない。あのときああすれば、こうすれば……。私はそれがイヤなのだ。

いつだって、自分の好きなことを信じて選択していれば、あとでマズいことになっても、誰かに怒られても、最悪の場合に死んだとしても、「あのときに自分が最高だと思って決めたんだから、仕方ないな」と思えるだろう。

伊藤野枝が生きた時代とはずいぶん違うけれど、今でもさまざまな道徳や倫理があるし、隙あらばそれらを振りかざし、人の選択や恋愛、セックスを勝手に裁こうとする人がいる。でも、誰かが勝手に決めた道徳が、倫理が、どれほどのものだろう。

それよりも今、自分が好きなことを信じて生きる。だから、いつ死んだとしても、私は幸福だったと思ってくれ。そう言えるように日々を過ごしていきたいな。私も、あなたも、もっと、わがままでいい。

Text/雨あがりの少女(@ameagari_girl
Illust/野出木彩


参考文献
『美は乱調にあり』瀬戸内寂聴,岩波現代文庫,2017年
『村に火をつけ、白痴になれ』栗原康著,岩波書店,2016年
『『青鞜』女性解放論集』堀場清子編,岩波文庫,1991年

Share

雨あがりの少女

セックスは舞台。いつも世界の背景に溶けてる地味な私でも、ベッドの上では主役になれる。日々ツイッターでセックス&オナニーポエムを書いてます。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article