1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 婚活で「私、年下男性でもいいですよ」は言ってはいけない

婚活で「私、年下男性でもいいですよ」は言ってはいけない

Share

40代女性の“大人婚活”は難しい。40代になって婚活中の方には、そう感じている方もいるのでは。確かに簡単にはいきません。でも、気持ちの持ちよう、考え方次第で成果につなげることはできます。40代女性の活動例とメソッドをご紹介します。

婚活で「私、年下男性でもいいですよ」は言ってはいけない

40代で婚活を始めた方の中には厳しい現実に直面し、「こんなはずではなかった……」「もっと早く始めていればよかった」と心を痛めている方もいるのではないでしょうか?

でもそれは、あなただけではありません。私が経営する結婚相談所の40代会員さんも落ち込み、涙を流し、深い闇に入ったりしながら、なんとか明るい出口を目指してがんばっています。

そんな会員さんたちのリアルな婚活現状を“女性編”“男性編”に分けてご紹介します。そして、厳しいながらも「どう取り組むと成果が出やすいか」をお伝えしますので、最後までお付き合いください。今回は女性編です。

■40代女性の「結婚しなかった理由」

結婚相談所に入会希望の40代女性に「なぜ今まで結婚しなかったのですか?」とお聞きすると、だいたい以下のような理由を述べられます。

・「仕事が忙しくそれなりに充実していたので、結婚する気持ちにはなりませんでした」
・「いつも一緒にいるメンバーが結婚に対してそれほど焦っておらず、自分もまだいいかと思っていました」
・「普通に暮らしていれば良い人が現れて、自然に結婚できると思っていました」
・「社会に出たら年上女性と付き合う機会が増えて、『こんな男と結婚したほうがいい』とか『こういう男はよくない』とアドバイスをされて情報だけが増えていき、理想が高くなってしまいました」
・「長く付き合っていた彼がいたけれど、お互いの結婚のタイミングが合いませんでした」
・「女性にとって一番良い時期を、既婚者と過ごしてしまいました」
・「両親が不仲で結婚に対する不信感があり、なるべく考えないようにしてきました」

■「年下でもいい」が40代女性の結婚を困難にする?

それぞれの思いを胸に、「そろそろ結婚相談所にでも行ってみようかな」と足を運んでくださった会員さんたちに最初に投げかけるのは、「どんな男性と結婚したいですか?」という質問です。

すると、「年齢は自分より3~4歳上くらいまで。それ以上離れていると、結構なおじさんになっちゃいますよね……」という答えが返ってくることが多いです。

さらに「私、年下男性でもいいですよ」と続きます。

40代女性の8割が口にする、この「結婚相手は年下でもいい」が、大人婚活を難しくする
原因のひとつでもあります。

対照的に、ほとんどのアラサー女性は「年下男性と結婚したい」とは言いません。何歳を境に「年下希望」というキーワードが出てくるかというと、婚活の現場で仕事をしている感覚では、38歳前後の女性からという気がします。興味深い現象です。

■30代男性は20〜30代女性からアプローチを受けている

それではなぜ、この「年下男性希望」が40代の大人婚活を難しくするのかを説明します。次の質問、「希望する年下男性にどのくらいの年収を期待しますか?」の回答に注目していただきたいのです。

大多数の女性は「年下なわけですから、(譲歩して)その年相応の年収があれば良いですよ」
と答える傾向があります。これならば年収は高望みしていないので、お相手探しは難しくないような気がします。

ところが、30代男性で年齢相応の年収がある男性は、20代や30代女性からすると「ぜひ会いたい理想的な相手」なので、彼女たちから積極的なアプローチを受けることになります。

果たして30代男性は、20代、30代女性からのオファーと40代女性からでは、どちらを優先するでしょうか?これが「年下男性」を希望すると大人婚活が難しくなる理由です。

■40代女性の婚活事例

では、年上男性をターゲットにすれば良いか? というとこちらも問題が出てきます。それは、結婚相談所などで婚活をする40~50代男性の大半が子どもを希望しているという事実です。「理想を言えば35歳くらいまでの女性と結婚したい。幅を持たせても30代までがいい」と言う男性が多いです。

次に、大人婚活には八方ふさがりに見える婚活市場で、40代の女性会員さんがどのような活動をしているかをご紹介します。

・Sさん 43歳 専門学校卒業 職業:エステティシャン

「自分には少し神経質なところがあります。人と話すことが苦手」とおっしゃるSさん。小林麻耶さん似の小柄で華奢な女性です。腕は良いと評判のエステティシャンですが、トークに自信がないようで、笑顔が硬い印象を受けます。

同性ばかりの職場で顧客も女性だけ。このままでは男性との出会いがまったくないので、結婚相談所に入会しました。「結婚したら、毎晩旦那さまのマッサージをしてあげたい」と遠慮がちに話してくれました。

活動を開始するとすぐに50代男性からオファーがあり、5人とお見合いをしました。ところが、すべての男性から「ご縁がなかった」と交際を断られます。理由は、お見合いの間ずっと暗い表情だったから。

「興味のない男性ばかりでしたか?」と尋ねると、「実は……。年下男性が好きなんです。10歳下でも構わない」とようやく本音を話してくれました。婚活開始から2カ月。念願の7歳年下男性とお見合いが決まりました。

これまでにない笑顔で現れたSさん。「どうかうまくいきますように」という願いもむなしく、男性から交際を断られます。「プロフィール写真ではもう少し若い感じがしました。会ってみたらやっぱりそれなりの年ですね」と男性。

その言葉を聞いたSさんは、「結婚相談所は私に合わない!」そう言って、たった2カ月で婚活に終止符を打ちました。

・Yさん 42歳 大学院卒業 職業:飲食店オーナー

「専業主婦になりたい」が口癖のYさん。切れ長の目が印象的な冨永愛さん似の美人です。父親と兄が医師という恵まれた環境が婚活を難しくさせます。両親が出資する飲食店のオーナーとして働いていますが、本来は家でのんびりしていたい性分。

Yさんの希望は「年下から同世代まで。イケメンで胸板が厚くがっしりした体形。清潔感があり、収入が安定している男性」。入会当初から婚活は難航することが予想されました。

年下男性からのオファーは一度もなく、来るのは50代ばかり。時々60代男性からもお声がかかります。Yさんは「せめて40代の男性に会いたい!」と自らオファーしますが、断られ続けます。40代男性に理由を聞くと、「経歴が良すぎて、遠慮してしまう」「わがままに育っていそうで、結婚相手には向かない感じ」などと思われていることが判明します。

そんな足踏み状態にようやく光が差したのは、婚活開始から1年8カ月が経とうとしたある日。50代半ばの男性からオファーが入ります。「同世代の男性に会うことすら難しい。だったら、50代の人にも会ってみようかな……」そう思い始めたところでした。

「有名大学卒業。年収は申し分なく、自己所有マンション有。結婚後は専業主婦になっても構いません」。そう言って申し込んでくれた男性と会ってみることにしました。

お見合いが終わり、Yさんからこんなメールが届きました。「考え方が似ていて、一緒にいて心地よかったです。50代はダメと年齢で制限をかけていたけれど、人柄を見なくちゃいけませんね」そう言って交際を希望しました。もちろん、男性からも良いお返事があり、現在ゴールに向けて活動中です。

今回のコラムでは、大人婚活の難しさを実例を交えてご紹介しました。わずか2カ月で諦めてしまったSさん、ターゲット世代に幅を持たせることで好循環を作ったYさんなどたくさんの事例を見てきた私から、成果の出やすい大人婚活のメソッドをお伝えします。

■成果につなげる大人婚活メソッド

・婚活市場にはさまざまな年代の女性がいることを理解し、自分の立ち位置を確認した上で戦略を練る
・「こんな結婚でなければダメ」「こういう相手じゃないとイヤ」という思い込みを一度手放し、とにかく行動してみる
・相手への希望をアンド条件で選ばず、これだけは大切にしたいことをひとつに絞る
(年下&高年収&イケメン&清潔感あり&……とはしない)
・若さをアピールするのではなく、大人女性だからこそできる強み(包容力、寛容力、教養力、情緒の安定など)で勝負する

結婚したいと思う大人女性にはぜひ参考にしていただき、難しいと言われている大人婚活が実を結び、幸せな結婚をしていただけることを願っています。

Text/忽那里美
画像/Shutterstock

Share

忽那 里美

東京日本橋で結婚相談所「キュートピア」を経営。20代~80代の男性女性が会員。メイクレッスン、トータルコーディネート、メンタルコーチングを取り入れることで、ワンランク上のお相手との結婚をサポート。婚活が終了するとき「人間的に...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article