1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 特集記事
  3. 3月特集「あの子が来る、今月も。」

3月特集「あの子が来る、今月も。」

Share

3月特集「あの子が来る、今月も。」

「いらっしゃい。今月も来たかあ」

あの子に声をかける。毎月、私のもとにやってくる生理に。

テンションはこんな感じ。「ああ、来たかあ……」みたいな。

女友達のなかには、「いらっしゃい、なんて言いたくない。つらいから」と言う人もいる。

「お腹が痛くなる」「無性に甘いものがほしくなる」「イライラする」「眠くなる」なんて声も聞く。

生理によって起きる症状、その重さ、心身のしんどさは、一人ひとりいろいろなのだ。

だからこそ、パートナーのようなすぐ近くで生きる人に、自分の生理についてかろやかに話せたらと思う。そして、ともに長く過ごすパートナーや社会が、その人の隠さざるを得なかった痛みや苦しみを、もう少し知ることができたらとも。

生理前や生理中に起きる身体の変化のこと。

生理がつらいから、治療や薬の服用で少し楽にしたり、回数を減らしたりと工夫していること。生理が身体の変化を知る重要なサインになっていること。

あって当然のことを、なかったことにしないために、自分たちには何ができるだろうか。

Photo/池田博美(@hiromi_ike) Styling/hitomi matsuno(@hitomi_matsuno_) model/土田心愛・杉山史織 医療監修/山中智哉(オリーブレディースクリニック麻布十番院長)

【みんなはどう?】私たちの生理あるある

もし男性に生理が来たならこんな感じ【イラストでわかる】

夜用ナプキンが10分持たない。生理不順の症状は“予兆”だった――37歳女性の話

妊娠しにくくなる? はしたない? 偏見まみれの私が「低用量ピル」を試してみたら……

「男が生理語るのキモい」と言われても、僕が発信を続ける理由

「生理が来るたび、夫をもっと好きになる」生理時の“神対応”が話題の夫婦にインタビュー

生理が3カ月来ない“無月経”を放置してはいけない理由

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article