なぜ築地移転は必要だったのか。わかりやすく解説します・後編

なぜ築地移転は必要だったのか。わかりやすく解説します・後編

築地の移転が2018年10月11日に決定しました。地市場移転延期を巡って、何が起こっていたのか? シリーズ「食文化遺産(グルメ)としての築地」では、前後編に分けて、「食文化の継承と発展、保全」との観点から解説します。


なぜ築地移転は必要だったのか・前編〜食文化遺産(グルメ)としての築地

築地市場移転延期に伴う補償費の予算は、平成29年度予算で50億円、平成30年度予算で42億円、合計92億円です。
さらに、2020東京オリンピックパラリンピックに向けて、環状二号線の本線(トンネル)が間に合わない。
当時、築地市場移転延期を決断した小池都知事は、都議会与党と対立構造にあり、与党へNOを突きつけることにより、「文化遺産の維持継承」という、文化というみんなのものを政治問題にしてしまったと、結果として言えると思います。

くれぐれも申し上げておきますが、これは批判ではありません。
客観的、そして公平な視点から都議会での言動を元に事実を客観的にお伝えすることに努めています。

■肉を切らせて骨を断つ決断

そもそも、築地市場の移転先は、小池知事のずっと前、石原都知事のときに、豊洲と決まりました。中央区は現在地再整備を望む、つまり築地を残したい、という立場でしたが、東京都の予算が計上されてしまったからには移転するしかありません。

せめて、築地の食文化を残したいということで場内市場は移転しても、場外市場は都市文化遺産として残し、場外市場を食文化の象徴として継承する――このことに対する協力を東京都に要請していました。

つまり現在地再整備はかなわないにせよ、むしろ文化を積極的に場外市場を残す、ということで、合意をし、まとまったわけです。

まさに、肉を切らせて骨を断つ決断でした。

現実的に、築地移転が決定したことに伴い、さまざまな計画が動き出しました。
市場の移転を前提に、中央区のまちづくりは、このように東京都との関連性や、区内における総合的な流れの中で進んできたといえます。

特に、豊洲新市場の汚染は大きな声で叫ばれましたが、土壌汚染対策法に基づき、既に860億円を対策に割いている。今後は数値によらず、専門家会議における専門的・科学的根拠に基づく対策を講ずることが必要であると思います。

■築地移転問題に見る、文化を維持継承する難しさ

混乱に次ぐ混乱の末、再び、昨年6月、小池都知事が豊洲新市場への移転を決定したことを受けて、オリンピックで主要な輸送ルートとなる環状二号線が間に合わないことが決定的になりました。

築地市場跡地に掘る予定であったトンネルは棚上げとなり、暫定道路で対応するということに決まったんです。
暫定道路は築地川沿い・築地市場横の地上部の2カ所。これらはいずれも片側一車線を予定していることから、晴海道路の渋滞が懸念されています。これも予定外の懸念です。

この間、棚上げとなっていた10カ月の豊洲運営費用、および関係者への保証、一連の費用として計上された関連予算は、平成29年度予算で50億円、平成30年度予算で42億円、合計92億円です。とてつもない血税です。

さらに、小池知事の構想「食のテーマパーク」については、未だ方向性が示されず、今後は「築地再開発検討会議」で地元区である中央区を、当事者ではなく「オブザーバー参加」とした上で検討するのだそうです。
このように、純粋に語られるべき「食文化遺産の維持継承」を巡り、これだけの時間と予算が割かれている……。
築地の例をもとに、いかに、文化の維持継承と保全が難しいか? 
どれだけの利害関係が、どれほど多くの人々に影響を及ぼすのか? について触れました。

■文化はみんなのものだからこそ……

文化は素晴らしい。この思いはみんな共有できますよね。

そして文化は誰のものでもない。みんなのものです。みんなのものであるからこそ、行政が関わっている。行政があるところには政治がある。みんなのものであることは間違いないのですが、誰が主体的にやるのか? も曖昧になってしまう一面を持っています。

こういった宿命的な関係性をもった文化というものは、その反面、だからこそ文化というものの持つ力を侮ってはいないと思います。
日本は日本の伝統と文化の持つ力で世界の文化に貢献できる、そして世界平和に貢献することができると思っています。ただ、その手段については、常に議論をするだけでなく、実行し、結果を出すという必要に駆られているのです。政治は結果なのだと思います。

この記事のライター

地方議員であり、子育てママとして日々奮闘中。地元である東京都中央区では、自民党において戦後55年体制からたった2人目の女性議員(子育てママとしては唯一)である。 2017年は地方議員として活動しながら、子どもの「お受験...

関連するキーワード


政治

関連する投稿


なぜ築地移転は必要だったのか・前編〜食文化遺産(グルメ)としての築地

なぜ築地移転は必要だったのか・前編〜食文化遺産(グルメ)としての築地

築地の移転が2018年10月11日に決定しました。築地の場内市場移転はなぜ必要だったのか? 移転をめぐり、何が起こっていたのか? シリーズ「食文化遺産(グルメ)としての築地」では、前後編に分けて、「食文化の継承と発展、保全」との観点から解説します。


「差別」が当たり前になる世の中を、子どもに残したくない【わたしの選挙#3】

「差別」が当たり前になる世の中を、子どもに残したくない【わたしの選挙#3】

10月22日に投開票される衆議院議員総選挙。今回の選挙は、さまざまな争点が絡み合い、非常にややこしいことになっています。そんな選挙に対して『文春オンライン』などでライターとして活躍する大山くまおさんは、候補者を「ヘイト」か「反ヘイト」で判断してはどうか、と話してくれました。


空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

空気を読んで投票する、なんてことはしたくない【わたしの選挙#2】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。コンサルタントとして毎日慌ただしく働くユキ・クリヤマさんは、情報収集する時間はあまりないけど、周りの空気を読んで投票することはしたくない、と話してくれました。そんなクリヤマさんが考える【わたしの選挙】とは――?


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


北朝鮮弾道ミサイル――今こそニッポンのリアルな安全保障を考える【佐藤あつこ】

北朝鮮弾道ミサイル――今こそニッポンのリアルな安全保障を考える【佐藤あつこ】

9月15日、午前7時4分に北朝鮮のミサイルが日本の領域に侵入し、襟裳岬の東、およそ2000キロに落下しました。ミサイルが日本の領域に侵入していたのは約2分。国際平和を脅かし、日本国民を恐怖に陥れる暴挙といえます。本コラムでは日本の安全保障について考えます。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。