1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. 妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

妊娠するためのセックスの第一ポイントはズバリ「頻度」。義務感よりも気持ちいいセックスができることが理想ですが、あまりしたくないカップルにはシリンジ法といった方法も。

妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

前回の記事で、「妊娠するためには週に2〜3回セックスをしましょう」と書きましたが、「そんなに無理!」とたくさんの方が思われたのではないでしょうか。

妊娠を希望している患者さんやアラフォー友人知人の話をしていると、自分も相手もセックスにノリノリで週に2回でも3回でもやりますよ、という人は非常に少ないです。

性ホルモンがじゃんじゃん出ている20歳そこそこの頃にはそのくらいセックスしていたという人は結構いると思いますが、アラフォーですからねえ。

欲望や快楽のままにするセックスと違って、妊娠のためにするセックスというのは盛り上がりにくい。「あなた、今日はチャンスデーよ」というと男性がプレッシャーで勃起しにくくなるというのはよくある話ですが、女性だって「今日はやっとかないと」と思ってセックスすると濡れにくい。

でも、残念ながらローションの中には精子の運動率を下げてしまうものもあります。(生殖医療専門医 松林先生のブログはおすすめです)

男女ともに「妊娠したいから(気は進まないけど)セックスしなくちゃ」という人よりも「セックス大好き! 気持ちいいの大好き!」という人の方が妊娠に有利なんです。

なので、理想論としてはまず、パートナーと「気持ちいいセックス」が出来るよう、テクニックの基本を見直したり、セックスのプレイの趣味を合わせたり、二人がエッチな気持ちになれるオカズを探したりして、「セックスに没頭していたら子どもができた」を目指しましょう。

とは言え、二人の子どもが欲しいというライフパートナーに適した人が気持ちいいセックスが出来る相手かというと、そうとは限らないものであります。

もうセックスはいいよ、という人に知っておいて欲しいのが、シリンジ法であります。注射器が一つあれば出来る方法で、男性にマスターベーションをしてもらう、もしくは前戯だけで射精してもらい、その精液を注射器で吸って女性の膣内に入れるという方法。精液が膣に入るという意味ではセックスと同じ意味があります。

しかし、私の友人でパートナーが年配でそんなに頻繁にできないという女性たちにすすめたところ、パートナーがどん引きしていたそうです……。

いや、セックスをするかそういった方法を受け入れるか、どっちかはしていただきたいとこなのですが、種馬扱いに敏感な男性には難しいかもしれません。

高額な生殖医療のお世話になる前に、参考にしていただければ嬉しいです。

女医が教える 妊娠するためのセックス

https://p-dress.jp/articles/575

年齢を重ねるにつれて、妊娠する確率は下がっていきます。そんななか、計画的に活動する「妊活」が一般的に知られるようになりました。妊活に取り組む方から「妊娠するには?」「妊娠する方法は?」と聞かれることも少なくありません。今回は「妊娠しやすいセックス」についてご紹介します。

ぶっちゃけた話、何歳まで妊娠できるの?

https://p-dress.jp/articles/51

女性の高齢出産。何歳まで妊娠できるのか? 不妊治療は何歳までに行えばいいのか、ぶっちゃけた話、女性が自然妊娠できる年齢はいつまでなのか。今回は、産婦人科女医で性科学者の宋 美玄(そん みひょん)先生にお話をお伺いしました。

「男は繊細なんだ!」と開き直られますがね

https://p-dress.jp/articles/384

不妊治療というと主に女性側と捉えられることも多いですが、不妊の原因の半分は男性側にあると言われています。治療しないと妊娠出来ないまま時間は無情に過ぎて行くのですが、どうも不妊治療に対して腰が引ける男性が多いよう。男性の不妊治療について宋美玄先生にお話しを伺いました。

宋 美玄

産婦人科女医・性科学者。現役産婦人科医として、都内の病院で診療に従事すると同時に、セックスや女性の性、妊娠などに付いて女性の立場からの積極的な啓蒙活動を行っている。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article