宋 美玄 さんが 2014/07/23 に更新
妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

妊娠するためにはセックスをしないといけませんか?

前回の記事で、「妊娠するためには週に2〜3回セックスをしましょう」と書きましたが、「そんなに無理!」とたくさんの方が思われたのではないでしょうか。 妊娠を希望している患者さんやアラフォー友人知人の話をしていると、自分も相手もセックスにノリノリで週に2回でも3回でもやりますよ、という人は非常に少ないです。性ホルモンがじゃんじゃん出ている20歳そこそこの頃にはそのくらいセックスしていたという人は結構いると思いますが、アラフォーですからねえ。

生殖医療 妊娠 不妊 セックス

前回の記事で、「妊娠するためには週に2〜3回セックスをしましょう」と書きましたが、「そんなに無理!」とたくさんの方が思われたのではないでしょうか。

妊娠を希望している患者さんやアラフォー友人知人の話をしていると、自分も相手もセックスにノリノリで週に2回でも3回でもやりますよ、という人は非常に少ないです。性ホルモンがじゃんじゃん出ている20歳そこそこの頃にはそのくらいセックスしていたという人は結構いると思いますが、アラフォーですからねえ。

欲望や快楽のままにするセックスと違って、妊娠のためにするセックスというのは盛り上がりにくい。「あなた、今日はチャンスデーよ」というと男性がプレッシャーで勃起しにくくなるというのはよくある話ですが、女性だって「今日はやっとかないと」と思ってセックスすると濡れにくい。

でも、残念ながらローションの中には精子の運動率を下げてしまうものもあります。(生殖医療専門医 松林先生のブログはおすすめです)

男女ともに「妊娠したいから(気は進まないけど)セックスしなくちゃ」という人よりも「セックス大好き! 気持ちいいの大好き!」という人の方が妊娠に有利なんです。なので、理想論としてはまず、パートナーと「気持ちいいセックス」が出来るよう、テクニックの基本を見直したり、セックスのプレイの趣味を合わせたり、二人がエッチな気持ちになれるオカズを探したりして、「セックスに没頭していたら子どもができた」を目指しましょう。

とは言え、二人の子どもが欲しいというライフパートナーに適した人が気持ちいいセックスが出来る相手かというと、そうとは限らないものであります。

もうセックスはいいよ、という人に知っておいて欲しいのが、シリンジ法であります。注射器が一つあれば出来る方法で、男性にマスターベーションをしてもらう、もしくは前戯だけで射精してもらい、その精液を注射器で吸って女性の膣内に入れるという方法。精液が膣に入るという意味ではセックスと同じ意味があります。

しかし、私の友人でパートナーが年配でそんなに頻繁にできないという女性たちにすすめたところ、パートナーがどん引きしていたそうです……。
いや、セックスをするかそういった方法を受け入れるか、どっちかはしていただきたいとこなのですが、種馬扱いに敏感な男性には難しいかもしれません。

高額な生殖医療のお世話になる前に、参考にしていただければ嬉しいです。

関連する投稿


「セックスも会話もコミュニケーション。両方なくなったら夫婦は終わり」一徹さん×川崎貴子さん対談・前編

「セックスも会話もコミュニケーション。両方なくなったら夫婦は終わり」一徹さん×川崎貴子さん対談・前編

夫婦にとって、ときには離婚理由にもなり得る性的不満、セックスレス。解消して夫婦関係を続けていくためには、どのような考え方や工夫が必要なのでしょうか。女性向けAVで活躍する人気男優・通称エロメンの一徹さんと、著書に『愛は技術』などがあるジョヤンテ代表取締役の川崎貴子さんの対談をお届けします。


夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

31歳で未婚の母となった岡本さん。両親学級で「みんなにはお父さんがいるのにあなたにはいないんだね。ごめんね……」と涙した日もありました。気持ちを切り替え、母としてひとりの女性として、強く、凛として生きる岡本さんに、未婚の母という選択をテーマに寄稿いただきました。


最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

2年前、念願の子どもを授かり、未婚の母になる道を選んだ岩田笑子さん。妊娠を歓迎しなかった男性との同棲を早々に解消し、不安を抱えながらも娘を出産。父不在で子どもを産んだこと、母として、働く女性として奮闘する日々のことをリアルな言葉で綴っていただきました。


妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

結婚、妊娠、出産、子育て……女性たちに押し付けられた「こうあるべき」を手放すことで、自身の価値観がクリアになった――そう語るのは染矢明日香さん。母となり3ヶ月が経った今、思うことを寄稿いただきました。


40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代の妊娠・出産にはリスクも多い。だが、数々の経験や思慮を経て、それを受け止める人生経験や知恵があるのも40代。二度の高年齢妊娠で経験した悲しみや喜びから得たものとは。


最新の投稿


「したいときだけする育児」が日本を救う【小田桐あさぎ 連載 #1】

「したいときだけする育児」が日本を救う【小田桐あさぎ 連載 #1】

育児も家事も仕事も……日本の母親は「抱えすぎている」。母になっても何も諦めることなく、自分らしく子育てをしよう、と提唱する小田桐あさぎさんの連載がスタート。あさぎさん流「したいときだけする育児」を紹介します。


由樹さんぽ「谷中銀座」

由樹さんぽ「谷中銀座」

小雨降る華金の夜、山本由樹エグゼのホームグラウンドをお散歩するDRESSのイベントに参加しました。


戦隊モノとお姫さまごっこ【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #3】

戦隊モノとお姫さまごっこ【子ども向け番組のジェンダーバイアス問題を考える #3】

ジェンダーバイアスが問題になる子ども向け作品の中にも、多様性はあります。「できれば見せたくないもの」から子どもを遠ざけ、管理することよりも、いっそその多様性を楽しみ、また現実の様々なあり方も見せていけたら――。企業の人材戦略と同じく、子どもの世界でもキーワードは「ダイバーシティ」かもしれません。


腸内フローラと美しい肌の関係

腸内フローラと美しい肌の関係

エステに行っても、高級な美容液を使っても、効果が思ったように出ない……。もしかすると、腸内フローラと関係しているかも。


「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第10話

「女は何歳まで再婚できますか?」 ― 実録アラフィフ婚活記 ― 第10話

伊藤有紀、フリーライター。49歳と10ヶ月。10年前に夫を亡くしてから、女手ひとつで息子を育ててきた。1浪の末、息子が大学合格。ほっと安堵する以上に、子育て完了の寂しさがこみあげて。この先40年も続くかもしれない人生、ひとりで生きていける気がしない。それならと50歳を目前に控え、慌てて婚活を始めてみるが……。