子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもを支配しようとする親は、思考停止しているのかもしれない

子どもの成長とともに、改めて考え始める「育児方針」。作家の大泉りかさんは、自分が親から受けてきた教育をそのまま引き継ぐ気にはなれなかった、と語ります。我が子を思うからこそ、打ち立てた彼女の「育児方針」とはなんだったのか。


妊娠中のことだ。

夫とふたりで、産院で開かれた両親教室に参加した。

そこで最初に、自己紹介とともに、どういう子に育てたいか、育児方針を述べるようにと言われた。まだ生まれてもいない子の育児方針なんて、夫婦ともに考えたことがなかったので、取り繕うようにして「元気で明るく伸び伸びした子」と、当たり障りない発言でごまかしたのだった。

■テレビは子どもに「悪い」……なぜそう考えたのか?

生まれてからもしばらくは、赤ちゃんは寝ているか、泣いているか、ぼけーっとしているかのどれかで、両親であるわたしたちができることといえば、ミルクをあげるか、抱っこするか、あやすくらいしかない。だからしばらくは「どう育てるか」ということも、すっかり頭から消えていた。

しかし、ここのところ、子どもの好奇心がめきめきと芽生え、さらには離乳食も始まったところで、「育児方針」というものについて再び考える必要が出てきた。

というのも、夫は息子と遊ぶとき、必ずといっていいほど、テレビをつけるのだ。PS3で録画してある某幼児向け番組を見せることもあれば、「フールー(Hulu)」や「ネットフリックス(Netflix)」などで、わたしたちが幼いころに見ていた古いアニメや特撮を流すこともある。

腹に据えかねたある日、「テレビを見せるの、やめてよ」と告げると、夫から返ってきたのが「なんで?」という言葉だった。「そりゃあ、テレビは子どもにとって悪いから……」と言いかけたところで、ふと思った。テレビは子どもに「悪い」のだろうか、と。「悪い」と考えるとしたら、その根拠はいったいなんなのか。

すぐに思い当たったのは、わたしを育てた母の育児方針だった。いまになって思い出すと、母はとても生真面目な子育てをしていた。

市販のお菓子や清涼飲料水、ジャンクフード類はあまり与えてもらえなかったし、テレビは決まった時間に1日1時間まで。食事中は付けることが禁止されていたのみならず、ご飯を食べるときは、ダイニングチェアの上に正座するように躾けられていた。

そのせいか、今でもわたしはコンビニやスーパーでスナック類やジュースを買うことはあまりないし、テレビも見たい番組をピンポイントで視聴することはあっても、ただなんとなくつけっぱなしにしておくことはない。

したがって、母の育児は成功したといえるのだが、わたしからすると、テレビをだらだらと見る楽しみや、ジャンクなお菓子を食べる喜びのない人生であることが、少しつまらなく思えることもあるし、誰もが親しんだ文化についての知識がぽっかりと空いていて、困ることもある。

■親の育児方針を手本にしそうになる……けど、それは思考停止

0歳児にテレビを躊躇なく見せる夫は、当然のことながらテレビが大好きだ。時間が空くとすぐにテレビの前に陣取って、ポテトチップスをばりばりと食べながら、古い映画やテレビ番組に夢中になっている。

しかし、夫に関していえば、「テレビは悪い」とは決していえない。なぜならば、夫はアパレルブランドのデザイナーをしていて、子どものころに見たテレビ番組への愛や知識が、彼のデザインの礎となっているからだ。テレビがあったからこそ、今の彼がいるといってもいい。

もちろん、体にいいものを、選び抜いて与えてくれた母親のおかげで、わたしがいま健康に生きられていることには感謝している。テレビを見る代わりに、読書習慣が身についていることにも。

だからといって、母親がしたそのままの育児方法をそのまま引き継ぐ気にもなれない。「あなたのためを思って」が当時の母の口癖だったけれども、当時のわたしはもっとテレビを見たかったし、ジャンクなお菓子を食べたかった。そして今のわたしは、あのころのわたしに、テレビやお菓子を与えてあげたかったと切に思う。

育児においては、否応なく自分の母親を手本にしそうになる。

けれども、考え続けなくてはならないと思う。一つひとつの事柄について、母親を手本とするか、反面教師とするか、決して思考停止せず、きちんと考えながら、息子に生きる喜びや楽しさを伝えていく。これをわたしの育児方針としたいと思う。

この記事のライター

ライトノベルや官能を執筆するほか、セックスと女の生き方や、男性向けの「モテ」をレクチャーするコラムを多く手掛ける。新刊は『女子会で教わる人生を変える恋愛講座』(大和書房)。著書多数。趣味は映画、アルコール、海外旅行。愛犬と暮...

関連するキーワード


子育て 育児

関連する投稿


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第10話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマは「出生前診断」。それぞれの迷いと決意が描かれました。


絵本の読み聞かせは、子どもと仲直りするチャンス【本棚百景#12】

絵本の読み聞かせは、子どもと仲直りするチャンス【本棚百景#12】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】最終回となる12回目は、東京在住キョウコさん(仮名)の本棚をご紹介します。


『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

『コウノドリ』第7話~「母にならない人生」だって“仲間”がいれば幸せになれる

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第7話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。ペルソナのムードメーカーである助産師・小松が迎えた、女性としての人生の転機を描いていました。


育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

育児に専念する道を選んだ女性たちが、再び就労しやすい環境作りを【佐藤あつこ】

子育てに専念する道を選び、一度退職したお母さんたち。これからの時代、彼女たちが、自らの希望で再び、就労の機会を得るための、自治体独自の施策推進が求められている――。自らの経験を生かして支援を進めていきたい、と佐藤あつこさんが綴ります。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。