木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?


夜、眠る前にやることは、翌朝のきれいにつながること。明日からのきれいを作ること。美しく生きる人に、「きれいのために夜していること」を聞きました。

■夜食に「もずく」か「めかぶ」を食べる

サロンの仕事で遅くなるときは深夜0時を回る頃、帰宅することもあります。夕方軽めに食事をとっていますが、どうしても空腹を感じるときは夜食に、もずくかめかぶを食べることにしています。もずくだとそのまま、めかぶだと納豆やおくらなど、ネバネバした食材を混ぜ合わせるのが定番。どちらも夜更けに食べても罪悪感のない、ヘルシーでローカロリーな食べ物ですし、翌朝胃が重いと感じることもありません。

■クレンジングは焦らずじっくり

あらゆることで時短を意識している私ですが、クレンジングだけはゆっくり、じっくりしています。たとえば、アイラインやマスカラなど、皮膚が薄くなっている目元のポイントメイクを落とすときは、とても気を使います。基本的にお湯で落ちるアイテムを使っていますが、メイク落としをたっぷりなじませたコットンで、目元をやさしく押さえて、しばらくの間、じっと待機。ゴシゴシこすると皮膚が傷みますからね。もともとかなりの敏感肌だということもあり、弱酸性のソフトなクレンジング剤を使っています。質感はジェルタイプかミルクタイプを選ぶことにしていて、今はジェルタイプのものを使っています。

■高性能なマシンで、毛穴汚れを取り除く

バスタイムはクレンジング&洗顔後、音波洗顔器「クラリソニック」を使って、毛穴の汚れを取り除いています。肌に優しい感触の音波振動が、毛穴やキメの奥の汚れを浮かせて落としてくれます。使用時間はだいたい1〜2分くらいでしょうか。終わると自動的にオフになります。4〜5年くらい続いている習慣のひとつです。

■髪はアウトバストリートメントをなじませてドライ

カラーリングとパーマをしていて、ヘアセットにはワックスなどを使うこともあり、適当なケアをしていると、髪の毛はどんどん傷んでしまいます。人一倍、ていねいにケアする必要があると思っています。そこで毎晩必ず使うようにしているのは、フランス北西部ブルターニュ産・海藻のエキスを配合した、ラサーナのアウトバストリートメント。バスタイムに使う洗い流すタイプのトリートメントに加え、ドライヤー前にラサーナのものを使っています。海藻エキスが髪の毛に潤いを与えてくれるような気がします。

■肌の声を聞いた、オーダーメイドのスキンケア

スキンケアはその日の肌状態によって、使用するアイテムを変えています。オールインワンゲル1本だけ使う日もあれば、化粧水→パック→乳液→クリームの日もあれば、化粧水→クリームの日もあります。

ただ、必ず塗っているのは、アイクリーム。以前はヘレナ・ルビンスタインのものを使っていましたが、円高のあおりを受けて価格が上昇しているので、いろいろ試した結果、今はフローフシのものを使っています。ドラッグストアで手に入るお手頃価格にもかかわらず、大満足な使用感でおすすめです。

■「ハーブコーディアル」を飲む

ハーブや果物をシロップに漬け込んだ「ハーブコーディアル」(生活の木)を、水やお湯で7〜8倍に希釈して、いただいています。夜はカフェインの含まれない飲み物を飲みたいんですよね。砂糖が含まれていないのに、自然な甘さが美味しいハーブコーディアルは、夜ほっと癒されるのにちょうどいい飲み物だと思います。

■気になるパーツに置鍼やお灸をする

眉間や肩、背中など凝っていると感じる箇所に、置鍼(おきばり)を貼って寝ます。私がよく使うのは「パイオネックス」という商品。100個くらい入って2000円弱と、けっこうお買い得なんです。お灸は冷えやむくみが気になる足元などに使用しています。

最近は煙が出ないタイプや、火を使わずに済むお灸もあるので、火災報知機などが設置されたマンションに住んでいる方でも、安心して使えるはずです。

木村瞳さんプロフィール

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。1978年生まれ。長野県出身。
自身のニキビや頬の毛穴に劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。
『~外見が・内面が・生き方が美しい人になる~ 誰も真似できない私だけの美しさを見つけられる場所』をサロンコンセプトとし、理想の自分に変わりたい女性に、美容鍼灸施術、美容系の朝活「朝美活」など、理想のライフスタイルを送るためのさまざまなサービスを提供している。
http://cosmetic-muse.com/
https://p-dress.jp/users/2252

Text/池田園子

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


習慣

関連する投稿


「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「あの人、非常識!」とイライラする理由と怒りを抑える方法

「怒りっぽくて困っている」、反対に「うまく怒れないのが悩み」……怒りについての悩みは人それぞれ。ですが、よく考えたら怒りって何? 何で怒りの感情ってわくのだろう? 連載3回目は、「怒りのもとになる“べき”」について、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

自分軸を見つけ、充実した人生を手に入れるための手帳術【長谷川朋美】

昨年から手帳のプロデュースを始めた長谷川朋美さん。人生の優先順位を順に叶え、自分らしい人生を手に入れるための手帳術をご紹介します。どれも長谷川さんご自身が実践していることばかり。具体的なので今日からでも取り入れて、進みたい未来に近づいて。


あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

あんなこと言わなきゃ良かった……と後悔しないために。怒りを感じたら実践したいふたつの方法

怒りに任せて、つい嫌なことを言ってしまい、後で「あれは本心じゃないのに」「あんなこと言わなきゃ良かった」と思っても後の祭り……。そんな事態を防ぐために取り組みたいのが「アンガーマネジメント」です。連載2回目は、「カッとなったときに有効な対処術」を日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいます。


素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

素敵なオトナになる! 今日から始める“夜活”のススメ

「夜活」という言葉をご存知でしょうか。「朝活」はよく話題になりますが、この「夜活」は耳慣れないという方も多いかもしれません。「終わりよければすべてよし」という言葉と同じように、1日をどう終わるかということが、毎日の充実度に大きく影響してきます。今回は夜活の心得とおすすめの夜活をご紹介します。


怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

怒りっぽい、怒れない自分を変えたいなら「アンガーログ」を始めよう

「今日もカッとなってキレちゃった……」「また言いたいことをガマンしちゃった……」そんなふうに後悔することはありませんか? そんな「怒りっぽい人」や、反対に「うまく怒れない人」が“怒り”の感情とうまくつき合うための方法を、日本アンガーマネジメント協会理事の戸田久実さんに教えてもらいました。


最新の投稿


シャンプー後に使うだけ。白髪を徐々に染め上げるヘアカラートリートメント

シャンプー後に使うだけ。白髪を徐々に染め上げるヘアカラートリートメント

コーセーは、“Sea(シー)&Spa(スパ)”をコンセプトとする化粧品専門店向けブランド「プレディア」から、シャンプー後に使用することで、白髪を徐々に染めながら、ツヤのある美しい髪色にみちびく「プレディア ヘアカラートリートメント」を、2018年1月16日から全国の化粧品専門店で発売開始します。


『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは小泉今日子、満島ひかり、伊勢谷友介ほか。しのぶの息子・勇介が吾郎に引き取られ、勇介ロスに陥ったカヨたち。一方、吾郎からはなかなか真相を聞き出すことができず……。


フランス女性の朝食はシンプルで体想い

フランス女性の朝食はシンプルで体想い

フランス人の朝食は甘いものが定番。焼きたてのクロワッサンやパン・オ・ショコラにカフェオレなど、イメージそのものとも言ってもよさそう。しかしフランス女性の朝食内容を覗いてみると、シンプルだけど体のことを想ったメニューであることもわかります。今回は気軽に取り入れることができる、フランス流の朝食をご紹介します。


浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

軽い気持ちで浮気すると、大きな後悔をしてしまうかもしれません。今回は、浮気で後悔しないために知っておくべきリスクについて解説します。


【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

六本木開館10周年を迎えるサントリー美術館が、2017年11月22日(水)から2018年1月28日(日)まで、「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展を開催。


おっぱい