セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスに悩んでいた状態から妊活を成功させ、子供を授かった夫婦がいます。結婚して数年、夫婦仲は良い方だけど、寝室を別にしてからセックスレスに……だけど愛する夫の子供がほしい。そんな夫婦にセックスレスから妊活へ到ったエピソードを伺いました。


結婚して数年。夫婦仲は悪くないけど、性生活はすっかりご無沙汰。

だけど愛する夫の子どもがほしい。そんな悩みを乗り越えて、見事お子さんを授かったご夫婦に、お話をお伺いしました。

■セックスレス、だけど子どもがほしい

ナツミさんがこのままではマズい、と思い立ったのが33歳のとき。高校時代の仲良しグループで子どもがいないのがナツミさんだけ、という状態になったのだそう。

「私も子どもが欲しい」と思ったナツミさんですが、ここで大きな問題が。ナツミさんと夫のトオルさんは結婚生活3年目。

夫婦仲は決して悪くなく、週末もよくふたりで出かけます。だけどもう1年以上、セックスはご無沙汰でした。

■寝室を別にしてから「きっかけ」を失ったふたり

付き合っていたときも、そして結婚してしばらくも、むしろセックスの頻度は高い方だったナツミさんご夫婦。ただ彼の職場の社宅に空きが出て、2LDKの部屋に住むようになってから、別々の部屋で寝るように。

フリーのデザイナーとして活躍しているナツミさんは、締切前に深夜作業になることが珍しくありません。そのため最初は一時的に寝室を分けたつもりでしたが、いつのまにか夫婦別々に寝るのがあたりまえに。

そうなると「しよう」という一言がなかなか言い出しづらくなりました。またどちらかが「しよう」となっても疲れてたり、忙しかったり、という状況が重なってしまい、いつしか「しよう」と言い出すのがお互いに億劫に。

そして気がつくと、1年以上セックスレス、となってしまったわけです。

■セックスレスについて、話し合いをしたものの……

そんな状況を打破しようと、ナツミさんは勇気を出してトオルさんに、「子どもがほしい」と切り出すことにしました。まわりの女友達が皆子持ちになって疎外感があること。年齢的に自分もそろそろほしいと思っていること。

ところがトオルさんは、そんなナツミさんの話に少しイライラしているように見えました。

子どもがほしくないわけではない、とトオルさんは言います。ただじゃあどうする、という話は出ずに、話をそらされ、その後トオルさんはぷいと部屋にこもってしまいました。

■「子どもがほしいからセックスしたい、は切ない」が男性の本音

トオルさんにも子どもをそろそろ……という気持ちはありました。ただ、まずはセックスレスになっている状態を解消したい、というのがトオルさんの思いだったのです。

もう自分のことを異性として見てもらえてないのでは? というのが、セックスレスになってからトオルさんが思い悩んでいたこと。

にも関わらず、ナツミさんがその問題に目を向けることなく、唐突に「子どもがほしい」と切り出してきたことが、トオルさんにとっては切なかったのです。

■「“子どもを”という理由でもなければ、レスが解消しないと思っていた」が女性の本音

一方、ナツミさんとしても、もう子作り以外のセックスをしたくなくなったわけではありません。長年一緒にいすぎたせいで、トオルさんはもうナツミさんを女としてみてくれないのでは、と不安に思っていました。

だから「子ども」を理由に再びセックスできる関係に、というのがナツミさんの思っていたことでした。それなのに「子ども」を理由に切り出してもトオルさんにその気がなさそうなことが、ナツミさんにとっては、とてもショックでした。

■「朝帰り」からの喧嘩がふたりの距離を縮めた

しばらくギクシャクした関係が続いた後、なんとトオルさんが朝帰りする日がありました。それは結婚してから初めてのこと。

ナツミさんは一睡もできずに待ち続け、そしてようやくトオルさんが帰ってきた後、大泣きしながら、彼を責めました。もう女として魅力を感じないなら別れてほしい、それがナツミさんが訴えたことでした。

そこで初めてトオルさんは、ナツミさんもセックスレスについて悩んでいたことを知ったのです。お互いセックスレスで悩んでいたことがわかり、ふたりは一気に打ち解けました。

そして、セックスレスがその日を境に解消され、ほどなくしてナツミさんは妊娠したのです。

■妊活の前に、まずはセックスレス状態を解消しよう

セックスレスの状態にある中、女性から「子どもを作るためにセックスしよう」というのは、多くの男性をがっかりさせてしまうようです。

そのため「妊活」を切り出す前に、セックスができなくて寂しいという気持ちを女性からきちんと伝え、まずはセックスレス状態を解消するように努めましょう。

ポイントは、相手を責めるのではなく、愛されているか不安である、自分はしたい、というあなたの気持ちをわかってもらうこと。

「なんでしてくれないの」と相手を責めるのは絶対にNG。男性をセックスについてより一層身構えさせてしまい、逆効果になってしまいます。

■セックスレスを乗り越えて、妊活を成功に導くには

妊活には男性の協力が不可欠。そして大事なのは、あなただけががんばるのではなく、パートナーとの間でも「子どもがほしい」の気持ちを共有すること。

そのためにはまず、お互いに信頼し合える関係を取り戻すのが重要です。ポイントは「セックスしたい」という自分の気持ちを、男性を責めずに素直に伝えること。

安心して体を預けられるような関係を、まず取り戻しましょう。

女医が教える 妊娠するためのセックス

https://p-dress.jp/articles/575

年齢を重ねるにつれて、妊娠する確率は下がっていきます。そんななか、計画的に活動する「妊活」が一般的に知られるようになりました。妊活に取り組む方から「妊娠するには?」「妊娠する方法は?」と聞かれることも少なくありません。今回は「妊娠しやすいセックス」についてご紹介します。

”色気を出すタイミング”こそがセックスレスを解消する――ノーメイクセックスが危険な理由

https://p-dress.jp/articles/4478

近年、ますます増加する日本のセックスレス。当然こうした状態にあっても、夫婦円満を築いている家庭はたくさんある。しかし、もしもセックスレスが原因で夫婦仲が悪くなってしまっていたとしたら――。今回は、コラムニスト・大泉りかさんにセックスレス解消のために大切な、”色気を出すタイミング”について綴っていただいた。

この記事のライター

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。 結婚、離婚を経て、現在は外資系企業でのマネージャー業務のかたわら、...

関連する投稿


自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

自分の性体験を話してドン引きする男ならすぐに切りなさい

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念してイベントを開催。後編では、実りのある関係を結べる男性を選ぶ方法を詳しく語りました。


幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

幸せなセックスは「与えあう」、不幸せなセックスは「要求する」

社会学者の宮台真司さんとAV監督の二村ヒトシさんが、共著『どうすれば愛しあえるの』を出版。本書の発売を記念して、現代人は性愛を通じて幸せになれるのか、語り尽くすイベントを取材しました。


私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

私はまだ、息子に「愛してる」を言えない

息子は「小さな恋人」でも「私の分身」でもないけれど、とてもかわいくて愛しくて、かけがえのない存在です。子どもに対する気持ちと誠実に向き合ったら「愛してる」にはまだ早いことがわかりました。でも、人間として1対1の関係を、これからもやさしく、大切に育てていきたいと思っています。


『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

『コウノドリ』10話。「出生前診断」は”命の選別”か? つらい選択、あなたなら?

産科が舞台の医療ドラマ『コウノドリ』第10話のレビューをお届けします。出演は、綾野剛、星野源、松岡茉優、坂口健太郎、吉田羊、大森南朋ら。今回のテーマは「出生前診断」。それぞれの迷いと決意が描かれました。


妊娠という、何ひとつ思い通りにいかないプロジェクトで学んだこと【海外で、産む】

妊娠という、何ひとつ思い通りにいかないプロジェクトで学んだこと【海外で、産む】

2018年1月に出産を控えています。1年を振り返る代わりに、妊婦として生活してきた数カ月間を振り返ってみました。「妊娠=出産まで約10カ月のプロジェクト。私がプロマネ、私と夫がプロジェクトメンバー。そう難しくはないはず」と考えていましたが、実際は思い通りにいかないことの連続。でも、そこで得たものはたくさんありました。


最新の投稿


フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

フルラ新作バッグ「MANTRA(マントラ)」で洗練された装いに

マントラは、長年受け継がれてきたクラフトマンシップと美を掛け合わせることで、優れた作品を生み出すフルラの本質を体現したコレクションです。クオリティの高いベジタブルタンニングレザーと自然なカラー、そしてタイムレスな美しさが、本コレクションの特長です。


元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。


恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

恋愛への力が抜けたとき、共通の趣味・音楽が出会いのきっかけに【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は趣味の音楽を通じて出会ったふたりをご紹介します。


1月大特集「疲れない出会い」

1月大特集「疲れない出会い」

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取りつくろったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎるのはやめてみませんか。無理することなく、自然体で過ごすなかで、素敵な出会いを手にするヒントをご紹介します。心が喜ぶ出会いを見つけよう!


出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

出会いに疲れた女性のリアルな意見――どの自分が、本当の自分かわからなくなる

ここでは『DRESS』読者から募った「出会い」にまつわるアンケート結果をご紹介。出会いを求めて婚活パーティーに参加しても、なかなかピンとくるような人に巡り合えず、何度も同じ会話やデートを繰り返す。マッチングアプリに登録してみたものの、膨大なメッセージのやり取りにうんざりすることも。世にあふれる疲れる出会いの実態とは?


おっぱい