1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 性と愛
  3. セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

セックスレスに悩んでいた状態から妊活を成功させ、子どもを授かった夫婦がいます。結婚して数年、夫婦仲は良い方だけど、寝室を別にしてからセックスレスに……だけど愛する夫の子どもがほしい。そんな夫婦にセックスレスから妊活へ到ったエピソードを伺いました。

セックスレスを乗り越えて妊活を成功させた夫婦の体験談

結婚して数年。夫婦仲は悪くないけど、性生活はすっかりご無沙汰。

だけど愛する夫の子どもがほしい。そんな悩みを乗り越えて、見事お子さんを授かったご夫婦に、お話をお伺いしました。

■セックスレス、だけど子どもがほしい

ナツミさんがこのままではマズい、と思い立ったのが33歳のとき。高校時代の仲良しグループで子どもがいないのがナツミさんだけ、という状態になったのだそう。

「私も子どもが欲しい」と思ったナツミさんですが、ここで大きな問題が。ナツミさんと夫のトオルさんは結婚生活3年目。夫婦仲は決して悪くなく、週末もよくふたりで出かけます。だけどもう1年以上、セックスはご無沙汰でした。

■寝室を別にしてから「きっかけ」を失ったふたり

付き合っていたときも、そして結婚してしばらくも、むしろセックスの頻度は高い方だったナツミさんご夫婦。ただ彼の職場の社宅に空きが出て、2LDKの部屋に住むようになってから、別々の部屋で寝るように。

フリーのデザイナーとして活躍しているナツミさんは、締切前に深夜作業になることが珍しくありません。そのため最初は一時的に寝室を分けたつもりでしたが、いつのまにか夫婦別々に寝るのがあたりまえに。

そうなると「しよう」という一言がなかなか言い出しづらくなりました。またどちらかが「しよう」となっても疲れてたり、忙しかったり、という状況が重なってしまい、いつしか「しよう」と言い出すのがお互いに億劫に

そして気がつくと、1年以上セックスレス、となってしまったわけです。

■セックスレスについて、話し合いをしたものの……

セックスレスの乗り越え方

そんな状況を打破しようと、ナツミさんは勇気を出してトオルさんに、「子どもがほしい」と切り出すことにしました。まわりの女友達がみんな子持ちになって疎外感があること。年齢的に自分もそろそろほしいと思っていること。

ところがトオルさんは、そんなナツミさんの話に少しイライラしているように見えました。

子どもがほしくないわけではない、とトオルさんは言います。ただじゃあどうする、という話は出ずに、話をそらされ、その後トオルさんはぷいと部屋にこもってしまいました。

■「子どもがほしいからセックスしたい、は切ない」が男性の本音

トオルさんにも子どもをそろそろ……という気持ちはありました。ただ、まずはセックスレスになっている状態を解消したい、というのがトオルさんの思いだったのです。もう自分のことを異性として見てもらえてないのでは? というのが、セックスレスになってからトオルさんが思い悩んでいたこと。

にも関わらず、ナツミさんがその問題に目を向けることなく、唐突に「子どもがほしい」と切り出してきたことが、トオルさんにとっては切なかったのです。

■「“子どもを”という理由でもなければ、レスが解消しないと思っていた」が女性の本音

一方、ナツミさんとしても、もう子作り以外のセックスをしたくなくなったわけではありません。長年一緒にいすぎたせいで、トオルさんはもうナツミさんを女としてみてくれないのでは、と不安に思っていました。

だから「子ども」を理由に再びセックスできる関係に、というのがナツミさんの思っていたことでした。それなのに「子ども」を理由に切り出してもトオルさんにその気がなさそうなことが、ナツミさんにとっては、とてもショックでした。

■「朝帰り」からの喧嘩がふたりの距離を縮めた

makicoo

1977年生まれ、宮城県仙台市出身、早稲田大学卒。大学在学中から大手女性誌やムック本などで占い、美容、投資、セックスなど多岐にわたるジャンルの記事を執筆。結婚、離婚を経て、妊娠出産を契機に40歳で再婚。現在は外資系企業でカス...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article