離婚といっても全6種類……理想は協議離婚で早期・簡単に解決

離婚といっても全6種類……理想は協議離婚で早期・簡単に解決

離婚には協議離婚、調停離婚、審判離婚、認諾離婚、和解離婚、判決離婚の全6種類あります。どの離婚スタイルを選ぶかは夫婦の状況や事情によって異なりますが、理想は早期・簡単に解決しやすい協議離婚。それぞれの離婚についてアディーレ法律事務所の弁護士が解説します。


■離婚手続きには6種類ある

離婚とは、「夫婦関係を解消すること」をいいますが、種類としては、(1)協議離婚、(2)調停離婚、(3)審判離婚、(4)認諾離婚、(5)和解離婚、(6)判決離婚があります。

協議離婚

協議離婚は、お互いが話し合いにより離婚に合意し、離婚届を役所に出すことによって離婚が成立するものです。日本では、全体の8.5~9割程度が、この協議離婚となっています。

調停離婚

調停離婚は、家庭裁判所に調停を申し立て、調停の場で話し合いにより離婚を成立させるものです。日本では、全体の約1割程度が、この調停離婚となっています。

審判離婚

審判離婚は、調停を申し立てても話し合いがまとまらなかった場合に、そのまま家庭裁判所の判断により離婚するものです。裁判まではいかないその前の裁判所の決定といったイメージを持っていただければよいかと思います。日本では、審判離婚は非常に少なく、およそ全体の0.1割程度に落ち着いています。

認諾離婚

認諾離婚は、なかなか耳にしない言葉かもしれませんが、離婚裁判を起こされた側が、起こされたとたんに「離婚に応じます」とこれを認めて離婚が成立するものです。日本では、ほとんど利用されておりませんが、毎年10~30件程度は、この認諾離婚が成立しています。

和解離婚

和解離婚は、離婚裁判に至ったけれど判決まではいかず、裁判中に双方が和解をして離婚するものです。高橋ジョージさんと三船美佳さんは、この和解離婚により離婚が成立したようです。和解離婚は、日本の離婚全体の0.1~0.2割程度を推移しています。

判決離婚

判決離婚は、離婚裁判に至り、裁判中にも和解が成立しないために、最終的に裁判所が判決を言い渡すことによって強制的に離婚するものです。判決離婚は、離婚劇としては、一番泥沼化したケースといえると思います。判決離婚は全体の0.1~0.15割程度を推移しています。

■6種類のうち、一番望ましいのは協議離婚

離婚の話し合いは、長引けば長引くほど泥沼化する傾向にあるので、やはり「早期に簡潔に解決」できる協議離婚が6種類ある離婚パターンの中で、一番望ましいと言えるでしょう。その場合、口約束だけで離婚をしてしまうと、後々に紛争が再燃する可能性があります。

養育費や慰謝料の分割払いなど、将来の支払いがある場合はとくに、公正証書(公証役場で作成してもらう強制執行力のある証書)を作成することをおすすめします。

協議離婚を目指す場合であっても、話し合いが感情的になり、2人では埒が明かないような場合は、弁護士を間に入れて話し合いを進める方法が視野に入ります。取り決めるべき事項に漏れがあってはいけないので、少なくとも一度は弁護士に相談だけでもしておくとよいと思います。

協議離婚が難しいとなった場合は、調停・裁判が視野に入ります。調停は1ヶ月に1回期日が開かれ、これを繰り返すという手続きです。早期に調停離婚が成立すれば、さほど時間はかかりませんが、長引くと1年程度はあっという間に過ぎていきます。

さらに、離婚裁判は、「調停が不成立となった後にしか訴訟提起できない」ものなので、調停が不成立→訴訟提起→判決ともなれば、1年半~2年程度は時間がかかります。

裁判までいかず、調停による離婚であれば、少なくとも2人が納得した条件で離婚することになりますし、戸籍にも「判決離婚」という記載になるよりは、穏便かと思います。したがって、離婚裁判よりはなるべく調停で、ということはいえそうです。

調停・審判・和解・認諾・判決等、裁判所を介した手続きで離婚が成立した場合、裁判所の作成した書面には強制執行力が付与されます。したがって、裁判所の手続きにより離婚した場合には、別途公正証書など作成しなくとも、養育費や将来の支払いを確保しやすいという利点があります。

■離婚の種類と手続きのまとめ

離婚したいと思い始めると、「とにかく早く別れたい」という思いから感情的になり、「もう何もいらない。とにかく離婚届にサインして!」と離婚を急いでしまう方が多いものです。しかし、離婚の際に取り決めるべき事項は多岐にわたり、この条件をどうするかによって離婚後の人生も大きく変わってきます。

離婚してから後悔しても遅いことが少なくありません。離婚の際は、あえて焦らず、しっかり弁護士にも相談していただき、「今後の人生のために、どういう条件で、どういう方法で、離婚をするべきか」は、しっかりと検討した上で、納得の上で離婚するようにしましょう。

協力:アディーレ法律事務所

離婚で後悔しないために……子ども、財産、慰謝料のことを知っておこう

https://p-dress.jp/articles/2399

離婚して後悔する人は後を絶ちません。そのときにベストな選択だからと離婚したはずなのに、子どもの親権をめぐって争ったり、復縁したくなったりすると、離婚したことを後悔してしまうはず。離婚で後悔しないための備えを弁護士に紹介していただきます。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連する投稿


そして再婚へ、離婚のあとに続く道とは【離婚のあとに続く道#8】

そして再婚へ、離婚のあとに続く道とは【離婚のあとに続く道#8】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。今回は連載最終回。離婚後に初めて彼氏ができた筆者がたどり着いたひとつの答えとは?


「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

「パートナーがいないと不幸」からの解放【離婚のあとに続く道#7】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。「○○することが普通」という空気に自分の欲求を抑えつけられていた状況から抜け出して、人付き合いに対して自由な意思を持つことができるはず。


女を磨く離婚道#9 結婚も離婚も人生の通過点

女を磨く離婚道#9 結婚も離婚も人生の通過点

結婚生活に悩んでいる友人、また離婚を考えている友人に、何か伝えられることがあるとするならば、人が成長できる最高のチャンスが結婚生活であり、離婚は自分の膝をすりむいて、初めて自分の至らなさや未熟さを知ることのできる、ともに素晴らしいライフイベント――女を磨く離婚道、藤森もも子さんの例を見てみましょう。


恋愛に溺れそうなときこそ、彼氏いらない宣言【離婚のあとに続く道#6】

恋愛に溺れそうなときこそ、彼氏いらない宣言【離婚のあとに続く道#6】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。3組に1組の夫婦が離婚する時代。「離婚なんて当たり前」だと言われたとしても、離婚を決意するまで、そして実際に離婚したあとは身を切られるような茨の道が待っています。


出会い系に潜むワナ~身分を偽る男性の存在【離婚のあとに続く道#5】

出会い系に潜むワナ~身分を偽る男性の存在【離婚のあとに続く道#5】

実際に離婚を体験した筆者が自身の体験を綴ります。3組に1組の夫婦が離婚する時代。「離婚なんて当たり前」だと言われたとしても、離婚を決意するまで、そして実際に離婚したあとは身を切られるような茨の道が待っています。


最新の投稿


岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生「人と人とのバランスを楽しみながら、自分を知っていく」――自分らしさのヒント

岡田将生の美しい横顔は、もはや凶器だ。映画『伊藤くん A to E』で彼は、イケメンだけど超痛い男の役を演じている。最低なキャラクターなのに嫌いになれないのは、きっと、その言動がどこか人間らしいから。何にも縛られず自分らしく生きることに、私たちは憧れてしまう。岡田将生に、そんな“自分らしさ”について聞いてみた。


冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

冬仕様・タイダイネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏のイメージが強いタイダイネイル。合わせるカラーを冬仕様にすれば、クールめな冬のネイルアートになります。マニキュアを使って作れるタイダイネイルは、コツさえ覚えれば簡単にできるネイルアート。そんな時短タイダイネイルのやり方を豊富な画像で説明します。


スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

スイーツをイメージ。「夢みるブラ®premium」新作はインスタ映えする華やかさ!

「AMO'S STYLE by Triumph(アモスタイル バイ トリンプ)」では、人気No.1ブラジャーの「夢みるブラ®premium」から、バレンタインにもぴったりの新作デザインを1月19日より発売開始しました。


SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから初の多色展開となる「フロウレス リップ グロス」がデビュー

SUQQUから、着物を仕立てる工程のひとつ「金彩(きんだみ)」をテーマにした春 カラーコレクションが登場しました。全12色でデビューした、SUQQU初の多色展開となるグロス「フロウレス リップ グロス」は、生命の色が透けるような、清らかな艶をたたえたアイテムです。


私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

私たち、行きつけの喫茶店で出会いました【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は行きつけの店で出会ったふたりをご紹介します。