結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


婚活しているけれど、いまいち結果が出ない。そもそも本当に結婚したいのか。このまま闇雲に、ご新規の相手と会っていて、意味はあるのだろうか。自分が良い気分で過ごしていれば、自分に合う相手が引き寄せられるの? ああ、いろいろ迷走してしまう……。今回は迷えるアラフォー婚活について、婚活カウンセラーにぶつけてみました。

■結婚に迷うなら……今こそ本腰を入れて、優先順位を見直して

松永怜(以下、松永):婚活がうまくいかない、とモヤモヤしている人は、周りにもけっこういます。それって、婚活に適した思考や行動ができていないからでしょうか。

天木飛翠(あめるぎ ひすい:以下、天木):とにかく結婚したい……と結婚に過度に執着している人は、一度違うことに目を向けてもいいでしょう。

松永:違うこと?

天木:すぐに結婚に結びつかないような趣味や活動は、結婚に遠回りになるだけで意味があるの? という人が多いですが、好きなことをやりながら、自然と結婚につながっていくこともあります。

松永:それは理想的な流れですね。

天木:逆に、結婚に執着はしていないけれど、趣味や仕事が中心になりすぎてしまうタイプの人もいます。彼女らは結婚に向けた行動量が少なかったり、うまくいかないと停滞したりしてしまう。出会いを求めていながら、女性ばかりの趣味に走ったり、大事なことがつい後回しになってしまったり。

松永:出会いがほしい、と言いながら女子会ばかりしていたり(笑)。

天木:そういう方もいますよね。趣味か結婚か、同一1位は目標が若干ぶれるので、優先順位をはっきりさせた方がいいですね。趣味はボリュームを減らしても楽しめるかもしれない。でもパートナーを見つけるのにあと3年後でいいか? と言われたらどうでしょう。

松永:それはちょっと先すぎるかも……。

天木:仕事中心の人生ももちろんありです。なので「本当は」自分はどうしたいか。その部分を明確にしないと、上手くいかないし、引き寄せにもしにくいでしょう。

■理想のパートナーは数字的な条件ではなく、感覚の近さで考える

松永:理想のパートナー像はどこまで明確にすれば良いのでしょうか?

天木:できるだけ具体化できているのが理想ですね。
「頭」で考えた条件は皆言えるんですよ。誠実な人とか、浮気しない人とか。

松永:わかります。

天木:それよりも、「感覚」の条件が大事ですね。一緒に公園を散歩していたら、とても穏やかでいいなぁとか、のんびりできるなぁとか、そんな「心の感情」の方が大事です。

松永:結婚生活は長く続くもの。そう考えると、心の感情に差がありすぎる2人だと、一緒にいてつらくなりそうですね。

天木:学歴とか年収より、ワクワクしたいとか、ほっとして一緒に居るだけでも和めるとか。心の感情に情景を浮かべて3つか4つ、リストアップしてほしいですね。とくに朝晩にやってみるのが、滞在意識に入りやすく、自分が相手に対し本当に求めることが浮かびやすいのでおすすめです。さらに音読するとインプットされやすいでしょう。

■結婚に迷う人たちへ、「結婚がゴールでなく、結婚後の人生の方がはるかに長い」んです

松永:コンサルではそういったお話もされるのですね。

天木:はい。あとは、この人のここを変えたら、結婚に近づくだろうという本質的なところから一緒に見ていきます。年齢や容姿より、メンタルな部分が一番大事です。

松永:誰しも年をとっていきますし、それに伴い見た目も変わってきますものね。

天木:1人ひとり、ハードルや抱えているものはそれぞれ違います。それを引き出すと、皆嫌がります。

松永:自分では目を背けていたもの、フタをしてなかったことにしていたものが、そこで浮き彫りになりそう。それは人によってはつらいかもしれません。

天木:たとえば親子関係から見直す作業もしますが、本人はとても良い親子関係だと思っていたけれど、実は無意識に負の思い込みがあって、今の恋愛にも影響していることあります。そこにフタをしたまま過ごすのではなく、向き合って受け入れること。結婚がゴールではなくその後の人生の方が長いのですから。

 

天木飛翠(あめるぎひすい)さんプロフィール

アラフォーからの恋愛婚を叶える5つのStep
恋愛婚プロデューサー・天木飛翠(あめるぎひすい)
ブログ http://ameblo.jp/rennai-onayamikaiketsu/

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・女性の生き方、恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味はアクリル画、銭湯など。

関連するキーワード


恋愛 婚活 結婚

関連する投稿


喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

喧嘩別れを止めるには、「自分を守る」ことをやめてみる

好きな人なのに喧嘩別れになってしまう。その原因のひとつに、「自分を守る」ことで相手の本心を見抜けないというのがあります。怒りの下にある本当の気持ちは、どちらかが冷静にならないとわからないものです。喧嘩別れを止めるには、まず「彼のことが好き」という自分の気持ちを信じることが重要です。


死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

死んだと思わせて婚約者の元を去った卑怯男 - そのとき彼女がとった行動

ハッピーな国際恋愛をしていた女性にある日届いた、婚約者を襲った悲劇のニュース。そのとき彼女の取った勇気ある行動とその結末にとても感銘を受けました。


喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返す男性の心理。自信を持たせてあげることで痛みを回避できる

喧嘩別れを繰り返してしまう男性には、「自分に自信がない」という特徴があります。つい相手を攻撃してしまい、取り返しのつかない状態に進んでしまってからやっと後悔するのですが、やはりまた同じことをしてしまう。そんな男性には、「違う部分があってもいいんだよ」という自信を持たせることが大切です。


結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【オンナの抜け道 #2】小野美由紀

結婚は「誰もが見るドラマ」じゃなくなった【オンナの抜け道 #2】小野美由紀

結婚は「誰もが見るドラマ」、たとえば昔の月9みたいなドラマではなくなった。人々のライフスタイルや人生の選択は多様化し、今や「結婚=して当然のもの」ではないからだ。小野さんの連載【オンナの抜け道】#2では結婚をテーマに書いていただきました。


「カマキリ女」になってはいけない

「カマキリ女」になってはいけない

カマキリ女化、していないだろうか。「女性はみんなカマキリだ」。これはKさん(外資系金融・アラフィフ・二児の父)の言葉。男性が恐れる、"カマキリ女"とは一体……?


最新の投稿


SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

SUQQUのサマーコレクションは「大人のマリン」

この夏SUQQUが提案するのは、大人仕立てのマリンカラー。モダンに、上品に、さらりと余裕を感じさせるゆったりと夏を愉しむコレクションの登場です。


超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

超音波検査より詳しい「羊水染色体検査」でわかることは?検査方法、メリット、リスクも知って

羊水染色体検査を通じてわかること、検査の方法、メリット、リスクなどを山中智哉医師が解説します。さらに、1990年代以降行われるようになった、母体血清マーカーテストについても後半で説明します。


嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

嫉妬心をなくすには? 「羨ましい」という感情で自分を磨こう

誰かを羨ましいと思うのは人として当然の感情のひとつだ。しかし、それが行き過ぎると自分の心に黒い影を落とすようになる。単なる嫉妬心をなくすには、どうすればいいのか。羨ましいという感情で、自分を磨く方法を考えてみた。


逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

逃げ恥系?家事好きな大学職員の本棚【本棚百景#4】

本棚の中身は、持ち主の脳内や心の中を映し出していることがあります。他人の本棚や読書スタイルというものは、意外に知らないものですが、読む本の変遷は時にその人の生き方さえも表しています。連載【本棚百景】4回目は、東京都在住リョウカさん(仮名)の本棚をご紹介します。


抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルが当たる!読者アンケートにご協力ください

DRESS読者のみなさま、読者アンケートにご協力いただけませんか。 抽選で15名様にマナラ ホットクレンジングゲルをプレゼント。