結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


婚活しているけれど、いまいち結果が出ない。そもそも本当に結婚したいのか。このまま闇雲に、ご新規の相手と会っていて、意味はあるのだろうか。自分が良い気分で過ごしていれば、自分に合う相手が引き寄せられるの? ああ、いろいろ迷走してしまう……。今回は迷えるアラフォー婚活について、婚活カウンセラーにぶつけてみました。

■結婚に迷うなら……今こそ本腰を入れて、優先順位を見直して

松永怜(以下、松永):婚活がうまくいかない、とモヤモヤしている人は、周りにもけっこういます。それって、婚活に適した思考や行動ができていないからでしょうか。

天木飛翠(あめるぎ ひすい:以下、天木):とにかく結婚したい……と結婚に過度に執着している人は、一度違うことに目を向けてもいいでしょう。

松永:違うこと?

天木:すぐに結婚に結びつかないような趣味や活動は、結婚に遠回りになるだけで意味があるの? という人が多いですが、好きなことをやりながら、自然と結婚につながっていくこともあります。

松永:それは理想的な流れですね。

天木:逆に、結婚に執着はしていないけれど、趣味や仕事が中心になりすぎてしまうタイプの人もいます。彼女らは結婚に向けた行動量が少なかったり、うまくいかないと停滞したりしてしまう。出会いを求めていながら、女性ばかりの趣味に走ったり、大事なことがつい後回しになってしまったり。

松永:出会いがほしい、と言いながら女子会ばかりしていたり(笑)。

天木:そういう方もいますよね。趣味か結婚か、同一1位は目標が若干ぶれるので、優先順位をはっきりさせた方がいいですね。趣味はボリュームを減らしても楽しめるかもしれない。でもパートナーを見つけるのにあと3年後でいいか? と言われたらどうでしょう。

松永:それはちょっと先すぎるかも……。

天木:仕事中心の人生ももちろんありです。なので「本当は」自分はどうしたいか。その部分を明確にしないと、上手くいかないし、引き寄せにもしにくいでしょう。

■理想のパートナーは数字的な条件ではなく、感覚の近さで考える

松永:理想のパートナー像はどこまで明確にすれば良いのでしょうか?

天木:できるだけ具体化できているのが理想ですね。
「頭」で考えた条件は皆言えるんですよ。誠実な人とか、浮気しない人とか。

松永:わかります。

天木:それよりも、「感覚」の条件が大事ですね。一緒に公園を散歩していたら、とても穏やかでいいなぁとか、のんびりできるなぁとか、そんな「心の感情」の方が大事です。

松永:結婚生活は長く続くもの。そう考えると、心の感情に差がありすぎる2人だと、一緒にいてつらくなりそうですね。

天木:学歴とか年収より、ワクワクしたいとか、ほっとして一緒に居るだけでも和めるとか。心の感情に情景を浮かべて3つか4つ、リストアップしてほしいですね。とくに朝晩にやってみるのが、滞在意識に入りやすく、自分が相手に対し本当に求めることが浮かびやすいのでおすすめです。さらに音読するとインプットされやすいでしょう。

■結婚に迷う人たちへ、「結婚がゴールでなく、結婚後の人生の方がはるかに長い」んです

松永:コンサルではそういったお話もされるのですね。

天木:はい。あとは、この人のここを変えたら、結婚に近づくだろうという本質的なところから一緒に見ていきます。年齢や容姿より、メンタルな部分が一番大事です。

松永:誰しも年をとっていきますし、それに伴い見た目も変わってきますものね。

天木:1人ひとり、ハードルや抱えているものはそれぞれ違います。それを引き出すと、皆嫌がります。

松永:自分では目を背けていたもの、フタをしてなかったことにしていたものが、そこで浮き彫りになりそう。それは人によってはつらいかもしれません。

天木:たとえば親子関係から見直す作業もしますが、本人はとても良い親子関係だと思っていたけれど、実は無意識に負の思い込みがあって、今の恋愛にも影響していることあります。そこにフタをしたまま過ごすのではなく、向き合って受け入れること。結婚がゴールではなくその後の人生の方が長いのですから。

 

天木飛翠(あめるぎひすい)さんプロフィール

アラフォーからの恋愛婚を叶える5つのStep
恋愛婚プロデューサー・天木飛翠(あめるぎひすい)
ブログ http://ameblo.jp/rennai-onayamikaiketsu/

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味は高校野球・アクリル画、銭湯。

関連する投稿


発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

発信者は「万人に好かれよう」と思わなくていい【ジルデコchihiRo×渋木さやか 対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第5回では、ヨガライフアドバイザーの渋木さやかさんをお招きしました。


相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

相性のいい相手が事前にわかる! 「疲れにくい合コン」体験記

『DRESS』では1月、「疲れない出会い」特集を展開しました。疲れない出会いの場や機会を探すうちに見つけたのが、“誕生日”で相性が良い相手を見繕って引き合わせてくれる合コンです。実際に体験してきた、30代前半女性のレポートをご紹介します。


コンプレックスは隠さず、笑いに昇華するのも“芸風”です【主婦ブロガーこだまさん】

コンプレックスは隠さず、笑いに昇華するのも“芸風”です【主婦ブロガーこだまさん】

私小説『夫のちんぽが入らない』で鮮烈なデビューを飾った主婦ブロガーのこだまさんが、新作『ここは、おしまいの地』を上梓。自身が“おしまいの地”と呼ぶ集落に生まれ育ったこだまさんに、田舎やコンプレックスをテーマにお話を伺いました。


「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

「不倫」を「恋愛関係」と呼ぶ小泉今日子

小泉今日子さんが2月1日、自身のサイト上でかねてから恋愛報道があった、俳優の豊原功補さんとの「恋愛関係」を認め、さらに豊原さんは離婚しておらず、いまも家族がいることを報告したことがニュースになっている。実質的には不倫関係にあると考えられるが、そこに「不倫」の文字はなかった。


「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

「モチベーションの自家発電」に苦しむ前に逃げてしまおう【疲れる出会いを生み出す3つの原因】

恋愛における出会いの中で、疲れを感じたことのある『DRESS』読者は約半数。何故疲れてしまうのか? 恋バナ収集ユニット「桃山商事」清田代表に伺う「疲れる出会い」の生まれ方。第三回目は疲れる原因「ピンとこない男性との出会い」についてお話を伺いました。


最新の投稿


鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

鏡の前に立って、自分の肌と向き合う【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESS編集長の池田園子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

化粧水と乳液があればいい。他はサブ。基礎化粧品の正しい選び方

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は基礎化粧品の選び方を見直します。ライン使いはマスト、と考える方もいるかもしれませんが、実際は化粧水と乳液さえあればOK!?


「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

「アップルタイザー」がさくらデザインボトルが当たるキャンペーンを実施中

抽選で50名様限定! 人気イラストレーター“マリー・アセナ”さんデザインのボトルが当たります。世界中で親しまれている果汁100%のスパークリングジュース「アップルタイザー」のさくらデザインボトル、プレゼントキャンペーンを3月8日まで実施中です。


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。