結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


婚活しているけれど、いまいち結果が出ない。そもそも本当に結婚したいのか。このまま闇雲に、ご新規の相手と会っていて、意味はあるのだろうか。自分が良い気分で過ごしていれば、自分に合う相手が引き寄せられるの? ああ、いろいろ迷走してしまう……。今回は迷えるアラフォー婚活について、婚活カウンセラーにぶつけてみました。

■結婚に迷うなら……今こそ本腰を入れて、優先順位を見直して

松永怜(以下、松永):婚活がうまくいかない、とモヤモヤしている人は、周りにもけっこういます。それって、婚活に適した思考や行動ができていないからでしょうか。

天木飛翠(あめるぎ ひすい:以下、天木):とにかく結婚したい……と結婚に過度に執着している人は、一度違うことに目を向けてもいいでしょう。

松永:違うこと?

天木:すぐに結婚に結びつかないような趣味や活動は、結婚に遠回りになるだけで意味があるの? という人が多いですが、好きなことをやりながら、自然と結婚につながっていくこともあります。

松永:それは理想的な流れですね。

天木:逆に、結婚に執着はしていないけれど、趣味や仕事が中心になりすぎてしまうタイプの人もいます。彼女らは結婚に向けた行動量が少なかったり、うまくいかないと停滞したりしてしまう。出会いを求めていながら、女性ばかりの趣味に走ったり、大事なことがつい後回しになってしまったり。

松永:出会いがほしい、と言いながら女子会ばかりしていたり(笑)。

天木:そういう方もいますよね。趣味か結婚か、同一1位は目標が若干ぶれるので、優先順位をはっきりさせた方がいいですね。趣味はボリュームを減らしても楽しめるかもしれない。でもパートナーを見つけるのにあと3年後でいいか? と言われたらどうでしょう。

松永:それはちょっと先すぎるかも……。

天木:仕事中心の人生ももちろんありです。なので「本当は」自分はどうしたいか。その部分を明確にしないと、上手くいかないし、引き寄せにもしにくいでしょう。

■理想のパートナーは数字的な条件ではなく、感覚の近さで考える

松永:理想のパートナー像はどこまで明確にすれば良いのでしょうか?

天木:できるだけ具体化できているのが理想ですね。
「頭」で考えた条件は皆言えるんですよ。誠実な人とか、浮気しない人とか。

松永:わかります。

天木:それよりも、「感覚」の条件が大事ですね。一緒に公園を散歩していたら、とても穏やかでいいなぁとか、のんびりできるなぁとか、そんな「心の感情」の方が大事です。

松永:結婚生活は長く続くもの。そう考えると、心の感情に差がありすぎる2人だと、一緒にいてつらくなりそうですね。

天木:学歴とか年収より、ワクワクしたいとか、ほっとして一緒に居るだけでも和めるとか。心の感情に情景を浮かべて3つか4つ、リストアップしてほしいですね。とくに朝晩にやってみるのが、滞在意識に入りやすく、自分が相手に対し本当に求めることが浮かびやすいのでおすすめです。さらに音読するとインプットされやすいでしょう。

■結婚に迷う人たちへ、「結婚がゴールでなく、結婚後の人生の方がはるかに長い」んです

松永:コンサルではそういったお話もされるのですね。

天木:はい。あとは、この人のここを変えたら、結婚に近づくだろうという本質的なところから一緒に見ていきます。年齢や容姿より、メンタルな部分が一番大事です。

松永:誰しも年をとっていきますし、それに伴い見た目も変わってきますものね。

天木:1人ひとり、ハードルや抱えているものはそれぞれ違います。それを引き出すと、皆嫌がります。

松永:自分では目を背けていたもの、フタをしてなかったことにしていたものが、そこで浮き彫りになりそう。それは人によってはつらいかもしれません。

天木:たとえば親子関係から見直す作業もしますが、本人はとても良い親子関係だと思っていたけれど、実は無意識に負の思い込みがあって、今の恋愛にも影響していることあります。そこにフタをしたまま過ごすのではなく、向き合って受け入れること。結婚がゴールではなくその後の人生の方が長いのですから。

 

天木飛翠(あめるぎひすい)さんプロフィール

アラフォーからの恋愛婚を叶える5つのStep
恋愛婚プロデューサー・天木飛翠(あめるぎひすい)
ブログ http://ameblo.jp/rennai-onayamikaiketsu/

この記事のライター

東京出身。フリーライター。ワーク・ライフスタイル・女性の生き方、恋愛・婚活を中心に執筆中。趣味はアクリル画、銭湯など。

関連するキーワード


恋愛 婚活 結婚

関連する投稿


元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

元彼と復縁したい。風水で運命の人と出会う

今回のテーマは「復縁」。少し前に取引先の社員から「復縁の秘策はないですか?」と相談を受けたときのお話です(実話に基づいているため、プライバシーへの配慮で一部変更してお届けしています)。


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

「ハイスペックな男と結婚したい」と言える女になる

仕事ができて稼ぎのいい、いわゆる「ハイスペックな男」は当然、婚活市場において相変わらず人気である。とくに女が強くなったこの時代、キャリアを重ねるほど、「自分よりも能力のある男がいい」という人は多い。まあ、わからんでもないけれど――。


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

婚活は人生最高のリセットスイッチ「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」― 第23話

「婚内婚活」という馴染みのない言葉。今まで聞いたこともないような婚活の形に困惑する伊藤有紀……。胸の内にどこかモヤモヤしたものを抱えた有紀を気遣い、友人の瑛子が連れて行ってくれた場所は、銀座の高級サロンだった。婚活における瑛子の次なる戦略とは――? 連載「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~ 」第23話。


最新の投稿


【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

【おしゃれびとスナップ #4】カラートップスを主役に同系色でまとめたやさしげコーデ

街中で目を惹く、主張の強いカラー。そんなトップスを自然に着こなすには、トータルコーディネートがものをいいます。連載「おしゃれびとスナップ」2017年6月第5週は「印象的なカラートップスを着こなす人」をテーマにお届けします。


ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

ふるさと納税活用法! 自宅にいながら日本全国の食を楽しむ

お金の相談を受けたときには、必ず「ふるさと納税は利用していますか?」と聞くようにしています。「聞いたことはあるけど、利用したことはありません」という人も多く、そんな人には、「手続きは10分もあればできるから、利用してみて」とお伝えします。今回は、ふるさと納税の魅力について解説します。


メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

メイクが下手な人(下手に見える人)が雑にしがちな4つのポイント

この人メイクが下手なのかな? そう思う相手のメイクを観察すると、自分では気づきにくいファンデーションの塗り忘れやムラなどの雑なメイクになっていることが往々にしてあります。雑になりやすいメイクの4つのポイントを押さえて、外出前にしっかりチェックして。


「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

「パパよりママ派」の子が8割!パパの育児参画のきっかけを考える

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン)でアンケートを取ったところ、自分の子どもが「パパよりママ派」だと感じている方が約8割。父の日を前に、パパが今よりもっと子どもと良い関係を築くためのきっかけとなるイベントを実施しました。その模様をレポートします。


ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

ハーゲンダッツ新作は完熟バナナ×ほろ苦チョコ

夏に美味しいシェイクをイメージした期間限定フレーバーが登場。芳醇な完熟バナナの味わいとほろ苦いチョコレートの絶妙なバランスを堪能して。ハーゲンダッツミニカップ「バナナショコラータ」が6月27日より発売となります。


DRESS部活