「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


「もう嫌だー!」。33歳カナコさんは、スマホをベッドに放り投げた。結婚したいと強く思い始めたのは、29歳。いつも一緒に遊んでいた親友のメグミさんの結婚が決まったときだ。

間もなくメグミさんは妊娠し、現在二児の母として幸せな家庭を築いている。「なぜこんなに差が開いてしまったのか」。メグミさんだけではない、すでに家庭のある友人の家族写真を見るたびに胸がキュッと締めつけられてきた。

■繁忙期に女性からLINEで責められる男性の心理は

しかし、カナコさんにも3ヶ月前に素敵な男性との出会いがあった。婚活パーティで出会った同い年の営業マン。土日は週に1度のデート、ウィークデーはLINEのやりとりを楽しんでいた。

ところが……。12月に入り、彼が繁忙期に入ってしまった。LINEはおざなり。既読スルーもめずらしくなくなった。デートのドタキャンも1ヶ月に3度もあった。理由は「疲れていて体調が悪い」だった。街はイルミネーションでキラキラしているのに、なぜ私はこんなにほったらかしにされるのか。

我慢の限界に達し、彼女はLINEで彼を責めたのである。

「私なんかどうでもいいのね」「いや違う」「じゃあなんでこんなに既読無視するの?」「仕事が忙しすぎて」「一言返事ぐらいできるでしょう」

こんなやりとりを続けた結果、別れを切り出されてしまったのである。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせるテクニック〜基本編

カナコさんだけではない。繁忙期に男性を責めすぎて別れを切り出される女性は、クリスマスから年末にかけて後を絶たない。

「ちょっと忙しくて連絡がおざなりになっただけでピーピーいう女と今後やっていく自信がない」と思われてしまうからだ。

では、どんなメールを出せばよいのか。「お仕事がんばってね」とでも言えばいいのか。答えは違う。

「いま、忙しいと思うから、金曜夜にLINEする時間とってもらえるかな?」と申し出てみることである。

ウィークデーには爆発しないこと。彼の精神状態が悪くなって仕事の足を引っ張ることになりかねないからだ。

金曜夜に、LINEする時間をとってもらう。翌日から休みなので多少夜遅くまでLINEをしていても体力的に負担は少ない。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせる3つのテクニック〜実践編


ただし、金曜夜ならどんなLINEをしてもOKなわけではない。話題は3つ。1つめは、ねぎらい。「1週間お疲れさま」のねぎらいだ。ここでイライラの一呼吸をお互いに置く。

2つめは、本音だ。「連絡がおざなりになった気がして辛かった」ことを真正面から伝えること。大事なのは次の3つめ、「連絡がおざなりになった」言い訳を彼が話したいところまで聴いてあげること。「それは違う!」と途中で遮ったり、主張したりしてはいけない。

最後の最後まで「うん」「そうなんだ」「それで」などと相槌のメッセージを打つ。つまり「聞き役」に徹して、彼の言い分を聴くことだ。それができれば、彼はあなたに不満を抱かない。これだけでフラれる機会は劇的に減る。

忙しい時期のせいで大事な恋愛を潰さないようにしよう。皆さま、それでは、良いお年を!


この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連する投稿


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


あなたのLINEは大丈夫? 

あなたのLINEは大丈夫? 

大人の女性に求められるのは、年齢を重ねただけ成熟され、磨かれた「大人力」なのかもしれません。そんな大人力を身に着けた女性は、好きな相手とどのように恋に落ちていくのか。LINEの使い方から覗いてみた。


危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

危ないLINEのメッセージ。好きなテレビドラマの話題はアリかナシか?

34歳・派遣社員のヒロミさんは、とあるLINEメッセージをきっかけに、婚活相手から返事がこなくなってしまった。婚活アドバイザー大西朋美さんは、この状況を”相手がどんな状況にいるのか”という推測が欠けていると指摘。ヒロミさんがやってしまった致命的なミスとはなんだったのでしょうか。


【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】こんなLINEスタンプの使い方は嫌われる?

【ダサいLINEチェック】後半は、スタンプの使い方について。日本で誰かと文字でコミュニケーションをとるとき、「LINE」の存在は欠かせません。今や誰もが使う「LINE」だからこそ、ダサくならないように、気をつけたいもの。あなたのLINEは大丈夫?


失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

失われた青春を同窓会ラブで取り戻せ【恋愛難民、王子様を探す】第1話

男日照り暦5年のOL・鎌谷素子は男慣れしておらず、恋愛にも消極的。そんな素子に対して攻撃的な態度を崩さない天敵・高山聡子が、ある日突拍子もない提案をぶつけてくる。恋愛難民と化した女は、無事運命の王子様を見つけて失われた青春を取り戻せるのか? 連載「恋愛難民、王子様を探す」#1をお届けします。


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。