「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


「もう嫌だー!」。33歳カナコさんは、スマホをベッドに放り投げた。結婚したいと強く思い始めたのは、29歳。いつも一緒に遊んでいた親友のメグミさんの結婚が決まったときだ。

間もなくメグミさんは妊娠し、現在二児の母として幸せな家庭を築いている。「なぜこんなに差が開いてしまったのか」。メグミさんだけではない、すでに家庭のある友人の家族写真を見るたびに胸がキュッと締めつけられてきた。

■繁忙期に女性からLINEで責められる男性の心理は

しかし、カナコさんにも3ヶ月前に素敵な男性との出会いがあった。婚活パーティで出会った同い年の営業マン。土日は週に1度のデート、ウィークデーはLINEのやりとりを楽しんでいた。

ところが……。12月に入り、彼が繁忙期に入ってしまった。LINEはおざなり。既読スルーもめずらしくなくなった。デートのドタキャンも1ヶ月に3度もあった。理由は「疲れていて体調が悪い」だった。街はイルミネーションでキラキラしているのに、なぜ私はこんなにほったらかしにされるのか。

我慢の限界に達し、彼女はLINEで彼を責めたのである。

「私なんかどうでもいいのね」「いや違う」「じゃあなんでこんなに既読無視するの?」「仕事が忙しすぎて」「一言返事ぐらいできるでしょう」

こんなやりとりを続けた結果、別れを切り出されてしまったのである。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせるテクニック〜基本編

カナコさんだけではない。繁忙期に男性を責めすぎて別れを切り出される女性は、クリスマスから年末にかけて後を絶たない。

「ちょっと忙しくて連絡がおざなりになっただけでピーピーいう女と今後やっていく自信がない」と思われてしまうからだ。

では、どんなメールを出せばよいのか。「お仕事がんばってね」とでも言えばいいのか。答えは違う。

「いま、忙しいと思うから、金曜夜にLINEする時間とってもらえるかな?」と申し出てみることである。

ウィークデーには爆発しないこと。彼の精神状態が悪くなって仕事の足を引っ張ることになりかねないからだ。

金曜夜に、LINEする時間をとってもらう。翌日から休みなので多少夜遅くまでLINEをしていても体力的に負担は少ない。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせる3つのテクニック〜実践編


ただし、金曜夜ならどんなLINEをしてもOKなわけではない。話題は3つ。1つめは、ねぎらい。「1週間お疲れさま」のねぎらいだ。ここでイライラの一呼吸をお互いに置く。

2つめは、本音だ。「連絡がおざなりになった気がして辛かった」ことを真正面から伝えること。大事なのは次の3つめ、「連絡がおざなりになった」言い訳を彼が話したいところまで聴いてあげること。「それは違う!」と途中で遮ったり、主張したりしてはいけない。

最後の最後まで「うん」「そうなんだ」「それで」などと相槌のメッセージを打つ。つまり「聞き役」に徹して、彼の言い分を聴くことだ。それができれば、彼はあなたに不満を抱かない。これだけでフラれる機会は劇的に減る。

忙しい時期のせいで大事な恋愛を潰さないようにしよう。皆さま、それでは、良いお年を!


この記事のライター

婚活アドバイザー。自ら経営する結婚相談所で7年で200組以上のカップルを成婚へと導く。

「となりの婚活女子は今日も迷走中」(かんき出版) 「糟糠の妻はなぜ捨てられるのか」(プレジデント社)

関連する投稿


感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

感情をぶつけるのはアウト。子どもの上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#6】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第6回では、子育て中のイライラを解消する方法について解説してもらいます。


元彼がLINEをブロックする5つの理由

元彼がLINEをブロックする5つの理由

別れたあとで、元カレにLINEやメールなどをブロックされたことのある女性は多いのではないでしょうか。拒否されることはショックですが、男性が別れた女性の連絡先をブロックする心理は複雑で、単純に嫌いになったからとは言い切れません。本当は未練を抱えた状態でも、ブロックしてしまう男性の気持ちについてお話しします。


聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

聞き取りやすい声をつくる方法【素敵な人ねと思われる話し方#3】

「人は見た目が9割」なんてことが言われますが、「話し方」もそれに近いくらい、人の印象を決めるもののひとつ。話し方に自信がなくてもトレーニングすれば変えられます。ここでは話し方のなかでも「声」に焦点を当て、現役アナウンサーが講師を務める話し方教室「KEE’S」で教えていただきました。


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


「面白い文章を書けない」コンプレックスがあるあなたへ【Drまあや】

「面白い文章を書けない」コンプレックスがあるあなたへ【Drまあや】

誰にでもコンプレックスはあるもの。コンプレックスとどう向き合うと良いのか、コンプレックスへのネガティブな気持ちを軽くするにはどうすれば良いのか。Drまあやさんが「コンプレックス」をテーマに書く連載、今回は「文章での伝え方」に焦点を当ててお届けします。


最新の投稿


批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判ばかりして疲れてしまっている人へ

批判したり、怒ったりしている人は何がそんなに世の中に不満なのだろうか。誰かに対して怒っていれば心が満たされるのだろうか。むしろ、心が貧しくなっているような気がするけれど。


「愛されたい症候群」な男性の特徴

「愛されたい症候群」な男性の特徴

愛するより愛されたい。常に先に求められないと恋愛できないのが「愛されたい症候群」です。特に男性の場合は、プライドが邪魔するせいで余計に愛情を伝えることができません。もしこんな男性を好きになってしまったら、良い関係を築くためにはどうすれば良いのでしょうか。「愛されたい症候群」な男性の特徴についてお話しします。


私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

私たちはみんな痛みを抱えて生きている。「依存症」は対岸の火事ではない

依存症とは、誰もが味わったことのある苦痛が原因となって発症する病です。


他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

他人を叩いたところで、自分の人生は良くならない、という現実

有名人の不倫についてのバッシングがここ数年、勢いを増しています。不倫は関係者の誰かを不幸にしてしまうから、決して良いとはいえないもの。でも皆がここぞとばかりに寄ってたかって叩く様子に、違和感を抱いたことはないでしょうか。有名人に限らず、身近な人のことも同じ目に遭わせているかも、と一度振り返ってみては。


“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

“粉末スープ”が大活躍な、トマト味スコーン【天然酵母のパンレシピ#11】

自家製天然酵母パンとフランス菓子の教室「MINAMINA(ミナミナ)」を主宰する山田美奈さんによる、自宅で気軽に作れる天然酵母のパンレシピを紹介する連載。第11回目は意外な隠し味で安定のおいしさ、おうちにある材料でできる塩味のスコーンのご紹介です。