「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


「もう嫌だー!」。33歳カナコさんは、スマホをベッドに放り投げた。結婚したいと強く思い始めたのは、29歳。いつも一緒に遊んでいた親友のメグミさんの結婚が決まったときだ。

間もなくメグミさんは妊娠し、現在二児の母として幸せな家庭を築いている。「なぜこんなに差が開いてしまったのか」。メグミさんだけではない、すでに家庭のある友人の家族写真を見るたびに胸がキュッと締めつけられてきた。

■繁忙期に女性からLINEで責められる男性の心理は

しかし、カナコさんにも3ヶ月前に素敵な男性との出会いがあった。婚活パーティで出会った同い年の営業マン。土日は週に1度のデート、ウィークデーはLINEのやりとりを楽しんでいた。

ところが……。12月に入り、彼が繁忙期に入ってしまった。LINEはおざなり。既読スルーもめずらしくなくなった。デートのドタキャンも1ヶ月に3度もあった。理由は「疲れていて体調が悪い」だった。街はイルミネーションでキラキラしているのに、なぜ私はこんなにほったらかしにされるのか。

我慢の限界に達し、彼女はLINEで彼を責めたのである。

「私なんかどうでもいいのね」「いや違う」「じゃあなんでこんなに既読無視するの?」「仕事が忙しすぎて」「一言返事ぐらいできるでしょう」

こんなやりとりを続けた結果、別れを切り出されてしまったのである。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせるテクニック〜基本編

カナコさんだけではない。繁忙期に男性を責めすぎて別れを切り出される女性は、クリスマスから年末にかけて後を絶たない。

「ちょっと忙しくて連絡がおざなりになっただけでピーピーいう女と今後やっていく自信がない」と思われてしまうからだ。

では、どんなメールを出せばよいのか。「お仕事がんばってね」とでも言えばいいのか。答えは違う。

「いま、忙しいと思うから、金曜夜にLINEする時間とってもらえるかな?」と申し出てみることである。

ウィークデーには爆発しないこと。彼の精神状態が悪くなって仕事の足を引っ張ることになりかねないからだ。

金曜夜に、LINEする時間をとってもらう。翌日から休みなので多少夜遅くまでLINEをしていても体力的に負担は少ない。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせる3つのテクニック〜実践編


ただし、金曜夜ならどんなLINEをしてもOKなわけではない。話題は3つ。1つめは、ねぎらい。「1週間お疲れさま」のねぎらいだ。ここでイライラの一呼吸をお互いに置く。

2つめは、本音だ。「連絡がおざなりになった気がして辛かった」ことを真正面から伝えること。大事なのは次の3つめ、「連絡がおざなりになった」言い訳を彼が話したいところまで聴いてあげること。「それは違う!」と途中で遮ったり、主張したりしてはいけない。

最後の最後まで「うん」「そうなんだ」「それで」などと相槌のメッセージを打つ。つまり「聞き役」に徹して、彼の言い分を聴くことだ。それができれば、彼はあなたに不満を抱かない。これだけでフラれる機会は劇的に減る。

忙しい時期のせいで大事な恋愛を潰さないようにしよう。皆さま、それでは、良いお年を!


この記事のライター

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。小中学校ではイジメを受け友達がいなかったため、周囲の人間関係を観察することを...

関連する投稿


コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションツールとの心地よい距離感を維持したい

コミュニケーションにおける距離感について考えることがある。LINEが世の中に浸透し、友人とコミュニケーションを取るのが随分と楽になった現代。しかし、便利になったぶん、窮屈さを感じてはいないだろうか。便利なコミュニケーションツールを使うからこそ、距離感を大切にしたいと思うのだ。


約束したくない男と、結婚したい女

約束したくない男と、結婚したい女

年内に結婚・妊娠を目指している私。結婚への近道は、結婚という形式にとらわれず、好きな人を大切に扱うことではないか、と最近になって考えるようになった。そのきっかけは、結婚への意思が確認できる前に、その男性との関係を進めるべきか否か深く悩んだ“ある出来事”にあった。


結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚に迷うアラフォーが「今本当にやるべきこと」

結婚したいの? しなくてもいいの? 結婚に迷うアラフォー婚活世代の私たち。迷える思いを抱えて、婚活カウンセラーのもとへインタビューに行ってきました。そこで見えてきた、これからすべきことは?


これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

これって脈あり? LINEでわかる恋のサイン

LINEのメッセージをみただけで、脈があるのかないのかを判断する方法があるのか? 今回は、コミュケーションコンサルティングを行う西澤さんに、"LINEでの大人男性の脈ありサインを見極めるポイント"を尋ねてみました。お愛想・社交辞令なLINEを見極めて、大切な時間を本命有望株にしっかり投資していきましょう!


人間関係がうまくいく、コミュニケーションの3つのステップ

人間関係がうまくいく、コミュニケーションの3つのステップ

人間関係がうまくいく人は、コミュニケーションの仕方にどんな特徴があるの? ことばデザイナー安憲二郎さんが、オンオフともに使えるコミュニケーションの3つのステップをご紹介します。


最新の投稿


「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

「お金が増える仕組み」は簡単に作れる

お金が増える仕組みを作っている人は、自然と貯金がうまくいき、お金が貯まっていきます。貯金ができない、お金がなかなか増えていかない。そんなことにお悩みの人は、お金が貯まる仕組みを知らないだけかもしれません。今回はお金を増やすさまざまな仕掛けと要素を上手に使って、お金が増える仕組みを作る方法をご紹介します。


購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か問題 - 独身30代オンナの迷い

購入か賃貸か。賃貸マンションに住み続けて十数年、購入と賃貸どっちがいいのか――30代は悩み始める年頃。でも、なんとなく賃貸住まいを続ける、という選択はそろそろやめませんか? 住まいを選び、決めるのは自分。もっと自由に考えてもいいのでは。ユキ・クリヤマさんが自身の不動産選びを連載コラムを通してお届けします。


妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは、妊娠・分娩の“正しい”基礎知識を手に入れること

妊娠前にしておくことは……?これから妊娠を考える女性にぜひ手に取っていただきたい『はじめてママになる人の「妊娠・出産」読本』。著者のにしじまクリニック院長・西島重光医師が、妊娠に関する正しい情報や知識を全7回に渡って解説します。


自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

自分に嘘をつかない人は、最高の人生を創れる人。

苦しいとき「大変だから」と逃げ出すのは誰にでもできること。でも、落ち着いて考えてれば、解決策は必ず導き出される。それを繰り返すなかで、自分にとって最高のパートナーである「自分」を大切にして、最高の人生を創っていけるのだ。自分に嘘をついてはいけない。


生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる8つの考え方<前編>

生きるのが楽になる考え方を知って、毎日を心地よく過ごしてみませんか? 人生は考え方次第で自由に変えることができます。今、なんとなく生きていてしんどい、人との関わりが面倒だな、などと感じているなら、考え方を変えてみてはいかがでしょう。生きるのが楽になる考え方を8つ、前後編に分けてご紹介していきます。