「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

「金夜にLINEの時間、とってくれる?」そう言える女はフラれない

LINEで彼女から詰められる男性の心理を想像してみよう。しかも、年末年始という繁忙期に。ちょっと距離をおきたい、と思われるのも無理はない。恋愛が壊れるのを防ぐ「金曜夜のLINEテク」をご紹介します。


「もう嫌だー!」。33歳カナコさんは、スマホをベッドに放り投げた。結婚したいと強く思い始めたのは、29歳。いつも一緒に遊んでいた親友のメグミさんの結婚が決まったときだ。

間もなくメグミさんは妊娠し、現在二児の母として幸せな家庭を築いている。「なぜこんなに差が開いてしまったのか」。メグミさんだけではない、すでに家庭のある友人の家族写真を見るたびに胸がキュッと締めつけられてきた。

■繁忙期に女性からLINEで責められる男性の心理は

しかし、カナコさんにも3ヶ月前に素敵な男性との出会いがあった。婚活パーティで出会った同い年の営業マン。土日は週に1度のデート、ウィークデーはLINEのやりとりを楽しんでいた。

ところが……。12月に入り、彼が繁忙期に入ってしまった。LINEはおざなり。既読スルーもめずらしくなくなった。デートのドタキャンも1ヶ月に3度もあった。理由は「疲れていて体調が悪い」だった。街はイルミネーションでキラキラしているのに、なぜ私はこんなにほったらかしにされるのか。

我慢の限界に達し、彼女はLINEで彼を責めたのである。

「私なんかどうでもいいのね」「いや違う」「じゃあなんでこんなに既読無視するの?」「仕事が忙しすぎて」「一言返事ぐらいできるでしょう」

こんなやりとりを続けた結果、別れを切り出されてしまったのである。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせるテクニック〜基本編

カナコさんだけではない。繁忙期に男性を責めすぎて別れを切り出される女性は、クリスマスから年末にかけて後を絶たない。

「ちょっと忙しくて連絡がおざなりになっただけでピーピーいう女と今後やっていく自信がない」と思われてしまうからだ。

では、どんなメールを出せばよいのか。「お仕事がんばってね」とでも言えばいいのか。答えは違う。

「いま、忙しいと思うから、金曜夜にLINEする時間とってもらえるかな?」と申し出てみることである。

ウィークデーには爆発しないこと。彼の精神状態が悪くなって仕事の足を引っ張ることになりかねないからだ。

金曜夜に、LINEする時間をとってもらう。翌日から休みなので多少夜遅くまでLINEをしていても体力的に負担は少ない。

■LINEで大事な恋愛を長続きさせる3つのテクニック〜実践編


ただし、金曜夜ならどんなLINEをしてもOKなわけではない。話題は3つ。1つめは、ねぎらい。「1週間お疲れさま」のねぎらいだ。ここでイライラの一呼吸をお互いに置く。

2つめは、本音だ。「連絡がおざなりになった気がして辛かった」ことを真正面から伝えること。大事なのは次の3つめ、「連絡がおざなりになった」言い訳を彼が話したいところまで聴いてあげること。「それは違う!」と途中で遮ったり、主張したりしてはいけない。

最後の最後まで「うん」「そうなんだ」「それで」などと相槌のメッセージを打つ。つまり「聞き役」に徹して、彼の言い分を聴くことだ。それができれば、彼はあなたに不満を抱かない。これだけでフラれる機会は劇的に減る。

忙しい時期のせいで大事な恋愛を潰さないようにしよう。皆さま、それでは、良いお年を!


この記事のライター

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。過去20年で延べ43,000件の恋愛を研究してきた婚活指導の第一人者。小中学校ではイジメを受け友達がいなかったため、周囲の人間関係を観察することを...

関連する投稿


恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

恋愛を加速させる、大人女性のLINEのやりとり

異性が愛おしいと思う、LINE(ライン)のやりとりとは一体どんなものか? 今回は、LINEを使った大人の恋愛テクニックについて、コミュニケーションコンサルティング会社を経営する西澤 史子さんにお話を聞いてみました。男性と恋愛に発展する上でかかせないポイントは「素直な気持ち」です。


別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた彼のLINE削除、あり?なし?

別れた恋人のLINE IDを削除しますか? 別れた瞬間に削除する人もいれば、別れたあともずっと残しておくタイプの人もいます。今回の記事では「今後の関係」に焦点をあてながら「削除すべきタイミング」と「削除してはいけない場合」をみていきます。


「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話

伊藤有紀、フリーライター。10年前に夫を交通事故で亡くしてから、ひとりで息子を育ててきた。50歳も目前になって、急遽婚活を開始することに。「ラス婚~女は何歳まで再婚できますか?~」 ― 第21話をお届けします。


女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達に共感するのが苦しくなるとき

女友達とは、何かを共有していれば、共感していれば、ずっと仲良くやっていけると思っていた。でも、年齢を重ねるにつれ「それは違うんじゃない?」と思う部分が出てくる。慣れたはずのやりとりを忘れてしまう瞬間とは。


LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINE既読スピードが速いほど、恋がソッコーで終わる理由

LINEの「既読問題」は度々話題になる。LINEの既読=「もう読んだからね」という意味のメッセージであることを忘れてはいけない。LINEを早く既読にしてしまう人ほど、恋が終わるスピードが速いのだ。結婚相談所を経営する、大西明美さんが解説する。


最新の投稿


いい恋は「男捨離」が運んでくる

いい恋は「男捨離」が運んでくる

男捨離という言葉をご存じでしょうか。連作短編マンガ『男捨離のすすめ』(2013年刊)で描かれているのは「断捨離」を恋愛に応用した「男捨離」。男を断捨離する男捨離について、女性の書き手が考えるシリーズ、始まります。


ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

ベトナム〜カンボジア 母なる川をたどる4泊5日のラグジュアリー

「アクア・メコン」という、ベトナム、カンボジアの観光ではおなじみの東南アジアを流れるメコン川を巡るリバークルーズ船をご存知でしょうか。ラグジュアリーかつ、伝統や文化を学ぶ旅。全8回の連載、第1回目です。【人生が変わるクルーズ体験#1】


美容の買い物は物語を買うのと似ている

美容の買い物は物語を買うのと似ている

行きつけの皮膚科で「目専用のクレンジング」を見つけた小島慶子さん。使ううちにまつ毛が元気になり、まつ毛美容液でケアすると、まつ毛のボリュームもアップ。間違いなくきれいになるアイテムなんて、きっと誰にも決められないけれど、使うときれいになるよと寄り添ってくれる医師の親切心は、高い施術代とセットであっても嬉しい。


デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

デニムネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

定番人気のデニムネイル。マニキュアでできる? と思いきや、簡単にできるのが嬉しいデザイン。マニキュアを使ったデニムネイルの簡単なやり方・コツ、いろいろなバリエーションを豊富な画像&動画で説明します。おしゃれで周りに差をつけられるデニムネイル、ぜひお試しを。


お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

お手頃でおすすめ!表参道の人気焼肉店(5選)

おしゃれな街の代表格、表参道。「焼肉店がある街」というイメージはあまりないかもしれませんが、近年おしゃれでリーズナブルでおいしい焼肉店が、表参道にも続々進出。今回は1万円以下とお手頃価格で楽しめる表参道の焼肉店を5店ご紹介します。