宋 美玄 さんが 2013/07/05 に更新
卵子凍結は夢の技術?

卵子凍結は夢の技術?

今は決まった相手がいないけど、いつか子どもを産みたい。今は子どもが欲しいかどうか分からないけれど、いつか欲しくなるかも知れない。そんな女性の望みを叶えるのが未受精卵の凍結技術。以前は一度凍らせてしまうと受精する能力を失ってしまっていたため、受精卵の凍結しか行われていませんでしたが、最近その技術が進み、未受精卵の凍結も実用化されてきました。日本国内で既に請け負っているところが結構あります

妊娠 生殖医療 出産 不妊治療

今は決まった相手がいないけど、いつか子どもを産みたい。今は子どもが欲しいかどうか分からないけれど、いつか欲しくなるかも知れない。そんな女性の望みを叶えるのが未受精卵の凍結技術。以前は一度凍らせてしまうと受精する能力を失ってしまっていたため、受精卵の凍結しか行われていませんでしたが、最近その技術が進み、未受精卵の凍結も実用化されてきました。日本国内で既に請け負っているところが結構あります。

まずは費用ですが、大体60万円くらいから。卵子一つ一つに凍結保存料がかかり、毎年毎年払わなければいけません。私の周りで真剣に興味を示した女性たちも、値段を聞いて「ちょっと……」と引き気味に。しかし、こないだのDRESSプレゼンツのオムニバスドラマで小池栄子さん扮する独身女性が90万円のウェディングドレスをノリで買ってしまうという話がありましたが、それなら卵子凍結だろ!!と思いました。

問題は、1個卵子があるだけでは妊娠できる可能性は低いということ。じゃあ何個あれば妊娠して出産に至ることができるか、というと個人差も大きいですが年齢によります。35歳でおよそ10個、40歳だと50個くらい。質のいい卵子ならば一つで妊娠しますが、質の悪い卵子ならば確率は下がるのです。しかし、排卵誘発剤を使わなければ卵子は月に1個しか取れません。10個も20個も採卵するには何ヶ月かに渡って排卵誘発剤を使い、何度も採卵しなければいけないことになります。

若いうちに取っておくのでなければ(外国では大学卒業時に父親から卵子凍結の費用をプレゼントされたりしているそうです)、望みをつなぐために数個取っておくというのが現実的かもしれません。

私は35歳で第一子を出産しましたが、妊娠前にこの方法が実用化されていればどうしていただろうなあ、と考えてしまいます。みなさんはどう思いますか?30代前半なら、「そんなことにお金をかけるなら、相手を見つけて妊娠した方が早いんじゃないか」と思われるかも知れません。卵子を凍結しているという安心感が人生にプラスに働くかどうかは分かりません。

しかし、魅力的な技術であるのは確か。選択肢が増えるのは悩みが増えることでもありますが、あなたは凍結したいですか?
 

関連する投稿


夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

31歳で未婚の母となった岡本さん。両親学級で「みんなにはお父さんがいるのにあなたにはいないんだね。ごめんね……」と涙した日もありました。気持ちを切り替え、母としてひとりの女性として、強く、凛として生きる岡本さんに、未婚の母という選択をテーマに寄稿いただきました。


最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

最愛の娘と私らしく暮らす今、失ったものは何もない【未婚の母という生き方 #1】

2年前、念願の子どもを授かり、未婚の母になる道を選んだ岩田笑子さん。妊娠を歓迎しなかった男性との同棲を早々に解消し、不安を抱えながらも娘を出産。父不在で子どもを産んだこと、母として、働く女性として奮闘する日々のことをリアルな言葉で綴っていただきました。


妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

妻となり、母となり、手放すことでわかった本当に大切にしたいこと

結婚、妊娠、出産、子育て……女性たちに押し付けられた「こうあるべき」を手放すことで、自身の価値観がクリアになった――そう語るのは染矢明日香さん。母となり3ヶ月が経った今、思うことを寄稿いただきました。


40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代で母になる #2 二度の妊娠で気づいた命の尊さ(42歳)

40代の妊娠・出産にはリスクも多い。だが、数々の経験や思慮を経て、それを受け止める人生経験や知恵があるのも40代。二度の高年齢妊娠で経験した悲しみや喜びから得たものとは。


褒め言葉は偏見の裏返し?

褒め言葉は偏見の裏返し?

「お子さんがいるように見えませんね!」は褒め言葉のつもりなのか? いくつかの「褒め言葉」っぽく聞こえる言葉からにじみ出るものについて、小島慶子さんが考えます。


最新の投稿


夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

夫はいるに越したことはないけれど、いなくても家族は回っていく【未婚の母という生き方 #2】

31歳で未婚の母となった岡本さん。両親学級で「みんなにはお父さんがいるのにあなたにはいないんだね。ごめんね……」と涙した日もありました。気持ちを切り替え、母としてひとりの女性として、強く、凛として生きる岡本さんに、未婚の母という選択をテーマに寄稿いただきました。



幸せになりたい! シンドローム【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

幸せになりたい! シンドローム【甘糟りり子の生涯嫁入り前】

「私たち、絶対幸せになろうね!」 いつでも幸せを願っている人は、幸せをつかみにくい、かも。


鯛のしば漬けカルパッチョ【簡単なのにほめられる!ホムパごはん #3】

鯛のしば漬けカルパッチョ【簡単なのにほめられる!ホムパごはん #3】

ホームパーティーは敷居が高い、大変と思っていませんか? DRESS世代のホームパーティーはカジュアルにスマートに。簡単で失敗なしなのに喜ばれるパーティー料理や、パーティーをランクアップさせるコツなどをご紹介します。


まだ33歳だから妊娠できる、と思っていたけれど……人工授精と体外受精に駆け抜けた1年間

まだ33歳だから妊娠できる、と思っていたけれど……人工授精と体外受精に駆け抜けた1年間

産婦人科医の指導のもと、33歳でタイミング法を始めるも、3周期しても結果が出ない……。人工授精にステップアップしても、望む結果はやってこない。ハードルは高いけれど、より結果が出やすくなるならと体外受精に挑戦し、妊娠した「もぐもぐ」さんに、不妊治療に取り組んだ1年間を振り返っていただきました。