人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。紫原 明子さんの女を磨く離婚道 #2

人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。紫原 明子さんの女を磨く離婚道 #2

自分の人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。「離婚は努力が足りない」という世間一般に平然と居座る考え方に屈しないという、紫原 明子さんの「離婚」に関する考え方をみていく。


■「離婚」に運んでくれるレールはない

身を置く環境を変えるって大変なことだ。

世の中にはいろんな人がいて、積極的な人もいれば、臆病な人もいる。それにも関わらず、たとえば進学とか就職とか、大半の人が、それなりに順当に環境の変化をこなしていけるのは、この歳になったらみんなこうするものっていう、何となくのレールが、あらかじめご丁寧に用意されているからだ。

ちょっと前まで「結婚適齢期」なんて言葉が当たり前に使われていたように、たとえ成人したとしても、今度はこれくらいの歳で結婚したほうがいいですよ、とレールは引き続き延びていた。最近でこそ、この言葉自体は死語になりつつあるけれど、代わりに台頭してきたのが「アラサー・未婚」。たった二つのキーワードで、多くの女性の焦燥感を自動的に駆り立てることができるわけで、レールそのものは何だかんだでしぶとく生き残っているのだ。

ところが、こと離婚となるとそうじゃない。みんなやっているし、うちもそろそろ……なんてわけにいかない。本当ならない方が良いものなわけで、結婚後、スムーズに離婚に運んでくれるレールなんてはじめから存在しないのだ。外からの後押しが何一つない中、自分でことを起こさなきゃいけない離婚は、当事者となる多くの人にとって、ただ座っていれば前に進めていってくれた電車から、意を決して飛び降りるに等しい行為なのだ。

■世の中は止めどなく努力を強いる

そんな大変な思いをしてまでなんで離婚するのかって言えば、当然ながら、そうするしかない、と思うほど結婚生活が辛くて仕方がないからだ。
いくら望んで結婚したって、時間が経てば人も状況も変わる。ダメになるときだってある。

社会には、全てのことは努力でどうにかなる、どうにかするべき、と考えているマゾ気質な人が少なくないので、離婚すると、夫婦関係の維持に努力が足りなかった残念な人、と思われたりもする。実を言うと私自身も、比較的恵まれた家庭環境で何不自由なく育ったので、夫婦の不仲とか、離婚とか、普通に生きていれば、自分の身に決して降りかからない、遠い世界の話のように思っていたのだ。ところが、そうじゃなかった。
普通に生きていても、どんなに努力しても、歯車がまるでかみ合わなくなるときがある。夫婦でい続ける限り、お互いが幸せになれないことだってあるのだ。

休日、幸せそうな家族で賑わうショッピングモールに行くと、世の中の、これだけ多くの人がこともなくこなせていることが、どうして自分にはできなかったんだろう、とたまにふと落ち込んでしまいそうになる。いくら離婚が自分にとって間違いなく必要な選択であったとしても、何だか自分が、努力の足りなかったダメ人間のように思えて、ううう、と胸にくるものがある。
そんなときはとりあえず一呼吸して、今、自分が手にしているものを改めて見つめ直すのだ。

■人生のシナリオは、自分で好きなように描ける

結婚して、誰かと家族を作って、何を欠くことなく穏やかに添い遂げる。
規定のレールからははみ出してしまったけれど、だからこそ好きなように生きる自由を手に入れたのだ。もう、誰かの心を繋ぎとめるための、不毛な駆け引きに消耗されなくていい。好きなことをして、好きな部屋に住んでいい。気が向けばまた恋愛したっていい。自分の人生のシナリオを、自分で好きなように描いていいのだ。

そもそも生身の人間が、リアルに動いている電車から飛び降りたら、下手したら死ぬし、幸い生きて着地できたとしても、今度はどのくらい離れているのか検討もつかない最寄り駅まで、てくてく歩かなきゃならない。大変だ。サバイバルだ。実際そんな風に満身創痍で離婚して、今、この生活を望んで手に入れたのだ。あの勇気を、努力を、誰が認めてくれなくても、せめて自分だけは忘れずにいてやろう。

あらかじめ敷かれたレールに無自覚に乗っかって、幸いにも脱線せずにいられた人が、自分の幸運を棚上げして他人に強いる「努力」なんて誰も幸せにしない。むしろ、遅まきにようやくそれを学ぶことのできた私が今、努力が報われないと嘆く人に「そんなこともあるよ、休憩しよう」と言ってあげられるようになったことにこそ、きっと大きな意味があるのだ。

この記事のライター

エッセイスト。1982年福岡県生。二児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。『家族無計画』『りこんのこども』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)など連載多...

関連するキーワード


女を磨く離婚道

関連する投稿


女を磨く離婚道 #8 離婚後の未来を切り拓くのは「懲りない女」

女を磨く離婚道 #8 離婚後の未来を切り拓くのは「懲りない女」

事実婚を含め、二度の離婚を経験した作家の島田佳奈さん。「幸せな人生を歩むために離婚を選んだのだし、離婚したからこそ再婚だってできる」。その前向きさが次にもっと、幸せな未来を引き寄せているのかもしれません。


女を磨く離婚道 #7 私を幸せにできるのは私だけ 

女を磨く離婚道 #7 私を幸せにできるのは私だけ 

一般的に、離婚=不幸な出来事だと受け止められる。でも、どれだけ努力をしようと、夫婦の関係が修復できないとき、結婚生活を手放すのもひとつの選択肢となる。離婚は「自分のための人生をもう一度掴み直すチャンスになった」と語る杉山早さんに寄稿いただきました。


女を磨く離婚道 #6 DV夫と別れて人生が変わった

女を磨く離婚道 #6 DV夫と別れて人生が変わった

もし今、DVに悩んでいる人がいたら2つの未来を想像してみて欲しい。その夫と10年先も同じ生活を送るか、思い描いた幸せを実現する生活を送るか。生活を共にした夫婦の情は、時に決心を鈍らせてしまうけれど、私は「違う人生を生き直したい」と前だけを向いた。その結果、充足感に満ちた暮らしを手にすることができた。


女を磨く離婚道 #5 離婚は「大好き」が「嫌い」に振れて起きること。

女を磨く離婚道 #5 離婚は「大好き」が「嫌い」に振れて起きること。

離婚というお題を受けて考え込んでいた兎村彩野さん。「結婚とはとても好きになった人と家族になるコト。離婚とはとても好きだった人が嫌いな人になったので家族をやめるコト」。彼女が辿り着いたのは、これほどまでにシンプルな考えでした。


ぼくを変えた離婚 #1 号泣したあの日から学んだこと

ぼくを変えた離婚 #1 号泣したあの日から学んだこと

連載「女を磨く離婚道」の男性版がスタート。「離婚して良かったと思ったことはない。ただ、あの離婚の経験を経たからこそ、彼女は最後に自分を大人にしてくれたんだと思う」。第1回目では7年の交際を経て結婚したものの、1年で離婚に至った男性が痛みを感じながら、当時の経験を振り返ります。


最新の投稿


浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

浮気する男性の5つの特徴~女性関係がミルフィーユな男性の正体

パートナーにするなら、自分だけを大切にしてくれる男性! というのはすべての女性の願い。ただ残念ながら世の中には、浮気を繰り返す男性がいます。今回は浮気する男性の特徴を調査しました!


痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

痛くない、肌に栄養を与えるブラジリアンワックス脱毛でデリケートゾーンを美しく

ブラジリアンワックスは脱毛法のひとつとして、成熟した大人の女性にこそおすすめしたい施術です。とくにアンダーヘアをワックス脱毛するとメリットがいっぱい。世界的にワックス後進国だった日本で、2010年頃の黎明期からブラジリアンワックスブームを支えてきたワックスメーカー代表の著者が、ワックス脱毛についてお届けする連載です。


『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話あらすじ - 愛人関係成立まであと一歩!?

『フリンジマン』第3話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。デート先のレストランで妻と背中合わせになった田斉。気になる3話の展開は――。


10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

10年後のあなたの姿がわかる心理テスト

「未来はどうなるんだろう……?」と、未来の自分を空想したことはありませんか? 人には、それぞれ生き方がありますが、最終的には「”自分らしい幸せ”にたどり着きたい」という願いを持っているかと思います。あなたは10年後、どのような人生を送っているのでしょうか? 今回は、10年後の姿を心理テストで探っていきます。


鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o」湘南エリア2店目がオープン

鎌倉発のアロマ生チョコレート専門店「ca ca o大船ルミネウィング店」が11月9日に新規オープン。コロンビア産カカオによる“香りの高さ“、水分量の多さによる“口どけの良さ”、カカオ純度 100%による喉に残らない“爽やかな後味”にこだわった絶品チョコをお届けします。


おっぱい