人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。紫原 明子さんの女を磨く離婚道 #2

人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。紫原 明子さんの女を磨く離婚道 #2

自分の人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。「離婚は努力が足りない」という世間一般に平然と居座る考え方に屈しないという、紫原 明子さんの「離婚」に関する考え方をみていく。


■「離婚」に運んでくれるレールはない

身を置く環境を変えるって大変なことだ。

世の中にはいろんな人がいて、積極的な人もいれば、臆病な人もいる。それにも関わらず、たとえば進学とか就職とか、大半の人が、それなりに順当に環境の変化をこなしていけるのは、この歳になったらみんなこうするものっていう、何となくのレールが、あらかじめご丁寧に用意されているからだ。

ちょっと前まで「結婚適齢期」なんて言葉が当たり前に使われていたように、たとえ成人したとしても、今度はこれくらいの歳で結婚したほうがいいですよ、とレールは引き続き延びていた。最近でこそ、この言葉自体は死語になりつつあるけれど、代わりに台頭してきたのが「アラサー・未婚」。たった二つのキーワードで、多くの女性の焦燥感を自動的に駆り立てることができるわけで、レールそのものは何だかんだでしぶとく生き残っているのだ。

ところが、こと離婚となるとそうじゃない。みんなやっているし、うちもそろそろ……なんてわけにいかない。本当ならない方が良いものなわけで、結婚後、スムーズに離婚に運んでくれるレールなんてはじめから存在しないのだ。外からの後押しが何一つない中、自分でことを起こさなきゃいけない離婚は、当事者となる多くの人にとって、ただ座っていれば前に進めていってくれた電車から、意を決して飛び降りるに等しい行為なのだ。

■世の中は止めどなく努力を強いる

そんな大変な思いをしてまでなんで離婚するのかって言えば、当然ながら、そうするしかない、と思うほど結婚生活が辛くて仕方がないからだ。
いくら望んで結婚したって、時間が経てば人も状況も変わる。ダメになるときだってある。

社会には、全てのことは努力でどうにかなる、どうにかするべき、と考えているマゾ気質な人が少なくないので、離婚すると、夫婦関係の維持に努力が足りなかった残念な人、と思われたりもする。実を言うと私自身も、比較的恵まれた家庭環境で何不自由なく育ったので、夫婦の不仲とか、離婚とか、普通に生きていれば、自分の身に決して降りかからない、遠い世界の話のように思っていたのだ。ところが、そうじゃなかった。
普通に生きていても、どんなに努力しても、歯車がまるでかみ合わなくなるときがある。夫婦でい続ける限り、お互いが幸せになれないことだってあるのだ。

休日、幸せそうな家族で賑わうショッピングモールに行くと、世の中の、これだけ多くの人がこともなくこなせていることが、どうして自分にはできなかったんだろう、とたまにふと落ち込んでしまいそうになる。いくら離婚が自分にとって間違いなく必要な選択であったとしても、何だか自分が、努力の足りなかったダメ人間のように思えて、ううう、と胸にくるものがある。
そんなときはとりあえず一呼吸して、今、自分が手にしているものを改めて見つめ直すのだ。

■人生のシナリオは、自分で好きなように描ける

結婚して、誰かと家族を作って、何を欠くことなく穏やかに添い遂げる。
規定のレールからははみ出してしまったけれど、だからこそ好きなように生きる自由を手に入れたのだ。もう、誰かの心を繋ぎとめるための、不毛な駆け引きに消耗されなくていい。好きなことをして、好きな部屋に住んでいい。気が向けばまた恋愛したっていい。自分の人生のシナリオを、自分で好きなように描いていいのだ。

そもそも生身の人間が、リアルに動いている電車から飛び降りたら、下手したら死ぬし、幸い生きて着地できたとしても、今度はどのくらい離れているのか検討もつかない最寄り駅まで、てくてく歩かなきゃならない。大変だ。サバイバルだ。実際そんな風に満身創痍で離婚して、今、この生活を望んで手に入れたのだ。あの勇気を、努力を、誰が認めてくれなくても、せめて自分だけは忘れずにいてやろう。

あらかじめ敷かれたレールに無自覚に乗っかって、幸いにも脱線せずにいられた人が、自分の幸運を棚上げして他人に強いる「努力」なんて誰も幸せにしない。むしろ、遅まきにようやくそれを学ぶことのできた私が今、努力が報われないと嘆く人に「そんなこともあるよ、休憩しよう」と言ってあげられるようになったことにこそ、きっと大きな意味があるのだ。

この記事のライター

エッセイスト。1982年福岡県生。二児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。『家族無計画』『りこんのこども』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)など連載多...

関連する投稿


離婚といっても全6種類……理想は協議離婚で早期・簡単に解決

離婚といっても全6種類……理想は協議離婚で早期・簡単に解決

離婚には協議離婚、調停離婚、審判離婚、認諾離婚、和解離婚、判決離婚の全6種類あります。どの離婚スタイルを選ぶかは夫婦の状況や事情によって異なりますが、理想は早期・簡単に解決しやすい協議離婚。それぞれの離婚についてアディーレ法律事務所の弁護士が解説します。


肥大化した生活を手のひらサイズにする【紫原明子 連載 #13】

肥大化した生活を手のひらサイズにする【紫原明子 連載 #13】

生活のあれこれを簡略化すると、新しい時間が生まれ、生活に追われない仕組みを作れるはず。紫原明子さんが見直したのは、洗濯物と料理、化粧。どう工夫したのか綴ってもらいました。


子供がいないと離婚しやすい?子なし夫婦の「かすがい」を考える

子供がいないと離婚しやすい?子なし夫婦の「かすがい」を考える

離婚を選択する子なし夫婦を数多く見てきた。一方で「子はかすがい」という言葉があるように、子どもがいれば、夫婦の仲をつなぎとめてくれる――そんな風潮は根強い。では、子なし夫婦は何をかすがいにすればいいんだろう? 結婚6年目、子なし夫婦の筆者が考えます。


失敗して初めて自由になれる、そんな社会の窮屈さ【紫原明子 連載 #11】

失敗して初めて自由になれる、そんな社会の窮屈さ【紫原明子 連載 #11】

社会は私たちに旧来の価値観を押しつけ続ける。一度あたりまえのやり方に迎合し、派手に失敗したことを証明して初めて、社会は私たちを自由にする。でも、それって実はつらい。最初から誰もが他者の目を気にせず、各々の好きなように、生きられるようになればいいのに。 


不倫の先にあるのは、心の疲弊と慰謝料。その恋のリスクを再確認

不倫の先にあるのは、心の疲弊と慰謝料。その恋のリスクを再確認

妻子ある人と関係を持ってしまったり、愛する夫に裏切られたりと「不倫」は数多くの女性を悩ませる恋。もしも自分が不倫相手になってしまったら、相手の不倫に気づいたら……どういう結末が待っているのでしょうか。取るべき行動を、知識のひとつとして心に留めておくといいかもしれません。


最新の投稿


40代からの髪型〜大人のショート

40代からの髪型〜大人のショート

40代からの髪型・ヘアスタイルとして、ショートヘアを顔型別にご紹介。ショートレイヤーや前下がりショートなど、ショートスタイルもさまざまですが、顔の形や骨格に合ったショートがあります。大人だからこそ似合うショート。自分らしいショートと出会って、今よりもっと大人かわいい髪型・ヘアスタイルに。


評価より、信念のために行動しよう。それが女性の自由への近道。

評価より、信念のために行動しよう。それが女性の自由への近道。

経沢 香保子(つねざわ かほこ)さんの連載。「評価より、信念のために行動しよう」それが、2度めの起業で彼女がぶつかった問題から得た気づき。今回の記事では、一時的な評価ではなく「真の評価」を得ることの大切さについて語っていただきました。


職場での人間関係に悩みがあるなら、まずは自分が変わること。他人は変わらない

職場での人間関係に悩みがあるなら、まずは自分が変わること。他人は変わらない

「職場での人間関係に悩みがある」「職場での人間関係がうまくいかない」という相談は珍しくありません。毎日過ごす職場での人間関係がうまくいかないのは、大きなストレスですよね。でも、一言で「うまくいかない」と言っても、その状態や理由はいろいろ。あなたにとっての「うまくいっている」とはどういう状態ですか?


『東京タラレバ娘』第6話あらすじ – 結婚がゴールの女は幸せにはなれない!?

『東京タラレバ娘』第6話あらすじ – 結婚がゴールの女は幸せにはなれない!?

『東京タラレバ娘』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子など。素敵な彼氏ができて幸せ絶好調。このまま結婚までいけるかも? 期待大の6話の展開は――。


完全栄養パスタ「BASE PASTA」が販売開始に。料理店でも提供スタート

完全栄養パスタ「BASE PASTA」が販売開始に。料理店でも提供スタート

世界初の完全栄養パスタ「BASE PASTA」が2月22日(水)より販売開始に。同日よりイタリア郷土料理店「ペペロッソ」(東京・三軒茶屋)では、BASE PASTAを用いたメニューの提供をスタート。美味しくて栄養豊富なパスタを自宅でもお店でも。