人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。紫原 明子さんの女を磨く離婚道 #2

人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。紫原 明子さんの女を磨く離婚道 #2

自分の人生のシナリオは、自分で好きなように描ける。「離婚は努力が足りない」という世間一般に平然と居座る考え方に屈しないという、紫原 明子さんの「離婚」に関する考え方をみていく。


■「離婚」に運んでくれるレールはない

身を置く環境を変えるって大変なことだ。

世の中にはいろんな人がいて、積極的な人もいれば、臆病な人もいる。それにも関わらず、たとえば進学とか就職とか、大半の人が、それなりに順当に環境の変化をこなしていけるのは、この歳になったらみんなこうするものっていう、何となくのレールが、あらかじめご丁寧に用意されているからだ。

ちょっと前まで「結婚適齢期」なんて言葉が当たり前に使われていたように、たとえ成人したとしても、今度はこれくらいの歳で結婚したほうがいいですよ、とレールは引き続き延びていた。最近でこそ、この言葉自体は死語になりつつあるけれど、代わりに台頭してきたのが「アラサー・未婚」。たった二つのキーワードで、多くの女性の焦燥感を自動的に駆り立てることができるわけで、レールそのものは何だかんだでしぶとく生き残っているのだ。

ところが、こと離婚となるとそうじゃない。みんなやっているし、うちもそろそろ……なんてわけにいかない。本当ならない方が良いものなわけで、結婚後、スムーズに離婚に運んでくれるレールなんてはじめから存在しないのだ。外からの後押しが何一つない中、自分でことを起こさなきゃいけない離婚は、当事者となる多くの人にとって、ただ座っていれば前に進めていってくれた電車から、意を決して飛び降りるに等しい行為なのだ。

■世の中は止めどなく努力を強いる

そんな大変な思いをしてまでなんで離婚するのかって言えば、当然ながら、そうするしかない、と思うほど結婚生活が辛くて仕方がないからだ。
いくら望んで結婚したって、時間が経てば人も状況も変わる。ダメになるときだってある。

社会には、全てのことは努力でどうにかなる、どうにかするべき、と考えているマゾ気質な人が少なくないので、離婚すると、夫婦関係の維持に努力が足りなかった残念な人、と思われたりもする。実を言うと私自身も、比較的恵まれた家庭環境で何不自由なく育ったので、夫婦の不仲とか、離婚とか、普通に生きていれば、自分の身に決して降りかからない、遠い世界の話のように思っていたのだ。ところが、そうじゃなかった。
普通に生きていても、どんなに努力しても、歯車がまるでかみ合わなくなるときがある。夫婦でい続ける限り、お互いが幸せになれないことだってあるのだ。

休日、幸せそうな家族で賑わうショッピングモールに行くと、世の中の、これだけ多くの人がこともなくこなせていることが、どうして自分にはできなかったんだろう、とたまにふと落ち込んでしまいそうになる。いくら離婚が自分にとって間違いなく必要な選択であったとしても、何だか自分が、努力の足りなかったダメ人間のように思えて、ううう、と胸にくるものがある。
そんなときはとりあえず一呼吸して、今、自分が手にしているものを改めて見つめ直すのだ。

■人生のシナリオは、自分で好きなように描ける

結婚して、誰かと家族を作って、何を欠くことなく穏やかに添い遂げる。
規定のレールからははみ出してしまったけれど、だからこそ好きなように生きる自由を手に入れたのだ。もう、誰かの心を繋ぎとめるための、不毛な駆け引きに消耗されなくていい。好きなことをして、好きな部屋に住んでいい。気が向けばまた恋愛したっていい。自分の人生のシナリオを、自分で好きなように描いていいのだ。

そもそも生身の人間が、リアルに動いている電車から飛び降りたら、下手したら死ぬし、幸い生きて着地できたとしても、今度はどのくらい離れているのか検討もつかない最寄り駅まで、てくてく歩かなきゃならない。大変だ。サバイバルだ。実際そんな風に満身創痍で離婚して、今、この生活を望んで手に入れたのだ。あの勇気を、努力を、誰が認めてくれなくても、せめて自分だけは忘れずにいてやろう。

あらかじめ敷かれたレールに無自覚に乗っかって、幸いにも脱線せずにいられた人が、自分の幸運を棚上げして他人に強いる「努力」なんて誰も幸せにしない。むしろ、遅まきにようやくそれを学ぶことのできた私が今、努力が報われないと嘆く人に「そんなこともあるよ、休憩しよう」と言ってあげられるようになったことにこそ、きっと大きな意味があるのだ。

この記事のライター

エッセイスト。1982年福岡県生。二児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。『家族無計画』『りこんのこども』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)など連載多...

関連する投稿


「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

離婚後に考えなくてはならないのは、姓をどうするかという問題。離婚後に元夫の姓を名乗り続けるか、子どもの姓はどうするか……。離婚後の姓を考えるにあたり、複雑に感じられる方も多いかもしれません。今回、離婚後の姓について、アディーレ法律事務所の弁護士に聞いてみました。


セックスレスが離婚の原因になる3つの理由

セックスレスが離婚の原因になる3つの理由

セックスレスが原因で離婚、と聞くと「そんな理由で?」と思う女性もいるかもしれませんが、実際は多くの夫婦が抱えている悩みでもあります。セックスレスの状態が長く続くと、不倫に走るといった問題も出てきますし、結婚そのものを後悔してしまうこともあります。セックスレスが離婚の原因となる理由には、どんなものがあるのでしょうか?


セックスレスで離婚を考えている夫婦に知っておいてほしいこと

セックスレスで離婚を考えている夫婦に知っておいてほしいこと

性欲は人間の三大欲求の一つであるはずなのに、近年日本のセックスレス率は上昇するばかり。そして夫婦のセックスレスは、悪化すると離婚を招きかねません。今回は夫婦のセックスレスで離婚を考えている方に知っておいてほしいことをご紹介していきます。


離婚後も親子関係は続くから - 知ってほしい「面会交流」の話

離婚後も親子関係は続くから - 知ってほしい「面会交流」の話

離れて暮らす親と子供が会う「面会交流」は、別居・離婚直後から始まります。「夫婦関係が破綻しても親子関係は続くことを、別居・離婚前に知ってほしい」と訴える面会交流普及活動に取り組むしばはし聡子さんに話を聞きました。調停離婚成立後、一年は面会交流に消極的だったしばはしさんでしたが……。


男捨離はなぜ女の運命を底上げするのか?

男捨離はなぜ女の運命を底上げするのか?

部屋を片づけると運気が上がるとはよく言われますが、男捨離(男関係を整理整頓)も同様に運気を上げる、と感じている女性は少なくないよう。どこかわかるような気のせいなようなジンクスですが、実はこのジンクスは女性特有のものかもしれません。その理由を探っていくと、女の恋愛に対する意外な価値観が見えてきました。


最新の投稿


伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

伊勢参りに行くなら、服装を「正装」にするのもおすすめ

2016年に初めて伊勢参りをしてきました。服装は「正装」です。ジャケットに黒のワンピース、パンプスでお参りしたときの気持ちを振り返りつつ、鳥羽と合わせて巡った伊勢参りの旅レポ、そして、赤福の喫茶併設店舗で、夏季限定でいただける「赤福氷」の思い出もお届けします。


ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

ボタニカルネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

現在流行中の「ボタニカル柄」をネイルに落とし込んだボタニカルネイル。マニキュアを使って、トレンド感あふれるボタニカルネイルに仕上げるやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。


「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

「離婚後の姓」どうするか問題。弁護士に聞いてみた

離婚後に考えなくてはならないのは、姓をどうするかという問題。離婚後に元夫の姓を名乗り続けるか、子どもの姓はどうするか……。離婚後の姓を考えるにあたり、複雑に感じられる方も多いかもしれません。今回、離婚後の姓について、アディーレ法律事務所の弁護士に聞いてみました。


H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mのノースリーブブラウスは超優秀インナー。4つのコーデで証明します

H&Mで1990円で買ったノースリーブブラウスは、何通りにも着回せる超優秀なインナーでした。新しいアイテムを招き入れるか悩んだときは、「3パターン以上のコーデが考えられるもの」を基準に選んでくださいね。


木村瞳さんがきれいのために夜していること

木村瞳さんがきれいのために夜していること

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?