終わりを知っているふたりの暖かな二度目の結婚

終わりを知っているふたりの暖かな二度目の結婚

はじめまして、エッセイストの紫原明子と申します。結婚や離婚、シングルマザーをテーマにしたコラムをお届けします。 先日テレビを見ていたら、爆笑問題の田中裕二氏と再婚した山口もえさんが出ていた。田中氏にも離婚歴があり、ふたりは共に、二度目の結婚とのこと。


はじめまして、エッセイストの紫原明子と申します。結婚や離婚、シングルマザーをテーマにしたコラムをお届けします。



 

先日テレビを見ていたら、爆笑問題の田中裕二氏と再婚した山口もえさんが出ていた。田中氏にも離婚歴があり、ふたりは共に、二度目の結婚とのこと。

山口さんが語るところによると、田中さんは「子供のことを一番に考えるもえちゃんが好きです」と言って交際を申し込んだのだという。そんな田中氏、無事結婚を果たしてからも、しばしば彼女に「僕のどこが好きになったの?」と尋ねるそうだ。彼女が「どこかなあ……」と考えていると「そうか、君は変わってる子だから僕のことを好きになったのか」と独自に結論付けているのだという。「彼は、普通の子が自分のことを好きになるはずがないと思ってるみたいなんです」と山口さんは言う。

このエピソード、他人事ながら、何だかとてもぐっときてしまったのだ。何を隠そう私にも離婚歴があり、現在はふたりの子を育てるシングルマザーである。離婚という選択は、その時点で最悪の状況を脱するための前向きな解決策である、と頭では理解していても、やっぱりふとしたときに、結婚を続けられなかったことを負い目に感じてしまう。疲れていたり、弱っていたりすると、私のこういうところがダメだったのかなと欠点を拾い上げては沈み込んでしまうし、いや、むしろこういうネガティブな思考に偏っちゃうところがよくないのかも、なんて、悪いスパイラルに陥ることだってある。一度心に落ちた影って、なかなか消えてくれないものだ。

だから、「自分のどこを好きになったの?」と結婚してもなお、しつこく山口さんに尋ねるという田中氏の気持ちに、痛いほど共感してしまったのだった。輪をかけて、彼には身長が低いという身体的特徴があり、お仕事上それが有効に働いたとしても、プライベートの恋愛ではそうはいかないことも少なからずあったのだろう。だからこそ、山口さんのように綺麗な人がどうして自分を、と、疑問に思ってしまうのかもしれない。

一方の山口さんは、メディアの報道によれば、一度目の結婚で色々と辛い思いをされたそうだ。DVや夫の逮捕の果てに、ふたりの子供を抱えて離婚。そんな彼女が、子供のことを第一に考えるあなたが好き、と思いを打ち明けた田中氏を選んだ気持ちも、やっぱりとてもよくわかる。母であり、かつ元夫とのゴタゴタで世間の冷たい視線を嫌という程浴びてきた彼女には、今更、自分をより華やかに彩るアクセサリーのような相手なんて、微塵も必要ないのだ。なぜなら誠実さ、寛容さといった内面性こそ、何にも勝る価値を持っているということを、身をもって知っているから。

これから結婚しようというほとんどの人は、当然その結婚が最初で最後だと思っている。目の前にいるこの人と、死ぬまで良好な関係を築いていけるものだと信じている。けれど、実際には人の価値観なんて日々どんどん変化していくものだし、そうでなければ死んだように生きていくより他ないし、お互いに懸命に生きているうちに、いつしかすれ違って、どんなに努力しても、どうしてもうまくいかなくなるときがある。終わりを決めるときは苦しく、決めてからも、やっぱり結構あとを引く。だけど、幸いなことに離婚したって私たちの時間は止まらずに流れ続けているわけで、あるとき思いがけずまた、新しい出会いが、ひょんなことから目の前に降ってくることだってある。

一度深く傷ついた人が、勇気を持って再び、誰かと深い信頼関係を結んでみようと決意したとき、過去の体験は全て価値ある糧となって、自分をより強く、賢明にしてくれる。一つの物語を最後まで見届けた者にこそ紡ぐことのできる新しい物語は、きっとより優しく、より暖かい。

この記事のライター

エッセイスト。1982年福岡県生。二児を育てるシングルマザー。個人ブログ『手の中で膨らむ』が話題となり執筆活動を本格化。『家族無計画』『りこんのこども』(cakes)、『世界は一人の女を受け止められる』(SOLO)など連載多...

関連する投稿


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

結婚して一緒に住むということは、生活のあらゆる面を共有するということでもあります。「金銭感覚の違い」は放置しておくと結婚生活に大きなストレスをもたらすことも。プレマリッジ・セミナーでは、まずお金についての話をするときにまず知っておきたい「マネー・パーソナリティ」を紹介しています。


夫の気持ちが離れていく要因は5つ。解決策は?

夫の気持ちが離れていく要因は5つ。解決策は?

新刊『夫を夢中にさせる“いい妻(オンナ)”の愛されルール』をご紹介します。著者の岡田真弓さんは探偵事務所の女性社長というキャリアを通じて、膨大な数の夫婦問題に対応してきました。自らも離婚経験者で、夫から愛されないと嘆く女性たちに救いの手を差し伸べたいという思いで、本書を執筆。寄り添うように書かれたアドバイスが特徴です。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


最新の投稿


JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

JUMII TOKYO代表・前島ゆみさんがきれいのために夜していること

オトナのための爪に優しいネイルポリッシュブランド「JUMII TOKYO(ジュミートウキョウ)」代表で、ビューティプロダクトプランナーの前島ゆみさん。きれいのために夜していることは何ですか?


コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを「メイクラブの小道具」に

コンドームを着けない男性に対し、「着けて」と言えない女性は少なくない。厳しい言い方かもしれないが、性病や妊娠を望まない相手とのセックスにおいてコンドームを着用しないのは、「自分の体を大事にしない」行為でもある。考え方を変えて、コンドームをセックスを楽しむ小道具にしてみてはどうか。作家の島田佳奈さんによる提案だ。


女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH」のポップアップストア

女性向けデリケートゾーン専用ソープ「iroha INTIMATE WASH(イロハ インティメート ウォッシュ)」のポップアップストアが8月15日~8月31日の間、新宿マルイアネックス館1階にてオープンします。天然精油の香りが配合された、iroha INTIMATE WASHの泡立ちやテクスチャを試せるコーナーも。


恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

恋愛におけるLINEのやりとり、年上彼氏・年下彼氏・同級生彼氏の違い

会えないときにふたりの気持ちをつなぎ、高めるLINE。現代の恋愛に欠かせないコミュニケーションツールとなったLINEは、相手の顔が見えない非対面コミュニケーションがゆえに、対面コミュニケーション以上に相手への気遣いが必要です。恋愛におけるLINEでは、彼がほしい言葉を察して送り、恋心を盛り上げていくことが大切。


シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

シリコンバレー式プログラミングブートキャンプでキャリアチェンジ

プログラミングといえば男性の職業。そんなイメージがあるかもしれませんが、2017年の7月に日本で初めて開催されたシリコンバレー式のプログラミングスクール「コードクリサリス」の講師・受講生の半分は女性。ミッションのひとつに「女性のエンジニアを増やす」「業界を動かす先駆者になる」と掲げる彼らの思いとは。