「家族」は「大切」にしなければならないのか。

「家族」は「大切」にしなければならないのか。

多くの人は「家族は大切にしなければならない」と教えられてきたのではないだろうか。しかし、必ずしもその教えを守らなければならない、というわけではない。家族はときに、敵になることだってある。


小さいころから「家族は大切にしなさい」と誰からともなく言われてきた。

当たり前のことだから、異を唱えると白い目で見られる。

家族はかけがえのない存在で、慈しまなければならない、困っていたら助けなければならない。両親は大切にしよう、育ててくれた恩は返さなければならない。

果たして本当にそうなのだろうか。

■「家族は大事」の刷り込みが人を不幸にすることだってある

家族が大好きだ、という人はその気持ちのままに動けばいい。大切にすればいい。それはとても素晴らしい感情で、幸せなことだと思う。

しかし、わかってほしいのが、すべての人が家族が好きだというわけではないということだ。

自分の子どもが大切で仕方がない、という父親、母親だけではない。

孫がかわいい、と祖父母が必ずしも思っているわけではない。

子が両親を尊敬しているとも限らない。

「昔は反抗してばかりだったけど、大人になって親には改めて感謝しているよ」という人ばかりではない。大人になって、親の不甲斐なさ、間違いに気付くことだってある。

世の中には本気で子が憎いという人もいるし、両親と二度と会いたくない、と思っている人もいる。両親は初めて会う他人だ。親の影響があるにせよ、今存在する「自分」は別人格だ。

■家族に会わなければならない、は間違い。

正月やお盆の時期になると、実家に帰るという人は多い。

しかし、それが気が重いという人も多いのではないだろうか。貴重な時間、会いたくなければ会いに行かなくていい、と思う。血がつながっている家族が自分の味方とは限らない。

あなたが持っているコンプレックスはどこで生まれたものだろうか。

家族の心ない一言や、無意識の行動によって生まれたという人もいるのではないだろうか。

そうなのだとしたら、無理に会いに行く必要はない。
あなたの両親に会いたいと思っている人は他にいるかもしれない。いなければ、それは自業自得だ。周りから人がいなくなるのは本人たちの責任だ。かわいそうだから、と同情して会いに行けば、自分が傷つくだけだ。

■「家族」は血がつながっている人だけではない。

”血のつながり”というのは厄介で、同じ両親から生まれた兄弟ならばどうにかしてあげなければ、と思う。自分を産んでくれた両親には尽くさなければならない、と思ってしまう。

しかし、自分の存在をないがしろにする人は家族ではない。

私の父は子どもに暴力を振るう人だった。
その暴力に愛があったわけではない。自分の思い通りにならないから、自分が思ったような子が生まれてこなかったから、貶めるようなあだ名をつけて、自分がつけた名前を呼ぶこともなかった。そんな人を家族だからと大切にできるだろうか。


血のつながりがあるからと言って家族ではない。
血がつながっていなかったとしても、あなたのことを大事にし、守ってくれる人。そして、あなた自身も守りたいと思える人。それが家族だ。自分を傷つける人のこと、家族であったとしても、切り捨てればいい。自分の心を守れるのは自分だけだ。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


人間関係

関連する投稿


不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

不倫関係でイライラ。思い通りにならない、から生まれる怒りはどうすれば?【大人の上手な怒り術#5】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第5回では、不倫関係におけるイライラを解消する方法について解説してもらいます。


「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

「なぜ?」で詰めるのはアウト。部下や後輩の上手な叱り方とは【大人の上手な怒り術#4】

怒りと上手く付き合うための心理トレーニング「アンガーマネジメント」。一般社団法人日本アンガーマネジメント協会理事・戸田久実さんがお届けする連載【大人の上手な怒り術】第4回では、職場でパワハラにならない上手な叱り方について解説してもらいます。


僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

僕が携帯電話を持たない理由【林伸次】

大人になると友達を作るのが難しい……。そんな悩みを抱える人は少なくないようです。そもそも友達とは何なのか? 友達を作りたいとき、どう作るのか? 『DRESS』でお届けする1月特集は「トモダチってナニ?」。渋谷でbar bossaを経営する林伸次さんに「友達と孤独」をテーマに寄稿いただきました。


男心をくすぐる女性にはどんな魅力がある?

男心をくすぐる女性にはどんな魅力がある?

男性から人気のある女性は、外見が優れているというわけではありません。女性から見ると平凡だけど、男性が魅了されるようなタイプの女性は存在します。実は、周囲に男性の輪ができる女性には「男心をくすぐるのが上手」という共通点もあるのです。今回は、男心をくすぐるのが上手な女性の魅力についてお話します。


男心のつかみ方! モテるあの子から教わった男性を魅了する方法

男心のつかみ方! モテるあの子から教わった男性を魅了する方法

男心のつかみ方がわかれば、好きな人を振り向かせることが可能です。ですが、そもそも男心とはなんなのか。一体どのようにすれば男心をつかむことができるのか……。今回は、私が知る超モテ女な友人が、実際使っていた男心のつかみ方を紹介! 彼女の口から語られた「男心をつかむために必要なこと」についてお話します。


最新の投稿


マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としが主役のレシピで、ダイエット中もお腹満足

マグロの切り落としを使った満足感のあるレシピを3品ご紹介。マグロはお寿司屋さんで食べられるだけでなく、スーパーでも気軽に手に入る魚のひとつです。今回は最も入手しやすいマグロの切り落としが主役。それだけでも美味しく食べられますが、一手前加えてアレンジしてみてはいかがでしょうか。


2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

2018年トレンドカラー「ピンク」で作るハンサムネイル【マニキュアでセルフネイル】

今春、絶対に外せないトレンドカラーのひとつは「ピンク」。定番ネイルカラーであるだけに、普通に使ってしまうと、いつもと代わり映えしないネイルになってしまいます。そんなピンクネイルを今年らしく仕上げてみませんか。甘すぎないハンサムネイルのやり方を詳しくご紹介します。


ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

ふっくら丸いおでこを手に入れて、横顔美人度を上げてみる

目を大きく見開くと、おでこの横ジワがくっきり現れたり、怒っているわけではないのに眉間のシワが気になったり。それは骨格の癖、筋肉の緊張・衰えのせいかもしれません。おでこがゴツゴツすると、目が疲れやすくなる、瞼が重たくなる、顔の印象までも悪くなるなど、いいことなし。ふっくら丸いおでこを手に入れるメリットをご紹介します。


大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

大人に「観光+ちょこっと英語留学」のススメ

13カ国以上の留学経験をもつ「留学ジャーナリスト」の著者が、語学留学のメリットや国ごとの特徴を徹底解説した『世界13カ国 英語留学ガイド』では、現地に行かないと絶対にわからない「生の情報」を紹介しています。「旅行だけじゃ物足りない」と感じている大人に「観光+ちょこっと英語留学」をご提案。


平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

平岡祐太さんとのハワイデートにときめいちゃう。没入感たっぷりの360°動画

「キリン 午後の紅茶 アサイ-ヨーグルティー」×「ポッキー<バナナブラン>」がALOHAなコラボ! 俳優・平岡祐太さんとのハワイデートを疑似体験してみませんか。没入感あふれる360°ムービーで、思わず照れてしまう全8種の期間限定胸キュンストーリーを楽しんで。