1. DRESS [ドレス]トップ
  2. カルチャー/エンタメ
  3. 昭和生まれが「懐かしい」と感じる映画11選

昭和生まれが「懐かしい」と感じる映画11選

Share

今よりもっと、映画を観る機会が貴重だった昭和時代。映画を観て泣いたり笑ったり、心を大きく揺さぶられたりして影響を受けたものです。今回は、昭和生まれが「懐かしい」と感じる映画をピックアップします。

昭和生まれが「懐かしい」と感じる映画11選

■『セーラー服と機関銃』(1981年)

薬師丸ひろ子さんと主題歌が大好きでした。

ただし、「カイ……カン」というセリフ以外、内容をほとんど覚えていない。

■『転校生』(1982年)

尾美としのりさん、小林聡美さんのコンビが初々しい。

今でもたまに観たくなります。

この映画のあと、尾道の学校に転校したいと父親にせがんだけれど、実現しなかった(笑)。

■『E.T.』(1982年)

地球外生命体をテーマにしたスピルバーグのSF大作。

月をバックにして子どもたちの自転車が空を飛ぶシーンに驚愕したものでした。

大人になる前に、ぜひE.T.に会いたいと思って早30年余。

純粋さをなくしてしまいました。

■『南極物語』(1983年)

南極観測隊が南極に置き去りにしてきたそり犬と1年後に現地で再会する――そんな実話を元にした大作映画。

当時、文部省特選作品となったこともあって、PTAや教育委員会が映画館のないようなところでも積極的に上映され、大ヒットしました。

■『ネバーエンディング・ストーリー』(1985年)

ファンタジー映画の金字塔。

リマールの主題歌も好きでした。

今となっては、はてしなく昔の映画になってしまったが、ファンタージェンをずっと探しているわたし。

■『スタンド・バイ・ミー』(1986年)

当時は、あのリバー・フェニックスが“ピチピチ”のアイドルでした。

スティーヴン・キング原作では一番好きな映画です。

男の子に生まれたかったと思った、最初で最後の日。

■『トップガン』(1986年)

アメリカの戦闘機パイロットの青春群像劇。

わたしの中で、トム・クルーズといえば、これ。

いよいよ来年、続編公開!

生きててよかった!

■『ゴースト/ニューヨークの幻』(1990年)

デミ・ムーアの可愛さったらない。

映画を観て、勢いでショートにして大失敗。

苦い思い出。

■一連の『クレヨンしんちゃん』もの(1993年〜)

子どもも大人も楽しめる一級品揃い。

全部欠かさず観ています。

おすすめ!

■『もののけ姫』(1997年)

ジブリは全部いいけれど、年代的にはこれかな。

■『タイタニック』(1997年)

誰がなんと言おうと、やっぱり好き。

ふたりとも乗れたはず……と思えてならない。

昭和生まれが「懐かしい」と感じるドラマ8選

昭和生まれが「懐かしい」と感じる少女漫画8選

Share

DRESS編集部

いろいろな顔を持つ女性たちへ。人の多面性を大切にするウェブメディア「DRESS」公式アカウントです。インタビューや対談を配信。

関連するキーワード

関連記事

Latest Article