1. DRESS [ドレス]トップ
  2. 恋愛/結婚/離婚
  3. 浮気を繰り返す彼氏と別れられない本当の理由

浮気を繰り返す彼氏と別れられない本当の理由

Share

お付き合いしていれば、彼氏の浮気なんて許せないのが当たり前ですよね。一度はなんとか「過去」にできても、浮気が続けば交際を考え直す女性が多いのではないでしょうか。ある女性は、浮気を繰り返されても別れることができず、自分を苦しめる道を選択してしまいました。彼女が別れられなかった理由とは何だったのか、お話しします。

浮気を繰り返す彼氏と別れられない本当の理由

■浮気ばかりの彼氏だけど、別れられない

「今の彼氏は、今年で40歳になるバツイチの男性です。

人数合わせで呼ばれた合コンで知り合い、意気投合して仲良くなってからお付き合いまでは、早かったと思います。

彼の仕事は公務員ですが、高い車に持ち家といわゆる『勝ち組』のようなタイプで、今までの女性関係も派手だったことは何となく気づいていました。

私もバツイチですが、離婚でメンタルをやられてから正社員の仕事がなかなか続かず、今はパートの仕事をしながら両親の住む実家で暮らしています。

正直、彼とは釣り合わないなと思うときが多いのですが、優しくて女性の扱いが上手い彼と過ごすのは楽しく、デートは彼が全部お金を出してくれて負担が少ないので、誘われればつい会ってしまいます。

彼とはもう3年の付き合いになるのですが、交際を決めたのは彼のほうで、『もう彼女でいいよね?』と確認されたときは本当に幸せでした。

でも、いざ交際が始まってみるとやはり気になるのが彼の女性関係で、一緒にいるときも頻繁にスマホの通知音が鳴り、私に隠れて電話する姿を何度も目撃し、我慢できずに『浮気しているなら別れてほしい』とお願いしたことがあります。

彼の返事は『浮気じゃないよ。俺にはお前だけだから』というもので、そのときは安心したものの、やはりこそこそと連絡を取り合っている様子やデートのドタキャンが続くと不安になる自分がいます。別れを切り出しては彼になだめられることの繰り返しでした。

周りの友人からは、『あの人○○さんにも手を出してるじゃん』とか『浮気で有名な人だからやめときなよ』とか言われ、私自身ももう彼が浮気しているのをわかってはいても、どうしても別れることができません。

浮気は悲しいし、やめてほしいけど、好きでいてくれるなら今のままでもいい。

こう思う私は間違っているのでしょうか?」(35歳/販売)


浮気されていることがわかっているのに、別れられない理由って何なのでしょうか。

彼がエリートだから? 
浮気されてもひとりぼっちよりマシだから?
「いつか自分だけを愛してくれる」と思えるから?

それらはすべて自分の都合であり、彼の本心はまったくわかりません。

最悪の場合、実は自分が浮気相手であって本命の女性が別にいた、なんてこともありえます。

そんな可能性もある不安定なお付き合いをやめられないのは、彼を信じているのではなく、ただ「責任をとってほしい」と思っているからです。

■「自分が本命」と思える理由

彼女の話を聞いていると、「浮気相手はいるんだけど、自分を最優先にしてくれる」ことがお付き合いを続ける勇気を与えていました。

「休みの日はほとんど誘ってくれるし、お泊りはないけど夜までずっと一緒なの。平日は残業で会えない日が多いけどね、いつも寝る前にLINEしてくれて」

「私の誕生日のときもいきなり『家族が病気になって』ってドタキャンされたんだけどね、夜中に連絡をくれて。次の日に有給を取ってくれて嬉しかった」

これらの言葉には違和感を覚えます。「最優先」としての扱いではない、と思うからです。

休みの日はいつも一緒にいるけど、「泊まってもいい?」と尋ねると「ひとりじゃないと眠れなくて」と断られる。

約束をドタキャンしたぶんの埋め合わせはしてくれるけど、誕生日やクリスマスなどのイベントでは一緒にいられないことが多い。

第三者が聞けば、ほかの女性の存在を疑ってもおかしくない態度ですが、彼女にとっては「忘れられていない」ことが最優先だと思う理由です。

「だって、私が本命だから、浮気していても近くに置くんでしょ? 連絡をくれるってそういうことじゃないの?」

彼女はこう言いますが、それも彼女から見た「希望」でしかありません。

本当に彼女が本命なら、「ひとりじゃないと眠れない」のが真実であっても、離れたくない気持ちが前に出てなんとか一緒に過ごそうとするのではないでしょうか。

誕生日やイベントなども、次の日に有給を取ってごまかすのではなく、まずふたりで過ごすことに力を入れてくれるのが誠実な男性ではないでしょうか。

「自分が本命」でありたいと願う気持ちは、置かれている状況を客観的に見ることから遠ざけます。

それは、「浮気されている」=「大事にされていない自分」という事実から目をそらすことです。

考えたくない、苦しみたくないと思うから、事実を都合よく受け止めてしまう。

それでも、自分だけを愛してもらえないつらさは、彼女の中からは決して消えません。

■「私のつらさは報われるべき」という勘違い

彼女がこうやって「自分が本命」と思い込むまでには、たくさんの苦しみがありました。

約束を楽しみにしていたのに、急にドタキャンされても「仕事だから仕方ないだろ」と言われたら黙るしかない。

でも、その日の彼は部署に新たに入った女性社員を連れて飲みに行っていて、それを見た知人から知らされて彼を責めたら「これも仕事なんだよ。お前にはわからないよ」と返されてそれ以上追求できない。

その女性との関係は、彼の車にわざとらしく置かれた名刺入れから、深いつながりであることがわかりました。

こんなことの繰り返しで、でも彼を責めれば最後は「じゃあもう別れようか?」と不機嫌になるのが悲しく、結局いつも彼女が引いて終わります。

友人たちからは「やめたほうがいい」「自分を大事にして」と言われ、いつしか相談するのも気が引けるようになりました。

そんなつらさが続く中で、彼女の心に生まれた「別れない理由」が「彼は責任をとるべき」というものでした。

・別れたら、私の苦しみが無駄になる
・私には何の非もないんだから、別れるべきではない
・彼は私との付き合いに責任をとるべきだ


それはもはや強迫観念のようなものであり、そう思い込まないと彼女は救われません。

「私のつらさは報われるべきだ」と思うことで、交際を続ける自分を許しているのですね。

ですが、別れないことを選んだのが彼女自身である限り、それは言い訳です。

浮気を繰り返す彼と別れられないのは彼女の問題であり、彼の責任ではありません。

彼がほかの女性に手を出すのは彼の選択であり、彼から「お前が彼女」と言われているため、それを責める立場にはありますが、「別れなくてもいい」ことにはなりません。

もちろん、彼は彼女に嘘をついているのでその責任をとる必要はありますが、それは彼女を本命にすること一択ではなく、別れて関係を解消することも選択肢にあるのです。

「報われるべき」は彼女だけの都合。

それより、彼女が知るべきなのは「そんな扱いを自分に許してしまうことの不幸」です。

■自分を愛せないと他人からも愛されない

浮気されても別れられない自分に対して、「それでも彼に愛されているならいい」と諦めてしまう女性は多いですが、そんな恋愛が本当に幸せなのでしょうか。

浮気される事実を放置するのは、自分を愛していないのと同じです。

自分を蔑ろにしていながら、愛されることを望んでも無理。

愛されていれば何でもいいわけではなく、自分を愛せない交際はまず不幸な結末しか迎えないでしょう。

彼女の場合、いつ彼が「ほかに好きな人ができたから」と言って捨てられるかわかりません。

そのときに「責任をとってよ!」と叫んでも、それが別れることであったら、彼女は文句を言えないのです。

恋愛の「責任」は、いつだって自分にあります。

浮気を許すことは、自分を不幸にする選択。

自分を愛せないと他人からも愛されないのだと、彼女が目を覚ましたとき、正しい道を選べるのではないでしょうか。

「彼を変えたい」と思うなら、まず自分が変わること

https://p-dress.jp/articles/7258

付き合っている男性がいるけど、上手くいかない。彼はいい人なんだけど不器用で、愛情表現も下手。だから私が何とか変えてあげたい。こんな女性もいるでしょう。ですが、変えたいと思って変わるほど、人は単純ではありません。人は鏡。自分が変わることで相手も同じように変化することについて、お話しします。

遊び目的で女性を誘う男性の特徴って?

https://p-dress.jp/articles/6443

異動の発表もあり、職場が慌ただしくなる季節。男性の中には「どうせ離れるなら遊んでおこうかな」と下心を持って女性に近づく人もいます。憧れていた人に誘われても、喜ぶのはちょっと待って。その誘い方やLINE・メール、本当にあなたのことを考えていますか? 気をつけたい男性の特徴についてご紹介します。

Share

ひろた かおり

37歳で出産、夫と子どもの三人暮らし。何歳になっても恋愛ネタ大好物。恋愛相談家としてこれまで多くの男女から話を聞いてきた経験を活かし、復縁についてのアドバイスや不倫などさまざまな「愛のカタチ」について書いていきます。 人生...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article