「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる【生き方は多様化してきたけど、やっぱりひとりは寂しい?】

文筆家の小野美由紀さん、フランスで活躍しているラブジャーナリストの中村綾花さんが「女性がひとりで生きていく」をテーマに対談をスタート。最終回では「ひとりで生きていくためには」を中心に話していきます。


■ココ・シャネルが持っていた”静の雰囲気”

DRESS編集部:「孤独」の見え方は、年を重ねるごとに変わってきているものですか?

中村綾花さん(以下、中村):年を重ねるごとに、経験と、行動範囲と、関わる人がどんどん変わってきたことで着実に「孤独」の見え方は変わってきましたね。

自分の視点の位置が変わったり、増えたからなのかな。
日本に住んでいたときに感じていた「孤独」を外から俯瞰して見ることができるようになりました。それから、フランスの中で感じるフランス人独特の「孤独」を、日本人の視点から観察したり、私自身が体感することもできています。

ここ数年でとくにわかってきたのは、日本とフランスでは「孤独」のとらえ方が全然違う、ということでした。そのきっかけとなったのが、シャネルという女性です。

小野美由紀さん(以下、小野):あのココ・シャネルですか?

中村:そうです。世界の女性たちから圧倒的な人気を誇るブランドを作り上げたシャネルについて取材をして本を書いた日本人のジャーナリストさんがいるんですけど。その方がパリで開催した講演に行ったり、出版された本を読んだことがきっかけです。

小野:シャネルってどんな人物なんですか?

中村:貧しい家庭で育って、幼少期から修道院に預けられ、もともと温かい家庭というようなものを体験して育っていない生い立ちがあるんですよ。その後、洋裁学校に通って手に職をつけて、シャネルの発端となる帽子屋をオープンするようになるわけです。
「シャネル」が大きなブランドに育って行くまで、絶えず大物の男性たちとさまざまな恋愛遍歴を経るわけですが、一度も結婚はせず、経済的にも独立した女性として最後まで独身を貫いた方でした。


ただ、シャネルって知れば知るほど性格に動きがなくて、キャラクターが見えてこない人物なんです。それで、そのジャーナリストさんにお会いしたとき「シャネルという女性の具体的な魅力が見えてこない。それなのに、どうして、恋人が切れないんですか?」と、質問したんです。

そしたら「彼女はずーっと孤独のオーラがあった。人がその”静の雰囲気”に惹かれるってことって、あるじゃない?」と。そのときに初めて「孤独」が女性の魅力になると知ったんです。

DRESS編集部:孤独を女性の魅力にすることができる人ってどんな方なんでしょう?

中村:ひとりでいることに慣れていて、静かに考えて、自分に向かい合えるというか。自分を研ぎすましている感じがします。やっぱりここでも、自分の軸を持っている人。誰の真似でもない「自分」というものを。

DRESS編集部:前回の対談でも挙がったテーマですね。

フランスから見た日本の不倫と婚活~中村綾花×小野美由紀【DRESS対談】

https://p-dress.jp/articles/4825

ラブジャーナリスト・中村綾花さんと文筆家・小野美由紀さんが『DRESS』を舞台に対談ををスタート。今だから気になる日本の恋愛についていろんなお話をお伺いしました。3回に渡る本対談。第1回のテーマは「フランスから見た日本の不倫と婚活」です。

小野:自分の孤独を受け入れているからこそ、周囲にはそれが魅力的に映るってことですね。たしかに、人といつも一緒にいるけど弱くて依存的な人より、自分の孤独を受け入れていて強い人の方が私も魅力を感じます。

中村さんはフランス暮らす先達たちの「みんな人は孤独だよ」という教えと、ココ・シャネルの生き方から”孤独は悪いものではない”と気づかれたんですね。

中村:そうですね。あと、フランス人を見ていると、生まれてから死ぬときまで、人は「孤独」というか「個独」だという感じがすることにも気がつきました。集団じゃなくて、結局「個」。

小野:みんな一緒じゃないのが当たり前だから、その分、個としての独立性を受け入れているんでしょうか。

中村:だから、フランス人の「孤独」に対する態度も「孤独は当然じゃん」みたいに向かい合っている人が少なくない。一方で日本人は、怖くて「孤独」から逃げ回ってる感じがするな。

小野:先日起きた「座間9遺体事件(※1)」の件でとくに驚いたのは、自殺願望があって容疑者とコンタクトを取った人々は「ひとりで死ぬことを選ばなかった」ということ。

死にたいと望んでいる人でも、ひとりで死ぬのは怖いと思った。すごく不思議です。本当は死なずに済むために、死にたいという気持ちをわかち合う相手が欲しかったのか。それとも、誰かと一緒なら死ぬのも怖くないと思ったのか。亡くなった方の気持ちはわからないのですが……。

中村:これね、まさに私もこの事件を知ったとき、一番ショックに感じたことでした。ただ、私は小野さんと感じ方は違って「あー、やっぱり人間って死ぬときですら、ひとりで死にたくない。『誰かと一緒に』って、寂しくなっちゃうものなんだなぁ」という、納得感だったんです。

やっぱり人間って、ひとりが寂しいと感じる生き物なんだなぁ、と。だんだん、私と小野さんの「孤独」の捉え方の違いがはっきりと見えてきましたね。


※1:神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件

■孤独を受け入れるには、協力できる家族以外の存在が必要

小野:孤独って「精神的な孤独の問題」と困った時に誰も頼れない、みたいな「物理的な孤独」というふたつの側面がありますよね。

フランスは社会保障も整備されているし、個人主義だから孤独は悪いものではないという下地がある。けれど日本だと、孤独を悪いものとする精神的な風土の上に、さらに社会保障がヨーロッパに比べて薄いという問題がありますね。

中村:社会がまかなえない分、家族でカバーしろ、みたいなとこまできちゃったのかな? でもその家族ですら崩壊してきちゃってると。

小野:これまでの価値観だと、家族だけが頼れるもので「介護も、看病も、育児も、すべて家族の中でうまくやってね! だから家族大事!」という教えが強い。だからこそ「家族がいないと何かの危機があった時に即不幸!」みたいになってしまう。それって自分たちで自分たちの首を絞めてるよね。


この前、社会学者の熊谷慎一郎先生と対談したんですが、先生は脳性麻痺で小さいころからずっと介護生活だったんです。障害を持った子どもの場合、介護者って基本的に親で、かつ、1対1の関係がデフォルト。しかしそういった閉鎖的な関係は、常にどちらかが支配されやすい構造になっている。だから介護者がストレスを抱えたときに、それを被介護者にぶつけがちになる。

けれど、「医者になるためにひとり暮らしを始めて、20人くらいの介助者と常時ゆるくつながっているようにしたら、支配とか暴力の怖さから抜け出せた」と仰っていました。

中村:ベビーシッターや介護なんかのように、外部のサービスに頼るスタイルはまさに、フランス式ですね。

小野:家族同士の頼り合いは「共依存」になりやすい。だけど、他人同士で協力しあう関係、すなわち依存まで行かない「プチ依存」関係をたくさん構築できたら、苦しさとか、暴力の危険性から逃れられる、と。

中村:負担は分担して、ひとりで抱えこまない。他人に頼る。辛さもシェアする関係を家族以外に持つ、というのが理想ということかぁ。

小野:家族の外からの支え、家族の外に協力できる関係を作らないと、いざというときに支配と被支配の関係性が生まれやすい。
この熊谷先生のお話のように、物理的な孤独による危機を脱するためには、配偶者ひとりに頼り切ることを想定せず、常に多くの人間にちょっとずつ頼れる形態のコミュニケーションモデルを築いていくほうがいいのかなと思います。

ただその他人との協力しあう関係は本音ベースで話し合えることが必須だから、築くには時間もかかるし、ガチで喧嘩するぐらいのことしないと難しい。仕事に追われてると、なかなか作りづらいと思う。定年までガリガリ働いて、ここから友達作るって結構ハードですよね。

でもこれからは、SNSとかWebを使えばそんなに難しいことでもないのかな。

中村:そういえば、こないだパリの地下鉄の駅を出たところに、スタンドがあってまさに、そんなサービスやってました!(※2)


※2:「Lulu dans ma rue

パリにある人材派遣スタンド/撮影・中村綾花

中村:サイトを見てみると、5〜20ユーロの手数料で30分ほどのサービスをもろもろ頼めるらしいです。例えば、子どもの世話、料理、家具の組み立て……とか。いろいろなサービスがあるみたい。パリ市の公的なサポートマークもついてるな。

小野:それは人が派遣される?

中村:そうそう、サービスごとにさまざま人が派遣される派出所になってるみたい。

小野:自分にできないことを誰かにやってもらう、みたいな感覚が持てるかどうか――つまり「物理的な孤独」を人に解消してもらえる気楽さが持てることで、「精神的な孤独」もかなり軽減されると思う。私は他人を適切に頼るのがけっこう苦手なので、すごく課題だなって感じています。

中村:これは、私たち個人個人の「感覚」を努力して変える問題じゃなくて、なかなか人に頼れない人でも気軽に使えるサービスとか、システムというハードの部分が必要な問題だと思いますね。

このパリの路上で見かけた「人間派遣スタンド」みたいなもの、日本でも必要なんですよ。こういう実例のアイディアもあることだし、誰かやってくれませんかねぇ……。もう、だれもやってくれないなら、私と小野さんでベンチャー立ち上げてスタートさせるしかないですかね(笑)。

小野:そうですね。離婚数も増えているし、女性の方が男性より長生きするし、人生のどこかの局面で「ひとり」になる機会って、きっとあると思うんですよ。でも、そんな時に「ひとり」を怖がらずにいられるようにハード面がいかに充実しているかということが、社会の円熟度や幸せ度の指標になるのかもしれませんね。


Text・構成/中村綾花


第1回:家族という檻に苦しむ日本

第2回:結婚しても「ひとり」であることからは、絶対に逃れられない

第3回:「プチ依存先」を増やせば孤独を受け入れられる

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


生き方

関連する投稿


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

おひとりさま女性の老後=孤独、とは限らない

「独身だと老後が孤独」とは本当でしょうか。診察を通じて多くの高齢おひとりさま女性と接している内科医の私。その考えは違うのでは、と思うようになりました。配偶者がいようといまいと、最後はひとりになる女性が多いです。生涯おひとりさまでいる女性のなかにも、人に囲まれ、大切にされる方も少なくないからです。彼女たちの共通項とは。


セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

セルフプロデュースに必要な3つのステップ! 

自分の思い描いた理想に近づけていない、自分が望まないことばかり起きてしまう。そんな人は自分をコントロールし、理想や目標へ近づく方法を知らないだけかもしれません。そこで今回は、自分をコントロールし、うまくいくように自分を導くセルフプロデュースについてご紹介します。


「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

「家で働く。」――暮らし方の選択肢を増やす連載始めます

イラストレーター/アートディレクターの兎村彩野さんが2018年1月から新連載「家で働く。」をスタート。連載前に「家で働く。」をテーマに選んだ背景や「家で働く。」を実践してきた日々を振り返ります。


最新の投稿


未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

未練がましい男性ほど、次の行動を元カノに取らせたがる

別れた元カレから突然謝罪の連絡が来るけど、それっきり。「どうすれば良いの?」と悩む女性もいるでしょう。未練がましい男性ほど、本音を隠して次の行動を元カノに取らせようとします。素直に復縁したいと言えない男心と、どんな対応をすれば良いかについてお話しします。


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

幸せを呼ぶ京都・開運旅へ! 新春におすすめの1泊2日モデルプラン

日本国内だけでなく、外国人観光客からも多くの支持を集める京都。そんな京都には悠久の時を超え、今も残る寺社や、晴れやかな気持ちになる雅な美食まで、パワーをもらえるスポットがたくさん。今回は新春におすすめな、開運京都旅のモデルプランをご紹介いたします。


”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

”衝撃の40分”から目が離せない! 『デトロイト』が描く歴史に埋もれた戦慄の一夜 古川ケイの「映画は、微笑む。」#35

イラクを舞台に米軍爆発物処理班の兵士たちを描いた『ハート・ロッカー』、オサマ・ビンラディンの捜索に執念を燃やすCIA女性分析官を描いた『ゼロ・ダーク・サーティ』など、センセーショナルな題材選びに定評のあるキャスリン・ビグロー監督。新作『デトロイト』は、米国デトロイト暴動で起きた戦慄の一夜を映画化した、必見の衝撃作です。


フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

フランス女性は風邪予防&対策に「ハーブと野菜」を取り入れてる

冷えや寒さから体調を崩しがちな冬、ちょっと調子が悪いなと感じたとき、どのようなケアを取り入れていますか? 早めに薬を飲むという手段もあるけれど、できればそれ以外で回復させたいもの。今回はフランス女性による風邪予防と対策法をご紹介します。


おっぱい