1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 年末年始におすすめ。理想の人生を生きるヒントになる本たち

年末年始におすすめ。理想の人生を生きるヒントになる本たち

Share

年末年始の時期、「目標を立てる」とか「今後の生き方について考える」といった類の本を読みたくなることはありませんか。比較的ゆったり過ごせる年末年始。1年の中で、じっくり腰を据えていろいろと考えを巡らせることができる、貴重な時間だと思います。そんなときに読むのにおすすめの本を3冊ご紹介します。

年末年始におすすめ。理想の人生を生きるヒントになる本たち

普段から比較的よく本を読んでいて、とくに年末年始の時期に読みたくなるのが「目標を立てる」とか「今後の生き方について考える」といった類のもの。

皆さんも、年末年始が1年の中で一番、じっくり腰を据えていろいろと考えることができる時間なのではないでしょうか。

そんなときに読むのにおすすめな本をご紹介します。

■自分の価値観を知って、やりたいことをやる

DRESSでも連載をされている、長谷川朋美さんの『やりたいことを全部やる人生』。

この本を書店で最初に見かけたのがビジネス書の棚で、表紙だけ見て「なぜこの棚に?」と思いましたが、中を読んでみて納得しました。

本のタイトルにもある「やりたいことを全部やる」ための、マインド、ライフスタイル、働き方などが書かれています。やりたいことをやるためには、

モノや状態(doing)ではなく、自分が欲しい感情や誰かに与えたい感情(being)を考えることが、夢の実現とモチベーションに大きくかかわってくるのです。
(13ページより引用)

まずは自分の価値観(being)があることが条件、と書かれています。

その価値観を知るためのワークや、目標達成のためのセルフコーチングなども載っていて、実際にやってみると、今までなんとなく思い描いていたことが明確に言葉にできるようになったり、反対にやりたいと思っていたことが、実は他人の価値観に影響されていただけで、それほどやりたいことでもなかったなど、新しい発見ができます。

文章も読みやすく、文字も程よい大きさなので、サクサク読み進めていけます。

とくに女性がワクワクするような内容なので、読んでいるうちにワークをやりたくなってきます。そういう意味でも、時間のある年末年始の休み中に読むのにぴったりな1冊かなと思います。

■今の環境にいながら、人生を変えることができるかもしれない

次にご紹介するのは、『ライフデザイン スタンフォード式 最高の人生設計』。

「やりたいことを全部やる人生」と同じく、価値観を考える本ですが、こちらのメインは「仕事観」。

デザイン思考でキャリアや人生をデザインして理想の人生をつくろう、という、スタンフォード大学の人気講座の内容が書籍化されたものです。

今の仕事や人生についてどうすればいいかわからないという悩みは、多かれ少なかれ、誰もが漠然と抱えていると思います。

この本に載っているワークは、行き詰った思考を変えることができるもの。

さらには、「自分の考え方」を変えるだけではなく、ワークによって本当に「何らかの解決策や代替案」を考えつくこともできるため、

「こんな仕事、私には向いてない! もう転職するしかない!」

なんて思っていたのが、

「あれ? 転職しなくても、もっと好きな仕事だけやることってできるのかも」

と、今の環境にいながらにして、人生を変えることができるかもしれないほどに、現実に即した実践的な内容が綴られ、万人に有効・有用だと思います。

個人的に面白かったのは、「今後5年間の人生について3通りのアイデアを出す」というワーク。

人生1-現状
人生2-1が突然ダメになった場合のプラン
人生3-お金や世間体を無視するとした場合の仕事や人生

という3つのプランを考えるのですが、最低でもひとつのプランでは、正気では絶対に実行しないような現実離れしたクレイジーなアイデアを書き出してみよう、というもの。

やってみると、このクレイジーなプランを立てるのが、かなり面白くてのめり込んでしまいます。

また、この3通りのプラン、よく見ると案外今すぐにでもできそうなことが入っていたりするので、「今からできそうだし、やってみようかな」と、新たな道も開けます。

プランが完成したら誰かに発表する、とあるのですが、数人で発表し合うのもまた面白そうです。

ワークだけでなく、書かれている就活術もかなり参考になります。仕事について悩んでいたり、転職を考えている方は、安易に行動に移す前に、一度この本を読んでみることをおすすめします。

■自分をひとつのブランドと考えて、理想のキレイを目指す

だいぶ古い本になりますが、美容本としておすすめなのが、『きれいドリル』。

自分の理想のキレイを目指すために、自分をひとつのブランドと捉えて、その考えたブランドを指標にして自分を変えていく、という内容です。

ブランドを考えるためのワークの内容はもちろんのこと、「○○の仕事をしているOLの××さんはこう考えました」というような、すごく身近な人の例がたくさん載っているところが、自分がワークをするにあたって、とても参考になります。

私のインスタで紹介したところ、今までなかったほどの反響が大きい本でした。残念ながら現在出版元にも在庫はないそうで、買うとしたら古本を探すしかなさそうです。

もしくは、うちのサロンで読書会を開催しているので、気になる方はぜひお越しください。

■ひとりでじっくり、みんなでワイワイ

年末年始の、いつもよりちょっとゆっくりとできる時間で、本を片手にひとりでじっくり、みんなでワイワイ、生き方やあり方、今後の夢や理想について考えるのも楽しそうですね。

2018年を有意義に過ごすために、今から考えてみるのはいかがでしょう?

Share

木村 瞳

美容鍼灸師 自身のニキビ肌や毛穴の開きに劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、鍼灸師の国家資格を取得。 美容鍼灸施術やワークショップ、美容コラム発信などを行う。

関連記事

Latest Article