「お子さんはまだですか?」なんて大きなお世話。実に無責任な圧力だ

「お子さんはまだですか?」なんて大きなお世話。実に無責任な圧力だ

結婚して、子どもがいれば果たして幸せなのでしょうか? 「家族という病」などで大きな話題を呼んだ下重暁子さんは、「子どもをもたない」人生を選んだ一人。近著『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』(かんき出版)に綴った、下重さんの家族観や夫婦観を、お伝えしてきた連載も今回が最後です。


■「お子さんはまだですか」という失礼なセリフ

子どもを持つという責任について、私自身を振り返ってみると、自分自身への責任さえ持てないのに、子どもへの責任など持てないというのがあった。

つれあいは成長した大人だから、私と違おうと何をしようと私が責任を持つ必要はない。どんな時代が来ようと、大体同じ年代なのだからそれぞれが乗りこえていくしかない。

子どもは自分とつれあいとが作るものだ。これから生まれてくるものを、自分たちにとって必要だとか、自分たちの欲しいという願望で作ってしまっていいものだろうか。

もう一つある。社会から結婚の次は子どもと何となく強要される。
「お子さんはまだですか」とは何という失礼なセリフだろう。
なぜ他人のお節介までする。それが一種のお世辞にもなっている。

結婚式でも世間の常識がすべてと思っている大人たちは必ず子どものことを言う。
実に無責任な圧力。しかも自分の父母、祖父母といった人から早く孫の顔が見たいなどと言われると、気の弱い人はそれが務めかと思いこみ無言の圧力に負けてしまう。

「ほっといてよ」「私の人生なのだからまかせといてよ」と言える人の数は少ない。なぜそんなに素直になれるのだろう。

私ならそれだけで反発して「絶対産むものか」とか「そんなに欲しければ自分で産んだらどう?」とたてついてしまうだろう。

なぜ静かに一人ひとりの判断にまかせてくれないのだろうか。

■子どもは親の分身、一部ではない

子どもを持つという責任は重い。自分の人生ではなく子どもの人生まで背負いこむことになるのだから。何も考えずに産む人にとっては、子どもは分身、自分の一部、という思いがあるのだろう。
子どもは自分のものと信じて疑わない人がいる。

自分の腹を痛めて自分が産み育てたとしても自分とは違う一個の個であって私とは違う人間なのだ。
生まれて間もなくはわからなくとも、育ってくる過程で個が少しずつ出てくる。似てはいても自分とは非なるものだ。だからこそ面白い。

私は自分の身ですら、扱いかねている。自分のやったこと考えたことは自分に戻ってくるから、やむを得ず責任をとらねばならないが、それ以外は無理だ。

私はほとんど他に期待することがない。子どもはいないから当然だが、つれあいにも期待しない。父や母にもある時点から期待しなくなった。

するとずい分ラクになった。
他人に期待すると期待通りにいかない落胆は大きい。期待通りではないからといって他人のやることに文句は付けられない。

その結果起きてくるのは、文句と愚痴、それがストレスになって溜まってくる。他に期待してもろくなことはない。この場合の他には子どもも父母もつれあいも含まれている。私と違う人間という意味だ。

■他人に期待するから不満がたまる

私もかつては他に期待して何度も痛い目に遭った。その結果、他に期待せず自分に期待することにしたのだ。

自分に期待すれば、自分の責任であり、自分に戻ってくる。自分に落胆しても、また一から始めればいい。

他に期待しないで思いがけず、何かをしてもらった時の嬉しさはない。結婚記念日や誕生日を憶えていなかったからといって文句を言うより、何も期待していない時に思いがけず憶えていてくれると嬉しい。

憶えているのが当然と思いこんでいる肉親の場合に不満は大きくなる。
高じると、夫の出世やら、子どもの進学にまで期待する。いかに本人にとってはしんどいものかという想像すらしない。

子どもを持つ責任は大きい。私は子どもの時病弱だったこともあって、自分一人を食べさせ、自分一人を支えていくのがやっとなのである。

『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』書籍情報

わたしが子どもをもたない理由(わけ)
著者:下重暁子
発行:かんき出版
単行本:240ページ
発売日:2017/5/22
価格:1188円

[公式サイト]
https://kanki-pub.co.jp/pub/book/details/9784761272555

下重暁子さんプロフィール

作家。日本ペンクラブ副会長。日本旅行作家協会会長。
早稲田大学教育学部国語国文科卒業。NHKに入局。アナウンサーとして活躍後フリーとなり、民放キャスターを経たのち、文筆活動に入る。ジャンルはエッセイ、評論、ノンフィクション、小説と多岐にわたる。公益財団法人JKA(旧:日本自転車振興会)会長等を歴任。
著書に、60万部を超すベストセラーとなった『家族という病』(幻冬舎)をはじめ、『持たない暮らし』(KADOKAWA/中経出版)『母の恋文』(KADOKAWA)、『「父」という異性』(青萠堂)、『老いの戒め』『若者よ、猛省しなさい』(集英社)などがある。

下重暁子さんが「子どもをもたない」人生を選んだわけ

https://p-dress.jp/articles/4714

“子どもをもたない”という選択肢について語られることが増えています。「家族という病」などで大きな話題を呼んだ下重暁子さんも、「子どもをもたない」人生を選んだ一人。近著『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』(かんき出版)に綴った、下重さんの家族観や夫婦観を前回に続き公開します。

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


子なし夫婦

関連する投稿


産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

産む? 産まない? 子を持たない女性たちの声にふれたら、考えが揺れました

多くの女性が対峙する、子どもを産む・産まない問題。産んだ人の体験談はたくさん聞くけれど、産まなかった人の話って意外と聞かないような……? とふと思いました。子どもを持たない人生を送る女性たちのリアルな声を聞ける本『誰も教えてくれなかった 子どものいない人生の歩き方』と出会い、考えたこと、感じたこと――。


夫婦のパワーバランスをお金に支配されたくない。

夫婦のパワーバランスをお金に支配されたくない。

夫婦間で小遣い制にすると、力関係ができてしまう気がして、子なし夫婦としては気が引ける。夫婦で別財布だと意外とお金に関する問題は起こらない気がする。ただし、夫・妻ともに目立った問題行動がない場合に限るが。


下重暁子さんが「子どもをもたない」人生を選んだわけ

下重暁子さんが「子どもをもたない」人生を選んだわけ

“子どもをもたない”という選択肢について語られることが増えています。「家族という病」などで大きな話題を呼んだ下重暁子さんも、「子どもをもたない」人生を選んだ一人。近著『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』(かんき出版)に綴った、下重さんの家族観や夫婦観を前回に続き公開します。


“子どもをもたないこと”はいけないことですか? 下重暁子さんの考える夫婦の形とは

“子どもをもたないこと”はいけないことですか? 下重暁子さんの考える夫婦の形とは

「なぜ子どもを作らなかったの?」「子どもがいなくて淋しいでしょう」。こんな言葉に違和感を覚える人も多いのでは。『家族という病』などで大きな話題を呼んだ下重暁子さんは、「子どもをもたない」人生を選んだひとり。近著『わたしが子どもをもたない理由(わけ)』(かんき出版)に綴った、下重さんの家族観や夫婦観を全3回で公開します。


共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

共働き&子なし夫婦の形「DINKs」を、あなたはどう思う?

従来の結婚観にとらわれず、夫婦で自発的に共働き&子なしという選択をする「DINKs(ディンクス)」。今回はDINKsという夫婦の形と、登場から30年経ったその現状について紹介したい。


最新の投稿


彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

彼がもっと素敵に見える。女性が押さえておきたい男性用バッグの常識

革靴と鞄の色や素材を合わせれば、見た目に統一感が生まれ、洗練された印象を作ることができます。重厚感や堅実なイメージも出せるんです。ナイロン素材の鞄を使う日があったとしても、ひとつは革素材の鞄を持っておくことをおすすめします。ビジネスシーンにふさわしい鞄選びをパートナーとふたりでしてみてはいかがですか。


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

お肌の調子が悪いときは、とにかく肌表面の保護を優先【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、DRESSコラムニストの猫川舐子さんが、自身の肌ケアについてご紹介します。


肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

肌に負担をかけず、メイクを落とし切る「正しいクレンジング」をおさらい

『DRESS』2月特集「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回はメイクをする人に欠かせない「クレンジング」を見直します。大人の素肌を美しく保つ、正しいクレンジングとは。


新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

新発想「スクラブ×バーム×ティント」の“3in1”リップ

“スクラブ×バーム×ティント”の新発想“3in1”リップ「ヌードアップ リンクルリップス」が2月20日に新発売に。米国の先行発売で週間ランキング1位を獲得した注目のコスメです。