あなたが考える幸せって? 哲学者による「幸せ」の定義から得る生きるヒント【佐藤あつこ】

あなたが考える幸せって? 哲学者による「幸せ」の定義から得る生きるヒント【佐藤あつこ】

人間は何が幸せかを知っているのといないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず……哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者を取り上げ、読者の皆さんと一緒に幸せについて、ちょっとだけ真剣に考えるコラム、前編です。


「幸せ」を一言で定義するのは難しい。でも、みんな「幸せになりたい」って思いますよね。

私が政治を志したのも、「この国で暮らす人の幸せってなに?」と考えることから始まりました。

政治家は人々の幸せを考えるのと同様に、自分にとっての「幸せ」が何かを知ることも仕事のひとつであると考えたからです。

きっと、何が幸せかを知っているのと、いないのとでは、人生の過ごし方が変わってくるはず。

……ということに気づいたアラフォーの私が、ちょっとだけ真剣に、哲学的・学問的に「幸せ」の定義を明確にした4人の哲学者について、読者の皆さんと一緒に考えたいと思うのです。

きっと生きるヒントになると思います。

■「幸せ」とは「快楽」だ――功利主義を唱えたベンサムの定義

近世・イギリスの哲学者であるベンサムはずばり、「幸せ」とは「快楽」だと言いました。

しかし、ここで言う「快楽」は、あなたひとりがどっぷりと浸る快楽ではありません。あなたにとっての快楽でもあり、同時に「社会の幸せ」を増大させることはあっても、減少させることはない。この条件があっての「快楽」が「幸せ」にふさわしい「快楽」です。

これ、ベンサムのいわゆる「功利主義」ですが、「快楽」は「幸せ」を生み出し、反対に「不幸」を防止するものであると、彼は言いました。

つまり人の不幸を喜ぶ……などは「幸せ」になれない。つまり不幸の始まりなのです。これは「最大多数の最大幸福」という考え方です。

ところが、ベンサムの主張には大きな疑問がありました。

「最大多数の最大幸福」であるからには、「幸せ」と思える「快楽」が量的に多ければ多いほど良いということになります。

つまり「幸せ」の「量的」な比較が前提となります。

「この幸せ」と「あの幸せ」を量的に比較して「どっちがより幸せなのか?」を明確に示さなければ「最大多数」とは言えないからです。

ある人は「お金」という物質的な量を「幸せ」と感じ、ある人は「親切」や「達成感」という心の在り方に「幸せ」を感じるとすると、一体どうやってそれらに優劣をつけたらよいのでしょうか?

ベンサムはこのことを解決する術を持ちませんでした。

解決する術はないものの、「最大多数の最大幸福」こそが「幸せ」なのだ! という考え方は、日本よりもむしろ欧米で、今でも広く受け入れられています。

幸せとは「お金」か? それとも「心のあり方」か? という議論は、近世からずっと続いているのです。

■「幸せ」は量より「質」である――意識高い系の哲学者ミルの定義

近代・イギリスの哲学者であるミルは、「幸せ」を量的に比較するよりも「質的」に比較する大切さを明らかにしました。

実際のところ、セックスなどの「身体的な快楽」やお金などの「物質的な快楽」以上に、人は「楽しさ」「嬉しさ」「喜ばしさ」といった精神的な快楽を追求できることを明確にしたのがミルです。

人はより、「人間的な」快楽を求めることができるのです。

そのためには、量的に多ければ多いほど「幸せ」であるという考えを捨て去らなければならない……。

満足した豚よりも、不満足な人間になることのほうがよい
満足した馬鹿よりも、不満足なソクラテスになることのほうがよい

幸せにも「低い次元」と「高級な次元」があるならば、人は動物でも持つことのできる「低い次元」での快楽ではなく、人として持つ「高級な次元」によって感じることのできる快楽を目指すべきだと、ミルは言いました。

かなり「意識高い系」のミルですが、かといって「下劣な幸福」そのものを否定しているわけでもなく、「低い次元の快楽」で「幸せ」と感じる人々を否定しているわけでもないのです。

ただ、「高級な次元での快楽」が人にとっての「幸せ」であるということです。

結局、「量」か「質」か?

■物質的なものか、心の問題か?

今回は近世・近代の「幸福論」で有名な哲学者をふたり取り上げました。

欧米ではやはり「量的」な幸せを主張したベンサムの「最大多数の最大幸福」が広く支持を得ています。

日本はどうでしょうか。そしてあなたの「幸せ」はどちらですか?

ちなみに私の「幸せ」は「平和」です。

後編は、「苦痛を伴う正義」を「幸せ」とした哲学者、そして明治維新の日本の哲学者のふたりを取り上げます。

(後編に続く)

この記事のライター

地方議員であり、子育てママとして日々奮闘中。地元である東京都中央区では、自民党において戦後55年体制からたった2人目の女性議員(子育てママとしては唯一)である。 2017年は地方議員として活動しながら、子どもの「お受験...

関連するキーワード


人生を好転させる

関連する投稿


年末年始におすすめ。理想の人生を生きるヒントになる本たち

年末年始におすすめ。理想の人生を生きるヒントになる本たち

年末年始の時期、「目標を立てる」とか「今後の生き方について考える」といった類の本を読みたくなることはありませんか。比較的ゆったり過ごせる年末年始。1年の中で、じっくり腰を据えていろいろと考えを巡らせることができる、貴重な時間だと思います。そんなときに読むのにおすすめの本を3冊ご紹介します。


行動を変えるきっかけは、鏡に映ったブサイクな自分だったりする

行動を変えるきっかけは、鏡に映ったブサイクな自分だったりする

穏やかだが不完全燃焼な日々に見てみぬふりをしていた。ふと、鏡に映るむくんだ顔。丸くなりつつある体形。心は体に現れる。そんな日々を選んでいるのは自分だった。


【部員さん募集】DRESSマネー部 発足イベント開催!

【部員さん募集】DRESSマネー部 発足イベント開催!

女性のお金に対する心配事や不安を軽減したい! という思いから、2017年12月9日(土)、DRESSマネー部が発足します。毎年「今年こそはお金を貯めたい」と思っているのになかなか実践できないあなた、お金の使い方、貯め方、増やし方を一緒に考えてみませんか?


人生を楽しくする無駄との付き合い方

人生を楽しくする無駄との付き合い方

いそがしい毎日を過ごせば過ごすほど、無駄なことを敬遠してしまいがち。でも人生の楽しみは、無駄に見えるものの中にこそ見いだせるもの。今回は無駄と思えることから人生の楽しみを見出す考え方をお話しします。


人生好転・はじめの一歩は「他人の意見を捨てる」こと

人生好転・はじめの一歩は「他人の意見を捨てる」こと

人生好転を望む人が、最初にすべきこととは――。秋も深まり、季節の移ろいを感じられるこの季節は、自分の人生を振り返るのにもってこいの時期です。今回は「他人の意見を捨てる」をキーワードに、人生好転のヒントを探ってみましょう。


最新の投稿


実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

実は楽しいクリぼっちの過ごし方【Drまあや】

クリスマスにひとりで過ごすのが確定。それが寂しいと感じるなら、「クリぼっち」の戦略として、ひとりで過ごすクリスマスを楽しむ方法を考えて、ふたりで過ごす以上にもっと素敵な思い出を作ってみてはいかがでしょう。いくつかアイデアを提案します。


「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

「飲むヨーグルト」を簡単に作れるヨーグルトメーカー

飲むヨーグルトをボタンひとつで調理できる、高精度の温度制御を実現した「ヨーグルトメーカー」がアイリスオーヤマから新発売。飲むヨーグルトモードを搭載し、5種類の発酵食品が簡単に作れる自動メニューが特長です。


『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話あらすじ - 愛人作りのプロたちが始めた“奪い合い”

『フリンジマン』第11話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは板尾創路、大東駿介、淵上泰史、森田甘路など。危険人物・江戸川の登場に驚く井伏たち。気になる11話の展開は――。


大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

大切なあの人へ、日本が誇る今治タオルのギフト

「安心・安全・高品質」のジャパンクウォリティの代表製品として確固たる地位を確立し、世界にもその名を広げている今治タオル。海外での人気も高く、お土産としてもぴったりの商品です。そんな今治タオルのメッセージタオルギフトが登場しました。


マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

マヌカハニーをぜいたくに使った山田養蜂場の保湿クリーム

山田養蜂場は、生マヌカハニーやマヌカオイルのほか、5種の和洋ハーブなどの自然素材を用いた保湿クリーム「マヌカハニークリーム」を新発売しました。話題の「マヌカハニー」をはじめとした自然素材をぜいたくに使用したほか、フォトジェニックなパッケージにも注目です。


おっぱい