1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「自分時間」の過ごし方を変えて、人生をリニューアルする

「自分時間」の過ごし方を変えて、人生をリニューアルする

Share

GWが始まりました。長期の休みは、自分と向き合う「自分時間」を過ごすにはもってこい。上手な「自分時間」の過ごし方が身につくと、それだけで人生リニューアルといえるほど、毎日を変えていくことができます。

「自分時間」の過ごし方を変えて、人生をリニューアルする

「自分時間」とは

「自分時間」とは、文字通り自分のための時間。あらゆる「ねばならないこと」を横において、自分ひとりで、ただただ心地よく、自由に、好きに、ゆっくりとくつろいで過ごす時間のことです。

やらなければならない仕事、連絡しなければならない相手、行かなければならない用事、そんなあらゆるものを放り出して、自分のために過ごす時間の大切さは、皆さんも十分にわかっていることと思います。

でも、いざ毎日の生活の中で自分の時間を作ろうとしても、ついつい何かの合間の1時間とか、前後に何かしらの予定があってのことが多いのが現実。

だったら、このGWの長期休暇を利用して、徹底的に自分のため「だけ」の時間を作ってみてはいかがでしょうか? 前後の予定を入れず、1日をまるまる自分のためだけに過ごすのです。

「『ねばならないこと』をやらずに、好きなことだけで1日なんて、いいの?」

もしあなたにそんな思いがよぎったら、なおさらぜひともまる1日の「自分時間」を過ごしてみてください。髪型もメイクもバッチリ決めて、お気に入りの服にお気に入りの靴、あなたの気分を上げてくれるアイテムをバッグに入れたら、さあ出かけましょう!

さあ、今日は1日「自分時間」!

「自分」と過ごして「自分」に気づく

まる1日と言わずとも、「いまから2時間、あなたの好きなことをしていいよ! ただし、仕事や用事や何かしらの『ねばならないこと』以外で」と言われたら、いったい何をしますか?

まる1日の「自分時間」では、ぜひこの質問の答えをやって過ごしていただきたいと思います。毎日を忙しく過ごしていると、つい一番大切な自分の、一番大切な「好きなこと」を忘れがちです。でも、誰にだって好きなことはあるし、それを誰にも邪魔されずに楽しむことは何よりもワクワクする喜びですよね。

そうして、大好きなことに無心になって没頭するとか、あるいは穏やかに楽しみながらいろんな「自分の好き」を満たしていくと、ふだんは浮かんでこないような思いや本心が浮かび上がってきます。その一つひとつをキャッチすることで、新たな自分に気づくこともできます。

この新しい自分を発見するというのが、「自分時間」の最大の収穫です。新しい自分を知ると、毎日が新鮮なものになります。新鮮な毎日は、それだけでいろいろな喜びや楽しさを自分にもたらしてくれます。あなたは最近、自分について新しい気づきを得たことはありますか?

心の中の「わたし」の声を聞いてみる。

スマホを置いて出かけよう

まる1日の「自分時間」を過ごすとき、おすすめなのは電子デバイスから距離を置くこと。できればスマホを家に置いてくるとか、隣の部屋で電源をオフにしておくとか、なるべくスマホやタブレット、PCなどに触れないようにするのです。

いつでもどこでもあらゆる情報に簡単にアクセスできる今、私たちは思っている以上に不要な情報にまみれています。気になるニュースや情報が簡単に手に入ることはもちろん便利で素晴らしいことですが、同時に無関係な情報も目にして、そこから自分にとって有益な情報を選別するという行為もしています。

大事な「自分時間」を上質で実りあるものとして過ごすためにも、不要な情報に気を取られて無駄に過ごすことのないよう、この時間だけはスマホは置いて過ごしてみましょう。

それともうひとつ、あなたが誰か大切な人といっしょの時間を過ごすとき、ずっとスマホをいじっていたら、相手はどんな気分になるでしょう。あなたの大切な人は、あなたに本当の気持ちを打ち明けてくれるでしょうか?

まる1日の「自分時間」で自分と過ごすということは、それくらい大切なことです。愛する人との時間を大切に思うように、自分と過ごす時間も同じように大切にしましょう。

なお、大好きな音楽を聴くために携帯音楽プレイヤーを持っていくというのは大いに推奨です。ようは気が散ることなく「自分時間」を上質なものにしましょうということなので、スマホでもSNSの通知はオフにするとか、単に音楽を聴くだけに持っていくのなら問題ありません。

「自分時間」から「自分旅行」へ

もし時間やお金などが許すなら、「自分時間」から「自分旅行」へと一歩進んでみましょう。「自分旅行」は、大切な自分と過ごす最高のひとり旅です。日帰りでも、お泊りでも、近場でも、海外でも、ぜひ範囲を拡げてみてください。

まる1日の「自分時間」を過ごしていくうちに自分と過ごす楽しさがわかってきたら、新しい刺激を入れるのも非常に面白いことです。そして新しい刺激を入れるには、非日常が一番。普段の生活範囲を超えて、ちょっと遠出をしてみると、それだけでいつもと違うワクワクを感じることができます。

違う場所で得られる体験が面白い。

「自分旅行」で大切にしてほしいのは、目にする景色や肌に触れる風や空気の匂い、味わう料理の美味しさや、心地よい疲労感や心の解放感など、五感と体感です。これはまた別の機会にお話ししますが、五感と体感は、私たちが最も意識すべき大事なことです。

「自分時間」や「自分旅行」で五感や体感を大事にするようになると、ふだんの何気ない日常にたくさんの発見や気づきを得ることができます。いつものコーヒーの味わいとか、道行く景色の美しさや、ちょっとした誰かの優しさにも気づけるようになります。その小さな積み重ねが、さらに新しい発見や新しい人生へとつながっていくのです。

「自分時間」で人生リニューアル

まる1日の「自分時間」は、私たちに必ず新しい喜びや嬉しさをもたらします。気付きの大きさやインパクトは大なり小なりそれぞれですが、自分を大切にすることの具体的プランのひとつとして、ぜひ一度やってみてくださいね。

自分と過ごすって、いいね。

今日からできる!セルフコーチング術 自分らしさの見つけかた【Kindle版】

¥ 864

ほんとの自分に気付ければ、人生すべてがうまくいく。著者の体験談から導かれた「自分らしさ」を見つけるためのガイドブック。

Share

安 憲二郎

20年で22回の転職、40の職種を経験。現在は【ことばライフデザイナー】として「人生誰でも右肩上がり」になるアドバイスをAmebloをメインに提供している。また、クリエイティブな才能を活かし、ボーカリスト、映像作家、コミュニ...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article