1. DRESS [ドレス]トップ
  2. ライフスタイル
  3. 手放せば入ってくる! 断捨離で、お金を手に入れる方法は

手放せば入ってくる! 断捨離で、お金を手に入れる方法は

Share

「手放すと、入ってくる」と言いますが、入ってくるものがお金だったら嬉しいですよね。断捨離を通して、お金を手に入れる方法をお伝えします!

手放せば入ってくる! 断捨離で、お金を手に入れる方法は

■お金の使い方を見直す最強の方法は断捨離

忙しい朝、着ていく洋服が見つからなくてイライラする……。

いつか使うかもと思って取っておいた引き出物でいっぱい、お皿が入らない……。

生活をしていると、無意識にいらないモノが増えていきます。モノに溢れていても、もったいなくて捨てられない人も多いのではないでしょうか。

捨てられないなら、モノを売ってお金にする方法があります。売ることで、自分にとっての不用品が誰かに必要とされるし、部屋もきれいになるし、お金も入ってくる、いいことづくめです。

それだけではありません。整理する過程で、実はたくさんのモノを持っていたことに気づくことができます。すでに“アル”ことを認識すると、むやみにモノを買うことも少なくなります。お金の使い方に気持ちを留めるようになれるのです。

■まずは、売る場所をチェック!

少し前までは不用品を売るには、フリーマーケットに出店したり、自分でリサイクルショップに持ち込んだりと、時間と手間がかかりました。

今はみなさんもご存知の通り、インターネットやアプリを使って、家から出ることなく不用品を売ることができるようになりました。信頼できる業者や、自分に合った方法を活用してみてください。

ここでは、ネットを利用して不用品を売る場所をご紹介します。

ネットオークション

商品をオークション形式で売買する方法。

なるべく高い値段で売りたい人向け。レアな商品や人気のあるモノなどは、高値がつく可能性もあります。システム利用料のほかに、月会費がかかるサイトもあるので手数料を考えて取引を。

オークション代行

オークション形式は魅力的だけど、自分が出品するのは面倒な人向け。

箱に不用品を詰めて送れば、業者がオークションサイトにアップしてくれます。手数料は、落札金額の65%から70%と業者によって異なります。

フリマアプリ

自分で決めた価格で取引する方法。

スマホで写真を撮って簡単に出品できます。洋服以外にも、アイデア次第で需要があります。工夫が売り上げに直結するので、お店屋さんの疑似体験もできます。

買い取り業者の引き取りサービス

箱に詰めて送るだけ。オークションやフリマアプリと比較すると、価格は業者が決めるため、驚くほど高い値段になる……ということはありません。

とにかく、簡単に売りたい人におすすめ。現金のほか、自社のクーポンや、提携先のポイントと交換できる業者もあります。

■ミニマリストな女性を目指して~利益を優先するか? 時間を優先するか?~

売る場所は「利益を優先するか、時間を優先するか」を基準にして選びましょう。

オークションやフリマは、買いたい人と直接やりとりするため、購入金額から手数料を引かれた分が収入になります。一方で、買い取り業者を利用すると、段ボールに詰めて送るだけという利便を優先させることになるので、買い取り金額は安くなります。

筆者は、段ボールに不用品を詰めて買い取り業者に引き取ってもらう方法を利用しています。3カ月に一度のペースで、本や古くなった家電などを処分します。買い取り金額よりも、手軽さや時間を優先したいため、二束三文だとしても売れるだけラッキーと割り切っています。

また、定期的にサービスを利用すると、数カ月前には必要だと思っていたものでも、よく考えるといらないと判断することも頻繁にあります。ですので、数カ月に一度は、家にあるモノと向き合う時間を作ってみてください。自然とミニマリストな女性になっているはず。

■不用品を断捨離して、ワクワクする体験を

不用品は捨てるだけはなく、上手に売るとお金を作ることができます。

普段の仕事以外で、お金を得る経験は楽しみになります。売ったお金で自己投資をしたり、将来のために貯金をしたりして、ワクワクする体験をしてみてください。

不用品を断捨離して、普段のお金の使い方を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

DRESSマネー部に入部しませんか?

お金を上手に貯める・増やす・使うことを、一緒に考えてみませんか?
入部はこちら↓

入部する・会員登録がお済みの方
新規会員登録はこちらから

Share

荒木 千秋

ファイナンシャルプランナー。神戸大学経済学研究科修士課程修了。 メガバンクに勤務時は、富裕層や会社オーナーを対象とした投資相談業務に従事。同年代の友達と話していると自分の知識や経験は、普通の働く女性に貢献すべきだと実感、独立...

関連するキーワード

関連記事

Latest Article