手帳はデジタル派ですか、紙派ですか?【経沢香保子】

手帳はデジタル派ですか、紙派ですか?【経沢香保子】

予定管理はデジタルツールひとつ、という方は多いのでは。そんななか、あえて手帳を使うことを勧めたい。夢や目標を叶えるための計画を考え、手帳に書き出し、常に見返そう。そんな習慣を持つことで、人生は自分のシナリオ通りに進んでいく、と実感できるはず。


皆さんは手帳を使っていますか?

私は26歳で起業したときに手帳をやめ、以来ずっとデジタルツールで、スケジュールを管理してきました。

社長になったらスケジュールは常にオープンにしておいて、社員が必要に応じて打ち合わせを入れることができたり、自分がどんな商談をしているのか、どんな風に1日を過ごしているのかを皆に共有できたりするのが、プラスだと考えたから。

プライベートのスケジュールも入れている。それが不便だと思ったこともなく、むしろ効率的だとさえ思ったまま、気づけば17年が経過。

■17年デジタルツールで予定管理していた私が、手帳を使い始めたきっかけ

転機が訪れたのは今年の中頃のこと。会社が新しい期を迎えることもあり、今後の計画を考えていた。

これからの3年間をどう経営していくのか。最高の結果を出すには、具体的にどういう計画で進めていくのか。それを実現するために、私自身はどうやって最高のパフォーマンスを出すのか。

さまざま思い巡らせていると、ふと、尊敬する方から「デジタルツールだけでのスケジュール管理は TO DOをこなすだけの人生に似ている」との言葉が耳に飛び込んできて、それが胸に刺さった。

確かにそうだ。私は結局、TO DOだけの人生になってないか?

いつも、今週はどんな予定があるのか、今月の予定の埋まり状況はどんな感じか、眺めることはしてきた。そして、前夜や当日の朝には「本日のスケジュール」を確認し、しっかりと忠実に守ってきた。もしかしたら、それをこなすことが人生のほとんどになっているのかもしれない、というくらい。

もちろん、プライベートだって、常にイメージしていることはあった。娘にどう生きてほしいか。家族をどうやって幸せにするか。周囲とどうやって信頼関係を構築するか。人生を充実させるために、健康管理は最低限どういうものが必要か。120歳までしっかり生きるにはどうするかetc.。でも、それはあくまでも「頭の中で描いていただけ」かもしれない。

まるで、自分の人生は、デジタルツールに記録されたスケジュールを完璧にこなすことにエネルギーの大半を注ぎ、残った余白にわずかに入れているのがプライベートであるかのように。

■あえて手書きすることで、イメージがリアルに力強く刻まれる

でも、人生の主役はあくまでも自分自身だ。だったら、自分でストーリーを描くのだ。夢を持ち、それを目標にし、計画に落として、手帳に書く。仕事の予定だけではなく、プライベートの目標と予定も一緒に、だ。

「仕事」「家族のこと」「健康管理」「お金の計画」など、分野別にそれぞれ明確な目標を立て、自分の手で手帳に書き出してみよう。

思い立って手帳を買い、頭の中にある人生のイメージをデザインし、分野別にどんどん目標にし、数値化して、タイムスケジュールを区切って手帳に「手書き」で書き込んだ。すると、不思議と力がみなぎるのを感じた。

確かにスマホで入力するのもいいかもしれない。でも、手で書き込むことで、イベージがよりリアルに、力強く刻み込まれる気がしたのだ。そして、人生に統一感が出た感じがした。

私の手帳には後ろのノート部分に人生全体の3大目標が書いてあって、そのために上っていくべきステップが書かれている。

いわゆる手帳部分には、毎月別ページの縦軸にプロジェクトが書いてあって、横軸は1カ月の30日が並んでいる。今月のプロジェクトは合計8つだ。会社のことが3つ、家族のことが3つ、お金のことが1つ、健康のことが1つ書かれている。

■手帳に目標や計画を書き出し、見返す習慣をつけると、力があふれてくる

そして、手帳をより効果的に使うには、書くだけではなく、毎日毎日それを見直すこと。できれば1日に複数回見直すといい、と聞いた。

朝晩だけでなく、タクシーでの移動中に、何度も何度も見直した。進捗を見るだけではなく、実行する途中で、気づかされた言葉や、注意すべきポイントをどんどん書き込んでいるので、その言葉も胸に刻みつけた。

取り組んで1ケ月程度ではあるけれど、人生が全然違うものになったように思う。書いた瞬間が「始まり」で、幾度となく見直すことで、人生が整っていくような感覚があるのだ。

手帳のおかげで人生が充実してきた。そして、人生というのは夢があるものだなと改めて感じ、そして、人生というのは自分のシナリオ通りに進んでいくものだなと、強い希望が持てるようになった。

デジタルツールもいいけれど、手帳も素晴らしい。手帳にはまっていた人の気持ちを理解できて、同時に尊敬の念を抱いた。私も仲間入りさせていただくことにした。手帳初心者なので、どうぞよろしくお願いします。

Podcast配信をスタートしました!

Podcastを始めました。毎週1回、ラジオ番組のようにスマホで配信しています。第2回目は手帳の話についてもう少し詳しく語っています。興味がある方は無料でダウンロードできるので、ぜひ聞いてみてくださいね。
https://itunes.apple.com/jp/podcast/経沢香保子の起業も人生も味わい尽くす/id1272616936

この記事のライター

桜蔭高校・慶應大学卒業。リクルート、楽天を経て26歳のときに自宅でトレンダーズを設立し、2012年、当時女性最年少で東証マザーズ上場。 2014年に再びキッズラインを創業し、「日本にベビーシッターの文化」を広め、女性が輝く社...

関連するキーワード


人生を好転させる

関連する投稿


幸せを引き寄せる笑顔をつくる、朝昼晩の簡単すぎる心がけとは

幸せを引き寄せる笑顔をつくる、朝昼晩の簡単すぎる心がけとは

寒さで顔がコリ固まり、正月明けに気持ちがたるみ、表情もなんだかお疲れ気味……。もしそう感じているなら、1年の始まりに笑顔をつくるトレーニングを始めてみませんか? 朝昼晩、どれも簡単にできる方法ばかり。笑う門には福来る。素敵な笑顔で今年1年もハッピーに過ごしましょう。


今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

今日から人生が変わる。人生を好転させる秘訣、集めました

人生を好転させる秘訣をさまざまな視点からご紹介します。今の状態を逆転させたい。将来こうなっていたい。など人生を変えたいと思ったことはありませんか。人生を良い方向に持っていくために必要なこととは――。


新たな一歩を踏み出すなら今。「きっかけ」は自分が作る

新たな一歩を踏み出すなら今。「きっかけ」は自分が作る

先延ばしにして、気になっていることはありませんか。明日やろう、来週やろう、来月やろう……。もうすぐ2018年。新しい年は、そんな自分を変えてみませんか?


年末年始におすすめ。理想の人生を生きるヒントになる本たち

年末年始におすすめ。理想の人生を生きるヒントになる本たち

年末年始の時期、「目標を立てる」とか「今後の生き方について考える」といった類の本を読みたくなることはありませんか。比較的ゆったり過ごせる年末年始。1年の中で、じっくり腰を据えていろいろと考えを巡らせることができる、貴重な時間だと思います。そんなときに読むのにおすすめの本を3冊ご紹介します。


行動を変えるきっかけは、鏡に映ったブサイクな自分だったりする

行動を変えるきっかけは、鏡に映ったブサイクな自分だったりする

穏やかだが不完全燃焼な日々に見てみぬふりをしていた。ふと、鏡に映るむくんだ顔。丸くなりつつある体形。心は体に現れる。そんな日々を選んでいるのは自分だった。


最新の投稿


全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

全身を美しく引き締める「ダウンドッグのポーズ」【#3分MASAYOGA 第9回】

モデルでヨガインストラクターの雅也さんによるヨガ連載【#3分MASAYOGA】。毎日朝でも晩でもOK。たった3分で取り組めて、心身を解きほぐすヨガポーズをご紹介します。第9回目では全身に効果があり、身体を活性化する「ダウンドッグのポーズ」です。全身がストレッチされて、緊張が解けて疲労感も取れやすくなるポーズです。


40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代のバストの悩みを吹き飛ばす。ブラジャーの正しい選び方

40代からのブラジャーの選び方をご紹介します。30代後半頃から気になる胸の変化。年を重ねていけば変化することは、当然のことなのかもしれませんが、できれば年齢より老けて見えたくない、と思う方は多いのではないでしょうか。40代から変わるブラジャーの選び方を意識するだけで、バストの悩みは少なくなるはずです。


大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

大人の肌をなめらかに仕上げる「アンブリオデルム モイスチャークリーム」

リッチなテクスチャーでハリのあるやわからでなめらかなお肌へ導く、アンブリオリスの「アンブリオデルム モイスチャークリーム」。朝晩のお手入れ時の保湿クリームだけではなく、メイク前の下地クリームとしてお使いいただくと艶やか素肌の仕上がりになります。


女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

女性に知ってほしい「レズ風俗」の話

「レズ風俗」があるとご存じですか。多くの女性には未知の世界かもしれません。2007年に女性専用レズビアン風俗店「レズっ娘クラブ」をオープンした御坊さんの著書『すべての女性にはレズ風俗が必要なのかもしれない。』から、レズ風俗とは何か、どんな女性が利用しているのかなど、まったく知らない人にとっての“気になる”を紹介します。


ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイ・ワイキキを味わい尽くしたい人へおすすめ。“シンプルリッチ”なハイアット

ハワイへ行ったら買い物やグルメを存分に楽しみたい――そんな人へおすすめなホテルが、ワイキキ クヒオ通りの中心にある「ハイアット セントリック ワイキキ ビーチ」。オフィスビルとして使われていた建物が、2017年1月、22階建てのスタイリッシュなデザイナーズホテルとして生まれ変わりました。