誰かに幸せにしてもらう、ではなく、自分で自分を幸せにする

誰かに幸せにしてもらう、ではなく、自分で自分を幸せにする

自分で自分を幸せにするスキル、持っていますか? 誰かに幸せにしてもらうものではなく、自分で幸せになる、のが幸せの本質だと私自身は考えます。それがなぜ良いのかという”メリット”と、どうやって幸せになるのかという具体的な”メソッド”を女性目線でご提案します。


◼︎幸せは誰がくれるのか?

多くの人は「幸せになりたい」という願望を持っているはず。

幸せってなんでしょう。幸せの象徴として、よく「結婚」が挙がります。プロポーズをするときに男性が口にする「幸せにするから結婚してください」も、定番(?)のセリフ。

では、そもそも幸せって、そんな風に人からもらえるものなんでしょうか。

愛する人とずっと一緒にいられることはもちろん幸せなことですし、この人なしでは生きていけない! というほど人を愛せるのも素晴らしいことだと思います。

しかし、「幸せを人から与えらえる」=「その人がいないと幸せではない」となると、自分の幸せは相手次第ということになります。

果たしてそれは良い状態なのでしょうか。

◼︎「自分で自分を幸せにする練習」をしよう

自分で自分を幸せにできる力をつけないと、誰と一緒にいようと、どんな状況になろうと、幸せであり続けるのは難しい。

特に女性は、結婚や出産、育児、体力の変化などがあり、人生のなかで男性と比べて、多くの変化を体験しやすいといえます。

刻々と代わり続ける状況の中で、常に自分を幸せにしていられることは、実はとても難しい。

結婚して仕事を辞めなくてはいけなくなったり、自分がやりたいことが育児でできなくなったりしたときに、「幸せにしてもらう」と思っていた女性は、「こうなるはずじゃなかった」と思ってしまいがち。

しかし、「自分の幸せは自分でつくるもの」という意識があれば、すべては能動的な思考と行動に変わっていきます。

自分が幸せになるための選択肢として、独身でいること、または結婚すること、出産することetc.を選び取ったのだから、今の状況からさらに幸せになるために、どのようなアクションを起こそうか、何をしているときに幸せを感じられるのかと考え、それに向けて努力をするのは楽しい時間になるはずです。

何より、自分にとって本当の幸せが何かを知っているのは、この世で自分ひとりだけですから。

◼︎自分を幸せにする力があれば、周りも幸せにできる

私自身、結婚を考えたとき、「幸せにする」と言うことにも、言われることにも違和感を感じていました。「自分を幸せにできるのは自分だけなのに、相手にそんな傲慢なことは言えない」と思っていたからです。

お互い自分で幸せになる努力をしながら、一緒に支え合って生きていけるのが幸せだと思っています。

そして、もうひとつ、私が大事にしている考え方は、自分が幸せでないと、自分が幸せにしたい人を幸せにはできないということです。

家族や友達が幸せなら、自分は不幸でも良いとは思いません。私が不幸だと、家族は幸せではないでしょうし、困っている友達を助ける余裕を持っていられないと思うからです。

まったく簡単ではないことですし、私自身も、日々努力が必要ですが、少しずつ鍛えることで考え方を変えるのが上手になっていきます。

体を変えるダイエットは時間がかかりますが、頭の中は変えようと思えば、いつでも変えられます。

◼︎「自分を幸せにする」考え方は、仕事にも応用できる

「自分ひとりでも幸せでいる」努力は、結婚や恋愛だけでなく、仕事においても役立ちます。

ミスをしたり上司や得意先から不条理な扱いを受けて落ち込んだりしたとしても、そのネガティブな感情にいつまでも捉われて、「不幸な自分」をつくるのではなく、受け止めた上で乗り越え、次につなげられるポジティブな自分をつくれる練習を積み重ねていくことで視野が広がります。

ポジティブなマインドでいることで気持ちに余裕が生まれ、困っている仲間を助けたり、余裕を持ってリスク回避ができたりするかもしれません。

この記事のライター

アクセサリーブランドVIOLUKA(バイオルカ)代表兼デザイナー、マクロビオティック料理教室主宰、フードコーディネーターなど。2児の母。

関連するキーワード


人生を好転させる

関連する投稿


人生好転・はじめの一歩は「他人の意見を捨てる」こと

人生好転・はじめの一歩は「他人の意見を捨てる」こと

人生好転を望む人が、最初にすべきこととは――。秋も深まり、季節の移ろいを感じられるこの季節は、自分の人生を振り返るのにもってこいの時期です。今回は「他人の意見を捨てる」をキーワードに、人生好転のヒントを探ってみましょう。


あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

あなたはモヤモヤしたときどうしてますか?【経沢香保子】

モヤモヤを感じることは誰にだってあるだろう。モヤモヤとどう付き合うか、は自分で決められる。モヤモヤしたとき、それは、次の成功へ向けた土台作りを始めるタイミング。自分を見直し、バージョンアップする点検の時期として活用すれば、さらに、豊かな人生が開くはず。


直観力を活かして人生を好転させる

直観力を活かして人生を好転させる

『直観力』はメンタリストとして多方面で活躍しているDaiGoさんの著書。なんとなくあやふやな「直観」も、メンタリストDaiGoさんの解説を読むと信頼できる判断材料のひとつなんだとわかります。今回は本のご紹介をしつつ、直観の活用法をご提案します。


手帳はデジタル派ですか、紙派ですか?【経沢香保子】

手帳はデジタル派ですか、紙派ですか?【経沢香保子】

予定管理はデジタルツールひとつ、という方は多いのでは。そんななか、あえて手帳を使うことを勧めたい。夢や目標を叶えるための計画を考え、手帳に書き出し、常に見返そう。そんな習慣を持つことで、人生は自分のシナリオ通りに進んでいく、と実感できるはず。


引き寄せの旅を記憶に定着させる簡単な方法

引き寄せの旅を記憶に定着させる簡単な方法

旅を自分だけの素敵な物語にする方法って? ベストセラー作家、山崎拓巳さんが初めて書いた旅の本『大切なことに気づく 引き寄せの旅』から特別に、「引き寄せの法則を起こす旅のレシピ」を数回の連載として公開します。


最新の投稿


シャンプー後に使うだけ。白髪を徐々に染め上げるヘアカラートリートメント

シャンプー後に使うだけ。白髪を徐々に染め上げるヘアカラートリートメント

コーセーは、“Sea(シー)&Spa(スパ)”をコンセプトとする化粧品専門店向けブランド「プレディア」から、シャンプー後に使用することで、白髪を徐々に染めながら、ツヤのある美しい髪色にみちびく「プレディア ヘアカラートリートメント」を、2018年1月16日から全国の化粧品専門店で発売開始します。


『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話あらすじ - 子どもを奪われた母の苦しみ

『監獄のお姫さま』第6話のあらすじや感想(ネタバレあり)をお届けします。キャストは小泉今日子、満島ひかり、伊勢谷友介ほか。しのぶの息子・勇介が吾郎に引き取られ、勇介ロスに陥ったカヨたち。一方、吾郎からはなかなか真相を聞き出すことができず……。


フランス女性の朝食はシンプルで体想い

フランス女性の朝食はシンプルで体想い

フランス人の朝食は甘いものが定番。焼きたてのクロワッサンやパン・オ・ショコラにカフェオレなど、イメージそのものとも言ってもよさそう。しかしフランス女性の朝食内容を覗いてみると、シンプルだけど体のことを想ったメニューであることもわかります。今回は気軽に取り入れることができる、フランス流の朝食をご紹介します。


浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

浮気で後悔しないために知っておくべき4つのリスク

軽い気持ちで浮気すると、大きな後悔をしてしまうかもしれません。今回は、浮気で後悔しないために知っておくべきリスクについて解説します。


【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

【プレゼント】サントリー美術館「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」が11月22日から開催

六本木開館10周年を迎えるサントリー美術館が、2017年11月22日(水)から2018年1月28日(日)まで、「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」展を開催。


おっぱい

MENU

DRESS部活