パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

パートナーの愚痴ばかり言う人は、自分の評価を下げている

のろける人があまりいない。それはのろけると相手の気分を害してしまうと思っているからではないだろうか。ならば謙遜して、自分が本当は思ってもいないようなことを言うのが正義なのだろうか。


「女子会」も年齢を重ねると話の内容は変化してくる。

30代にもなれば、子供や保険、健康の話が主になってきて、本当に「女子会」ではなく「婦人会」と呼ぶべきだなあ、と思ってしまう。

しかし、変わらず話の中心になるのが、好きな人や彼氏、夫の話だ。

好きな人について話しているときは、相手は自分のことをどう思っているのか、どうやったら両想いになれるかなどキラキラした話題が多いが、彼氏や夫となると、愚痴ばかりになり、どこか場もくすんでくるような気がする。

……昔はあんなに好きだって言ってたのに? 愚痴しかないの?

■「のろけ」はうっとうしい?

振り返ってみると、のろけってあまり聞いたことがない。というより、自分に関すること、周りにいる人たちについて褒めることがほぼない。

例えば、「お子さん、かわいいですね」と言ってもなかなか「そうでしょう? とてもかわいいんです」という言葉が返ってくることは稀だ。こうした返事をしてきたとしても、その人はどこか申し訳なさそうな表情をしている。

恋人についてもそうだ。「優しそうな人だね」「カッコいいね」と言っても、「そんなことないよー! あの人ったらね……」と愚痴になる。

本当に愚痴を言いたいなら別だ。相談に乗れることもあるかもしれない。しかし、無理をさせていないだろうか。

「ここで彼を誉めたりしたら、空気読んでないって思われないかな。引かれたりしないかな」と。

■「愚痴は盛り上がる」は良い文化か?

恋人の愚痴についてひとつ話せば、「私のところもそうなの!」「本当に困るよね」「どうしたらいいんだろう」と会話が転がりやすい。

ところが、恋人を褒めたところで、「へえ、そうなんだー、いいね」となるだけで、褒めの同調は起こらない。そこで「私の彼もこんなところが素敵でね……」とはならないのも不思議なところである。

でも、これは日本人に顕著なことのようで、外国の人と話すと「どうしてそんなこと言うの? 君は彼のことが嫌いなの?」と悲しそうな顔をされてしまう。彼らはとても素直に恋人のことを褒めるし、褒め慣れているからか自然。

日本は謙遜しすぎて、素直に褒めるのが下手だし、「愚妻」だとか「愚作」と自分の周りのものまで一緒にへりくだって伝えがちだ。

■身内や恋人は自分の所有物? いいえ、他人です

「うちの夫が」「うちの妻が」と言うけれど、夫婦は一番身近にいる他人だ。パートナーについて悪く言うことで、自分の評価も下げる。

言いすぎかもしれないが、「この人は誰かのことを平気で悪く言える人なのだなあ」、なんて。謙遜をするのが当たり前という風潮だけれど、しすぎると自分の足を引っぱることになる。

自分の身近な人の長所を端的にプレゼンできるほうが、他のことについても公平な目で見ている人だなあと思われるのではないだろうか。

そもそも、その場の空気に合わせようとして、思ってもいないことを言うのは嘘を吐いているということにはならないのだろうか。同調圧力が真実を言うことを阻む。そもそもそんな空気を生み出してしまう場所が悪だ。

私だったら、自分の妻のことを「愚妻」などと空気を読んで言う男性とは結婚したくないし、もし言っていたのがわかったら、「自分に見る目がなかったんだな」と素直に別れを告げるようにしたい。

この記事のライター

シナリオライター。1982生まれ、大阪府出身。大学卒業後、2006年よりライターとして活動を始める。現在は胃が虚弱な痩せ型男性と暮らしながらラブストーリーについて考える日々。焼き鳥とハイボールと小説、好きなアイドルのライブに...

関連するキーワード


恋人 結婚

関連する投稿


漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思う前に、結婚したい理由を考えてみませんか?

漠然と「結婚したい」と思っているなら、まずすべきは結婚したい本当の理由を導き出すことではないでしょうか。やみくもに動いて時間をムダにする前に、「なぜ自分が結婚したいと思っているのか? 結婚してどうなりたいのか?」を、最初に考えて、本当に結婚すべきなのかどうなのか、決めるのが良いと思うのです。


夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

夫婦になるなら、お金と真剣に向き合う【成功する結婚#4】

結婚して一緒に住むということは、生活のあらゆる面を共有するということでもあります。「金銭感覚の違い」は放置しておくと結婚生活に大きなストレスをもたらすことも。プレマリッジ・セミナーでは、まずお金についての話をするときにまず知っておきたい「マネー・パーソナリティ」を紹介しています。


“輝く女性”は幸せになれたのか

“輝く女性”は幸せになれたのか

“女性が輝く社会に”安部政権が掲げたマニフェスト。 確かに稲田朋美防衛大臣や小池百合子東京都知事、蓮舫民進党代表など、政治の世界で要職に就き活躍する女性や、企業の管理職や経営者になる女性も増えました。そんな”輝く女性“のロールモデルのような存在になれた女性たちは幸せを感じているのでしょうか。3人の女性を取材しました。


「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

「当たり前」という呪いが、私たちから「恋」を奪う

結婚しなくちゃいけない、と思ってしまっている。結婚するために出会って、恋をして。でも、その恋は、10代や20代のときの恋よりも楽しいものだろうか。結婚するまで続く、生活のパートナー探し。


40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40代以上でも結婚したいと望まれる女たち

40歳を過ぎても「結婚したい」と望まれる女性の特徴とは一体なんなのか。結婚という決断を下さずに、女性との恋愛関係を続ける男性が多い中、40歳以上で結婚をした女性たちの何が男性の心を掴んだのでしょうか。40歳を過ぎてから結婚した、3人の大人女性にお話をお聞きしました。


最新の投稿


バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

バツイチ女性、年下男性の気持ちが知りたい【大人のお悩み相談室 #4】by サツキメイ

DRESS公式占い「愛を引き寄せる星占い」でもおなじみ、占い師・サツキメイさんによる連載「大人のお悩み相談室」。生き方や働き方、恋愛、結婚etc.迷える女性たちの相談にのっていただきます。お悩みを丁寧に受け止め、寄り添いながら回答してくれる、DRESS世代の占い師・サツキメイさんへのご相談、お待ちしています。


集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

集中ケアで、ほしい素肌を手に入れる。私が愛用するフェイスマスク

フェイスマスク、使っていますか? 肌の状態を良好に保ち、平日という「本番」に備えたい。そんな私はフェイスマスクをいくつか愛用しています。美容トレンドレポート「Beauty Trend 2017」によると、日米仏の3カ国で「フェイスマスク」がトレンドアイテムだそう。今回はフェイスマスクをテーマにお届けします。


女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器の悩みを深刻化させる一言「ヒダ(ビラビラ)大きくない?」

女性器に悩みやコンプレックスを持つ女性は、何を機にそれらを深刻化させてしまったのでしょうか。今回は、身近な人や信頼している人からかけられた「ヒダ、ビラビラが大きい」など何気ない一言がグサリと刺さって、「私の女性器は普通じゃないのでは……」と悩むようになった例をご紹介します。


見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味はない。自分を磨けば他人の目は気にならなくなる

見栄を張る意味なんてまったくない。SNSで見栄をはるためだけに無理にブランド物を買ったり、高級レストランへいったりする人がいます。女同士のくだらない見栄の張り合いをする時間があれば、自分磨きに時間をかけよう。自分に自信をつけることが一番大切なことだから。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


DRESS部活