MiMC代表・北島寿さんがきれいのために夜していること

MiMC代表・北島寿さんがきれいのために夜していること

オーガニックコスメブランド「MiMC」開発者であり、社長でもある北島寿(きたじま ことぶき)さん。きれいのために夜していることは何ですか?


夜、眠る前にすることは、翌朝のきれいにつながること。明日からのきれいを作ること。美しく生きる人に、「きれいのために夜していること」を聞きました。

「MiMC代表・北島寿さんがきれいのために朝していること」

■発芽玄米を食べる

玄米を食べるようになって20年以上経ちます。アメリカにいた頃も圧力鍋で炊いていたくらい。2009年からはお気に入りの電気ジャーで炊いています。圧力鍋で玄米を炊くと、時間の経過と共に玄米が“カピカピ”な食感になってしまうんです。

でも、今使っているジャーなら、炊いてから時間が経てば経つほど美味しくなっていく。炊いて3日くらい経つと、発酵が進んでいく様子もわかるんです。発酵玄米ってもち米みたいに甘みがあって、おこわみたいにもちっとして美味しいんですよ。

■ハーブチンキを飲む

ハーブチンキはハーブをウォッカに漬け込んだもの。ロックやソーダ割り、梅酒を加えて……など、その日の気分に合わせて、いろいろな飲み方をしています。寝る数時間前に飲むようにしていますね。

私が飲んでいるハーブチンキには、女性にとって“守り神”のようなホルモン、エストロゲンの量を安定させる効果が期待できるハーブがブレンドされています。代謝が良くてむくみにくい、健康的な体と美肌を目指しています。

■即席浅漬けを食べる


夕食の準備にあまり時間をかけられないときは、即席浅漬けを作ります。浅漬けのもとや麹などを入れた容器に生野菜を入れて、しっかり振るだけでできあがり。セロリやキャベツなどの硬めな野菜でも、すぐに浅漬けになるんです。生野菜は必ず摂りたいので、浅漬けのもとは慌ただしいときの頼もしい味方!

■熱いお湯に短時間浸かる

バスタイムが自分のためにだけ使える唯一の時間。ということもあり、お風呂ではいろいろやっています。たとえば、湯船には塩やひのきの木、クレイなど、必ず何か入れています。時間がないときはたとえ数分でもお湯に浸かって、“しっかり流す”ことを心がけています。

そういうときは、お湯の温度を42度くらいに熱くしています。熱いお湯に3分くらい浸かって、全細胞を自己修復させるよう、一気にスイッチを入れるんです(ヒートショックプロテイン効果)。

少し浸かるだけで、肩や首、ふくらはぎなど、体中の滞っている部位や冷えている部位に気づくはずですよ。それらの部位をお風呂でも、寝る前にでもケアするだけで、体の状態は大きく変わります。

■スキンケアの仕上げはオイル


お風呂上がりのスキンケアは、弊社のオイル「オーガニックオメガチャージ」だけで済ませることもあります。浸透性のオイルなのでベタつくこともありません。

化粧水をつけない日もあるくらいです。化粧水をつけるときはオイルでケアした後、化粧水をたっぷり含ませたコットンでパッティングし、顔の上に5〜10分くらい置いてコットンパックをしています。

オーガニックオメガチャージに含まれるオメガ3は、体内で作れないけれど必須なもの。食べ物で摂取したり、肌に塗ったりしないと足りなくなる脂です。

■無理のない程度に体を動かす

背中にテニスボールをぐりぐりと押し当てて、肩甲骨周りをよくほぐすようにしています。デスクワークが多いとどうしても凝ってしまうパーツです。

子供のおもちゃの棒が転がっていると、それを使って肩甲骨を回す動きをすることも(笑)。フラフープをすることもあります(笑)。日常生活の中でできる範囲内で体を動かすのが日課です。

■眠るときにアロマを焚く

アロマテラピー=脳のマッサージ、のようなものだと捉えています。そもそも人の大脳は、外側に理性を司る「大脳新皮質(新しい脳)」があり、内側に感情や本能、記憶を司る「大脳辺縁系(古い脳)」があります。

視覚に嗅覚、聴覚、触覚、味覚という五感のうち、嗅覚を除く4つの感覚から伝わった情報は、大脳新皮質を通った後、大脳辺縁系に送られます。つまり、古い脳を直接刺激できるのは嗅覚だけなんです。

日頃、私たちは考えすぎたり、起きたことを過去の記憶に結びつけたりして、脳を使っていますが、香りは理屈で考えるものではなく、「好き」「嫌い」など本能で感じるもの。

香りを嗅ぐことで古い脳を活性化させると、ストレス軽減の効果が期待できて、心身のバランスをとりやすくなると考えられています。日々の暮らしに香りを取り入れるのは、気軽にできることでもあるので、おすすめしたい習慣のひとつです。

北島寿さんプロフィール

株式会社MIMC(エムアイエムシー)代表取締役。化学を専門に研究していた大学院時代に化学物質過敏症になり、大学院卒業後、自然派化粧品会社に入社。その後、本物のオーガニックを知るために渡米。渡米中にミネラルメイクと出会い、MIMC.incを設立。世界で初めての日本人のためのオーガニックコスメブランド「MiMC」を立ち上げる。
http://www.mimc.co.jp/

Text/池田園子

この記事のライター

人生を自分らしく楽しむ大人の女性たちに、多様な生き方や選択肢を提案します。

関連するキーワード


きれい習慣

関連する投稿


ETVOS代表・尾川ひふみさんがきれいのために夜していること

ETVOS代表・尾川ひふみさんがきれいのために夜していること

ナチュラルサイエンスなスキンケアとクレンジングいらずのミネラルメイクの組み合わせを提唱するブランド「ETVOS」代表の尾川ひふみ(おがわ ひふみ)さん。きれいのために夜していることは何ですか?


MiMC代表・北島寿さんがきれいのために朝していること

MiMC代表・北島寿さんがきれいのために朝していること

オーガニックコスメブランド「MiMC」開発者であり、社長でもある北島寿(きたじま ことぶき)さん。きれいのために朝していることは何ですか?


美しい人に聞く、植村絵里さんの6のきれい習慣 #6 起業家

美しい人に聞く、植村絵里さんの6のきれい習慣 #6 起業家

植村絵里さんはクイックエステ「BeautiQ(ビュティック)」の創業者。美容業に従事している植村さんが実践するきれい習慣は、体と心を常にきれいで心地よい状態に保つものばかり。むくみを明日に持ち越さないために毎日行っているボディから、すべての健康と美につながる最も大事なことについて、余すことなく綴っていただきました。


きれいに生きる6つの習慣【岡本静香 連載 #5】

きれいに生きる6つの習慣【岡本静香 連載 #5】

美容家・岡本静香さんが実践する、運気を上げる習慣を5つご紹介します。今回はビューティから掃除まで「きれいに生きる」を実践する習慣です。


美しい人に聞く、永松麗子さんの10のきれい習慣 #5 ジュエリーデザイナー

美しい人に聞く、永松麗子さんの10のきれい習慣 #5 ジュエリーデザイナー

永松麗子さんは、デザイナーズジュエリーブランド「jewelGLAMOUR」のオーナーデザイナー。「自分にしか着られない服をまとう」「ジュエリーの重要性」など、女性の美しさを演出するジュエラーならではの美の習慣は必読です。


最新の投稿


エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏に人気のエスニックネイル。実は簡単にできます。マニキュアとプチプラ商品だけで素敵なエスニックネイルに仕上げる簡単なやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。今季エスニックネイルは特に人気で、100均でもたくさんのエスニックネイル風パーツが売られているので、チェックしてみてください。


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。