大人はくさい - 自覚してニオイ対策を最大限に

大人はくさい - 自覚してニオイ対策を最大限に

大人はくさい……。ニオイ対策をしないとまずい。大人になる前から気づいていたけれど、自分が大人になった今改めて思う、「大人はくさい!」という問題。認めたくはないけれど、歳を重ねるにつれ年々きつくなっていくニオイ。私はこんな対策をしています。


■大人のニオイはくさい

突然ですが、大人ってくさくないですか? 自分自身、いい年の大人になって、そう感じるようになりました。

加齢臭のような年齢によるものだけではなく、汗くささなどの年齢問わず発生するニオイまで、若い頃と比べると、だいぶ増しているというか。

アラフォー以上の方なら、なんとなくわかっていただけるのではないかと思いますが、自分自身のことを思い返していただくと、

・汗をかいたときの汗くささが昔よりもひどい、服までひどくにおう

・頭皮の汗の量も汗くささも、昔以上に増している

・朝の起き抜けの口臭は皆共通するものだけれど、それにしても、昔より今の方が確実にニオイがきつい

・ブーツを脱いだときの足のニオイが、昔とは比較にならないほどで気絶しそうなレベル

というように、足やワキ、頭、陰部、顔のアブラなど、昔から気になっていた部分のニオイが、年々きつくなってきていませんか?

電車で乗り合わせたニオイのきついおじさんなどの他人のことだけでなく、当社比、で考えても、おそらく大多数の方に思い当たるフシがあるのではないでしょうか。

■自分のニオイがきついなんて認めたくない? でも、くさいのは事実だから対策はマスト

白髪が生えてきた生き物は、もういつ死んでもおかしくない(くらい老化している)のだと、何かの本で読んだことがあります。

そう考えると、人間も、早ければ30歳前後から老化による白髪が生えるわけで、つまり、もうすでに、「まだ若い」だなんて思っていられない存在になっているということ。

それじゃあ、体のいろいろな機能が低下して、ニオイが発生するのも仕方ない。というわけにもいかないのが社会人であり、ニオイをそのままになんてしておけないし、しておきたくないのが女心。

正直、自分のニオイがきついだなんて認めたくない事実ではありますが、自分でも薄々気づいているということは、周りはニオイを感じている、ということ。

アラフォーの私も、例に漏れず「くさい大人」であるため、年齢による限界があるとはいえ、今の自分の生き物としての最大限のニオイ対策はしておきたいと思っています。

■最近心がけているニオイ対策

さて、そんなニオイ対策。最近はこんなことを心がけています。

巡りをよくする

木村瞳さんがきれいのために夜していること

https://p-dress.jp/articles/3945

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師の木村瞳さん。きれいのために夜していることは何ですか?

ニオイの原因のひとつは、体に溜まっている諸々の不要なものなので、それをいかにスピーディーに出すかが、私にとって最大の課題です。

適度に水分を取って適度に水分を排出し、また、食物繊維多めの食事をとることで、腸内のいらないものをいつまでも滞留させずにさっさと出す。

入れたら出す、出したら入れる、という"スムーズな入れ替え"を意識しています。

サービス業という仕事柄、というのもありますが、ニンニクなど体臭がきつくなりそうな食べ物は、極力とらないようにもしています。

また、湯船につかって汗をかき、体を温めることでコリをとりつつ血行をよくして、お湯の水圧とマッサージをすることで、その日のむくみも取り除く。

そうやって、宵越しの老廃物はもたない、という気持ちで、余計な物を溜め込まない体を目指しています。

先日アップされた、「きれいのために夜していること」のインタビュー記事内でご紹介しているお灸も、血行をよくしたり、むくみを解消したりするのに効果的でおすすめです。私はサロンでも家でもよく使っています。

ニオイが気になるところから汗を出さないようにする

先の「巡りをよくする」と、真逆のことを言っているようですが、ワキ汗のような、普通にしているだけでもニオイが気になる部分からは、汗を出さないようにしています。

私がワキ汗防止に使っているのは、「デトランスα」という制汗剤。こちらのデオドラント、本当に汗をかかなくなるすごいアイテムです。

効き目が強力なので、肌がかゆくなるなどの弊害も若干あるのですが、それを考慮してもなお、手放せない一品。

使用感などの詳細は、私のサロンのコラムに書いておりますので、ご興味のある方はこちらをご覧ください。

汗が気になるなら、かかなければいい!ワキ汗完全ストップ!『デトランスα』

http://cosmetic-muse.com/archives/2551

汗をかきにくくなるのではなく、汗をかかなくなる、デンマーク発のデオドランド『デトランスα』。日本未入荷のこの商品、真夏に顔や背中が汗びっしょりだったとしても、ワキからは汗が出ず、常にワキの肌はサラサラというすごいアイテム。気になる使用感をご紹介します。

■メンタル面での「くさい」対策も忘れずに

そして、「大人はくさい」問題の中でも、私たちが特に対策を怠ってはならないものが、

・ババくさい
・説教くさい
・嘘くさい

などの、メンタル面。

歳を重ねると、自分でも気づかぬうちに、こういう「くさい」がどんどん増長されていくので、物理的な意味だけでなく、精神的な意味でも嫌がられる存在となりかねません。

中でも、「面倒くさい」は、今までの努力も何もかも、すべてを無に帰す「くさい」ですので、これこそ真っ先に対策が必要。

これさえ押さえてしまえば、他の「くさい」も攻略できて、最大限のニオイケアができるはず。

大人のみなさまは、生物的な意味での実年齢を超越できる、メンタル面のケアもぬかりなくいきましょう。

【こちらの記事もおすすめ】自分の臭いが気になる人は「自己臭恐怖症」かも?

https://p-dress.jp/articles/768

自分の臭いが気になってストレスになっている女性からのご相談。「働くオンナのストレス相談室 #8」最終章となる今回も、ゲイの精神科医のTomyさんにお答えいただきました。自分の臭いが気になる人は「自己臭恐怖症」かも。そんな時は、身近な人と話して本当に臭っているか確かめるのと、気にしない柔らかな精神を持つことが大切です。

この記事のライター

美容鍼灸サロンコスメティックミューズ代表/美容鍼灸師。 自身のニキビや頬の毛穴に劇的な美容効果をもたらした美容鍼灸に心酔し、国家資格を取得。 「外見が、内面が、美しい人になる」をメインコンセプトに、美容鍼灸サロン経営・“...

関連するキーワード


大人のマナー術

関連する投稿


寿司のきれいな食べ方【大人のマナー特集】

寿司のきれいな食べ方【大人のマナー特集】

普段食べ慣れている日本料理。食べ慣れはしていますが「きれいに食べる」という視点で考えると、意外と知らないことが多いかも。今回は『イラストでよくわかる きれいな食べ方』のご協力のもと、正しいきれいな寿司の食べ方をご紹介します。大事な席で恥ずかしい思いをしないために、きれいな食べ方を学びます。


「レディファーストをしない男はけしからん」と言う女はけしからん!?

「レディファーストをしない男はけしからん」と言う女はけしからん!?

独身女性たちと話していて「付き合うならレディファーストできる男がいい」という発言をよく聞く。彼女たちが求めるレディファーストは、ドアをさりげなく開けたり、エスカレーターに先に乗せたり、道の車道側を歩くことなどである。しかしそうした要求があまりにも当たり前のように扱われてくることに疑問を感じる。


あなたは大丈夫? 大人なら知っておきたい洋食レストランでの食事マナー

あなたは大丈夫? 大人なら知っておきたい洋食レストランでの食事マナー

食べ方のマナーやレストランのマナーは人を不快にさせないためのもの。知っているようで知らないこと。知っていると心強いこと。ガチガチにルールやマナーに縛られることはないけれど豆知識以上、決まりごと未満くらいで少し覚えておくといいかもしれません。


ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナーを知って、レストランで恥をかかない

ワインのマナー、身についていますか? おしゃれなレストランやフォーマルな場へ行くと「これで合っているのかな」と悩むこともあるマナー。ワインを飲むことは日本ではまだまだ新しい文化の1つだと思います。難しいことはほとんどありません。ワインのマナーを少しずつ覚えて、自信を持って楽しみましょう。


ブーツとタイツの正しいマナーを身につけて。年末年始も靴で女の品格を上げる!

ブーツとタイツの正しいマナーを身につけて。年末年始も靴で女の品格を上げる!

ブーツやタイツは冬の必須アイテム。でもこの二つ、フォーマルなファッションではなく、防寒具だとご存じですか? 履いてもいいけれど「履き替え」を提案するのは、『すてきな靴が一歩ふみ出す自信をくれる』著者、横田真由子さん。靴で品格を上げる方法をご紹介します。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・後編「私は夫の家族、妻、親友。私がいなくなって、夫からすべてを奪うのは切なすぎる」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談後編。前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」に続き、ふたりのコミュニケーション法について迫る。


17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

17年秋冬の囲み目メイクは自然なのに目力しっかり。方法、アイテム、詳しく解説します

囲み目メイク、久しぶりにきてます。「目元がぼんやりしている」と感じている方はとくに嬉しい流れかも!? でも、イマドキの囲み目メイクは、昔の囲み目メイクとはちょっと違うみたい。今どきの囲み目メイクの方法、選ぶべきアイテムなど、詳しくまとめてみました。


射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

射手座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、射手座にとっては自分を解放することがテーマに。これまで上手くいかなかったこともすんなりクリアできるシーズンになりそうです。


山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

山羊座の運気を上げてくれるファッション【2018年上半期 恋愛・仕事・マネー運】

2017年下半期の星回りは、幸運の星・木星が天秤座に位置していたため、対人関係のコミュニケーションに重きが。しかし、2018年上半期は蠍座の木星効果が色濃く出てきます。そのため、山羊座にとってはが自分の世界を広げていくことがテーマに。思いきりが重要なシーズンになりそうです。


ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

ホテルニューオータニで秋メニューを楽しめる「サンドウィッチ&スイーツビュッフェ」

サンドウィッチとスイーツが35種も! 行列必至のビュッフェ、食欲の秋にいかがですか? ホテルニューオータニでは、ティー&カクテル「ガーデンラウンジ」で、窓一面に広がる日本庭園の紅葉を眺めながら優雅に楽しんで。


おっぱい