自分の臭いが気になる人は「自己臭恐怖症」かも?

自分の臭いが気になる人は「自己臭恐怖症」かも?

自分の臭いが気になってストレスになっている女性からのご相談。「働くオンナのストレス相談室 #8」最終章となる今回も、ゲイの精神科医のTomyさんにお答えいただきました。自分の臭いが気になる人は「自己臭恐怖症」かも。そんな時は、身近な人と話して本当に臭っているか確かめるのと、気にしない柔らかな精神を持つことが大切です。


■自己臭恐怖症とは

自己臭恐怖症(じこしゅうきょうふしょう)とは、自分の身体から発せられる臭いを、周りから「臭い」と思われていると思い込む症状のこと。別名、自臭症(じしゅうしょう)、自己臭症(じこしゅうしょう)とも呼ばれます。

自分の臭いのせいで「他人に迷惑を掛けている」「臭いのせいで嫌われている」と不安に思い、ひどければ恐怖感までもを抱きます。自己臭恐怖症になった人に「なぜそう思うのか」と質問してみると、周りの人が鼻のあたりを気にしている、咳払いをする、会話の最中に顔をそらしたなどの行動からそう思い込むことが多いようです。

今回の相談者も「自己臭恐怖症」の症状がみられます。

【相談したいストレス】 私の体臭が強くなってる? 周りの人がじろじろ見てきたり 鼻を触る仕草をするんです

カズミさん(仮名)
34歳 金融関係勤務


電車での通勤や、会社で机を並べて仕事をするのがストレスです。

自分の臭いのせいで、周りからじっと見られたり、鼻を気にするジェスチャーをされたり、咳き込む人もいます。どうにか自分の仕事はこなしていて、一人暮らしで不自由もなく、自立しています。

でも、友達がどんどん結婚して疎遠になっていき、仕事の忙しさや、恥ずかしさもあって人に相談できていません。社内にはそこまで親しい友人がいなくて、はっきり言われるのは怖いのですが、解決の糸口が欲しいと思っています。

もしかしたら「自己臭恐怖症」かも? 気が小さくてこだわりが強い人は 「ま、いっか」の精神を大切にね

Tomy@ゲイの精神科医


こういうお悩みでアテクシのクリニックに来る患者さんでも、本当に臭う方ってまずいないの。

人の評価が気になって自分を追い込んでる方が多いのよ。この症状は「自己臭恐怖症」と呼ばれているわ。

30代って仕事で肩書きがついたり、オンナは特にオンナのコぶって責任逃れっていうワザが使えなくなるトシだから、対人関係のストレスが増えやすい世代ね。

周りが結婚すると友達と話す時間が減ってバランスが悪くなることも。なにげないことと思うかもしれないけど、プライベートで人としゃべるって、ちゃんとセラピー効果があるのよ。

仕事以外に話せる友達を見つけて。

それから、臭いに悩んでるって家族に打ち明けて本当に臭ってるか聞いてみなきゃダメよ。家族にすぐ聞けなかったら親友とかね、信頼できる人に聞いて。

本当に臭っているなら、外科的な治療で解決できるんだから。それとも、本当は臭ってないとしたら、もともとの気質なので、考え方のクセを意識的に変えるといいと思うわ。

アナタ、気が小さくて控えめで、実はこだわりが強いタイプじゃない? 逆に「生きてるんだから匂ったって当たり前!」と思うのもOKよ! 

それでも気になるなら精神科や心療内科を受診してみてね。

■Tomyのアンチストレスメソッド

①自分が臭っている? という不安を家族や親友に話し、本当に臭っているか確かめる。人と話すセラピー効果を試してみて。
②気が小さくてこだわりの強い人が陥りやすい。「ま、いっか」、と思える柔らか精神を持ってね。

Text:Reika Nagata(Nananere!)
Illust:Aya Nodeki

■ゲイの精神科医 Tomyのプロフィール

Tomy/某国立大学医学部卒。精神科医として日々診察を行うほか、webサイトや自身のお悩み相談ブログでも悩める人々を救っている。「オネエ精神科医が教える壊れない生き方」(KADOKAWA/メディアファクトリー)

この記事のライター

某国立大学医学部卒。精神科医として日々診察を行うほか、webサイトや自身のお悩み相談ブログでも悩める人々を救っている。「オネエ精神科医が教える壊れない生き方」(KADOKAWA/メディアファクトリー)ほかの著書がある。

関連するキーワード


ストレス お悩み

関連する投稿


マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

マウンティング男子は「さしすせそ」で撃破すべし

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がられているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


ニコチン、タールを含まない、「吸うアロマ」感覚の電子タバコがいい香り

ニコチン、タールを含まない、「吸うアロマ」感覚の電子タバコがいい香り

近年めざましい進化を遂げる電子タバコにフォーカス。タバコとの違いを比較しながら、タールやニコチンを一切含まない、「ヘルシーなアロマ吸引器」と言っても過言ではない、新感覚の電子タバコを見つけたのでご紹介します。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


ストレス対策に役立つサプリの選び方【医師が解説】

ストレス対策に役立つサプリの選び方【医師が解説】

サプリメント、摂取していますか? 実は美容・健康だけでなく、摂取することでひいてはストレス対策につながるサプリメントがあります。サプリメントを賢く活用して、必要な栄養素を効率良く、摂り入れてはいかがでしょうか。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が解説します。


ストレスによって起こる症状と病気【ストレス診断チェックリスト付】

ストレスによって起こる症状と病気【ストレス診断チェックリスト付】

ストレスを感じ続けると、特定の症状や病気が引き起こされることも。ブレインケアクリニック院長の今野裕之さんが、ストレスによって起こる症状や病気を解説します。今、かなりストレスを感じているかも……と気づいたら、病院へ相談に行くのをおすすめします。


最新の投稿


川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん×夫 マサヒロさん対談・前編「もし妻が乳がんになったら。夫が備えておくべきこと」

川崎貴子さん(プロフィールは文章末尾に掲載)と夫・マサヒロさんの対談。今年1月、貴子さんは乳がんの宣告を受け、手術・治療中であることを告白した。妻が乳がんをわずらうと、思い詰めてしまう夫もいる。川崎夫妻はどのようにして乗り越えてきたのだろうか。


私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

私が愛するヴィンテージ腕時計が与えてくれた心の余白

ヴィンテージ腕時計についての、ロマンを感じる物語をお届けします――。新しい生き方、働き方「パラレルライフワーク」を実践する中里 彩(なかざと あや)さんによる、生き方・働き方をテーマにした連載。第3回目の今回は中里さんが身につけている、思い入れのあるヴィンテージ時計について綴っていただきました。


秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

秋肌に透明感を! 大人のくすみ対策プログラム【美活手帖#7】

夏が残していった紫外線ダメージ。秋が連れてくる無慈悲な乾燥。そして、カサカサどんより冴えない肌。さあ、悩めるくすみ肌をいたわり、透明感を取り戻すお手入れに注力する時がやってきました。ご用意したのは6つのメニュー。脱ぐ、満たす、補う、包む、巡らせる、うるおす。肌とじっくり向き合って、効果的にお手入れを組み合わせてみて。


クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

クリエイティブは「自分が好きなことをできる場所」から始まる【ジルデコchihiRo×中山シェフ対談】

ジャズバンド「JiLL-Decoy association」のボーカルを務めるchihiRoさんがホスト役となり、同じく「ものづくり」に携わる方を招き、ものづくり、クリエイティブをテーマに語らう本対談企画。第2回では、フランス・パリの名店「Restaurant TOYO」のオーナーシェフ、中山豊光さんをお招きしました。


女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

女性として、母として気になる衆院選。1票の重みを感じながら投票に行く【わたしの選挙#1】

10月22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙。選挙ポスターに込められたメッセージ、同じ女性であり、中には母親業と両立する候補者の活動が気になる、という木村えりなさん。自身も働く女性で、ふたりの娘さんのお母さん。今回の選挙をどう見て、考えて、政治を通じてどんな未来を望んでいるのか。率直な思いを綴っていただきました。


MENU

DRESS部活