ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフを結ぶだけ。スカーフバッグの作り方【デキる女の決断クローゼット #21】

ビンテージスカーフといえば、インパクトのある色使いが魅力的なアイテム。カラフルな色を取り入れたファッションが復活した今年、コーデの一部として取り入れると、華やかに旬な雰囲気を楽しめます。ビンテージスカーフを結ぶだけでできるスカーフバッグの作り方をご紹介します。


■ビンテージスカーフって?

「ビンテージスカーフ」とは、どのくらい古いスカーフを指すのでしょう? スカーフの歴史はなんとローマ時代までさかのぼり、男性が首やベルトに巻くなどの装飾品にしたのが始まりと言われています。

第二次世界大戦後、戦勝国のアメリカの富裕層を中心にクレージュやディオールといったメゾンのプレタポルテ(既製服)の人気が高まりました。

当時のファッション誌などでは、濃いメイクとゴージャスなドレスに華やかなスカーフを巻いたモデルの姿を見ることができ、時代の勢いや華やかさを感じます。

今、私たちがビンテージショップで見かけるスカーフも、1960年以降に作られたものが多く、通常はこの年代以降のスカーフを指すことが多いようです。

■人とかぶりにくい、ビンテージスカーフの魅力

ビンテージスカーフは、デザインや染色に手間暇をかけて作られており、現代の大量生産品のように同じものがほとんどないので、人とかぶらないおしゃれができるのも魅力。

さて、2017年春からファッションの傾向は、華やかで装飾的なものへと大きな転換期を迎えています。盛り袖やフリルなどの女性らしいディティールや、ピンク・イエローといったカラフルなスカートなども目につくようになり、久しぶりに色の世界が戻ってきました。

そんな中、インパクトのある色使いが魅力のビンテージスカーフが、とても新鮮に見えます。そこで今日は、ビンテージスカーフを使って、かんたんにカラフルなバッグをつくる方法をご紹介します。

■ビンテージスカーフを結ぶだけ! 「スカーフバッグ」の作り方

1、正方形のスカーフの四隅を結ぶ
2、結んだ端同士をさらに結ぶ
3、もう片方の端同士を結ぶ

「作る」というほどのことでもないですね(笑)。たったこれだけで、オリジナルの巾着バッグの完成です。

裏地をつけているわけではないので、重いものは入れないほうがいいと思いますが、お財布と携帯くらいで、身軽に出かけたいときにはぴったりです。

飽きたら結び目をほどいてアイロンをかければ、元通りになります。服の色に合わせて、手持ちのスカーフで作ってみるのも楽しいですね。

■魅惑のビンテージスカーフと出会えるショップも

今回使ったスカーフは、1900年代のニューヨークのテキスタイルデザイナー“VERA NEUMANN”のもの。ポップでモダンな幾何学模様が、古さを感じさせず今なお新鮮です。

ヴェラ・ニューマンをはじめ、コンディションのいいスカーフやドレスが探せるショップ「PHOTOS」は、豊富な品揃えで、スタイリストさんにも人気のヴィンテージショップ。

残念ながら実店舗は来月閉店予定とのことですが、ネットショップは継続するそうです。ふつうのマンションの1階の、かなりわかりづらい場所にありますが、そのわかりにくさが通っぽいですよね。よろしければ探検&宝探し気分でお出かけになってみてください。

「PHOTOS代官山店」 東京都渋谷区恵比寿西2-20-8 パーフェクトルーム103

この記事のライター

ファッションライター。 大手アパレルで16年間、ブランド管理や店頭指導などに携わる。 現在はフラワー装飾とファッション関連の仕事を兼務。 ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は、 40代ファッション人気ランキ...

関連する投稿


フランス女性の最愛小物「プリント柄ストール」でエレガンスを演出

フランス女性の最愛小物「プリント柄ストール」でエレガンスを演出

小物でおしゃれを楽しむのが上手いフランス女性の定番は「ストール」。中でもシンプルな装いに華やかさを添えてくれる「プリント柄ストール」は彼女たちにとって、なくてはならない存在といえそう。大人のフレンチエレガンスを極めるためには、こだわりすぎない巻き方やバランス作りがカギになります。


【おしゃれびとスナップ#28】美スタイルを叶えるストールのまといかた

【おしゃれびとスナップ#28】美スタイルを叶えるストールのまといかた

コートの上から体を包み込んで、ニュアンスをつけてくれるストール。デザイン×巻き方で、何通りにも着こなせるすぐれものです。連載「おしゃれびとスナップ」2017年12月第3週は「印象的なストール」をテーマにお届けします。


極寒でも優しげな雰囲気をプラス。カシミアストールで楽しむ冬の防寒コーデ

極寒でも優しげな雰囲気をプラス。カシミアストールで楽しむ冬の防寒コーデ

女は元来何かにくるまれたい、という願望を持って生きている。その願望を叶えてくれるのが大判のカシミアストール。滑らかで柔らかな暖かさと、羽織ったり巻いたり掛けたりと、そのマルチな便利さを一度知ってしまうと、二度と手放せないアイテムだ。カシミアストールを軸にした冬の防寒コーデをご紹介。


おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人の絶対条件は唯一無二の存在であること【デキる女の決断クローゼット #22】

おしゃれな人が持っているのは、唯一無二の存在感、つまりはその人らしさ。おしゃれとは差別化のこと、といっても過言ではありません。真におしゃれな人が持っている要素は、「人とは違う自分らしさ」ではないかと思うのです。


初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織もの、新定番は「ロングシャツ」【デキる女の決断クローゼット #20】

初夏の羽織ものといえば、ロングカーディガンタイプのものが定番でした。でも、今年になって大きな変化が! 旬はシャキッと感のあるロングシャツ。羽織もののニューフェースとなったロングシャツはとても優秀。どれだけ「使える」のか詳しくご紹介します。


最新の投稿


甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

甘酒処方のスキンケアでもっちり、うっとりな美人肌に

巷で大人気の甘酒がスキンケアアイテムに。メイクアップが、「甘美透酒オールインワン化粧水&オールインワン乳液」を新発売。オリジナルの甘酒処方でスキンケアを完了できる便利なアイテムです。化粧水・乳液の2種を展開しています。


7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

7種のプチシュータワーにあたたかチョコソースをかけた“ひやあつ”スイーツ

温かいチョコレートソースをかけて。撮ってもシェアしても楽しい、新作“ひやあつ”デザートが銀座コージーコーナーに登場! 1月19日より、限定店舗で、創業70周年記念デザート「苺のプチシュータワー~7色のアイス~」を期間限定販売します。


2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

2000円の恋、そして結婚【疲れない出会い】

『DRESS』1月特集は「疲れない出会い」。恋愛への入口となる「出会い」で、背伸びしたり、無理したり、取り繕ったり。自分を追い込んでつらいと感じているなら、がんばりすぎないで。背伸びせず、自然に過ごすなかで出会って、恋愛を経て結婚したふたりの事例をお届けします。今回は共通の知人を介して出会ったふたりをご紹介します。


あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

あなたを美しく魅せる「色」を見つける――流行にとらわれない大人のコスメ術

今回ご紹介するのは、”その人に似合う色”を診断する「パーソナルカラー診断」と、おすすめのコスメアイテムたち。流行の色を追いかけるのも良いけれど、自分に合う色を知ることで、さらに気分を上げることができるはず。


友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

友人知人に「友だちって何?」とメッセージしてみたら

『DRESS』1月特集は「トモダチってナニ?」。ときどき「大人になると友だちができない」という声を聞きます。友だちがほしいのにできない――そんな方は本特集にヒントがあります。友だち論や新しい友だちを増やせそうなスポットの紹介、友だちと一緒に過ごさないひとり時間など、友だちにまつわるあれこれを取り上げます。


おっぱい