美しい素肌のために「クレンジングをしない」勇気

美しい素肌のために「クレンジングをしない」勇気

クレンジングをしない、という選択肢なんて、以前は考えられなかった私。メイクがごっそり落ちる感覚はとても気持ちいいものですが、意外と肌へのダメージになっているかも……。なるべく負担をかけないようにするには? と思い始め、行き着いた結果は、「クレンジングをやめる」ことでした。


ここ1〜2年ほど、ベースメイクの購入・使用頻度が圧倒的に増えました。質感が苦手で敬遠していた日焼け止めを皮切りに、メイクアップベースやプレストパウダー、コンシーラーなど。

昔、バレエの発表会で顔や腕が真っ白になるほどファンデーションを厚塗りしてなんとなく感じた抵抗から、今でも化粧品で肌を覆いきることが苦手です。それこそ3年前までは化粧に関心がなく、洗顔料と基礎化粧品に多少気を使う程度でした。

「極力、いろいろとつけない」状態からのスタートだった私は、ベースメイクはとにかくすべて落としきらなければならない。と思い込んでいて、メイクがすっきり落ちるオイルタイプのクレンジングを安易に選択していたのです。

■オイルクレンジングで枯渇する皮膚

湿気の多い時期は気にならなかったのですが、昨年末、クレンジングによる影響が現れ始めました。洗い上がりのさっぱりとした感覚に加えて、肌がつっぱるようになったのです。しかも、浴室内で。

季節のせいだろう、とタカをくくって、洗い上がりがマイルドになるクリームタイプのクレンジングに移行しました。

実はもともと、皮脂が少ない乾燥肌。BAさんから、「乾燥肌の人がオイルクレンジングを使用すると、お肌を保護するために必要な皮脂まで取り除いてしまうので、使うのであれば、クリームやジェルタイプにしましょう」とアドバイスをいただき、それに従ったのでした。

しかし、乾燥が進行してしまった肌状態を持ち直すのは難しく、一向に改善しないどころか、ついには皮が剥けてしまうほど。

極度の乾燥は決して季節だけが原因なのではなく、もっと根本的なところ、つまりは自分の肌状態を見極めることにあるのだ……と、肌の状態がひどくなって初めて気づいたのです。

■スキンケアが超シンプルな母から得た、美しい素肌のヒント

皮膚科でスキンケアについて相談しようと思っていた矢先、身近に超美肌の持ち主を見つけました。誰かというと、なんとまさかの、アラ還に突入しようとしている私の母親。

年齢が年齢ですから、ほうれい線や多少のシワはあります。しかし、シミや毛穴はまるで見当たらず、全体的にキメの整った肌なのです。

母はまったく化粧をしません。昔モデルをしていた経験から、肌への負担を考え、化粧すること自体を敬遠しています。ファンデーションや下地はおろか、日焼け止めすら塗らないので、クレンジングを持っていません。

スキンケアは至ってシンプル。お風呂に入るときに石鹸で洗顔し、お風呂上がりに化粧水と乳液を塗るだけ。特別なことは何ひとつしていません。

一方、私はというと、クレンジングから始まり、洗顔料・化粧水・美容液・乳液・週に1〜2度はスクラブやフェイスパックをするなど、多くのものを使用しています。

「化粧をしないのであれば、クレンジングをする必要はないよね」と最初は思いました。そもそも母は恵まれた肌質なのかもしれません。しかし、「化粧をしないからケアが不要」なのではなく、「入念なケアが必要ない肌」を長年保っているのだとしたら……?

思い返せば、ベースメイクの増加とともに、基礎化粧品のラインナップも豊富になりました。それも「なんとなく良さそう」という理由で。

しかし、私の肌には、本当にこれらがすべて必要なのだろうか。あまりにも基礎化粧品に頼りすぎているのではないか?

母の生活習慣は美しい素肌をつくるためのヒントになるかもしれない! と思い始め、クレンジング使用の是非を含めて皮膚科医に相談してみることにしました。

■そして、クレンジングをしない生活に

「あなたのような乾燥肌の人は、とにかくしっかり保湿をしないとだめ。ウォータープルーフのベースメイクを使用しているわけではないから、わざわざクレンジングを使用しなくても、洗顔石鹸で充分に落ちます。

肌はターンオーバーで生まれ変わるものなので、多少の汚れはアカとして自然に剥がれ落ちていく。汚れが取れないことよりも、必要以上に洗いすぎてターンオーバーのサイクルを乱してしまう方が、皮膚に与えるダメージが大きい」

皮膚科医からいただいたアドバイスをもとに、さっそくクレンジングを使用しない生活を送っています。洗顔石鹸も、さっぱり洗い上げるものではなく、しっとりタイプのものに変更。今のところ、以前のように浴室内で乾燥することはありません。

お風呂から上がったあとも、化粧水と乳液を使用するだけです。ただし、種類はいくつか揃えていて、肌荒れによる炎症が気になるときは抗炎症作用があるもの、今は紫外線を多く浴びる時期のため、美白ラインの化粧水・クリームを取り入れるなど、状況に応じて使用するものを選んでいます。

以前は肌トラブルが気になる部分に色付きのメイクアップベースやコンシーラーを乗せていたのですが、肌を乾燥させず、保湿をキープすることで、気になる部分が目に見えて減りました。

現在のベースメイクは、UVカット機能のあるデイクリームを塗るだけで基本的には完結します。どうしてもテカりが気になるときだけ、プレストパウダーを軽く乗せます。

■必要なのは、優秀な基礎化粧品ではなく、強い素肌を育てること

■必要なのは、優秀な基礎化粧品ではなく、強い素肌を育てること

今までは、いかに優秀な基礎化粧品を揃えられるか、ということに心血を注いできましたが、基礎化粧品に頼りきり、外側からのケアに力を入れることよりも、肌本来の働きを強化し、保護することこそが美しい素肌をつくるための一番の近道。

基礎のしっかりしていない建築物がもろく崩れやすいのと同じように、肌という土台、肌の持ち得る機能にまず着目することが実は最も大切で、それができて初めて、必要なスキンケアを見極めることができるのではないでしょうか。

美しい素肌を長く保っていくために、ご自身の肌状態を一度、見つめ直してみてください。

この記事のライター

デジタルPRプランナーとして働く会社員。
リトル・ブラック・ドレスを愛しています。好きなブランドはYOKO CHAN。

関連するキーワード


洗顔 スキンケア

関連する投稿


自宅でエステ並のトリートメントを。1台に5役搭載のリフトケア美容器

自宅でエステ並のトリートメントを。1台に5役搭載のリフトケア美容器

1台で5つの役割を三角ヘッドにすべて搭載した、リフトケア美容器「エステアップV」がドクターシーラボから新発売。ホームユースでありながら、エステでトリートメントを受けたかのような、引き締まったハリのある肌へ整えます。


いつまでもきれいな人がやっている3つのケア【百木ゆう子】

いつまでもきれいな人がやっている3つのケア【百木ゆう子】

「いつまでもきれいな人」になる方法は簡単。一点ものの自分を大切に扱うこと。具体的には「肌・歯・髪」の3点を念入りに、丁寧にケアすることで、いつまでもきれいな人に見られるようになります。ケアをする上での注意点やそれら3点に加えてケアしたいパーツについても、詳しくご紹介します。


無添加スキンケアブランド「NOMAMA」から新作化粧水が登場

無添加スキンケアブランド「NOMAMA」から新作化粧水が登場

自然派スキンケア「NOMAMA」(ノママ)から「ナチュラルミックスローション FRESH」が新登場。水のようにさっぱりとしているのに、驚くほどの保湿力を誇る化粧水です。


トライアルキットの底力がすごい。大人肌向けキットを厳選してみた

トライアルキットの底力がすごい。大人肌向けキットを厳選してみた

トライアルキットの魅力はなんといっても、少量サイズの基礎化粧品をおトクに試せること。基礎化粧品選びの参考にしたり、一時的な肌トラブルのときに利用したりするほか、旅行用としても使えて何かと便利です。数々のトライアルキットを試した中から、大人の肌におすすめしたいトライアルキットを厳選してご紹介します。


【プレゼント】ネリウム モイスチャー アイブイ™ ブースト

【プレゼント】ネリウム モイスチャー アイブイ™ ブースト

目元をしっかりケア! ネリウム モイスチャー アイブイ™ ブーストをDRESSメンバーズの方3名様にプレゼントします。


最新の投稿


エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

エスニックネイルの簡単なやり方【マニキュアでセルフネイル】

夏に人気のエスニックネイル。実は簡単にできます。マニキュアとプチプラ商品だけで素敵なエスニックネイルに仕上げる簡単なやり方やコツを、豊富な画像で詳しく紹介します。今季エスニックネイルは特に人気で、100均でもたくさんのエスニックネイル風パーツが売られているので、チェックしてみてください。


“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

“水”にも注意!? 美髪を作る正しいシャンプーの方法

美髪になりたい方へ。まずはシャンプーの方法を見直してみませんか。美しく健康的な髪を作るには、髪の毛のみならず、地肌からのケアが欠かせません。むしろ地肌のケアこそ、とても大事です。美髪へ近づく第一歩として、シャンプーの正しいやり方をお伝えします。


映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『20センチュリー・ウーマン』感想。1979年、僕たちの特別な夏が始まる!

映画『人生はビギナーズ』で世界中から大絶賛を浴びたマイク・ミルズ監督の最新作『20センチュリー・ウーマン』が6月3日より公開中です! サンタバーバラを舞台に3人の女性とのさまざまな経験を経て大人へと成長していく少年のひと夏を描いた物語。今回は映画の魅力と感想を、アートディレクターの諸戸佑美さんに語っていただきました。


脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい人の傾向と対策

脚がむくみやすい、と感じる方は多いのでは。実際、女性の半数以上が脚のむくみを感じているとするデータもあります。むくみは美脚の天敵でもあり、巡りが悪い状態は健康にもよくありません。脚がむくみやすい人の5つの傾向と、むくみを取り除く対策を具体的にお伝えします。


運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人の共通点は「5つの感謝」

運がいい人には共通点があります。そのひとつは、いつも「感謝をしている」こと。それも、驚くほどに細かく、たくさんのことに対して心からの感謝をしています。今日は運がいい人になる、一番の近道となる「感謝」について考えてみましょう。


DRESS部活