ストレスによって起こる症状と病気【ストレス診断チェックリスト付】

ストレスによって起こる症状と病気【ストレス診断チェックリスト付】

ストレスを感じ続けると、特定の症状や病気が引き起こされることも。ブレインケアクリニック院長の今野裕之さんが、ストレスによって起こる症状や病気を解説します。今、かなりストレスを感じているかも……と気づいたら、病院へ相談に行くのをおすすめします。


ストレスを感じると起こる症状や病気

上司や部下との人間関係や、恋人や家族との意見の食い違いなど、対人関係においてストレスを感じている人は多いのではないでしょうか。今回は、ストレスによって引き起こされる症状や病気をご紹介します。

人前に出て話をしたり、話しにくいことを誰かに伝えたりするときなど、脈が速くなったり手が震えたりした経験はありませんか? これは体が無意識にストレスを感じているから。

脳が「ストレスがかかった!」と判断すると、これに対処するために交感神経という神経を働かせ、体がアドレナリンをはじめとしたいわゆるストレスホルモンを分泌するためです。

ストレスを感じると、血圧が上がる・脈が速くなる・呼吸が速くなる・手足が震える、手足が冷えるなどなど、さまざまな変化が体に現れます。精神的には不安やイライラ、落ち着かなさが現れます。

逆にいえば、このような症状が現れているということは、脳がストレスを感じているということ。これがひどくなるといわゆる「パニック発作」につながります。

意識してリラックスしたり、前回の記事「考え方を見直す」だけでストレス対策になるのように考え方のクセを見直すなどの対策を、より積極的に心がける必要があります。

長期間ストレスが続くと起こる症状や病気

ちなみに、これらの変化はストレスを感じ始めた初期の症状です。ストレスが長期間続いた場合、体がストレスに対抗できなくなってきます。

朝なかなか起きられない、疲れが抜けない、午前中は頭が回らない、体に力が入らない、頭が重い、食欲がない、過食してしまう、意欲がなくなり人と会いたくなくなる、うつっぽい……こういった症状は交感神経が十分に働かなくなる結果として起こります。

このような症状が現れてきたら、体は相当疲れていると判断した方が良いでしょう。働き方や人間関係など、ストレスになりそうな要因を見つけたら、そこから距離をおいてしっかり休養し、体を回復させることを最優先にしましょう。

そのままストレスを放っておくと、じんましんやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の悪化や、胃潰瘍、過敏性大腸炎、高血圧、うつ病、不眠症、メニエール症候群など、さまざまな病気につながることもあります。

一度病気になると回復するまで時間がかかりますから、「まだ大丈夫」と軽く考えず、早めに対処することが必要です。

ただし、ストレスの原因が仕事や人間関係であることが明らかであっても、仕事を辞める、恋人と別れるといった重要な決断をすることも、非常に大きなストレスになります。

とりあえずは解決を後回しにしておきましょう。ある程度体調が落ち着いてから、家族や友人など信頼できる人と相談しながら慎重に進めてください。

ストレスセルフチェックリスト

以下はストレスがかかったときに起こる症状の一覧です。当てはまるものがあればチェックしてみましょう。当てはまる数が多いほど、ストレスがかかっている可能性が高くなります。

(1)不安やイライラ感がある
(2)落ち着かない、集中できない
(3)憂うつな気持ちになる
(4)意欲がわかない
(5)緊張しやすい
(6)よく眠れない
(7)朝なかなか起きられない
(8)食欲がない
(9)下痢や便秘になりやすい
(10)疲れやすい、体が重い
(11)頭痛や肩こりがある
(12)動悸やめまいがする

これらの症状が2週間以上毎日続いていたら、うつ病なども疑われます。一度精神科や心療内科に相談してみることをおすすめします。

セミナーのお知らせ

私が院長を務めるブレインケアクリニックでのセミナーの日程です。

6月9日:できるだけ薬に頼らず治したい! 「うつ病」改善セミナー
6月30日:栄養療法による発達障害の治し方(1) ADHD (注意欠陥多動性障害)
7月4日:40才からはじめる認知症予防セミナー(5) ストレスの減らし方&脳の休ませ方
7月21日:栄養療法による発達障害の治し方(2)〜アスペルガー症候群・自閉症スペクトラム障害〜

ブレインケアクリニック|新宿 四谷三丁目 精神科・心療内科・認知症予防

http://brain-care.jp

新宿・四谷三丁目の心療内科、精神科、認知症予防「ブレインケアクリニック」です。脳と心の理想的な健康や、認知症発症予防を目指します。認知症の検査や予防だけでなく、栄養療法や点滴療法、広範囲な抗加齢に対するメニューや、精神科や心療内科の保険診療も行っています。

この記事のライター

ブレインケアクリニック院長。精神医学とアンチエイジングに関する知識と豊富な臨床経験を背景に、体に優しい心の治療を実践。

博士(医学)、精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本抗加齢医学会専門医、医療法人幸和会 美咲クリニック顧問、瞳美容研究所顧問

関連するキーワード


ストレス

関連する投稿


ニコチン、タールを含まない、「吸うアロマ」感覚の電子タバコがいい香り

ニコチン、タールを含まない、「吸うアロマ」感覚の電子タバコがいい香り

近年めざましい進化を遂げる電子タバコにフォーカス。タバコとの違いを比較しながら、タールやニコチンを一切含まない、「ヘルシーなアロマ吸引器」と言っても過言ではない、新感覚の電子タバコを見つけたのでご紹介します。


ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。


ストレス対策に役立つサプリの選び方【医師が解説】

ストレス対策に役立つサプリの選び方【医師が解説】

サプリメント、摂取していますか? 実は美容・健康だけでなく、摂取することでひいてはストレス対策につながるサプリメントがあります。サプリメントを賢く活用して、必要な栄養素を効率良く、摂り入れてはいかがでしょうか。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が解説します。


「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

ストレスを感じやすい人は、対策としてまずは考え方を見直すことから始めましょう。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が、精神的なストレスを和らげるコツを「認知の歪み」について解説しながら、ご紹介します。


精神科医が愛用する、おすすめの快眠グッズ10選

精神科医が愛用する、おすすめの快眠グッズ10選

プロがおすすめする快眠グッズ、知りたいと思いませんか? さまざまな不眠症に対処してきた精神科専門医・今野裕之先生が、自身が愛用するおすすめの快眠グッズを、余すことなく教えてくれました。自分に合うものがあれば取り入れて、快眠生活を目指しましょう!


最新の投稿


ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ、人気の「ほうじ茶ラテ」が再発売に

ハーゲンダッツ ジャパンは、ほうじ茶の香り高い味わいを楽しめるハーゲンダッツ ミニカップ「ほうじ茶ラテ」を期間限定で、10月31日より全国で発売します。


美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

美人度を上げる、ブラウンアイシャドウパレットの選び方

ブラウンアイシャドウパレットはメイクの定番品。使いやすく、メイクもキマるように思えるけれど、顔色がくすんで見えたり、お疲れ顔に見えたり、単なる地味な人になってしまったり……。「私ってブラウンメイクが似合わない」と思うことはありませんか? 話題の「瞳の色診断」で、自分にベストなブラウンを見つましょう。


【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

【MBA的恋愛学#6】「男を見る目」は必要ない~「現在価値」で見極める結婚相手

「MBA的恋愛講座」では、知っておくとちょっとモテる、経営学仕込みの恋愛テクニックを披露します。今回ご紹介するvol.6はファイナンスの「現在価値」という考え方を使用した、長くお付き合いしているのに結婚してくれなそうな彼の見極め方についてです。


フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

フェードアウトしていった男性と復縁したいなら"プライド"を利用する

付き合っていると思っていたのに、いつの間にか距離を置かれてしまった……。理由もわからず離れていかれるのは悲しいことですが、そこには男性のずるい下心があります。復縁したいなら、そんな男性のプライドを上手に刺激して、ふたたび手に入れたいと思わせるのがポイントです。


【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

【おしゃれびとスナップ #16】素材と柄を変えるだけで、たちまち秋コーデに

夏をまだひきずった天気でも、素材や柄を工夫すれば、秋らしい装いに。連載「おしゃれびとスナップ」2017年9月第3週は「夏から秋のスライドコーデ」をテーマにお届けします。


DRESS部活