「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

「考え方を見直す」だけでストレス対策になる

ストレスを感じやすい人は、対策としてまずは考え方を見直すことから始めましょう。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が、精神的なストレスを和らげるコツを「認知の歪み」について解説しながら、ご紹介します。


現代人は多くのストレスに囲まれて生きています。とはいえ、ストレスに強い人と弱い人がいるのも確か。その差はどこにあるのでしょうか。また、どうしたらストレスに強くなるのでしょうか。今回は、精神的なストレスを和らげるコツをお伝えします。

ストレスも考え方次第

たとえばこんなシチュエーションを考えてみましょう。あなたは渋谷に買い物に出かけました。人混みの中を歩いていると、思いがけず友人の顔を見つけました。

嬉しくなったあなたは、友人に向かって手を振り、声をかけました。でも、なぜか無反応。一生懸命声を張り上げましたが、こちらを見ることもなく友人の姿は見えなくなってしまいました。

さて、もしあなたがこんな状況になったらどんな気持ちになるでしょうか?

「わざと私を無視したの?」と怒ったり落ち込んだりする人もいるでしょうし、「人が多かったから声が聞こえなかったのかな?」と思って気に留めない人もいるでしょう。

事実としては、「友人に声をかけたが、返事を返してくれなかった」ということだけですが、人によっていろいろな捉え方ができます。そして、その捉え方によって気分は大きく影響を受けます。

捉え方はもちろんその人の自由。しかし、もしあなたがネガティブな気持ちになりやすいとしたら、その原因のひとつは物事に対する捉え方かもしれません。

人にはそれぞれ考え方にクセがありますが、ネガティブになりやすい人は、否定的な考え方をするクセが強い場合があります。これを専門用語で「認知の歪み」といいます。

ネガティブになりやすい考え方のクセ:「認知の歪み」とは

認知の歪みには、以下のようなものがあります。

1)白黒思考:物事を白か黒かの極端なふたつの見方でしか考えられない。
例.ひとつ失敗をしただけで、「すべてうまくいかない!」と思う。

2)心の読みすぎ
例.人と話しているとき、あまり関心を示してくれないように思い、「この人に嫌われているに違いない」と思い込む。

3)感情的理論:自分の感情が現実を表している。それがあたかも事実のように思ってしまう。
例.「自分は不安でいっぱいだ。だから、何をやっても失敗してしまう」

4)自己関係づけ:何か良くないことが起こったとき、自分に責任がなくても、何でも自分のせいにしてしまう。
例.「会社のプロジェクトが上手くいっていないのは、全部私の責任だ」と考える。

5)極端な一般化:なにか一つ嫌なことがあると「何をやってもうまくいかない」、「どうせ自分はダメな人間だ」と結論づけてしまう。さらに極端に考えると「レッテル貼り」と呼ばれる。
例.友達に遊びの誘いを断られると、「みんな僕のことなんて、嫌いなんだ! 誰も僕のことが好きな人はいない」と考える。

6)心のフィルター:ひとつの失敗や良くないことにこだわってしまい、他のことに目が向かなくなる。
例.周りの多くの人が褒めているのに、ひとりの相手から言われた些細なことを気にしてしまい、「自分はダメな人間だ」と思ってしまう。

7)「すべし」思考:何かをする時に、「~すべきだ」、「~すべきでない」と考える。
例.「家族は私が体調が悪いのを察して、私のことをもっと大事にするべきだ」

8)完全主義:物事を何でも完璧にこなさないと気がすまない。少しのミスも許さない。
例.「テストで99点を取ることは、0点と変わらない」

9)誇大化と過小評価:自分の失敗や短所ばかりを大げさに捉えてしまう。反対に、成功したことや長所をほとんど評価しない。
例.「うまくいったところなんかどうでもいいんだ。失敗したところこそ気にかけなければならないんだ」

思い当たるところがある人は、気をつけましょう。

バランスの良い考え方が大事

「じゃあ、いつもポジティブシンキングでいればいいの?」と思われるかもしれませんが、それは大きな間違い。都合の悪いことを無視して無理にポジティブシンキングを続けていては、いつか破綻します。

たとえば、借金がたくさんあるのに「夏にはボーナスが出て返せるから大丈夫!」などとポジティブに考えてどんどん買い物をしてしまったら、いつか破産してしまうかもしれません。

このようにポジティブシンキングにも「都合の悪い部分から目をそらしてしまう」という危険な面があります。物事のポジティブな面とネガティブな面の両方を、バランスよく見られるようになるのが大事です。

考え方を見直し、ストレスを減らす対策

そこでおすすめなのが次のような方法です。なにか嫌なことや辛いことがあったとき、紙を1枚用意しましょう。そして、紙を4分割するように横に線を引きます。

まず、1番上のスペースには「実際に起きたこと」を書きとめます。2番目のスペースには「起きたことを裏付ける出来事」を列挙しましょう。

3番目のスペースには、「2番目のスペースに書いたことに対する反論」を書いていきます。一番下のスペースには、「2番目と3番目のスペースの記載内容を踏まえて考えられること」を書き出します。先の例でいえば、たとえばこんなふうに。

1番目のスペース:「街中で友人を見つけて手を振って声をかけたが、返事をしてくれなかった」

2番目のスペース:「大きな声を出して名前を呼んだ」「手も振っていた」「それほど遠い距離ではなかったのにこちらに気づかなかった」

3番目のスペース:「騒がしかったので声は届きにくかった」「人が多く、視界に入らなかった可能性がある」「こんなところで声をかけられるとは思っていなかったのかも」「何か考え事をしていたのかもしれない」

4番目のスペース:「人が多くて騒がしかったから聞こえなかったのかもしれない。名前を呼ばれても、まさか自分のこととは思わなかったのかな。もしかしたら、実はよく似た別人だったという可能性もある」

いかがでしょうか。こんなふうに書いて見ると、少し気持ちが楽になりそうな気がしませんか? 私たちは辛いことや嫌なことがあると、つい物事の否定的な面ばかりに目がいきがちになります。

このようにして紙に考えを書き出すことによって、自分の考え方を客観的に眺められる効果もあります。この方法は認知行動療法と呼ばれる、考え方の癖を修正するトレーニングをアレンジしたもの。ぜひ皆さんもやってみてください。

ストレスによって起こる症状と病気【ストレス診断チェックリスト付】

https://p-dress.jp/articles/3825

ストレスを感じ続けると、特定の症状や病気が引き起こされることも。ブレインケアクリニック院長の今野裕之さんが、ストレスによって起こる症状や病気を解説します。今、かなりストレスを感じているかも……と気づいたら、病院へ相談に行くのをおすすめします。

ストレスでなぜ「胃腸」が痛くなる?

https://p-dress.jp/articles/3986

過度にストレスを感じると、胃腸に悪い症状が出ることがあります。これは「今は体が弱っていて、ストレスに耐えられかどうかわからないから、一旦休んでください」という体からの警告です。ストレスと胃腸との関係を解説するとともに、ストレスに強い体を作るためにすべきことを、今野裕之医師が紹介します。

ストレス対策に役立つサプリの選び方【医師が解説】

https://p-dress.jp/articles/3826

サプリメント、摂取していますか? 実は美容・健康だけでなく、摂取することでひいてはストレス対策につながるサプリメントがあります。サプリメントを賢く活用して、必要な栄養素を効率良く、摂り入れてはいかがでしょうか。ブレインケアクリニックの今野裕之院長が解説します。

セミナーのお知らせ

私が院長を務めるブレインケアクリニックでは、各種セミナーを行っています。詳細は当院のホームページ、またはFacebookページをご覧ください。6月9日には、できるだけ薬を使わずにうつ病を治す方法をお話しする予定です。

ブレインケアクリニック|新宿 四谷三丁目 心療内科 認知症予防

http://brain-care.jp

ブレインケアクリニックは丸ノ内線四谷三丁目駅から徒歩2分の利便性の高い場所にある精神科・心療内科のクリニックです。気軽にご相談ください。

この記事のライター

ブレインケアクリニック院長。精神医学とアンチエイジングに関する知識と豊富な臨床経験を背景に、体に優しい心の治療を実践。

博士(医学)、精神保健指定医、日本精神神経学会精神科専門医、日本抗加齢医学会専門医、医療法人幸和会 美咲クリニック顧問、瞳美容研究所顧問

関連するキーワード


ストレス 体の不調

関連する投稿


医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

医師が教える、肌の調子を悪くする「ストレス」の和らげ方

『DRESS』2月特集は「美人は肌から」。自分が機嫌よく過ごせて、メイク時もすっぴんのときも、自信を持てる「お気に入りの肌」を手に入れるための、ストレスとの向き合い方をご紹介。解説してくださるのは「ブレインケアクリニック」院長、今野裕之先生。ストレスと上手く付き合って、肌に悪影響を与えない日常を過ごすアイデアをお届け。


ストレスが溜まりやすいあなたへ、解消法をたくさん集めました

ストレスが溜まりやすいあなたへ、解消法をたくさん集めました

ストレスが溜まりやすい、そんなお悩みを持っている方は少なくないのでは。知らず知らずのうちに溜まっているストレスは、あなたの身体になんらかの影響をもたらしているかもしれません。ストレスチェックからストレス対策まで、溜まりがちなストレスを解消する方法をご紹介します。


体と人生のパフォーマンスを上げる「TM瞑想」を実践して感じた7つのこと【長谷川朋美】

体と人生のパフォーマンスを上げる「TM瞑想」を実践して感じた7つのこと【長谷川朋美】

医学的根拠に基づいた瞑想法であり、アメリカでは保険適応で病気の治療にも使われているほど、世界で実践する人が多いTM瞑想。長谷川朋美さんが実践し、感じた7つのことをご紹介します。


ストレスフリーのカギは、他人の正義を受け入れること

ストレスフリーのカギは、他人の正義を受け入れること

年末にかけて忙しくなるこの季節、仕事もプライベートも気を揉むことが多くなるかもしれません。もし、人間関係のストレスがなくならないとしたら、それはもう終わりにしましょう。ストレスフリーな人間関係へのカギは、それほど難しいことではありません。


自慢ばっかり!男のマウンティングはこうやって撃破せよ!

自慢ばっかり!男のマウンティングはこうやって撃破せよ!

男はマウンティングの生物です。俺はすごいんだぞ、お前より優位にいるんだぞ、こんなに上にいるんだぞ……ああ自慢ばかりめんどくさい! けれど嫌がられているのに気づかないのも、男という哀しい生物の性なのです。今回は、そんな「マウンティング男子」と遭遇したときの必殺テクニックを紹介します。


最新の投稿


たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

たっぷり寝たいだけ寝ると、ついでに肌も調います【わたしを助けてくれる肌ケア】

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。肌という“基盤”は心までも左右するパーツ。そんなお肌を美しく保つ秘訣をDRESSを舞台に活動していただいている女性たちに聞いてみました。ここでは、いつも素敵なイラストやコラムを執筆してくださっている兎村彩野さんが、自身の大切にしている肌ケア習慣をご紹介します。


肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

肌トラブルを減らしたいなら「体の声を聴く食事」を

『DRESS』2月特集は「ほしいのは“前向き“肌」。年齢を重ねるにつれて、肌の悩みが変わってくるなか、乾燥をなんとかしたい……と感じる方も少なくありません。今回は肌をつくる食生活を見直します。美肌をつくる食事法を皮膚科医の赤池智子先生に伺いました。


宝石箱みたい! おしゃれすぎるロール寿司12種36貫の折詰

宝石箱みたい! おしゃれすぎるロール寿司12種36貫の折詰

ノバレーゼは、一口サイズで色とりどりのロール寿司12種を36貫詰め合わせたお花見弁当を、東京・銀座の創作和食店「SHARI THE TOKYO SUSHI BAR(シャリ ザ トーキョー スシバー)」で、2月19日~4月28日まで販売します。大人数向けから1〜2人向けのものまでご用意。


出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

出産後の出張はどうしている? 先輩バリキャリママに話を聞いた【アラフォーで産む#7】

外資系企業勤務の私が出産後も仕事を継続する上で一番のハードルになるのが、出張について。今回は先輩ママに「いったいどうしているの?」をテーマにお話を聞きました。


開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

開運力のある手相「向上線」&「希望線」で夢をつかむ!

手相で「開運」を表す線の代表といえば「向上線」と「希望線」です。どちらの線も、開運して成功をつかむことができる運をもっています。向上線では開運の時期がわかりますので、その時期を目標にして頑張りましょう。希望線は夢をもつことで開運力が高まります。まずは夢や目標を見つけましょう。