女性ホルモンのバランスを整えてバストアップの土台作りを

女性ホルモンのバランスを整えてバストアップの土台作りを

バストアップと密接に関わる女性ホルモン。成人女性のバストには乳房一つに15~20個程の乳腺が存在し、女性ホルモンの影響を受けて発達します。バストを覆う脂肪は乳腺を守るためにあり、乳腺が発達すると乳腺の周りの脂肪も増えていくこと、女性ホルモンとバストの関係性を知っておきましょう。


■バストは脂肪9割、乳腺1割でできている

前回のコラム「バストのタイプ」に合わせたケアで美胸を作るで日本人女性のほとんどが脂肪9割、乳腺1割と、脂肪質バストの方が多いとお伝えしました。

バストを覆う脂肪は乳腺を守るために存在し、乳腺が発達すると乳腺の周りの脂肪も増えていきます。1割の乳腺でも、きちんとケアすることでバストアップはもちろんハリや弾力を手に入れることも可能です。

さらに、乳腺ケアでバストの環境を整えると、女性として他にも嬉しいことがあります。まずは乳腺のしくみと発達のメカニズムを知りましょう!

乳腺のしくみ

乳房内に張り巡っている「乳管」と、その先に葉っぱのように付いている「小葉」のことをまとめて「乳腺」と呼びます。

成人女性のバストには乳房一つに15~20個程の乳腺が存在し、女性ホルモンの影響を受けて発達します。繰り返しになりますが、バストを覆う脂肪は乳腺を守るためにあり、乳腺が発達すると乳腺の周りの脂肪も増えていきます。

バストの発達にはホルモンの働きが大きく関係している、ということがわかりますね。

■乳腺を育て、バストアップに導く女性ホルモン

乳腺を発達させ、その乳腺を守るためにバストの周りの脂肪が増える。それは脳の視床下部から指令を受け分泌される「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類の女性ホルモンの働きによるものです。

エストロゲン(卵胞ホルモン)

・卵胞を成熟させたり、子宮内膜を厚くするなど妊娠に備える
・女性らしい丸みのある体を作る
・自律神経のバランスを整える
・コラーゲン促進により肌や髪のツヤを高める
・骨を強くする

などの働きがあります。

プロゲステロン(黄体ホルモン)

・受精卵が子宮内膜に着床しやすい状態に整え妊娠をサポートする
・乳腺の発達
・体内の水分保持
・食欲増進
・血糖値の正常化
・体温を上げる
・利尿作用

などの働きがあります。

女性周期では生理から排卵まではエストロゲンが、排卵から次の生理まではプロゲステロンが優位に働きます。この2つのホルモンがバランスよく活発に分泌されることで、バストだけでなく女性の心と体のデリケートなバランスが整うのです。

生活習慣を正して、ホルモンバランスを整える

女性ホルモンは脳から指令を受け、卵巣から分泌され血液に乗って運ばれます。しかし、ホルモンバランスが乱れると体のリズムも崩れ、体調や精神的な影響を及ぼします。

ホルモンの乱れは生活習慣やストレスからも起こりやすく、自律神経の乱れや生理不順や更年期障害の症状に悩まされる可能性が高くなります。ストレスを抱えたり、睡眠不足や無理なダイエットをしたり、生活習慣が乱れていたりする方は気をつけてください。

また、下着の締め付けも乳腺の発達を妨げます。サイズの合わないブラ、パットでバストをつぶしてしまうと乳腺にも大きな負担がかかってしまいます。下着の締め付け感はストレスや体の冷えにもつながるため、自分の体に合う快適な下着を身に着けましょう。

ホルモンバランスを整えれば、健康と美が手に入る

ホルモンの分泌は年齢とともに減少します。しかし、30代を過ぎると睡眠時にホルモンの分泌が行われるようになり、質の良い睡眠を確保することはとても重要になります。

また、ストレスから解放される環境作りや生活習慣を見直すなど、ホルモンバランスを整えることで乳管を太く健康に保ち、形も綺麗な美しいバストを保つことができます。

さらには、肌のツヤや潤いや髪質など女性の美を高め、体のコンデションも良好に、精神的にも安定した日々を過ごすことができるのです。

■女性ホルモンとバストアップは深く関係している

脳からの指令が子宮に伝達され、卵巣から女性ホルモンが分泌され、血液に乗って全身へと運ばれます。その働きの一つが「乳腺を発達させること」。

バストと子宮には密接な関係があるのですね。バストケアを受けたお客様の中には、生理痛が軽減したり、子宮の辺りがあたたかくなったと感じる方もいます。

バストを整えることは子宮を整え、心身のバランスを整えることにもつながるのではないかと私は考えています。

体の変化と向き合い、毎日を自分らしく幸せに生きる。「バストを整える」ことは「女性ホルモンを整える」ことにも関係しているのです。

この記事のライター

大阪・心斎橋の小顔と美ボディを叶える美容矯正サロン「petit」オーナー。【いくつになってもオンナを楽しむ】をテーマに、オリジナルメソッド「極乳♡リアルマーメイドトリートメント」を考案。乳を極め美を導く「オッパニスト」として...

関連するキーワード


大人の美胸の作り方

関連する投稿


美バストを作るブラジャーの特徴は「胸を美しく見せて、しかも快適」

美バストを作るブラジャーの特徴は「胸を美しく見せて、しかも快適」

美バストを目指すなら1日の半分以上の時間、身に着けているブラジャー選びから見直したいもの。体に合わないブラはバストやプロポーションを崩し、ストレスにもつながります。日常使いのブラは体に負担の少ない機能性のあるものを選びましょう。今回は美バストを作るブラの見極め方についてお伝えします。


デコルテ&バストの日焼け対策で老け見えを防ぐ

デコルテ&バストの日焼け対策で老け見えを防ぐ

デコルテやバストの日焼け対策、できていますか? 顔や手足は完ぺきに対策ができていても、つい怠りがちなデコルテやバスト。実は顔以上にデリケートなパーツです。日焼けすると、見た目年齢を上げてしまう懸念もあります。今回はバスト・デコルテの紫外線対策&ケア方法をお伝えします。


バストの冷えは老け胸・サイズダウンの原因に!? してはいけないNG習慣

バストの冷えは老け胸・サイズダウンの原因に!? してはいけないNG習慣

バストの冷えが気になる季節、夏。綺麗なデコルテや美バストで女性の魅力あふれるおしゃれを思いっきり楽しめる季節ですが、夏はバストにとって大敵ともいえる環境や習慣がたくさん。場合によってはサイズダウンや老け胸の原因になってしまうことも……。今回は夏のバストにダメージを与える身近な「NG習慣」をご紹介します。


美バストのカギを握る「小胸筋」のトレーニング&ストレッチ法

美バストのカギを握る「小胸筋」のトレーニング&ストレッチ法

小胸筋は美バストやメリハリのある美ボディに大いに関わる筋肉。しかし、日常生活で無意識のうちに酷使している筋肉でもあります。収縮して硬くなった筋肉は機能が衰えスタイルの崩れ、体の不調にもつながります。今回は小胸筋を鍛えるトレーニングやストレッチについて写真やイラストを交えて詳しくご紹介します。


「小胸筋」こそ美バストを叶える大事な筋肉

「小胸筋」こそ美バストを叶える大事な筋肉

小胸筋と呼ばれる筋肉をご存知でしょうか。バストのトレーニングというと、「大胸筋」を連想する方は多いですが、もうひとつ忘れてはいけない、整えるべき大切な筋肉が小胸筋なんです。今回はあまり知られていないものの、美バスト・メリハリのある体を目指す女性に注目してほしい「小胸筋」のお話です。


最新の投稿


絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

絶品&簡単! 赤ワインに合うおつまみ4選

今回ご紹介するのは赤ワインに合うおいしいおつまみ。まだまだ日本の家庭には馴染みきっていないワイン。簡単にすぐ用意できるものでもおつまみになるし、簡単なのにおしゃれなものもたくさんあります。前回の白ワイン編に続きこちらもおしゃれ晩酌に活用してみてくださいね。


「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

「終活」は30代からでも早すぎない――大切なモノを見つめなおす時間を

34歳でこの世を去った、フリーアナウンサーの小林麻央さん。若くして亡くなってしまうこともあるんだ、と麻央さんの生涯に自分を重ねた方も多いかもしれません。人間いつかは必ず「死」を迎えます。必ずくるその日のために、少しづつ準備を始めませんか?


「アユーラ フォンダンルージュ」新発売。インスタでプレゼントキャンペーンも

「アユーラ フォンダンルージュ」新発売。インスタでプレゼントキャンペーンも

アユーラ ラボラトリーズから、新ルージュ「アユーラ フォンダンルージュ」が新発売。それを記念してインスタグラムでキャンペーンを実施します。抽選で10名さまにフォンダンルージュをプレゼント。


レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

レモンとミントとはちみつと――チェコで大人気「自家製レモネード」

冷たい飲み物がおいしい季節になってきましたね。こちらチェコでは、自家製レモネードが人気です。必要なのは、レモンとはちみつとミントだけ。簡単なのに、とてもおしゃれでおいしいので、試してみてくださいね!


吸うリラクゼーション「ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)」

吸うリラクゼーション「ポータブル水素吸入器 SÜ(スゥ)」

リラックスしたいとき、お気に入りの香りと一緒に水素を吸える、ポータブル水素吸入器「SÜ(スゥ)」が協和医療器より数量限定で新発売。グリーン、ピンクの2色展開です。